遊び心の家

遊び心の家

「遊び」が活きる空間です。

エクリュ代表・横山の自邸です。日頃はなかなかできない「遊び」と、父として聞いてあげたかったという家族の「遊び」が各所に。県内最大級の天地5mペアガラス、インテリアを含めたリビング・ダイニングの空間設計、スペースを分割する壁のアーチが逆に奥行きを感じさせるテラスなど、見どころもりだくさんです。

LIXILメンバーズコンテスト2012 新築部門 敢闘賞

所在地
福井市若杉
用途
住宅
構造・工法
木造軸組工法 省令準耐火構造 2階建て
延床面積
114.07㎡ 34.50坪
打合せ期間
2011年5月〜2011年10月(6ヶ月)
契約工期
2011年11月〜2012年4月(6ヶ月)
備考
サッシ…アルミフロント材(製作限界最大寸法)
ガス温水床暖房システム
ガス温水パネルヒーター
ライトコントロールシステム
シャンデリア(Kartell Bloom)
エクリュ・オリジナル家具(ダイニングテーブルなど)
遊び心の家

間取りよりファサード(外観)が先に決まりました。大きな窓は福井県最大級のペアガラス(製作限界最大)です。その窓の向こうのシャンデリアも当初から。

遊び心の家

来客を予定した遊び心の家は、リビングまでの動線の間におもてなしの雰囲気づくりをしています。そのひとつに色があります。先ずエントランスでは黒。

遊び心の家

エントランスの黒に続き、階段室では赤の空間。ブラック&ホワイト&レッドにより大人びたイメージを出したいと思いました。

遊び心の家

パソコンコーナーは皆が集うリビングに併設されていますが、コーブ(くぼみ)に設けたことで、何ともいえない落ち着く空間に仕上りました。

遊び心の家

家を建てることを決めたひとつの理由は、子供達に環境を与えたかったということ。目線を変える事で違った景色が見えて楽しい。そんな思いをカタチにしました。

記事一覧

2011年4月11日

土地探し

実は3月中には土地を見つけようと思っていた。
でも、今日は4月11日。

知り合いの不動産屋さんに年始にお願いはしてはあったのだが、そもそも個人の土地売買の仲介を主業務としていない会社さんなので、本腰を入れて探してくれるわけでもなく。。。
何より、家族が家の必要性をそれほど感じていないのか?
テンションが揃わないのが大きな要因だって思う。

いや、何事も思い立った者が動き出さないと!
動き出さないと口だけでは何も始まらない。

そこで、別の不動産屋さんを尋ねることにした。

2011年4月23日

家の前の土地

今住んでる家の前の田んぼを造成していた。
何が出来るのかな?って思ってたんですが、昨日、看板が出てて「売土地」に。

これは引越しが楽だ!

今ご相談させていただいている不動産屋さんに伺い、看板が出ていたことをご報告。
調べてくれるとの事。

でも高いかなぁ~。。。

土地にあまりお金をかけるつもりは無い。
土地は正直借地でもいいって思っているぐらいで、土地には執着心が無い。
やっぱりいつもの生活に大きく影響する建物にできる限りお金をまわして、豊かな生活がしたいと思う。

家の前の土地。
安かったらいいなぁ~(笑)。

2011年4月26日

建築条件付き

家の前の土地について、不動産屋さんから連絡があった。

3区画中、南向きの土地は建築条件付の土地で、西向きの土地は土地売りだけど、坪単価21万円で80坪ほどある土地とのこと。

建築条件付とは、当該土地を売っている会社で建物を建てる人のみに売ることが出来る土地と言う意味。

エクリュで建物を建てないと意味が無いから、南向きの土地は論外。
西向きの土地は、大きすぎる。。。
40坪もあれば充分だ。

残念。
また探しなおしだ。

ちょっと探しに行こうかな?

2011年4月27日

気に入った土地

気に入った土地が出てきた。
ロケーションや日当たりなどは上々。
でもちょっとが広くて、ちょっとが価格が高い。

坪単価的には、まぁ、ボチボチってところだけど
(安くはないけど、びっくりするほど高くもない)
総額が予定していたより200万円ほど高い。。。

費用を見直し、買えるかどうかを検討しなおしをしてみた。

中々土地探しは難しいなぁ~。
土地との出逢いは運命みたいなものだってちょっと感じる。
どの土地が運命の土地なのか?
それが問題だ。。。

2011年4月28日

申し込み

昨日は土地購入に際し、色々動いた。
先ず、予定よりコストが増えている土地でも計画が成り立つのかを検討するため、全ての費用を概算で見積もってみた。

住宅を購入する時は、土地建物の費用以外に色々な費用がかかる。
登録免許税や金融機関や火災保険などの費用・手数料。
カーテンやエアコン・家具や、、、あと地盤改良工事や給排水の引き込み工事・負担金・・・。
色んな費用が必要で、それらをわかる範囲で出してまとめてみた。

結構かかるなぁ~。。。

それから銀行に報告・相談をした。

そして今日。
ある程度、金額のメドもたってきたので土地購入の申し込みをした。

土地購入の申し込みとは、手付けを打つ前の打合せなどを行うことを示す。
手付けを打つ日を決めたり、購入の条件などをお聞きし、手付けを打つ準備をする。

手付けとは、売買契約などの締結の際に、その保証として当事者の一方から相手方に交付される金銭のことをいう。

今日の打合せで先方の断りがない限り、手付けは5月12日に打つことになった。
いよいよ土地の契約に向かって一歩踏み出した。

2011年5月2日

住宅ローン

先日銀行さんに住宅ローンの説明をしていただいた。

もちろん職業柄知ってはいるけど、最近あまり相談されることも無かったので、最新の情報を得ようと思ってご説明いただいた。

今、すごく金利が低いんですね。
10年固定で1.7%(最優遇金利)って・・・。
この業界入って初めて見たかも。
購入する側としては嬉しい。

フラット35Sもかなり魅力的。

住宅ローン控除も今年までは認定長期優良住宅の場合、1~10年目の年末残高等×1.2%(60万円)返金があるし、長期優良住宅で無い場合も1~10年目の年末残高等×1%(40万円)の控除を受けられる。

詳しくは国税庁のHPまで。

もしかしたら今お家を建てるのは、結構お徳なのかも。
あっ! ただ地震の影響が・・・ちょっとあるなぁ~。

外的要因もあるだろうけど、建てようと思ったときが、お家を建てる最適な時かもね。

2011年5月4日

Type-01

土地が(とりあえず)決まったので、プランニングをイメージの収集を始めた。

GWに入る前にとりあえず急ぎでType-01を完成させ、家族に見てもらおうと必死で描いた。
ただ、ファサードがどうしても納得行かず・・・
でも、気がつくと22時をまわってて、、、
とりあえず、Type-01を持ってかえり家族に見てもらった。

GW中に見てもらおうと必死に描いたけど、中々ちゃんと見てもらえなかった。。。
そもそも図面じゃ意味がよく解らないんだねぇ(笑)。
そこでスケッチを描いて図面とあわせて見てもらった。

今日は、Type-01を描いてて気付いた(使い勝手上の)不備と、ファサードを意識したものを併せ持ったType-02を描くため、またイメージ写真の収集のため、休日出勤を家族でした。

ただ・・・
まだ概算見積を作成していないので、絵に描いた餅もいいところだが、要望を引き出すためのものとして描いた。

2011年5月7日

選択

あなたにとって「選択」は、他の言葉で表現するとどんな言葉になりますか?

昨日、学生の頃の友人から電話がありました。
ここ(知るエクリュ⇒ストーリー⇒若杉の家)に目を通した友人が、心配をして電話をくれました。
家づくりに妥協的なニュアンスを感じ取れたことが、心配の原因でした。

実は心配してくれた理由が、電話をもらっても解りませんでした。
なぜなら僕自身の選択を「妥協」とは全く認識していなかったからです。

しかし、どうして心配させてしまったのか?
誤解を招く表現がなかったか?など考え直している間に、色々気付きました。

僕は大学生の頃から、また社会に出てからずっと住まいについて考えてきました。
そんな中で僕自身が理想的だと考えていた生活は「街のど真ん中に住まう方法」と「自然の風景の中に溶け込んで住まう方法」でした。
家しか建ち並ばない個性のない住宅地には少し疑問を持っていました。

だから、当初海が見える越前町や山の中にある宮崎や織田などで住むことを考えたり、順化や春日、中央などに住む方法などを何となくイメージしていました。

しかし、家内や子供達に学校区をかえたくないと言われると、学校区の範囲で個性のある場所を探すようになり、未だ区画整理されておらず、福井では珍しい高低差がある加茂河原で土地を探したりしていました。
ただ、昔、加茂河原は笏谷石(越前青石)の石切場で、地下はトンネルだらけの空洞となっていて、崩落の危険性が高いことは福井の人なら誰でも知っている事実で、、、
そして今は、結局、住宅地に。

そんなことを色々思い出すと、「確かに妥協と捉えれば、妥協かも・・・」と思えることもあって。。。
「なるほど!」と気付きました。

選択とは「勝ち得るもの」
その視点からすると、上記の流れは「妥協」に映るだろう。

ただ、僕自身、妥協と言うイメージがなかったのは、選択とは「己を知る」との認識があったからだと思いました。

住まいづくりを考え出した当初は、エクリュのモデルハウス的なイメージで建物を建てることも意識していました。
僕が自邸を建てるとなると、きっとお客様や地域の方やお世話になっている全ての方々がきっと注目するだろう。
だからその方々の期待にお応えできるような建物を建てないといけないとも考えました。

でも今は家族のための住まいを設計したいと思っています。
自分達家族を見つめなおし、再発見しながら、できるだけディフォルメしない身の丈の自分達が表現された住まいづくりをしようと決めました。
いや、再確認しました。
なぜなら、それがエクリュが実践している、目指し続けている住まいづくりだからです。

エクリュにとって選択とは・・・
それは「自分達自身を探求し続ける姿勢」です。

僕は自分達のお家も、そんな風につくっていきたいと考えています。

最後に・・・

大学の友人へ
心配してくれて、ありがとう!
おかげで自分達やエクリュを再確認するきっかけにもなりました。
今後も温かく見守っていてくださいね!(笑)

2011年5月8日

MIXIのメッセージ

僕はプライベートでMIXIをしています。

今朝(厳密には昨晩)、MIXIにメッセージが届いていました。
実際にはお会いしたことはないのですが、同じ車を愛し、建築に携わっておられるマイミクさんからでした。

「釈迦に説法のような気もしますが・・・」
そんな書き出しで始まるメッセージには、家族の繋がり、家事負担の軽減をテーマにお仕事で得た情報などを色々教えていただけるものでした。

本当に感激して・・・
とても嬉しかったです(涙)。

家内と一緒に読み直してみようと思います。

住まいづくりは色々な方々のご協力を得て築いていくものです。
それは仕事をしていてすごく実感するところです。
でも大学の友人といい、マイミクさんといい、本当にありがたいですね!

住まいづくりの素晴らしさを本当に再認識しています(笑)。

2011年5月12日

土地、契約

今日は土地の契約をしてきました。
いよいよ、本格的に踏み出したって感じです。

急いで建物のプランニングをしています。

土地が予定より200万円も高かったので、色々調整していて、建物も小さくするように検討してます。

そうしてると(現実を目の当たりにしていると)、ふっと自分を見失いそうになったりします。
小さくすることが目的になっちゃって、、、
何でもいいから小さくしている自分に気付き。

「だめだ!だめだ!もっと豊かで心地いい空間でコンパクトに納めないと!」
って図面を消して書き直したりしています。

本当は、要望が多かったり条件が厳しいほうが、新たなアイデアやオリジナリティーなどが搾り出せるんです。
でも、それには焦りは禁物!
自分を見失わず、冷静に熱く思考を深めていかないといけません。

今日は2回、図面を全消ししました。
そうしているうちに少しだけ光(可能性)が見えました。

今後も厳しい現実から逃げることなく、しっかりとNEEDSを搾り出していきたいと思います。
現実をあいまいにして、なんとなく・・・なんて僕はイヤですからね(笑)。

2011年5月13日

家具を決める

今日は家具のイメージを話し合いました。

エクリュではお住まいの間取りの計画を、インテリアからも行います。
つまり、家具や雑貨など全てトータル的に検討し、イメージのインテリアに近づけるプランニングをします。

無印やフランフラン、イケヤ。
アクタスやタイム&スタイル。
シボネやコンラン。
ボーコンセプトなどなど、様々なカタログなどを見ながらイメージをまとめていきます。

もちろん、現在持ってる家具も計画に入れ込んで、インテリアのイメージをまとめ、また、新たに購入する家具などは計算表にまとめ、予算取りしておきます。

今回はダイニングテーブルをエクリュにてデザインしようかと思って検討を進めています。

インテリアの方向性をまとめながらType-11を計画し、照明の配灯なども検討しました。

詳しくは関西に帰ったときに家族でショップに行って見てみようかと思ってます。

2011年5月18日

照明計画

今日は照明計画をしました。

光のデザインは、インテリアの雰囲気などをつくる上で、すごく大事。
だから、照明計画は建物の窓の位置を決めるのと同じぐらい大事で、今日はその大事なことを目を閉じて空間をイメージしながら打合せしました。

照明器具の形状はもちろんのこと、色温度や演色性などと言った意匠に係わること(芸術性)や、イニシャルコストやランニングコストも念頭に置いた照明器具の選択(経済性など)も考慮に入れて検討していきます。

照明はルクス(lux)などといった照度の単位で表現できますが、実は感覚的な明るさとは一致しないこともあり、結構難しいんです。
難しいものだから怖くて「大は小をかねる」ってなもんで、やたらと明るくしちゃったりしがち。
だから経験や慣れが必要です。

パナソニックさんの名古屋のショールームなどでは、実際の照明器具を設置した部屋で、点灯した時の部屋のイメージを感じ取れるようなブースもあったりします。
福井では中々そのような体験はできませんが・・・。

Kartell(カルテル)などは比較的安価で面白い照明もあり、楽しいですよ!

今回は吹抜けがあるので、そこにインパクトのある照明器具を持ってきたいなぁ~って考えています。

2011年5月18日

地盤調査結果

5月17日に行った地盤調査結果の報告が今日、ありました。

結果は予想はしていましたが、、、あまりよくない地盤で・・・
地盤改良が必要となりました。

エクリュでは地盤保証をつけています。
地盤が原因で起こった建物の不具合も保証されます。
(一般的に瑕疵担保保険制度では、地盤に関する瑕疵などは保証されません)

ですから当然に保証がつけられるような地盤に改良をするのですが、保証会社とすれば出来るだけ頑丈に固めた方が安心なのでかなりの頑丈になる工事を要求してきます。
そこでエクリュがしているお仕事は、過剰なスペックにならないように丈夫な地盤にすることはもちろんですが、調査結果のデーターから、保証会社が保証をしていただける最低限度のラインを検討、交渉します。

今回も保証がどの範囲から出していただけるのかを検討し、協力会社さんたちと膝を突き合わせて保証できるギリギリの範囲を交渉することになりそうです。。。

出来るだけ費用的な負担を軽くして保証していただく方がいいですもんね。

2011年5月20日

模型

Type-12で大体間取りも決まって、模型を作成することにしました。

僕自身としては、ファサード(外観)などは大体イメージできた上でプランニングをしてるから、模型にしなくても理解できてるけど、家族はそうはいかないから模型を作ってみてもらうことにしました。

家族は大喜び!
よかった(笑)

ファサードも窓の奥に見える部屋のイメージも計画通りで嬉しい(笑)。

次は収納などの使い勝手をちゃんと考えて家が散らからないように検討を深めます。

明後日は家族がキッチンやお風呂や洗面台などを見にショールームへ行く予定になってます。
家族みんな、楽しみにしているみたいでよかった(笑)。

住まいづくりは現実を目の当たりにする厳しさももちろんあるけど、楽しさもあって、家族のみんなが楽しんでくれているのは、本当に嬉しいことです。

模型も作ってよかった(笑)。

2011年5月23日

構造を検討

今日は構造の打合せをしました。

出来れば長期優良住宅の基準をクリアしたいところですが・・・
現実は厳しいですね(笑)。
エクリュの最低基準と、長期優良住宅の基準をクリアする両面で検討を進めることにしました。

長期優良住宅の基準で建てると、120万円の補助金があたる場合があります。
タイミング的にはバッチリ(補助金を)受けられそうな時期にはなるのですが・・・。
性能はバランスよくあげる必要性があって、長期優良の基準のみをクリアするだけでは、勿体無いって感じていまして・・・、バランスよく全体的に仕様をあげていくと120万円ではきっと納まらないので、追い金が出ちゃうと厳しい。。。

プレウォールかぁ~。。。
LVLかぁ~。。。

悩ましいですね(笑)。

2011年5月25日

このタイミングで?!

先日、プランも決まり模型も完成し、構造の打合せをスタートさせました。
見積りも開始しています。

しかし、このタイミングで家内が夕食時にぽろっと
「もう間取りとか変えられへんの?」と。

『何か不具合があるの?』と聞き返すと
そうではなくて、聞いてみただけと。

そうは言うものの、何かあるからそういうことを言うわけで・・・。
家内に聞いても具体的なことなど何も言わないので、この際自分で不具合が無いのかを再検討してました。

——————————————————————————————————————————–
長男が中3の時に次男は・・・長女は・・・。
長女が小学校の高学年になったら・・・。
——————————————————————————————————————————–

そのように数年おきの家族の様子などをイメージしてみました。
うちは3人兄弟で、ひとりは女の子だから、、、
気にはなっていましたが、土地の件もあり費用的に厳しい為、Type-12では子供部屋は3人で1室としていました。
そこを再度見直すことにしました。

そしてType-13を完成させました。

いざ決めるとなると、きっと皆さんも「これでいいのかな?」ってふっと思われることもあるのでしょうね。
うちの場合もそうだったみたいで、ギリギリのところでもう一ひねりしてみました。

今は長男が宿泊学習で金沢に行っているので、まだType-12とType-13をもっての家族会議は開催していません。
長男が帰ってきたら家族みんなでもう一度コレが本当に最後の間取りの検討をしたいと思います。

2011年5月28日

kitchen ショールーム巡り

今日は午後から家内と長女とキッチンを見にショールーム巡りをしました。

先日一度、会社の社員とショールーム巡りをしてからと言うもの、時々キッチンメーカーさんのホームページを見たりしていました。

子供達のサッカーが午前中で終わり、午後からショールームに行こうと言うことになり、この日は「TOYO KITCHNE」「クリナップ」「YAMAHA」へ行ってきました。

家内の習性(?)・今までのキッチン周りの利用の仕方から、どうすれば機能的に綺麗に使えるのかを色々考えて提案し、それにあうキッチンや収納を探して今日は3メーカーをまわりました。

どうしたいか?それを理解するのもかなり難しいことですが、最終的にはそこにコストなどの条件が加わり、どこまで実現できるのか?どうすれば代用ができるのか?どんなこなら努力が出来るのか?色々思考を深めていき、WANTS(ウォンツ)から本来のNEEDS(ニーズ)へ絞り込んでいきます。

考えたり工夫したり、自分をより深く理解したり本当はそれが楽しいんですが・・・
人によっては妥協とか諦めとか表現しちゃう(感じちゃう)方も少なくはないのだと思います。
家内は大丈夫かな?
楽しんでくれるといいなぁ~。


写真はTOYO KITCHENのショールームにおいてあったソファー ¥198,000-

2011年5月29日

選択の仕方

そうそう。
家内にもちゃんと伝えておかないと!
例えばキッチンの選び方の順序というかプロセスを。

エクリュでは「エクリュ原価OPEN見積り」を採用してます。
エクリュ原価OPENだから全てのモノの金額(効果も)を明確に表示する見積りですが、どうしてそうしているかと言うと、それぞれの方の価値観でお住まいをつくっていただける環境を可能にしたかったからです。

ピンと来ませんか?(笑)
じゃあ、例えばキッチンを選ぶ流れでご説明すると・・・

1.様々なキッチンの機能や美しさ、使いやすさなどを知っていただく

2.自分にとって使いやすいキッチンとは?などと言った
  自分に必要な物・欲しい物などを色々考えていただく

3.それぞれの金額を知っていただく
  それによりキッチンとしての費用(金額)対効果(性能・美など)から
  キッチンというくくりの中からの自分にあったものを選択していただく

4.キッチン以外のものに関しても同じことをしていただく
  例えば構造材や断熱材などといった基本性能部分に関してもしかり
  例えば床仕上げや壁仕上げなどと言った意匠性の部分、その他もろもろに関しても
  それぞれのくくりの中から費用対効果を知っていただきそれらのくくりの中からの
  選択をしていただく

5.最後に全ての(くくりの)金額などを積み上げて、その異ジャンルでの優先順位を
  検討していただく

6.トータルお住まいの中でのキッチンを決めていただく

この「5」の段階でエクリュ原価OPEN見積りの効力が発揮されます。
というのは、、、
言葉は悪く、語弊があるかも知れませんが・・・
(解りやすくするために、あえて語弊のある表現をとることをお許し下さい)
物によって利益がのせやすいものとそうでない物があったりします。
例えば、メーカー希望小売価格(俗に言う定価)設定があるものの場合は比較的比べやすくまたジャンルごとの(例えばキッチンなど)利益ののせ方もある程度一定感はありますが、ジャンルが変わるといわゆる掛け率(売値÷定価×100%)が変わるため、比較しやすいメーカー希望小売価格があるものですらジャンルを超えると実際の比較は出来ていない可能性が高いです。

定価の存在しない(表示されない)物の場合はどれほどのせているのかどうか?それは一定なのかどうか?ももう判断はつきません。

それぞれの方の価値観で行う住まいづくりを可能にしたい。
それならそれぞれの方々が自分の価値観を正確に判断が出来る環境をつくらなければなりません。
そのひとつの考え方がエクリュの原価OPEN見積りです。

ごめんなさい。
ここで表現するのはちょっと限界があるので・・・何を言ってるのかがわからないと言う方や深く知りたいと言う方は、エクリュまでお問い合わせ下さい。

それはそうと・・・
家内には正確にこのことを伝えておかないと!

2011年6月8日

理想と現実?

見積を開始しています。
正直な話をすると、現実の厳しさをあらためて感じています。
きっと僕はお客様より、大抵の場合、住まいづくりの現実を知っているはず。。。
それでも現実の厳しさをあらためて感じています(笑)。

WANTSからNEEDSへ

これによって本当の意味での自分たちの住まいになっていきます。

不明確な現実の中では、容易な希望がいくらでもわきます。
でも、現実が明確にされるにつれ、切望されモノだけが残っていくことになるのでしょうね。
優先順位です。

実はあることで今日も打合せがあります。
僕が希望しているモノがあって、その製作をメーカーさん・問屋さんにお願いしたところ
最初の返答は「無理!」でした。

正直、最初はすごくショックで。。。
でも、すぐにどうすれば出来るのか?をお聞きしたところ
しばらくして条件が出てきました。
これまた厳しい条件で(笑)。

実は昨晩、その内容が夢に出てきました(笑)。

稲盛和夫さんがカラーで夢にまで出てきたら、それは実現するって仰ってます。
だから、今日の打合せはちょっと楽しみ!
でも、また現実の厳しさを味わうのかも知れませんけどね(笑)。

WANTSだったのか?
NEEDSだったのか?

また明確になったらご報告しますね!(笑)

2011年6月17日

土地決済

今日は朝から土地代金の決済でした。
等々土地の引渡しを受けました。
そして借金持ちに(笑)。

子供達や家族に、ステキな環境を提供できれば。
それが一番の望みです。
他では得ることができない環境に育った子供達はきっと、
他には例を見ないセンスだったり感性だったりそんな何かを
自分達の血や肉や骨とかえて今後の未来に役立ててくれるだろう。

それが僕の望みです。

さあ!
今よりさらにいい環境を求めて
もう一回空間を検討しなおそう!
さらにもう一回。

2011年7月16日

厳しい現実だからこそ、楽しめる。

現実はいつも厳しい。

今日は現在計画中の我が家の見積り(途中経過)を教えてもらった。
どうやらかなり予算OVERしているらしい。。。

最初の感想は「なんで!」って思った。
でもすぐに「出来ることを探そう」と思い直した。

現実はいつも厳しい。
思うようには中々行かない。
でも、だからこそ面白い。

スタッフや協力会社さんや仲間を信じて、今ここから出来ることがきっとあるはず。
思案して、工夫して、悩んで・・・
そうしている間に、今よりもっと自分らしい選択に気付けるかもしれない。
神様が通常じゃ思い付けないアイデアを、そっとくれるかも知れない。

自分や仲間を信じて、それで出来ないことはもう誰にも出来ないことだから、その時は素直に現実を受け止める。

今までも仕事などで一生懸命に取組んできたことだけど、やっぱり瞬間的には現実の厳しさに「えーーーーっ!!」って嘆いてしまいそうになる自分に気付くと少し辛くなる。
でも、僕は独りじゃない。
エクリュのスタッフや協力会社さんやみんながいる。

きっとステキな家になるはず。
楽しみだ!(笑)。

2011年9月29日

確認申請

(仮称)若杉の家。
やっと皆様のご協力をいただき、本日、確認申請を提出することができました。

実は予定から1ヶ月遅れなんですが、、、
それには訳があって・・・。

なかなか現実が厳しく、予定より金額が大きく出てしまい、その調整にかなり時間を費やしたのと、大きな窓があるんですが、もちろん既製品では製作限界を大きく超えているのでオリジナルで製作することになってます。

その窓の製作の検討にもかなり時間をかけました。

色んな意味でかなりご無理をお願いしましたが、協力会社さんのご協力のもと、全てのことが大体まとまったので、本日、確認申請を出す運びとなりました。

本当に、皆様のご協力のおかげと感謝しています。
ありがとうございます。
いよいよ確認申請がおりると着工。
図面上の検討を重ねて、どうやってつくるかを検討してきましたが、今度は実際に現場でつくっていきます。
今後とも皆様のご協力もと、カタチにしていきます。

現実は厳しいかなぁ~っと思ったこともありましたが、皆様のお力添えあって本当にここまでこれました。
本当にありがたいですね。
仲間は。

2011年10月3日

地縄を張りました。

今日は汚れてもいいかっこをして会社に来ました。
というのも、今日は(仮称)若杉の家の着工に際して、敷地に生えた雑草を引っこ抜く為です。

久しぶりに敷地を見に行ってみると、結構ネコジャラシやセイタカアワダチソウなどが伸びきっていました。
(お隣の方、ご迷惑をおかけしていました。。。)
それを全部刈り取る為、会社のみんなで草引き。

ネコジャラシなどは以外に簡単に抜けますが、セイタカアワダチソウなどは根が深く結構引き抜くのが大変。
腰を入れた屈伸運動を繰り返し、握力と脚力がドンドン奪われていきます。
日頃の運動不足が、こんなカタチで明らかになるとは・・・。

牧草のように積み上げられた草。 1.5Mはあるでしょうか?
もうへろへろです。

でも、ここから地縄張りを行いました。
地縄張りとは敷地上に建物の配置をカタチ取る作業です。
その際、ピラミッドの建設の時にも用いられたと言われる「3:4:5」の三角形を用います。
6Mと8Mと10Mのテープで、直角三角形をつくり、カネ(直角)を出します。

そうやって敷地に建物のカタチを落とし込んでいきます。

建物の配置や大体の平面形状が見えました。
いつもこの時、お施主様に言われるのが「狭いね」ということ。
地縄の時にはインテリアのスケール感ではないので、どうしても狭く見えてしまいます。
今回もやはり「本当に?!」と思うほど狭く見えて、再度、測り直しをしてみたくなりました(笑)。
でもちゃんとあってました。

ちょっと小さいかな?
そう思っても建物が出来てくると、イメージしていた空間通りになっていきます。

最後に建物のコーナーに盛り塩をしてお清めをしました。
工事の安全、家内安全、ココの場合は会社の発展も祈願して塩を盛り、邪気を祓います。

そして福が舞い込むことをお祈りしました。

さぁ!これであと確認申請さえおりれば、工事がスタートできます。
確認申請もあと2・3日でおりてくるとのこと、いよいよ着工です。

どうかご安全に!

2011年10月7日

カラースキーム

確認申請もおり、いよいよ着工!
それに際して今日は(仮称)若杉の家のカラースキームを再構築しました。

カラースキームとは、色彩計画のことで、サンプルによりインテリアなどの素材や色合いを決めていきました。

元々、設計段階から色合いなどのイメージはありましたが、エクステリアも含め総合的に確認、見直しを行い、再度調整、決定します。

あと、外壁の色合いなどは現地で決めることをお勧めしています。
というのも、色は対比によって認識されます。
ですので、お隣の建物など周辺の環境によって色の見え方が変化するからです。

今日も現地で外壁の色などを決めました。

最初に色合いや素材感など全体枠を決めておくと、コンセプトなどにブレが生じにくく進めやすいので、着工前に一度決めておきます。
その後、現場が進み実際の形状が分かりだしてから再度打合せをします。
でも、コンセプトを大きく外す様な変更をしてしまうと、トータル的なバランスを崩したり、矛盾などが生じる場合もありますので、着工前のこの段階でシッカリと決めておく必要があります。

2011年11月9日

広さの感覚

今日は早朝から配筋検査をしてきました。
いつもするんですが、今日は立場が微妙。
設計の立場であり、施主の立場でもあり、会社の立場でもある。

まぁ、見る内容は変わらないんですけどね(笑)。

いよいよコンクリート打設。
何となくですが、1階の部屋の位置や広さが分かります。
この時、いつも凄く狭く感じるんです。
実際出来上がると、イメージ通の広さになるんですが、壁も天井も無い状態では広さの感覚が違うんです。

今回、居室は限界まで狭くしたので、より狭く感じて、きっと基礎を見ただけでは誰も部屋のレイアウトがイメージできないだろうなぁ~(笑)。

実は建て方を11月21日(月)に予定しています。
まもなくお家の大体の感じが分かります。

楽しみです!

2011年11月14日

水廻りの仕様決め

今日は水廻りの最終決定をしに、LIXILショールームへ行ってきました。

(仮称)若杉の家は、水廻りは全てLIXIL(リクシル)でまとめました。
その理由は、商品が気に入ったことと、あと、全てを1メーカーにまとめることでのコストダウンを図ったためです。
1品1品の注文でもかなりご協力いただきましたが、そこからさらにご協力いただき、かなりお値打ちな価格でご提供いただけました。
今日のような家族全員での仕様決定も、1社のショールームで済んで、打合せも軽減できました。

来週、11月21日(月)には建て方をします。

どんどん現実味がわいてきました(笑)。

2011年11月15日

インテリアの方向性

(仮称)若杉の家の水廻りの仕様を決める前に、特にキッチンの色合いの方向性を出す為、インテリアの方向性をまとめました。

プランニングをする時に既に家具などインテリアを決めて設計にあたりますが、再度、脳内にあるイメージを解りやすくパネルなどに表現しました。
これからは何を決める際にもこれを持って歩いて合わせて決めていきます。
そうすれば大きく色合いや素材感、形状を間違えることは少なくなります。

ベースの色彩になるファサードの色合いなどは現地で周辺の環境に合わせて決め、そこから内部の色彩バランスを検討していきました。

今回の色彩構成は落ち着きのある色合いの中にターコイズブルーや臙脂色(えんじいろ)、マスタードイエローなどのさし色を足して大人の雰囲気を出しました。

仕上りが楽しみです(笑)。

2011年11月20日

いよいよ建て方

明日、11月21日(月)は、(仮称)若杉の家の建て方です。
天気予報はあまり思わしくない予報ですが、、、
運を天に任すしかないですね。

本当に多くの方々のお力添え、ご協力があって、明日、建て方を迎えることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
(仮称)若杉の家は僕たち家族の住まいである上に、エクリュのモデルハウスとしても利用します。
これからも皆さんのお力添えの下、住まい兼モデルハウスを完成させていきたいと思います。
ご協力の程、よろしくお願いします。

ありがとうございます。

明日はいよいよ建て方です。

2011年11月21日

建て方

今日は建て方でした。
天気は決して恵まれた天気ではなく、むしろ気温も低く荒れ模様でした。
時折激しく霰(あられ)降ったり、そうかと思うと晴れ間がのぞいたりと刻々と空模様が変化しました。
そんな中でも17時頃、無事建て方を終えることができました。

建て方中、多くの方々にお越しいただきました。
またお祝いのお気持ちもいただき、本当にありがとうございました。

お隣さんは、休憩所としてガレージをお貸しいただき、ありがとうございました。

協力会社の皆さま、スタッフ、近隣の方々、様々の方々のおかげで素晴らしい建て方を迎えることができました。
ありがとうございました。

2011年12月27日

最大?!

(仮称)若杉の家の現場進行状況のブログ。
ここの所バタバタしていて、すっかりご無沙汰になってしまっていました。

そんな間も現場はドンドン進行していて、間仕切りの間柱も完了、現在は床仕上材を施工中。
大体の空間のイメージは全て解るようになっています。

今日は照明の配置などを打合せしました。
シャンデリアのコードの長さが、以前、有理の家で「あと500mmは欲しい!」って事があったので、今回はトーヨーキッチンさんに問合せたところ、充分の長さがあることを確認(2M以上もあるとのこと)。
無事、照明の位置確認も済みました。

エクリュに来られるお施主様の皆さんは、空間への光の入り方・色温度など照明計画にも拘られる方が多いのですが、(仮称)若杉の家の照明計画もちょっぴりひねりを加えたレイアウトにしました。

実は、タイの洪水の影響で、サッシの入荷が遅れていたのですが、こちらも現在では全てガラスまで施工が完了しています。
今回はかなり大きなサッシがあって、その設計や施工・金額調整などにかなりの時間を要しました。
そのガラスが施工される動画をアップしたいのですが・・・。
データーを協力会社さん(武善さん)がお持ちで、それをいただいてからのアップとなります。
先ずは、写真だけでもアップしておきます。

このサッシ・ガラス。
老舗の武善さんでも、住宅用のペアガラスとしては、記録にある中では最大とのこと。
福井は雪国なので、熱損失が大きい窓を大きくする選択はあまり皆さんされないのかな?
確かにこんなに大きな窓だと、ダウンドラフトもかなりのスピードと量になるので、クリーンガスさんのご協力を得て、サッシの下にはガス式温水パネルヒーターが設置されます。

こんなに大きなガラスだと、割れたりしたら危険だし費用もかなりかかっちゃうなぁ。
保険。かけとこかな?(笑)。

2011年12月30日

大掃除。

今日は家族みんなで大掃除でした。

(仮称)若杉の家は予算の関係もあり、収納などかなりこじんまりとした空間で・・・。
今日は思い切って物を減らすために捨てることを家族にお願いしました。

本当に物理的に必要な物って、実はすごく少なくて住むんですが、物理的でないものの方が人って大切で・・・
経験や思い出や人間関係など、物自体に必要性があるというよりはむしろ、その物が持っている背景の方にインパクトがあり、その背景の為に捨てることが出来ない物が山ほどあるんですねぇ~。

でも、今日は出来るだけドライに、物理的に必要な物だけを残して捨てることを家族にお願いしました。

捨ててしまうと不機嫌になってしまう物や、悲しくなってしまう物、淋しく感じてしまう物もありましたが、ドンドン切り捨てていきました。

色々考えました。

僕らに許される物の量って、、、とか。
どうすれば物を活かすことが出来るのか、、、とか。

そこで今後またこんな思いをしながら物を捨てることがないようにルールをつくりました。

1.ストックは把握できる量までしかしない。
  エンピツは何本持ってる?と聞かれて、すぐに答えられないのはNG。
  把握出来る量を超えては物を持たないようにする。

2.心底愛情が込められる物しか買わない。
  出来心や衝動買いのようなテンションで物を買わない。
  買おうと思ったらすぐに買わず、次の日もう一度考え直してから
  それでも必要と思ったら購入する。

3.ひとつ買ったらひとつ捨てる。
  何かを購入する時、持っている大切な何かを失ってもいいと思えないと
  手にしてはいけない。
  持っている物の量を一定にしておく。

上記を「家族のおきて」のノートに書き加えるようにしました。

収納は多い方がいい。
そうは思うけど、僕らの場合、なかなかそれを許さない状況がありました。
また、色んな意味で僕らの能力が、収納を沢山持っていてもそれを収納として使えないってこともありました。
つまり、何がどこにあるのかを把握しきれない。
その結果、無駄な物を沢山抱えてしまったり、ゴミを沢山抱えてしまったり・・・。
そもそも近くのお店がリスクをかかえて品揃えしてくれてるのに、家で多くストックする意味も無いし、ゴミを抱えている意味なんか全く無い。

春までに、家族みんなで大切なものを見極める能力を身に付けたいと思います(笑)。

2012年1月16日

斜めの壁。

今日は現場に行って来ました。
そろそろ現場見学会を計画しなきゃいけないのと、あとは家族と最終の仕上の確認をしなきゃいけないので、そのタイミングを図るためにも、現場に伺いました。

階段まわりの施工がなされていました。
階段まわりもちょっと面白くしたいなぁ~と考えている部分で、その仕上りが楽しみな部分です。
今日も階段吹抜けを見上げ、どんな風にするのかを考えていました。

子供達の部屋の斜めの壁も、かなりできてきていました。

(仮称)若杉の家は、予算の関係もあって、一部屋一部屋の広さがかなり狭くこじんまりとしています。
一人当たり約3帖ぐらいでしょうか?(笑)
そのぶん、少しでも楽しめるような空間にしたいと思い、長男と次男の部屋は「斜めの壁の中で寝る」といった遊びを加えました。
その斜めの壁がかなり出来上がってて、部屋の雰囲気が分かるようにまで出来ていました。

長男と次男を連れて来て、最終の色合いだったりを打合せしたいと思います。

(1階は特に)ひとつひとつの部屋が狭いので、大工さんが木を切ったりする作業台を設置する場所(作業場)がとれず、施工順序もかなり考えてやらないと難しいことになってしまうほど、こじんまりとしています。

広いと施工も楽なんですけどねぇ~。

狭くて施工は大変ですが、ちょこちょこと楽しい空間を検討しました。
仕上りが楽しみです(笑)。

2012年1月17日

家具再検討。

エクリュでは、お住まいを検討するに当たって、インテリアを同時に検討を進めます。
つまり、家具や雑貨によるカラースキームやゾーニング、収納物や使用する物の分析を行い、間取りなどの計画に落とし込んでいきます。

(仮称)若杉の家もプランニングに際し、家具の選択や収納物の分析を行いました。

また、エクリュでは家具のデザイン、製作も行っており、(仮称)若杉の家もダイニングテーブルをデザイン、製作する予定になっています。

そろそろ製作の準備にかからなきゃいけない時期になってきたので、合わせて家具の再確認を行っています。
そこで、ショッキングなことに・・・
指し色で考えていたターコイズブルーのダイニングチェアが売り切れて無くなっていました。

ショック。。。

家具も土地を買うのと同じように運命的出逢いみたいな感じがあるのかも。
また、色々探してみたいと思います。

どんな家具と出逢えるのか?
それも楽しみのひとつです(笑)。

2012年1月19日

階段が出来ていました。

今日は下地位置の打合せをしに現場に行きました。

下地位置とは、例えば将来用の手摺を取付ける箇所には荷重がかかっても問題ないように手摺用の下地を入れたりしています。
そういったビスなどが効くように胴縁やコンパネなどの木材を用いて仕上げ材の下に入れておく、その位置のことです。
絵を飾る位置なども想定しておき、下地を入れておきます。

現場に行くと、既に階段が出来ていました。
階段は仕上りが楽しみな箇所のひとつで、今日も階段の吹抜けを眺めながら仕上りを想像していました。

現場が目に見えてどんどん進んでいき、現場に行くのがとても楽しいです。
子供達の部屋がだんだん仕上り、今日は主寝室も出来上がっていました。

照明器具の配置やコンセント、スイッチの配置も打合せをしました。
照明もどんな風に空間を演出してくれるか、とても楽しみです。

仕上りが想像しやすくなってきたので、家族も進捗を見るのを楽しみにしています。

仕上りが想像しやすくなってきたので、いよいよ最終の仕上げの打合せ(最終確認)を再度、家族と行う予定にしています。

2012年1月28日

エクリュ現場見学会 @若杉3

今日からエクリュ現場見学会を開催しています。
お越しいただいた方々、足元の悪い中、ありがとうございました。

明日も10時~16時まで開催しています。

  構造や断熱など、性能のお話。
  住まいづくりの考え方の色々。
  よいデザインとは?

などなど、様々なお話をさせていただきます。
色々なご質問もお受けしていますので、宜しければこの機会をご利用下さい。

エ ク リ ュ 現 場 見 学 会
2012 / 1 / 29 (日) 10:00~16:00
福井市若杉3丁目

この度、皆さまにご覧いただくのは、わたしの自邸です。
おかげさまで、多くの方々のお力添えあって
念願のマイホームの着工ができました。
この機会を是非ご参考にしていただけましたら、幸いです。
当日は雪の予報。
くれぐれも気をつけてお越し下さいませ。

                   建築デザイナー 横山 哲明

2012年1月29日

仕上げの最終確認。

今日もエクリュ現場見学会にお越しいただき、ありがとうございました。

その時間を利用して、(仮称)若杉の家の仕上げの最終決定を行いました。
クロスや塗装の色の確認などを行いました。
子供達の部屋は子供達に任せました。
色々な案が出て、迷いに迷いましたが、最終的に行き過ぎず地味にならずいい雰囲気になったんじゃないかと思います。

各所、色々変更があったものの、基本的に最初に決めていたところから大きくぶれることもなく、いいところに着地できたと感じています。
仕上りが楽しみです(笑)。

2012年1月30日

窓のおさまり。

この写真は(仮称)若杉の家のサッシの写真です。

左側はビル用のFIXサッシ。
サッシが目立たないので、壁とガラスのみで構成されています。

右側は住宅用のFIXサッシ。
15mm程ですが、壁とガラスの間にサッシ部分が見えてます。
枠が景色を切り取っています。

たった15mm。
でも、内外の関係性を大きく変え、空間内部の人の印象に変化があります。

コストも大きく違います。
住宅用のサッシ(右側)はコストが大幅に抑えることができます。

また水密性や気密性、防音性など性能も大きく違います。
住宅用のサッシ(右側)は一定の基準をクリアーしていますが、左側は性能が保証される物ではありません。

  *         *         *

「建築の質」は性能表示制度などスペックで語られがちですが、5つの軸で図られるべきであることを、大学の時に教わりました。

 ・ 社会性
 ・ 芸術性
 ・ 機能性
 ・ 経済性
 ・ 生産性

以上の5つです。

社会性は地域や環境に与える影響など。
芸術性はアイデンティティや感性に与える影響など。
サッシの場合では視覚的なインパクトなどがそれにあたります。
機能性は気密性や水密性、防音性や断熱性などなど。
経済性はイニシャルコストもありますが、ランニング、維持管理費も。
生産性はやはり住宅用サッシは容易に施工が出来るように考えられています。
そのことは性能、品質を安定して発揮できることにもつながります。

サッシを選ぶ時、できれば総合的な見地からNEEDSを探っていただけると、長い目で観てより満足度が高まるのではないでしょうか?

2012年1月31日

福井県で最大級のペアガラス

今日、協力会社さんの株式会社武善さんから、この動画をいただきましたので、早速UPしました。

武善さん曰く。
このペアガラスは福井県で最大級(製作限界ギリギリ)。
めったにこんな施工の現場に出くわすことが無いので、ビデオに収めたのを持ってきました。
とのこと。

いくらペアガラスとは言え、かなりのコールドドラフトが起こるだろうし、熱損失も大きいだろうなぁ~。
コールドドラフトに関してはクリーンガス福井さんのご協力のもと、サッシ下端にパネルヒーターを設置して上昇気流(対流する空気)をつくるようにしました。
熱損失に関しても実験的ではありますが、ガラス面などに断熱塗装(クリア)を塗布してみようかと考えています。

しかし、得れるものも多く。
何より圧倒的なファサードと、リビングルーム・ダイニングルームからの景色。
日常生活の中で、感性に影響を与え続ける環境は、はかり知れない財産になるかもしれません。
数字では語れないものの中にも(いや、中にこそ)、色々な価値が含まれているのかもしれませんね。

2012年2月9日

仕上げに入るその前に。

今日は照明の位置の検査、及びその他詳細打合せのために現場に行ってきました。
かなり大工造作の工事が進み、今週中にほとんど仕上がる予定で、現場は仕上りがうちの子供達にもイメージ出来るほどになっています。

そこで、先日、家族と仕上げの最終確認・打合せを済ませました。
この段階で仕上げの最終確認を行いますので、仕上りがイメージしやすくご理解・ご納得していただけるのではと思います。
しかし、契約前段階からしっかり決めておいたほうが、後になっての変更も少なく、その方が良いのは良いです。
と言うのも、この段階で変更してしまうと、辻褄が合わせ難い箇所もあったり、合わせきれない事もあります。
ここまで来ると屋根や水切り、サッシなど仕上がっている部分もあるので、うっかり変更してしまうと「しまった!」ってなことにもなりかねません。

ただ、一部、クロスを貼り分けするなどの場合は、これだけ仕上がっているとイメージしやすいですね!

2012年2月15日

チラシの打合せの時はいつも。

現場はどんどん進んでいます。

キッチンも入りましたし、外壁も貼っていってます。
手すりの打合せや塗装サンプルなど、仕上げの打合せが次々と進んでます。

僕は今日、内覧会のチラシなどの打合せを現場で行いました。

チラシをつくる時に、色々インタビューされるんですが、だからその時に、打合せの時のことや建てるまでの色んなことをあらためて思い出すんです。
今回も色々思い出しました。

プランニングのときに家族と話したことや、家族と一緒にショールームなどに行った事。
今回はその他に協力会社さんからのご提案をいただいたり、ご相談にのっていただいたり・・・。
挑戦的なお願いをして、本当につくれるのか検討をかさねたり。
採用に至ったものも至らなかったものも含めると、色々あることを、走馬灯のように思い出していました。

正直、家族へのプレゼンテーションは、今までとは全く違う感じでした。
と言うのも、エクリュに来られるお客様はお住まいづくりに詳しかったり当然に参加されたり、意欲的な方しか来られないと感じますが、家族はそんなに詳しいわけでもないですし、最初は意欲的ってほどでもありませんでした。
むしろ、「まぁ、建てなあかんやろなぁ~」ってニュアンスだったんじゃないかとすら感じていました。

受身的な方へのプレゼンは初めて(笑)。

あと、検討を進める中で「誰の家なのか?」というわけの解らない自問自答を繰り返しました(笑)。
当然に家族の為の家なのですが、当然にそれ以外の要因も多々あります。
それ以外の要因にも多く助けていただく中で、実現できることがあり。
また、家族にもそのあたりのことを理解してもらうところもあり。
当然のことなんですが・・・住まいは家族はもちろんのこと、多くの方々のご協力あってつくられていくので、その全ての方々の思いや能力(ちから)などが集結されてできていくもので、それらのバランスが上手く取れたなら、その住まいはより総合力を発揮できるものになっていくんだということを、僕が自邸を建てていく中で強く感じたことでした。

それはチームづくりとよく似ています。

住まいづくりって、本当にいいですね!
出来上がったら、感極まるかも(笑)。

あんな、こんなを思い出して、さぁー!どんなチラシになるのでしょうか?
とても楽しみです(笑)。

2012年2月15日

家具をつくる。

エクリュはダイニングテーブルなど、家具もデザインし、製作しています。

我が家は5人家族ですし、大き目のダイニングテーブルが必要で、オリジナルで製作することになりました。
とは言え、予算が・・・。
想いは有るけどお金が無い。。。

協力体制やスタッフで出来ないことは、同じようなやり方ならきっと他でも到底できないことでしょうから、ダメなら次!っと僕は切り替えが早いのですが、できるところまではやってみよう!と思って、予算と想いをお伝えし、協力体制でつくれるかどうか・・・模索したところ、予算範囲内で製作が可能であることが、今日、わかりました。

嬉しい!!

信じるものは救われますね(笑)
いやいや、協力体制が有能なんです。

ステキなものが、皆さまの支え合ってカタチになっていく。
こんなに素晴らしいことがあるでしょうか?

ありがたいことです。

2012年2月16日

インテリアの再調整。

今回、(仮称)若杉の家は、家具も新調します。
家具は平面計画(プランニング)段階から想定しています。
打合せが進むにつれ、家具などインテリアもリアルに決めていくのですが・・・
決めたのが去年の9月や10月。
既製品だと既にモデルチェンジしちゃっている家具などもあるので、また調整が必要。
考えると・・・あと1ヶ月程度で家具の搬入をしなきゃいけないので、物によっては発注しておかないと・・・。

そこで今日、家族会議を行い、再度インテリアの調整打合せを行いました。

方向性は当初と当然に変わらないのですが、今、存在する予算範囲内の家具などで調整しきるのもなかなか難しいです。
色々探して、色々工夫が必要。
でも、これも楽しい作業です(笑)。

今日はネットで探しては、あーだこーだ言ってましたが、明日、実際に家具屋さんに行くことになりました。
福井ではなかなか実際の家具を見ることが出来ないのですが、、、
そのあたりも含めて、自分達の能力の範囲で出来ることが必ずある!

明日は楽しみです(笑)。

2012年2月19日

ふくしん

今日はお客様との打合せを終えた後、家族で家具の打合せをディマンシュで行いました。
その前に腹ごしらえ。
ふくしんでソースかつ丼を食べました。

久しぶりに行きましたが、これぞ福井のファミリーレストラン。
相変わらずいい味を出し、昭和を感じさせ、家族でいっぱいのお店でした。

そしていつも通り、上の前歯の裏の部分の皮が火傷ではがれました。
あつあつのカツにすぐに食らいつくと、こうなります。
ご注意を!(笑)

その後、ディマンシュで家具を決めました。
ダイニングチェアやセンターテーブル、テラスのイスを決めました。
ダイニングチェアはちょっと挑戦的というか実験的というか・・・。
チャレンジしたものを選びました。
新居に入るのが楽しみ!
3月19日に搬入する予定です。

2012年2月21日

あと1ヶ月で家具搬入なので。

サイジングボード(外壁)をほぼ貼り終えました。
今日はコーキングのバックアップ材を詰めていました。
コーキングとはボードとボードの間に水などの浸入を防止する為のパテみたいなものです。
バックアップ材はそのコーキングが2点支持になるように、またコーキング材がどこまでも入っていかないようにする為にボードとボードの間の溝底に入れておく材料のことです。

外壁のコーキングが済むと、塗装に入っていきます。
いよいよ外観が仕上がります。

また、本日はエントランス・ホールやポーチなどのタイル仕上げも施工されていました。
目地の色も本日、最終決定し、発注しました。

あとは・・・
ソファーを注文しました。
3月19日には家具搬入なので、それに間に合うように家具をどんどん決めていってます。
最初に想定していた家具がモデルチェンジなどなくなったりしているので、先週から再度インテリアを組み立てなおしています。
カーテンもそろそろ打合せをしないと!

2012年2月21日

くぐる感じを強調したくて。

こんなのをつくっていただきました!
仕上りが楽しみです(笑)。

詳しくは「くぐる感じ」を含めて、後日にご説明します。

2012年2月25日

アイデアをひねり出す。

全てを「素晴らしい」に変えるには、柔軟な拘りと包容力。
あと、関わる人達を信じる力なのかも知れません。

今日は(仮称)灯明寺の家のお客様と朝から打合せ。
お昼をご一緒しました。

(仮称)若杉の家の現場を見に行くこともあり、その近所にあるアルケミストでランチをいただくことに。

食事をしている時もやはり話はお住まいについて。
ちょっと環境を変えると、また違ったアイデアもわいて来たり。
スケッチブックを持ってくればよかった(笑)。

食事をいただいた後、(仮称)若杉の家へ。

今、内装の塗装工事をしている最中で、見れないところもありましたが、イメージを広げていただくためにも足をお運びいただきました。

その後、また、会社に戻って打合せをしました。
アルケミストで浮かんだアイデアをスケッチブックに描いてお伝え。
今日も素晴らしいアイデアがひねり出てきました。
また、空間に楽しさがプラスされ、本当に楽しみ。
今日は、窓の考え方に大きく変化がありました。

来週には見積りもあがってきます。
総合的な見地にたった費用対効果から搾り出されるニーズへの置き換えを行います。
より自分達の価値観を探る作業です。

お客様にとってステキなお住まいになりえるように、力を尽くしてまいります。

Alchemist アルケミスト
〒918-8021
福井県福井市門前1丁目201
0776・63・5613
定休日:水曜日 祝日の場合は翌日

2012年2月29日

カーテンを選びに行って来ました。

今日は(仮称)若杉の家のカーテンを選びにホークさんへ行ってきました。

カーテンも着工前には既に選んでありました。
しかし、家具などインテリアに変更が出ていること。
また最終確認の意味もあって、カーテンを見に行ってきました。

長女の部屋は、長女が自分で選び直しました。
とても可愛らしく、長女らしいカーテンを選べたのではないかと思います。

他のカーテンも仕上りが楽しみ!
うまくコーディネートが出来たのではないかと思います。

2012年3月1日

ファサードからはじめました。

内覧会まで1ヶ月をきったので・・・
(仮称)若杉の家がどんな風に出来てきたのかを綴ろうと思います。
時間を見つけて、出来るだけ毎日更新しようと思っています(笑)。

では、今日のテーマ。
ファサードです。

(仮称)若杉の家はファサード(外観)から決めました。
プランニングは15プラン描きましたが、Type-02からほとんどファサードが変わっていないのは、ファサードありきでプランを進めたからです。

ファサードの特徴としては、当初から3つのこと思っていました。
一つ目は、建物の中に建築物があるようなイメージにしたいということ。
二つ目は、ファサードに大きな窓を設けること。
三つ目は、その窓に(外から見える)シャンデリアを吊るすことです。

スケッチは概念図です。
このように最初から外から見た感じを意識しました。

建築の質の5つ軸のひとつに【社会性】があります。

街並みに変化を生む建物は、場合によっては近隣の方々に結構好印象を与えることが、今までのお手伝いさせていただいたお住まいで感じてきました。
今回も足場のシートが取れたら、(元々地元という事もありますが・・・)近所の方々や学校の先生までに「いつ完成するの?」とか「遊びに行くね!」とか楽しみにしていただいている声をかけていただきます。
とてもありがたいことです(笑)。

ファサードを考えることは、芸術性のみならず社会性にも大きな影響があります。

そうそう!
岡村靖幸さんの「イケナイコトカイ」を聞いた時(高校生?)からずっと思ってたこと。
♪ 寝れない夜は 屋上にのぼって 壁にもたれてるんだ ♪
って歌詞から、家を建てるなら屋上をつくろう!って思っていましたが、費用対効果的にNeedsではないと判断しました。

屋根にのぼろうと思えば、のぼれますしね!(笑)

でも、ルーフテラスには、壁があります。
この壁は空間のアイテムとしてかなり利いてます。

2012年3月2日

単に圧縮するんじゃなくて(子供部屋など)。

Type-02からType-15まで、ファサードがほとんど変更無いながらもそれだけも間取りを変更したのには、面積を圧縮しなくてはならなかったからです。
理想で楽しく図面を描いていると、金額がドンドン増えちゃって・・・(苦笑)。

僕が住宅を建てようと思ったきっかけのひとつは、「上質な環境(良い空間)」の中、自分や子供達や家族に身を置いてもらいたいとのことがありました。

「住まい」は毎日の「食事」と同じだと思います。

僕達の身体は、間違いなく昨日食べたもので出来ています。
良いモノを食べると、健康的な良い身体となります。
それと同じように、良い空間に身を置くと、良いセンスや良い精神状態など自分自身の内面に大きく影響します。

ですので、面積などがドンドン圧縮される中、どうしても実現したかったのは内面に良い影響を与えるような「良い空間」をつくることです。

では、僕達家族にとっての良い空間とは?

そのひとつのキーワードが「遊び心」でした。
長男や次男にどんな部屋が欲しいかを聞くと、忍者屋敷みたいな空間だったり、アスレチックみたいな部屋ばかり(笑)。
そんな遊び心をくすぐるような空間を検討しました。

面積を圧縮しなきゃいけないので、こじんまりとして楽しく落ち着く空間を考えました。
そのヒントはドラえもんのベッドにありました。
「押入れに住む」。

次男は小さい頃怒られると押入れでふて寝したりすることもありました(笑)。
http://ecruarc.exblog.jp/11865998/← 参照

そこで、上にあるスケッチのような提案を子供達にしたところ、大喜び!(笑)

「もうひとつお願いがあるんだけど・・・二人で一部屋でもいいかな?」
と子供達(長男と次男)にお願い。
OKをいただきました(笑)。

実は我が家・・・ひとりあたり3帖程度しかありません。
だからこそ、こじんまりと落ち着く環境、遊び心をくすぐる環境を検討しました。
3帖を逆手にとって、オリジナリティーがある空間に仕上がったんじゃないかと思います。


▲ 長男と次男の部屋

長女の部屋はベッドにベールがかかっているような、お姫様のような部屋にしたかったんですが、これも3帖程度しかないので、大きなベッドなど入るわけも無く・・・。
でも、ベールのかかったベッドの発想をもとに3帖にまとめてみました。

長女は今まで自分の部屋がなかったので、3帖でも大満足(笑)。


▲ 長女の部屋イメージ写真

そもそも僕達家族は、今まで居間(リビング)でみんな一緒にいたので、個室は最低限度の広さにしました。
収納も一箇所にまとめてしまって有効利用したりと、各所で圧縮を図りました。

2012年3月3日

自分達を知る。

(仮称)若杉の家を設計するにあたり、(いや、全てのお住まいがそうですが・・・)最も大切なことのひとつが、「自分達を知る」と言うことです。

でもこれが以外に難しいんですねぇ~。

先ず僕は、今住んでいる住まいの写真をたくさん撮りました。
そして客観的に自分達の暮らしを見られるようにしました。
その写真をここでご紹介できればよかったのですが・・・。
あまりにお恥ずかしく、伏せておくことにしましょう(笑)。

現実を知った時から、本来の自分達らしい住まいづくりがスタートするのだと思います。

あらゆるものが有限です。
だからこそ、自分達のこと(性格や性質だけではなく、経済力や社会的評価、仲間や協力体制などなどを含む)をよく把握し、バランスにより最大限の能力を引出すことが重要になります。

僕の場合、協力体制に関しては、お客様よりリアルに把握していたり、信頼関係が強固だったりする分、判断や理解のスピードが速く、そのことは大いに助かったかも知れません。
協力体制を当然に信じていますから、怖くないと言うか、迷いがないと言うか。
やはり知っていくことに多くの労力を費やしますから、そこら辺はスピーディーだったと思います。

自分達のことをよく知った上で、これだけは繰り返さない方法を見つけ出さないと!と強く思ったこと。
それは「床に物を置く文化」です。
床に物を置くと、散らかったように目に映るだけでなく、掃除がしにくくなり、部屋の環境を悪くするスパイラルに落ちていきます。
そこで、床に置いている物をリストアップ。
それらをできるだけ無理なくちゃんと収納する方法を検討しました。
予算にも限りがあるので・・・完璧とはいきませんが・・・
そこは暮らしの中では、総合力で何とかクリアしていきたいと考えています。
「設備」と「家族の自覚・意思」その両面がなければいずれにしても良い住環境の維持は成り立ちません。
どちらも限界がありますが、自分達を知ることでどのバランスが一番自分達にとって無理が無いのかが観えてきます。

自分達らしい住まいを創造する時に、そのことがとても重要だと僕は思います。

2012年3月4日

ガラス1枚に関わった方々と。

ファサードから始まった、(仮称)若杉の家ですが、そのファサードで最も重要なファクターが大きなFIX窓でした。

「コストはかかるだろうなぁ~」とは思っていましたが、それ以外に製作することがかなり大変でした。
ビルなどでもっと大きなガラスを見たりするので、きっと出来るだろうと思っていましたが、それがそうでもなく・・・
ガラスを吊り下げ支持にすると(大きなガラスは自重に耐えられないで割れてしまうので、吊るして支持します)、とんでもなくコストがかかったり、納まりが難しかったりと実現がかなり難しいことが解ってきて、他の方法を模索したりと、費用や施工方法などの検討に多くの方々のご協力と多くの時間を費やしました。
ステンレスのサッシで検討したこともありました。

そうそう!

一般的にガラスとサッシは別々につくられたり、別々のメーカーさんだったりするので、サッシはOKでもガラスがNGだったりなど、それぞれの事情などがある為すり合わせが必要で、それも時間がかかってしまった要因のひとつです。

しかし、その辺もメーカーさんや流通さんをはじめ、多くの方のご協力を得、理想を現実に近付けていきました。

最終的には自重に耐えれるペアガラスの製作限界めいっぱいのガラスサイズが決め手で大きさが決まりました。

当初、イメージしていたガラスより小さくはなりましたが、逆に決まった大きさをもとにファサードを整えたり、機能を付加したりして、当初よりいい感じになったんじゃないかと思っています。
それもこれも協力会社さんのおかげと本当に感謝しています。

こんな風に、信頼に一生懸命応えようとしてくれる方々のおかげで、カタチが出来ていきました。
住まいづくりがこんなに幸せな体験だと・・・想像以上に幸せな体験でした。
住まいづくりの関わる多くの方々の顔が見えるところにいるからそう強く感じられたのかなぁ~。
何でもきっとそうなんですが、お住まいも例外でなく、信頼関係によって成り立ちます。
僕の好きな言葉に「無信不立」という言葉があります。
今回、自分の住まいづくりを体感して、より深くその言葉を実感しました。
また、家族やスタッフ、協力会社さん、住まいづくりに参加していただいた方々とのグルーヴ(うねり)のような感覚も覚えて、エキサイティングな体験でした!(笑)

2012年3月5日

広がりを生むモノを出来るだけ。

(仮称)若杉の家の面積の圧縮はLD(リビング・ダイニング)にまでおよびました。

しかし、LDはゆったりと落ち着いた雰囲気にしたいというのが、家族の希望でもありました。
そこで、面積は圧縮しながらも、(出来るだけコストをかけないで)視覚的・感覚的に広がりを感じられるように検討しました。

先ず、今まで弊社で建てていただいたオナー様たちの多くの方がされてきた、内外のつながりを強調することで、広がりを演出する方法をとりました。

軒・袖壁を設け、レベルや面、色や素材を合せることでつながりを強調。
また、外部空間もLDの延長と意識させる為の壁を設けました。
さらに、その壁の向こう側にある空間を予期させ想像させるため、その壁にアーチの抜けをつくりました。

光(自然光・ライティング)の利用による広がりの感覚も利用しました。

LDは落ち着いた雰囲気が家族の好みだったので、直射日光が降り注ぐLDではなく、木陰でくつろぐ感じのように直射の入りにくい空間にしました。
しかし明るく感じられるように日光を反射させる反射壁を設け、LDにやわらかい天空光によって明るく感じられるように工夫しました。
そのことも功を奏し、外部にある反射壁までがLD一体の空間を認識されます。

その反射壁の足元にイスなど家具を置くことで、よりリビングの延長であるイメージが強調され、広がりの演出になります。

夜もその効果をねらうために、イスを置く場所の上部にスポットライトを設けました。

目線を止めない工夫を施し、また目線を止め、エリアを認識させ、最後にその先を予測させることで、楽しい広がりを演出しました。

2012年3月6日

お住まいのイメージはインテリアから。

クドイようですが・・・
エクリュではインテリアを含めてお住まいの計画を進めていきます。
(注:設計依頼書をいただいてからのサービスとなります。詳しくはお問合せ下さい。)

お察しの通り、今日はインテリアのお話をします。

(仮称)若杉の家も家具など、インテリアの想定をしてから設計を進めました。
まさかLC4(シェーズロング)を叔母から譲り受けるとは思ってなかったので・・・
LCではないソファーなどでインテリアの検討を固め、設計に落とし込んでしまいました。
残念。。。

そうやって想定したインテリアで進めていたのですが、限定品だったため在庫がなくなり、販売していないものも出てきました。
そこで、先々週ぐらいからインテリアの再検討・再構築を行いました。

全体的なイメージの構成や寸法などはあまり変えず、今ある家具などで構成を再検討。
思ったんですが・・・インテリアも土地と同様、タイミングや偶然性に引張られることが多くて、運命的出会いなんだなぁ~なんてしみじみ感じていました(笑)。

全体的な色調や彩度は変えないで構成しました。
と言うのも、建物は既に変更できない部分も色々出ていますから、ここで大きな変更をするのはリスクが高すぎますし、家族のイメージも固まっていたので、前回のインテリアのイメージから大きくぶれることはありませんでした。

イメージマップの成せる技でしょうか?(笑)

当初ダイニングチェアに持ってきていた色、数年前のミラノサローネでの差し色でもあるターコイズブルーはリビング側に持ってきました。
ダークグレートの相性もバッチリ。トーヨーキッチンさんのベネツィアン・モザイク、デイジーとも相まって、大人びた雰囲気になるはずです。

ダイニングはエクリュ・オリジナルのダイニングテーブルに合せて、少し挑戦的なコーディネートをしてみました。
色合いはリクシルさんのシステムキッチンの色との関係性も意識し、スペイン製の生地(サンゲツさん)でイスの張り地を張ってもらうことにしました。
ちょっとミッドセンチュリーな雰囲気のする張り地です。

コストの関係上、机の天板は無垢のタモ材になりましたが、カリンのような赤っぽい着色ウレタンを塗装しようと思っています。
また、ロールで削ったグラマラスなフォルムの足は、つや消しブラックで塗装し、主張を抑えようと思っています。

リビングの延長にあるルーフテラスは、ディマンシュさんのご提案を採用させていただき、フィンストーン(ボール・チェア)を持ってこようと思っています。
目線を引き付けるポイントにもなり、アーチとも相性がよく、かなり楽しい雰囲気をつくってくれると思います。

日光の入り方はバッチリ。
直射を比較的避け、天空光で明るく感じるようにしたので、LD(リビング・ダイニング)の雰囲気は大人っぽい感じになると思います。
また、照明のレイアウトやライトコントロールシステムもインテリアにアクセントを与えてくれるはずです。
Kartellのシャンデリア(ブルーム)も楽しみです(笑)。

2012年3月7日

無信不立

後悔はやるべきことをやらなかった時に感じます。
やりつくすことが重要です。

でも、人はそんなに強くはないので、あきらめそうになってしまうことも。
そんな時に、仲間を信じる力があれば、あきらめずに済むかも知れません。

簡単にあきらめない住まいづくりをするには、信頼の出来る仲間が必要です。
仲間を信じる力が必要です。

あきらめなければ、可能性はあり続けます。

このことは知ってはいましたが、(仮称)若杉の家を建てる中、強く再確認できたことのひとつです。

2012年3月12日

命名(改名?)

(仮称)若杉の家 あらため 遊び心の家 となりました。

自分の家だから出来た遊び心。
子供達、家族の遊び心を出来るだけ詰め込んでみました。

頑張って遊びました(笑)。

2012年3月13日

遊び心の家 特別内覧会

3月24・25・26日 10:00~18:00
遊び心の家 特別内覧会

を開催いたします。

最近、「遊び心の家」がどうやって出来てきたか?
他に書くことがあったのでブログにてご紹介してしていませんでした。
内覧会まで2週間をきったので、追々書いていきます。
読んでから内覧会に来ていただくと、読まずにお越しいただくのとは全く違ったモノが観えてくると思います。

情報や知識があって初めて観えてくるモノもあります。
よかったら、読んでから内覧会へお越し下さいね!

今日のところは、内覧会の日程告知のみとさせていただきます。
明日以降、テーマを決めて「遊び心の家」のご説明などをしたいと思いますので、乞うご期待下さい!(笑)

2012年3月14日

ダイニングテーブルとチェアは、ちょっと挑戦的な組み合わせで。

「遊び心の家」のダイニングテーブルは、エクリュのオリジナルです。
自分でデザインしました。
脚の形状も、何種類も書きました。

今回、インテリアは、その家の名前のとおり、あえてテイストの違うテーブルとチェアを合わせて調和が取れるか、遊んでみました。
クラシックでグラマラス(エレガンス)なフォルムを持つダイニングテーブルに対して、ミニマルな形状のチェアを合わせるにあたり、どのように調和させるのかを検討してデザインしました。

ダイニングテーブルのデザインのポイントは、その脚にあります。

ロールで削ってつくる脚は、一件クラシックなイメージだったりグラマーなイメージがありますが、そのグラマラスなポイント(部分)を脚の上部の方にのみ集め、以下はすらっとした形状にすることで、ミニマルなチェアと合わせた時のギャップをやや抑えました。

また、グラマラスなテーブルの脚は、つや消しのブラックにて塗装します。
形状からくる視覚的情報を抑えるためです。
ひそかにグラマって方が面白いかな?と思ってデザインしました。

2012年3月15日

現況報告。

遊び心の家は今、仕上げ工事の真っ最中。
外部など塗装工事に、内装はクロスがどんどん仕上がってきています。
それに伴い、造作家具の作成や、便器、洗面台など器具の設置も進んでいます。

最近、時間がなくて現場に行けてないのですが・・・
管理用・報告用の写真にて会社で確認しています。

19日には置き家具なども運び込まれ、ほぼ完成します。
楽しみです(笑)。

2012年3月16日

廊下に家具を置くのって、かっこいい!

玄関ホールや廊下など、単に動線にしか利用しないところに家具がぽつんと置かれているのって、かっこいい!って思っていました。

しかし、我が家はそんな余裕は全くなく・・・
子供達にはひとり3帖しか分け与えていないし・・・やっぱり贅沢かなぁ~。
そう思っていたのですが、どうにもあきらめきれず・・・。
半畳以下のスペースを設け、家内の嫁入り道具のドレッサーを廊下に置くことにしました。
そして廊下の照明をドレッサーの上にスタンドを置き、それによって廊下の灯りをとることにしました。

少しクラシックなドレッサーにkartellなどのスタンドを合わすのもかっこいいかも(笑)。

2012年3月17日

こんな時間まで、お疲れ様です。

先ほど現場に行くと、電気がまだついていて、職人さんがクロスを貼っていました。
お疲れ様です。

少しですが、お弁当とお茶をコンビニで買ってお持ちしました。

照明器具も取り付いていて、大体の雰囲気がわかるようになっていました。
中々、昼間に現場へ行く暇がなく・・・。
写真を撮ってご報告したいのですが、19日にはご報告できるかと。

竣工まで、後もう少しです。

2012年3月19日

単に失うだけじゃなく。

4日間連続で、お客様との打合せがあり、今日はそのクライマックスに相応しく、朝10時に始まり、終ったのは23時をまわっていました。
お客様はお休みのところ、本当にお疲れ様でした。

と言うのも、今日は契約金額を決める最終段階の打合せだったからです。

予算からオーバーしていたのを減額していたのですが、増額減額、上がったり下がったりを繰り返しながら今日まできました。
(仮称)灯明寺の家のこの一連の打合せ。
減額をしていってるのですが、毎回、かいしんの一撃を感じるポイントがひとつはありました。
減額をしながら、その結果何かを失うだけでなく、コスト以外にさらに良くなるモノを得てきたと感じます。

そのポイントは「現実を受け止めて、決してあきらめない」と言うことだったんじゃないかと感じます。
「だった」って過去形じゃなく、現在進行形なんですけどね(笑)。

今日も減額を図り続ける中、窓の位置に拘り続けたその結果、さらにいい空間を創造できたと感じています。
新たな課題も得ましたけど・・・。
それもあきらめず検討を重ねれば、きっと想像を超えるいい結果が得れるんじゃないかと感じています。

具体的な内容は、実際の契約に至ってからご紹介することにしましょう。

今日はお疲れ様でした。

明日はとうとう「遊び心の家」が完成予定(?)。
家具などが運び込まれます。

2012年3月19日

家具搬入とチラシ打合せ。

今日は現場に家具やカーテンなどが次々と運び込まれました。

でも実は・・・
まだ現場に残工事があり、、、
残念ながら竣工には至りませんでした。
それにカーテンの取り付けなども、やり直しが出たり、中々予定通りにはいきませんね・・・。
内覧会までには出来るのですが、すんなりいかないのが現場。

今日は内覧会のチラシの打合せを現場でしました。
本当は完成した中での打合せにあるはずだったのですが、工事中の現場にて打合せとなりました。
ゴメンナサイ。。。

しかし、今回もチラシの出来が楽しみです。

っというわけで・・・インテリアの写真はおあずけとなりました。
様々な方にご迷惑をおかけしてしまいました。
ゴメンナサイ。。。

2012年3月20日

照明Bloom(ブルーム)を組み立てました。

デザイナー、Ferruccio Laviani(フェルーチョ・ラヴィアーニ)のデザインでKartell(カルテル)から発売されているシャンデリア、Bloom(ブルーム)がファサードの大きなFIXから見えるように配置します遊び心の家。
(Bloomはトーヨーキッチンさんから購入しました。)

今日はそのブルームの組み立てをしました。

ブルームの画像検索をGoogleですると、色々な形状の物が出てきて、どれが本物?!って思っていましたが、そのナゾが解けました。
それはどれも本物で・・・自分で組み立てるシャンデリアなので組み立て方によって色んな形状になるんです。

いい感じのカタチや色合いになるように、インスピレーションを働かせ組み立ててみました。
いい感じになったと思います(笑)。

ファサードから見る日が楽しみです!

2012年3月21日

街の照明器具。

子供の頃、ちょっと肌寒い日など、住宅からもれる明かりと夕飯のにおいに、「早く家に帰ろう!」と思ったことがある。
家路へ向うの車窓から見る高層マンションのひとつひとつの明かりに、ちょっと切なくなったりも。

明かりは人の暮らしを想像させ、人の温もりを連想させる。

住宅からもれる明かりは、街の照明器具。
窓からこぼれる明かりは、街に人の温もりの印象を与える。

遊び心の家も、街にいい印象を与えられるといいなぁ~。

2012年3月22日

ダイニング・テーブルが完成しました。

エクリュ・オリジナル家具(ダイニング・テーブル)が完成しました。
ダイニング・チェアはファブリックをイージー・オーダーしました。
スペイン製のファブリックを張ってもらいました。
形状のテイストが違うテーブルとイスを合わせたのも、うまく行きました!

家具と建物を一緒に検討を進めるから出来る空間から感じ取られるイメージを、是非体感に来てください!

遊び心の家 内覧会
2012年3月24日(土)・25日(日)・26日(月)
10時 ~ 18時
福井市若杉3丁目

2012年3月22日

駐車場コン打ち。

今日は「遊び心の家」の駐車場やアプローチのコンクリート打設です。

3月と言うのに、今日は寒い。
寒い中、お疲れ様です。
気温が低いと水和反応が鈍くなり、強度が出るのが遅くなります。
(その分、収縮クラックなどいきにくくなります)

駐車場のスラブにもひと手間加えていただきました。
その写真は撮れなかったので、内覧会でのお楽しみ!(笑)

2012年3月23日

やりたかったこと。 窓から見えるシャンデリア。

遊び心の家で実現したい、やりたかったこと。
ファサードからみえるシャンデリアがある家。
カッコイイ! 自分の家はそうしたい!って思ってました。

シャンデリアをどんなものにするのか?
色々探しました。

最初はルイス・ポールセン(Louis Poulsen)にしようかと思っていましたが、もっと艶やかイメージを加えたいと色々ネットで見て回っているうちに、カルテル(Kartell)のブルーム(Bloom)にひとめぼれ。
楽しいファサードになりました。

コストもお手ごろで、やりたかったこと、ひとつ叶えました!(笑)

2012年3月23日

やりたかったこと。 ぜぇ~~~んぶ、車止め。

実際は機能性としてはあまり意味を成さないのかも知れないけど、駐車場のスラブがせり上がってきてる車止めをやってみたかったので、遊び心の家でやってみました。

このためようの型をつくって、丁寧に手作業で仕上ていただきました。

植栽スペースにヘデラ・ヘリックスが植えられると、より面白い表情になると思います。
楽しみです(笑)。

2012年3月23日

「遊び心の家」特別内覧会

いよいよ、明日から「遊び心の家」特別内覧会を開催いたします。

1ヶ月ほど前から今日までほぼ毎日、「遊び心の家」がどうやって出来てきたのか? どんなことを考えてきたのか? など綴ってきました。
全てを語れたわけではなく、言葉では語れないことも色々あります。
よろしければ、内覧会会場に遊びに来て下さい。

また、見るだけでは気付けないところもありますので、会場でスタッフに色々お問い合わせいただけましたらと思います。

是非遊びに来てください。

「遊び心の家」特別内覧会
2012年3月24日・25日・26日
10時~18時
福井市若杉3丁目

2012年3月24日

今日から「遊び心の家」特別内覧会が開催されます。

いよいよ本日から「遊び心の家」特別内覧会が開催されます。

土地探しから約1年。
やっと我が家が完成しました。
でも、1年で完成するのはエクリュでは早い方です(笑)。

当サイトのブログでは、土地探しから「遊び心の家」が出来るまで、その時感じたことなどを綴っています。
1年分なので、かなり長いですが・・・よかったら見てみてください。
お住まいづくりを検討されている方々の参考になれば幸いです。
http://www.ecru-arc.co.jp/category/blog/work-blog/asobi/

エクリュHPのブログを読んでいただけましたら、少し詳しく内覧会でお解りいただけるポイントも増えますが)内覧会会場でただ見るだけじゃ見落としてしまうポイントも多々あろうかと思います。
そんな時、是非会場にいるスタッフに色々聞いてみてください。
より詳しくご説明させていただきますので、色々ヒントになるポイントもあるかも知れません。
少しでもお住まいづくりの参考になれば幸いです。

では、本日24日(土)~26日(月)、10時~18時まで内覧会を開催いたします。
多くの方々に見ていただけましたらと思います。
是非、足をお運び下さい。
くれぐれもお気をつけてお越し下さいね(笑)。

2012年3月24日

「遊び心の家」にて打合せ。

今日は「遊び心の家」にて打合せを行いました。

弊社で建てていただくことを決めていただいているお客様は、今後も「遊び心の家」にて打合せをさせていただいたりも致します。
実際に住んでいる状態を見ていただいたほうが、何かとお解かりいただけるポイントもあろうかと思います。

この日は「仮称:灯明寺の家」のお施主様と打合せをしました。

2012年3月25日

ありがとうございます!

関西から両親が新居を見に来てくれました。
そこで、両親と家族全員で夕食をしにソニョーポリへ行きました。

美味しい料理と楽しい時間が、クライマックスに近付いたその時、運ばれてきたデザートに・・・

ありがとうございました!
感動しました(笑)。

(明日3/26もまだ内覧会は続きますが・・・)昨日、今日と「遊び心の家」内覧会会場へ、オーナー様たちやお客様、協力会社様にも沢山お越しいただきました。
本当にありがとうございました!

多くの方々に支えられ、「遊び心の家」があります。
明日もまだ内覧会をしています。
「愛」で支えられて建っている「遊び心の家」を是非ご体感下さい。

皆さま。お祝いのお言葉、お気持ちを多数いただき、本当にありがとうございます。
住まいづくりって、本当にいいものですね!(笑)

オーナー様、協力会社様。
もちろん、皆様もいつでもまた遊びに来て下さい。
クドイようですが、明日もまだ内覧会をしていますけど(笑)。

2012年3月26日

ありがとうございました。 (そしてゴメンナサイ。。。)

本日も「遊び心の家」に多くの方々にお越しいただいたと今、報告を受けています。
本当にありがとうございました。

本来なら自分が会場にてお礼やご案内をしなくてはならないのですが・・・
皆さまのおかげをもちまして、お客様との打合せのご予約をたくさんいただき、仕事が立て込んでいます。
ありがたいお話なんですが、皆さまにはご迷惑をおかけしています。

この度、自邸を建てて強く感じたのは、(当然のことですが)皆さまのおかげで住まいができるということです。
住まいづくりは想像以上に幸福でエキサイティングな時間でした。
皆さまのおかげで自邸を(まだ少し残工事はありますが)完成することができました。
本当にありがとうございます。

また、「遊び心の家」特別内覧会へお越しいただき、ありがとうございました!

また明日からお施主様の住まいづくりのために力を尽くして参ります。
今後とも、お力添えのほど、よろしくお願いします。

ありがとうございました!

2012年3月29日

「遊び心の家」 内覧会開催。

「遊び心の家」の完成内覧会を開催いたします。
是非、遊びに来て下さい!

「遊び心の家」完成内覧会
2012年3月31日(土)・4月1日(日)
10時~18時
福井市若杉3丁目

2012年3月30日

「遊び心の家」を10倍楽しく観る方法。

「遊び心の家」完成内覧会

2012年3月31日(土)・4月1日(日)
10時~18時
福井市若杉3丁目

今日は「遊び心の家」内覧会のみどころを簡単にご説明します。

1.広さと広がり
  よくプランニング(間取り)をする時など、お客様に部屋の帖数を聞かれる事があります。
  広さには物理的な広さと感覚的な広さがあって、必ずしもそれは一致しません。
  スペースを最小限度に抑えても広がりを感じさせる工夫が、「遊び心の家」には色々あります。
  現地のスタッフにご質問下さい。

2.ブラック&ホワイト&レッド+差し色
  「遊び心の家」は建物とインテリアを同時にプランニングしています。
  当然に建物と家具などのカラースキーム(色構成)もプランニング段階から検討しています。
  先ず、ベースはブラック&ホワイト&レッド。
  インテリアの定番の色構成です。
  そこに差し色を加え、目線の誘導を図ったり、感覚の変化を図ったりしています。

3.オリジナル家具+デザイナーズ家具+嫁入り道具など
  先ほども書いたとおり「遊び心の家」は建物とインテリアを同時にプランしています。
  スペースのボリューム感や広がりの感覚、空間のイメージにも大きく影響するからです。
  「遊び心の家」のダイニングテーブルは、エクリュがオリジナルでデザインしたものです。
  2500×900の無垢の天板もさることながら、轆轤(ロール)でつくったテーブルの脚も
  見所です。
  どのようなコンセプトで、どんなところに気遣ってデザイン・製作したのか?
  是非スタッフにお問い合わせ下さい。

4.家族の癖とプランニング
  現在の住まいでの家族の癖や、住まい方を分析しました。
  その結果をどうプランに落とし込んでいったのか?
  スタッフにお問い合わせ下さい。

5.照明計画・日光の取り入れ方
  (いつものことですが・・・)シーン別の光の構成を考えました。
  今回は器具に標準で付いている球から、わざわざ球を買って来て替えたり
  些細なことですが演出に拘った部分もあります。
  こちらもスタッフまでお問い合わせ下さい。
  あと、南側に大きな窓があるのですが、リビング・ダイニングには直射日光が
  入りにくくしました。 でも、明るくなるように検討しました。

6.ファサード(外観)
  「遊び心の家」は外観から設計しました。
  建物は街並みをつくります。
  少し街並みに変化をつける「遊び心の家」ですが、結構、ご近所さんにも喜んでいただき
  安心してます(笑)。 本当にありがたいことです。

7.手入れのしやすさ
  手入れのしやすさは、「遊び心の家」ではかなり重要なファクター(要素)でした。
  家族の皆は、あまり家事が得意ではないので・・・また、まめではないので・・・
  長くキレイが続くためのひとつに「手入れのしやすさ」が重要でした。
  あと他にも、掃除の弊害になっているファクターの分析をし、それがどうすれば解消されるか?
  家族を知り尽くしているからこその発想があります。
  詳しくはスタッフまで!

8.寒くない?!
  お家の中で最も熱損失が大きな場所は窓。
  大きな窓がある「遊び心の家」は寒くないか?と危惧されました。
  そこでコールドドラフト対策などを練ってあります。
  詳しくはスタッフまで。

9.遊び心
  僕の好きな数字「9」でやっとこのお家の名前である「遊び心」を持ってきました(笑)。
  「のぼりたくなる」 「くぐりたくなる」 「入りたくなる」 「先に行きたくなる」
  どうすればそうなるのかを、考えました。

  こればっかりは言葉は(説明は)あまりに陳腐です。
  是非、会場にお越しいただき、ご自分で体感されてください。

10.最後に
  「遊び心」のところでも書きましたが、本当は説明などあまり意味がなく、
  言葉など陳腐です。
  実際に体感されて、そこで感じられたことこそ真実です。
  お忙しいとは思いますが、是非、ご自分で体感なさってください。
  ご自分の感覚を信じてください。
  スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

では、明日から「遊び心の家」の完成内覧会を開催いたします。
多くの方々にお越しいただけますよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。
会場でお会いできることを楽しみにしています!

2012年4月2日

「遊び心の家」内覧会へお越しいただき、ありがとうございました。

2日間にわたり開催いたしました「遊び心の家」内覧会。
多くの方々にお越しいただき、無事終えることが出来ました。
これもひとえに、皆さまのおかげと感謝しております。
ありがとうございました。

また、お心遣いなどお気持ちを多数いただき、本当にありがとうございました。
今後ともエクリュをよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

2012年4月4日

トーヨーキッチンさんのウェブサイトでご紹介いただきました。

「遊び心の家」
ファサードから見るシャンデリア(ブルーム)やリビングの収納扉に貼られたタイル(デイジー)、あとパソコンコーナーのイス(マスターズ)も。
どれも「遊び心の家」になくてはならないファクターです。
それらはトーヨーキッチンさんから購入させていただきました。
そのことから、トーヨーキッチンさんのHPにて「遊び心の家」が紹介されていました。

http://www.toyokitchen.co.jp/blog/Showroom/fukui/

2012年4月12日

撮影をしていたら。

今日、ウェブサイト用の写真など、「遊び心の家」の撮影をしていたら、散歩されていたご近所の方や、下校の付き添いのご父兄に「こんにちは。ステキなお家ですね!」と声をかけていただきました。
「ありがとうございます!」とお返ししましたが、とても嬉しかったです。

ご近所の方々にそう言っていただけるのは、本当に嬉しくありがたいことです。
本当にありがとうございます。

もうすぐお引越ししますので、よかったらいつでもお立ち寄り下さい(笑)。

2012年5月6日

建ててつくづく思うけど、家は本当にいいものです。

ショッキングピンクや光の取り入れ方が印象的なルイス・バラガンは、「家は自分をみつめなおす為の空間」と言ったそうです。

家を設計させていただく仕事をしている僕ですが、今までたくさんのお住まいを設計させていただきました。
当然どのお住まいも、豊かな暮らしを送っていただきたいと考え設計させていただきました。
定期点検などでオーナーさまのお住まいにお邪魔させていただくと、どなたもそろって生活を楽しまれておられることが伝わってきて「あぁ、よかった!」って胸を撫で下ろします。

この度、我が家(遊び心の家)を皆さまのお力添えのもと建てさせていただいて本当につくづく思うことは、「家はいい!」と言うことです。
これは僕が、お住まいなどの設計をしているから言うのではなくて、本当に今、実感しているからなんです。

それも想いや気持ち、考えや念など目に映らないモノをちゃんと込めたお住まいをお建てになればなるほど、それらは暮らしの中に色々なモノを還元してくれるのだと言うことを、今、実感しています。

住まいに込めた想いや気持ちなどは、家の中を心地よく通り抜ける風のように、楽しさや喜びや癒しや安らぎなどを、住んでいる僕らに確実に与えてくれてます。
前に住んでいた場所とは確実に違う。
ちょっとしか離れていないし、リビングルームの窓の向き、方位も変わらない。
明らかな違いは、込めた想いや考えや時間や願いや・・・そんな目に映らない何か。

今更ながら、自分の今感じている、実感している感覚から、強く思います。
ちゃんとお住まいを建てられた方が確実に得るモノは大きいです。

お手軽
簡単
分かりやすい

そんなお家の建て方は、僕は本当に残念に思います。
きっとその家での暮らしで得るモノはしれている。
感覚も経験も体験も時間、、、

難しくとも
大変でも
苦悩しても
迷っても
僕はそんな住まいの建て方をして本当によかった!

なぜなら、こんなに豊かな感覚や経験や時間などを毎日得ることが出来、またそんな空間(住まい)は、類は友を呼ぶがごとく、豊かさを集めていってくれます。

家内が生けたモミジもそう。
父がくれた益子焼の器もそう。
友人が作ってくれたスタンドもそう。
友人たちの温かな気持ちや言葉もそう。

想いが持っている引力は、想いを引き寄せてくれます。

ちゃんとお住まいづくりをされることをお勧めします(笑)。

2012年5月9日

おかげかな?

長女の「宿題、終わったぁ~!」の写真。

引っ越してきて半月以上が経ちました。
家内はまだ、新しい住まいでの生活リズムを模索中なのでしょうか?
日常にはまだ至っていない様子。

誰よりも早くに新居への引越しを満喫しているのは、もしかすると長女かも知れません。

近くなった運動公園に毎日のように、住まいが近くなった友達と一緒に遊びに行ってます。
楽しそうです(笑)。

友人がくれた新築祝いのエプロンをつけて、広くなったキッチンでお手伝い。
配膳したりしてくれてます。

そういえば、苦手だったお味噌汁も新居に来てからは残さず食べています。
ダイクール球の演色性のおかげかな?
それか、僕がデザインしたダイニングテーブルのおかげかな?(笑)

とにかく長女はよく遊び、よく学び、よく食べ、そして・・・

よく寝る。

どうしてもリビングのソファーで寝てしまいます(笑)。
たくさん活動しているせいか?
色温度2700Kのおかげか?
リビングでうたた寝するのが、もはや日課になっています(笑)。

「わーちゃん! お風呂はいるよ! 起きて!」
いつも家内に起こされています。

でも、家内の起こし方も、以前とはちょっと違います。
以前はTVなどを見て中々お風呂に入ろうとしない子供達に「ガス代が勿体無いから早く入ってしまって!!!:怒」とかなり強めのテンションで怒っていましたが、昨日もソファーに腰掛、長女が自分の起きるまで傍にいるといった感じでした。

それは、4時間で2度しか下がらない断熱浴槽のおかげと、リビングがくつろぎやすくなったおかげではないかと、僕は観ています(笑)。

2012年5月11日

柳宗理のフォークとスプーンが届きました。

注文していた、柳宗理のフォークとスプーンが、やっと届きました。
また、食事が少し楽しくなります(笑)。

2週間ほど前に頼んだのですが、忘れた頃に・・・。
家の電話がまだつながっていないので、もしかしたら先方が連絡が取れずに困っておられるんじゃないかと思い、今日、こちらからご連絡しようとしたら、届きました。

よかった、よかった(笑)。

2012年5月16日

感激しました。

ゴールデンウィークに住み始めてから初めてのエクリュのお客様が「遊び心の家」にお越しになりました。

それは現在新潟県にお住まいの方で、ご主人のご実家が福井なのでこちらに里帰りされているその時に、「遊び心の家」をご覧いただくことになりました。

今日、手紙とともに小包(お心遣い)が会社に届きました。

その方からでした。

直筆の手紙には「遊び心の家」の感想はもちろん、僕の家族へのお気持ちや住まいへのお気持ちなどが丁寧に綴られていました。

とても感動をいただきました。

また小包の中にたくさんのおかきが入っていたのですが、これが本当に美味しかったです!
さすが新潟!
おかきが美味しい!!

本当にお気持ちのこもったお言葉、お心遣いいただき、とても嬉しかったです。
本当に、ありがとうございました!

2012年5月19日

空いた時間の過ごし方。

ここのところ、中々お休みが取れないので、今日のお仕事は午後からにしました。
朝はゆっくり寝て、午前中はリラックスして過ごすことにしました。

今日の福井はとてもいい天気で気持ちがいい!
外(ルーフテラス)にギターを出して弾いてみました。

なんて気持ちがいいのでしょう!(ビフォーアフター風に)
でも、よく考えると(よく考えなくても)近所迷惑かと・・・。

それで、いつものようにリビングで、大橋トリオを弾き語りました。

今朝もお家にひとり。
家族はみんなサッカーへ行きました。

ひとりの時間を存分に楽しんでます(笑)。

2012年6月11日

嬉しい出来事。

昨日、我が家にお越しいただいたお客様。
ご近所にお住まいで内覧会にも2度ほどお越しいただいた方。
先日韓国へクルージングされて来られ、その時もお土産を持ってきていただきました。
感激です(笑)。

済州島にも寄られたのかな?
済州島の名産のタンジュリン(みかん)のフレバーのチョコと韓国といえばカタツムリパック。

僕はチョコが好きで、中でもみかんの皮のフレバーのチョコは大好き!
昨日、家族と映画を見ながらいただきました。

家内も友達からも勧められていたカタツムリパックをいただき、大変喜んでしました。

気に留めていただき、お心遣いまでいただけたことを本当に嬉しく思っています。
ありがとうございます!

また、ご近所なので、是非是非、遊びにいらしてくださいね!(笑)
ありがとうございます。

2012年6月14日

干し野菜

朝起きて、2階のリビングルームにいくとキュウリが干してあった。

明日は家内と長男の友人達と我が家(遊び心の家)で夕飯を一緒に食べる。
きっとその準備だろう。

ただ、我が家。
あえて直射日光が入りにくく設計してある。
風は当るが、直射が当らなくてもいいのかな?

家内にメールしてきくと、「それでOK」とのこと。

明日、どんな料理に変わるのか?(笑)

2012年6月14日

干し野菜2

今朝の干し野菜(キュウリ)。
普通に炒め物になっていました(笑)。

2012年6月16日

ビックリグミ

昨日、またご近所さんにお心遣いをいただきました。
気に留めていただけるだけでも本当に嬉しいことなのですが、こうやってお心遣いまでいただけるのは、本当に感激!!

ビックリグミの木って小学校の国語の教科書か何かで出てこなかったかなぁ~。
うちの実家の庭にも昔植わってたような・・・
何だかすごく懐かしく嬉しく(笑)。

本当にありがとうございました!

2012年6月16日

ホーム・パーティー

昨日は長男が小学6年生の頃のクラスメートとその父兄5家族が集まって、我が家(遊び心の家)でささやかなホームパーティーをしました。

6年3組高松学級は、高松先生のおかげさまでとても素晴らしい団結力のあるクラスでした。
その影響で、3年が過ぎた今でも、こうやって(どちらかと言うと親が)たまに集まっては、当時の思い出話や現況を報告しあったり、巷で騒がれているニュースに沸いたりしています(笑)。

昨日も笑いが止まらない、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
日頃の疲れも吹っ飛びますね(笑)。

子供達も変わらず素直に成長してくれてて、そんなことも再確認できる夜でもありました。

いつまでも宴が終わるのが名残惜しく・・・
子供たちは今日も一緒に遊ぶそうです(笑)。
親達も、次いつ開くのかを相談していました(笑)。

いいですね!
こういうの。

最後に、ご参加いただいた方々と、この宴をかげで支えていただいた方々へ、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
ありがとうございました!

Special Thanks 
 高松先生
 レスプリドール
 (騒がしいのに)ご理解いただいているご近所の方々
 ビックリグミをお持ちいただいたご近所さん
 お家で留守番をしてくださったご主人・ご家族
 関わる全ての皆さま

本当にありがとうございました!

2012年6月30日

お誕生日会を開きました!

今日は長女の誕生日会を我が家(遊び心の家)でしました。

僕はお仕事(エクリュ現場見学会)だったので、参加は出来なかったのですが、家内と次男とで、10人ほど来た長女の友達の接待をしてくれました。

かなり楽しかったようで、仕事から帰ってくるとみんなで騒いだ痕跡があちらこちらに(笑)。

何より、この寝顔を見ていると、電池切れまで一生懸命遊んだんだろうなぁ~と。

今日は和奏の友達だけにお祝いしていただいただけでなく、お隣の方にもお祝いをいただきました。

「美味しいから食べ!」
と持ってきていただいた、小芋を家内が蒸かしました。

鯛(タイ)はお隣さんが煮たのを持ってきていただきました。

本当にどちらも美味しかったです(笑)。

たくさんの方々のお心遣いをいただき、本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。

2012年9月3日

遊び心の家にて打合せ。

今日は10時30分から、お客様と「遊び心の家」にて打合せです。
実際の建物を見ながらの方が解りやすいこと、色々ありますもんね!(笑)

2012年10月30日

遊び心の家で打合せ。

今日は遊び心の家で打合せをしました。

本や雑誌などを目の前に打合せするのも、それはそれで意味があるのですが、モノを見ながらだと分かりやすいこともあります。
例えば、「天井と軒裏の関係性からくる感覚の違い」とか・・・「抜け感がもたらす空間認識」とか・・・文字にするより、体感する方が手っ取り早いです(笑)。

遊び心の家で体感していただけたらと思いますので、遊びに来てくださいね!(笑)

2012年11月3日

「遊び心の家」の内覧会は、いつでもご予約受付けてます。

今日も遊び心の家で打合せがありました。

今日は感覚の話をさせていただきました。
「広さ」と「広がり」の違い
「同じ」と「違い」がもたらす感覚
など、説明されて「なるほど!」って気付くけど、説明されないと見落としてしまう部分。
でも、感覚には必ず影響を与えている部分をご説明いたしました。

大切なことって、結構地味なことだったりするんです。
その地味なことに手を抜かず、ちゃんとやりきることが、とても重要だったりするんです。

地味なことだから、些細なことだからと、その部分を疎かにしてしまうと、得たモノは大したことのないモノだったりして・・・
あぁ・・・些細なことだからちゃんとしておけばよかった・・・ってことになるんですねぇ~。

まぁ、どんなことも、そういうもんです(笑)。

それを知って通過するのか?
知らずにするのかでは、意味合いも大きく違ってきます。

知らぬが仏ともいいますけどね!(笑)
僕は、知る方がいいと思います。

「遊び心の家」の内覧会は、いつでもご予約受付けてます。
よろしければ、いかがでしょうか?
お待ちしてますね!(笑)

2012年11月29日

ファサードは、クリスマスの装い。

昨日、子供たちが飾ってくれたみたいです。
一気にクリスマスの装い。
楽しげです(笑)。

2012年12月8日

雪降った。 積もった。

ルーフテラスを照明器具にして、お風呂上り、リビングでお茶を飲む。
雪が光を反射して部屋を明るくしてくれる。

色温度2700K

とうとう雪が降って、積もった。

2013年2月8日

スマートHEMS(ヘムス)・AiSEG(アイセグ)

今日はパナソニックさんとHEMS(AiSEG)の打合せをしました。

HEMS(ヘムス)とは「home energy management system」の頭文字をとったもので、家庭内のエネルギー管理をするためのシステムです。
HEMS(ヘムス)により電力の使用を効率化でき、節電やCO2削減に役立ちます。

HEMSの大きなポイントはお住まいのエネルギーなどの使用状況などがライブでわかる「見える化」にあります。
エネルギーや光熱費の見える化をするだけで、11%もの節電などができるとのデーターもあり、省エネをお考えの方には打って付けの商品だと思います。
また、今年の3月までに申請を受理された方には、補助金が10万円を上限に出ることもあり、この機会にお住まいの見える化を進めらるのはいかがでしょうか?

どんなこともそうですが、先ず自分の置かれている状況や、自分自身を知るところから、発展や改善があります。
その為のアイテムとしてHEMSは不可欠。
2030年には新築に関して義務化されるとか・・・。

一度、ご検討されてはいかがでしょうか?

2013年2月20日

TH大賞 敢闘賞 受賞

再び、賞をいただきました!

第19回TH大賞の際、福井県初の、地域最優秀賞を受賞させていただいた、TH大賞に、今回は遊び心の家が敢闘賞をいただきました。

大変うれしいです。
ありがとうございました(笑)。

2013年2月22日

窓の役割。

遊び心の家からは、いつも足羽山がきれいに見えます。
今日の足羽山は、一段と美しくて、写真に撮りました。

窓は風や光を取り込むという基本的な発想だけではなく、景色を切り取ったり、広がりを演出したり、または外観(ファサード)を美しく魅せるなどの役割もあります。

足羽山、きれいでしょ!(笑)

2013年4月23日

一年点検。

今日は遊び心の家の一年点検でした。

9時15分から始まった一年点検。
特に問題もなかったのですが、お茶を飲んでゆっくりしてたら、お昼をまわってしまいました。。。
ゆっくりくつろげるってことは、とてもいい空間ってことですね!
嬉しいなぁ~(笑)。

おなかがすいた。。。
13時、あわてて皆でお昼を食べに「osteria SALSA」へ。

パスタに入ってるオリーブが美味しかったです。

そこへマスターからの差し入れ。
朝、一本釣りで上がったアジの差し入れをいただきました。

とても美味しくて、とても嬉しかったです(笑)。
ありがとうございました! ご馳走さまでした!!

とても素敵な一年点検でした。

2013年5月11日

長時間えらかったね。 しかも、仲良くなれてよかったね!

今日は、遊び心の家にて(仮称)三郎丸の家の打合せをしました。

プランニングもいよいよまとまってきて、最終段階。
間取りからディテールや見え方へ打合せが進みます。

この頃になると、イメージマップを完成させ、イメージの共通認識を図っていきます。

また、ショールームなどに伺い、仕様の確認も行います。
っとその前に腹ごしらえ。

今日はSALSAに行きました。

FaceBookでお勧めされてた、「鯖とフィノッキオのスパゲッティ.シチリア風」をいただきました。
本当に美味しかったですよ!
いくらでも食べれそう。
大盛りにすればよかった。。。

腹ごしらえも終わり、仕様の確認に、各メーカーさんのショールームへ。
今日は、TOTOさんとクリナップさんに伺いました。

2月に新しくなったクリーンレディーなどを見せていただきました。
いい感じに進化してましたよ!

ショールームで水廻り商材をじっくり見ている間、お子様はスタッフに観てもらってました。
すっかり仲良しに(笑)。

あまりの面白い絵に、ふいてしまいました(笑)。

今日も長時間、ありがとうございました!
また、関係者の皆様、ありがとうございました。

2013年6月30日

遊び心の家で打合せ。

今日は遊び心の家で打合せをしました。
外収納や自転車置き場、また内外のつながりをつくる工夫や、それにかかるコストの違いなどをお話ししました。

遊び心の家は、いつでも内覧会が出来ます。 (要予約)
よろしければ、実際に住んでいる遊び心の家を観ていただき、完成内覧会(まだ住んでいないお住まい)では気付くことが出来ない様々なポイントを、ご確認されませんか?

出来た時にキレイな家は、正直、そんなに難しくなく設計できます。
しかし、長く住んでいただいた上、なおキレイに住んでいただけるには、様々な工夫や調査などなどが必要です。
見た目では分からない、見た目の美しさをちょっとだけお教えします(笑)。

よかったら、遊びに来てください!!

2013年8月29日

レスプリドールのケーキ。

今日は「遊び心の家」で打合せを行いました。
実際住んでいる住まいを観ていただくと、とても想像がしやすく、喜んでいただいてます。

おかげさまで、今日もとても楽しく打合せをすることが出来ました。

その中でも、お話に花を添えてくれたのは、レスプリドールのケーキたち。
お茶とケーキでゆったりと打合せをしました。

2013年9月9日

テクスチャー感を。

外壁の色は、いつも現地で決めていただくようにしています。
というのも、色は他の色との(周辺環境との)関係性により認識しているからです。
周辺の建物がどんな色かで、どんな色を選択すればくすまず鮮やかに見えたり、周辺の建物などとの調和が図れるのかを調整するため、現地で決めていただきます。

今日は、テクスチャー感(質感)を選んでいただくために、遊び心の家との比較をしていただきました。

遊び心の家は、少し離れたところからでもテクスチャー感が分かるように、少し粗目の粗骨材にて塗装しました。

マットな質感を好まれる方は、粗骨材を細かくされますが、遠くから見ると単に色にしか見えず、テクスチャー感を失うこともあります。

外壁は数メーターの至近距離から見ると言うよりは、十数メーター離れたところから見る可能性が高く、少し遠目からの見え方を意識した方がいいと思います。
しかし、塗装サンプルでは小さすぎて、数十メーター離れて見ることは難しく、その為、遊び心の家を基準にしていただき、そこから大きくとか細かくとかを決めていただいてます。

今日も(仮称)大溝の家のイメージをしていただきました。

2013年10月10日

自宅で仕事をするのも。

今日は遊び心の家のHEMSの追加工事をしていただいて、自宅で仕事をしています。

遊び心の家では、電気・水道・ガスの流れを一目で分かるように(見える化を)しています。
メーカーさんの試算では、見える化をするだけでも電気代が1割ほどカットできるとの情報もあります。

何事も、自分を知ってからの改善ですから、見える化は改善を図るための第一歩だと言えます。

遊び心の家では、電気の見える化は既に済んでいたのですが、水道とガスの見える化が途中になっており・・・やっと本日、工事をしていただいています。

そこで、自宅で仕事をしています。

自宅は落ち着き、意外に仕事が進みます。
プランニングやイメージを膨らますには遊び心の家は、結構いいかも!(笑)

2013年11月7日

光を増幅させる空間

今日はちょっと空間のイメージをつくるコツのお話をします。

遊び心の家は、大人っぽい落ち着いた空間のイメージをつくるために、工夫があります。
そのひとつは、直射日光が入りにくいように設計しました。

直射日光がたくさん入る空間は、元気なイメージになりますが、大人びた重厚感のある空間とは、少し違ってきます。
そこで、遊び心の家は日光を間接的に取り入れる工夫をし、必要な明るさを確保しながら、大人の雰囲気を出す工夫をしました。

その一つの方法は、光を増幅させる空間として、南側に吹抜けを持ってきました。

上の写真は吹抜けに面した手すり壁は直射日光を遮る役割をしているのが分かります。

次の写真を観ていただくと、奥の壁に映る光や影のラインが何重にも見えています。
これは吹抜け空間の壁や天井などに何度も反射した光が、リビングやダイニングに入り込んでいることを表しています。

このように、日光の取り入れ方ひとつでも、部屋の雰囲気がつくれます。

2013年11月8日

色温度≦2700K

ドイツは電圧が230Vの為、ドイツ製の照明器具を日本で使うと、調光された状態になり色温度が下がります(白熱球などの場合のみ)。

個人的には、色温度2700K以下が好きなので、ちょうどいい感じになります(笑)。

2013年11月16日

インテリアの雰囲気をつくる、光の取り入れ方。

遊び心の家では、リビングルーム・ダイニングルームの北側にルーフテラスを設け、そこに大きな開口(窓)を設置。
さらにルーフテラスの奥に壁を設けています。

遊び心の家は、素色(ECRU)・黒色・赤色(えんじ色)をベースの色とした、落ち着きのある大人っぽいイメージのインテリアに仕上げています。
そこで光の取り込み方にも工夫をしました。
直射日光が燦々と降り注ぐ明るいイメージではなく、落ち着きのある柔らかい光に囲まれるようなイメージにしました。

その工夫の一つが、ルーフテラスにある壁です。

写真のように北側にある壁が直射日光を受け、真っ白に照っています。
この反射光がリビングルーム・ダイニングルームに入るように設計してあります。

また、遊び心の家は、南側に大きな窓があります。

しかし、この窓からはリビングルーム・ダイニングルームに直射日光は入らないように設計しました。

写真は大きな窓とダイニングルームの間にある吹抜けです。
この吹抜けは、南からの光を直接ダイニングルームに取り込むことなく、吹抜け内で光を乱反射させてからダイニングルームに光を取り込む役割を果たしています。

写真をよく見ると、吹抜けへの落下防止の手すり壁に映る光と影が見えますが、様々な角度から光が入ってきているのが観て取れます。

上の写真では、直射日光が、吹抜けへの落下防止手すりで止められているのが解ります。

間接照明が落ち着いた雰囲気をつくるように、日光も間接光として取り入れることで、落ち着きのあるインテリアの雰囲気をつくることが出来ます。

2013年12月25日

Merry Christmas!

Merry Christmas!

素敵なクリスマスをお過ごしください。

2014年1月30日

発注前確認を行っています。

今日は三雲の家のお施主様と、エクリュにて打合せでした。
先日の建て方中に予定してた打合せが、思いのほかおもてなしをいただき、時間が全くなく出来ず、今日、打合せをさせていただくことになりました。

写真は敦賀から持ってきていただいたお土産。
いつもお心遣い、ありがとうございます。

今日の打合せは、材料など発注前の再確認と次回の打合せの準備に関しての打合せ。
おかげさまで予定時間内で終えることが出来ました。

その後、遊び心の家にお越しいただき、少しお話をして今日の予定は終了!
お休みのところ長時間にわたり、ありがとうございました!

2014年2月1日

急遽、我が家で。

弊社が入っているビル自体が、昨日から原因不明の停電。
その為、昨日は夕方から仕事が出来ませんでした。。。

今日、入っていた打合せのご予約。
急遽、打合せ場所を「遊び心の家」に変更していただきました。

いつもとは違った、打合せの雰囲気の中、打合せをさせていただきました。

2014年3月23日

時間をかける必要性。

二日連続で急遽、遊び心の家にて打合せとなりました。

急なので掃除機すらかけておらず、埃っぽく申し訳ありませんが・・・お二方(二組)とも、片付いていることに驚かれていました。

見た目に美しい空間を設計する事は、たいして難しい事では無い。 ちょっとした事です。
しかし、住んでなお、キレイをキープ出来るお住まいを設計するには、時間と労力とノウハウが必要です。
それにお付き合いいただけると、とても嬉しく思います。

とても大切な事にも関わらず、中々、内覧会などでは、「住んでなおキレイをキープ」を見分けることが難しいです。
そこで弊社では、実際に住まれているお住まいをご覧いただくサービスも行なっています。
(注:設計依頼書および工事予約をいただいたお客様にのみ、差し上げているサービスとなります。)

大切な事は、いつも、中々観えてこないものですね。
だからこそ、時間をかけてじっくり検討する必要があるのだと思います。

2014年4月13日

お住まいづくりは自分探し。

今日は(仮称)灯明寺3の家の打合せを、遊び心の家にて行いました。

今日の打合せは、前回の打合せの時にいただいたご希望・ご要望を加えたプランニングを観ていただき、お出ししていた宿題である、「現在のお住まいの間取り図と収納部分の体積、収納物の把握」に基づき作成したプランへ落とし込んでいくことで、必要なスペースを一緒に検討していただきました。

今、お持ちのクツが何足あるのかをすぐにお答えいただける方は、とても少ないと思います。
しかし、家を設計するに当たり、クツだけで無く、服やカバンや季節の物など、すべての物を把握していないと、キレイなお住まいを設計することは出来ません。

今日は、お忙しい中、現在のお住まいの間取り図と収納部分の体積、収納物の把握をしていただき、単に間取られたプランニングから、実際にキレイに住んでいただける生きたプランニングにしていただくお時間をいただきました。

また、お心遣いもいただきました。
親玉菓舗のお菓子を持って来ていただきました。
本当にありがとうございます。

2014年4月20日

タイミングは次回。

今日は遊び心の家にて打合せをしました。

前回までの打合せでショールーム巡りも終わり、住宅設備の想定もほぼほぼ決まりました。
そこで今日は具体的なキッチンの使い方や、ゴミ置き場の検討をするため、遊び心の家の使い方を観ていただきました。

実際に住んでいる場所での打合せは、使っての意見や実際のスケール感、あと、一緒に使ってみることもでき、本当に参考にしていただけます。
今回も実際、キッチンに立っていただき、シミュレーションをしていただきました。
色々ご意見もいただき、アイデアも出てきました。

また、本日は、全体的なインテリアのイメージもお話しました。

今持っていて新居に持って行かれる家具や、これから購入される家具。
それに今まで集めたインテリアのイメージを加えて、インテリアの方向性や、そこからくる形状や色などを検討していきます。

僕自身はかなりイメージが観えてきましたが、ご提案は次回にさせていただきました。
もう少し、情報が欲しかったのと、お施主様がご自分のニーズに気付かれるタイミングは、次回だと感じたので、今日はあえて保留にし、次回一緒に気付いていこうと思います。

お昼から始まった打合せが終わったのは、18時をすでにまわっていました。
お施主様を玄関ポーチまでお送りし、空を見上げたら夕日に照らされ、キラキラ光った飛行機がピンク色の飛行機雲を引っ張っていました。

2014年5月17日

Ecru 10th Anniversary

2014年5月17日。
おかげさまで株式会社エクリュは、
10周年をむかえます。

おかげさまで10周年。
本当にありがとうございます!

2014年5月23日

感謝祭と内覧会の社内打合せ。

今日は昼から、5月31日から始まる「三雲の家」完成内覧会の準備の打合せと、いよいよ明日からスタートするエクリュ10周年感謝イベントの最終社内打合せを、イベント会場である「遊び心の家」にて行いました。

先日(5月17日)、おかげさまで弊社は10周年を迎えることが出来ました。
ありがとうございます。
その感謝の気持ちを、10年間で建てさせていただいたお住まいのオーナー様にお送りするのが、エクリュ10周年感謝イベントです。
10周年であるこの1年をかけて、10年間で建てさせていただいたお住まいのオーナー様、皆さまへお届けすることを考えています。
今回は「つながりの家」のオーナー様ご家族を、遊び心の家にお招きし、ささやかな夕食をご一緒させていただきます。
その詳細な打合せをしました。

お喜びいただけるよう、出来る限りではありますが、感謝の気持ちと共におもてなしさせていただきたいと思います。

2014年5月24日

「つながりの家」オーナーご家族様

今日は遊び心の家にて、お施主様への感謝の気持ちとして、エクリュ10周年イベントをスタートしました。

第1回目は「つながりの家」のオーナー様ご家族でした。

「つながりの家」は二世帯住宅ですので、ご家族6人全員でお越しいただきました。
お忙しい中、予定を調整してお父様・お母様にもお越しいただけたのは、本当に嬉しかったです。

9年前の懐かしい話、打合せの日の事や解体の日の話、仮住まいでのエピソードやお引渡しの日の事、、、いろいろ思い出し、笑がおこったり、しんみりしたり本当に楽しく、時間が過ぎるのも一瞬でした。

名残惜しくもう少しこの時間が続けばと思いましたが、お忙しく、明日も予定がおありとの事で、丁度10年点検にまたお会いする事をお約束して、今日のイベントに幕を下ろしました。

オーナー様ご家族の皆様。
本当にありがとうございました!

2014年6月13日

「お日さまの家」オーナー様ご家族

今日は「お日さまの家」のオーナー様と、エクリュ10周年イベントの遊び心の家でのホームパーティーを行いました!

お子様の成長の速さには、いつも驚かされます。
恐竜の絵をずっと描いてたその手は、ベースの弦をはじき、僕たちの似顔絵を描いてくれた女の子は、おしとやかな女性になっていました。

あっと言う間の10年だったと思いますが、確実に月日が流れたことを感じさせられました。

「お日さまの家」のオーナー様。
本当にありがとうございました!

2014年6月21日

通り雨がやんだので。

たまたま急遽休みが取れ、通り雨がやんだので、ずっと気になっていた遊び心の家のルーフテラスを掃除しました。

少し緑色っぽくなっていたので、先日、デッキブラシを買ってきました。
今までは亀の子たわしで掃除していたのですが、時間と体力を大きく奪うので、デッキブラシで掃除することにしました。

道具は必要ですね。
とてもスムーズに掃除することが出来ました。

ルーフテラスのウッドデッキがとてもきれいになって、リビングにいても気持ちがいい。
コーヒーを入れてくつろぐ事にしました。

2014年6月27日

水廻り担当。

今日から3日連続で遊び心の家にお客様が来られます。
そこで、掃除をいつもより念入りに。

昨日、テレビでFUJIWARAの藤モンは、家で犬のトイレ掃除やお風呂のカビ取り当番だって知りました。
実は僕もトイレや水廻りの担当です。

我が家はトイレを減額して(エコ水量ではありますが)旧式のタンク式のトイレです。
掃除は難しいところもあります。
掃除するたび、グレードの良いトイレは羨ましいなぁ~って思ったりもしますが、家を建てる時は減額をしなきゃいけなかったので、LIXILさんのアメージュZってトイレにしました。
(現在のアメージュZは掃除もかなりしやすくなっています。)

僕は掃除は実はそんなに嫌いではありません。
やれば確実に成果が見られますし、キレイな空間が好きなので、掃除はします。
成果が思ったようにでない時は、検討して工夫して成果を勝ち取る事も楽しいです(笑)。

それに、一生懸命掃除すると我が家への愛情も深まります。
キレイになった空間(もちろんリビングなど)で、美味しいコーヒーを妻と飲むのも好きです(笑)。

トイレもすっかりスッキリ、キレイになりました!

2014年6月27日

第3回 エクリュ10周年記念ホームパーティー

今日は「凝縮の家」のオーナー様ご家族をお招きして、遊び心の家にて開催しているエクリュ10周年記念ホームパーティーの第3回となります。
3回目ともなると手際もよくなり、着々と準備が進んでいます。

まもなくオーナー様とお会いできるのが楽しみです!

2014年6月27日

「凝縮の家」のオーナー様ご家族

今日は「凝縮の家」のオーナー様と、エクリュ10周年イベントの遊び心の家でのホームパーティー第3回を行いました!

3回目にもなると、結構手際よく準備も進みました。

「凝縮の家」は古くなるほどに味わいが増すようにと、自然素材などにこだわられたお住まいです。

コンセプトボードや模型などをご自分でつくって来られ、逆プレゼンテーションをされたことを思い出します。

本当にいつも思うことですが、お子さんの成長の速さには驚かされます。
レゴブロックでガチャガチャやゴム鉄砲をつくれるとか、ユーホニウムという楽器をが演奏でき、発表をされているとか。
あんなに小さかった子がと、本当に驚かされます。

今回も楽しいお話で盛り上がりました。
「凝縮の家」のオーナーご家族の皆さま、ありがとうございました!

2014年6月28日

実際に近い環境で。

今日は今福に着工予定の今日遊の家の(エクリュ原価オープン)見積りの最終的な打合せと、前回からのカラースキームの打合せの続きを遊び心の家にて行いました。

遊び心の家にて打合せをさせていただいたのには、実際住んでいる家を見ていただき、使い方などの参考にしていただく為と、遊び心の家の寝室の窓によく似た窓が今日遊の家にあるので、実際の光の雰囲気を感じていただく為にお越しいただきました。

また、照明がエクリュのオフィスでは蛍光灯の面照明であるのに対し、今日遊の家や遊び心の家などはミニクリプトン球やLEDと点照明なので、カラースキームにあたり実際の感じに近い環境なので、お越しいただきました。

いよいよ金額も決定し、次回は契約になります。

弊社の契約書は分厚く、たくさんのことが記載されます。
ニーズを出来るだけ正確にカタチにしたいとの意図があり、時間や手間などがかかってしまいますが、ご理解いただき分厚い契約書の作成期間をいただいています。
今日遊の家は、8月初旬に契約が出来る予定で進んでいます。

2014年6月29日

決して出過ぎる事の無い、しっかりとした自分らしさとは。

今日は (仮称) 灯明寺3の家の打合せを遊び心の家にて打合せをしました。
遊び心の家にて打合せなどをするのは、今日で3日連続です(笑)。
たくさんの方々にお越しいただき、とても嬉しく思います。

今日はプランの最終決定につき、遊び心の家の使い方などを参考にしていただきました。
特に、キッチンまわりを実際のキッチンスペースに立っていただきながら検討を進めました。

また今日は、次回、模型を制作して打合せをすることのあり、外観などの方向性もご検討いただきました。
玄関のアルコーブにひそかな特徴を持たせた (仮称) 灯明寺3の家。
その理論を崩さないでかつ、さりげない主張ができるファサードを、一緒にご検討いただきました。
どんなファサードに仕上がるのか、とても楽しみです!(笑)

2014年7月6日

お住まいの打合せと・・・。

今日は遊び心の家にて「(仮称)三郎丸の家」の打合せを行いました。
外収納の確認をしていただくためです。

今日の打合せ内容は、イメージマップによる全体的なイメージの確認と模型をご覧いただきました。

それと「言葉にならない想い」のお話も。

とにかく、皆はより良くなるためにいろいろ考えたり行動したりしていて、、、
大切な事は、その事は疑う事なく信じる事だって話でとりあえずの決着はつきましたが、後は後日、一緒に食事に行って話そう!と言う事になりました(笑)。

お忙しい中、お時間をいただいているのに、お住まいにあまり関係のないお話をしてしまいました・・・。
大変申し訳ないですが、とても楽しいお時間でした!
ありがとうございました!(笑)

2014年7月11日

「想像力の家」のオーナー様ご家族

今日は「想像力の家」のオーナー様と、エクリュ10周年イベントの遊び心の家でのホームパーティー第4回を行いました!

打合せ当時、小学校6年生だったお姉ちゃんが、今年成人式ですって!
年月は確実に流れていますね。(笑)


今日もおかげさまでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました!
「想像力の家」のオーナー様、本当にありがとうございました!

また、お会いしましょう!(笑)

2014年7月21日

夏色に模様替え。

今日はあべのハルカスに入っているアクタスで、遊び心の家のリビングを夏色に模様替えするためのアイテムを購入し、帰って来るなや否や模様替えをしました。

遊び心の家は白(素)・黒・赤をベース色としてさし色(ターコイズブルーなど)を加えるインテリアで構成されています。
なので、夏はちょっと暑く感じてしまうところもあり、赤の面積を減らして涼を演出するように構成を替えました。

遊び心の家は、夏色になりました。

2014年7月23日

夢を現実にする。

今日は、先日夏色に模様替えを済ませた「遊び心の家」にて、平景(ひょうけい)の家の打合せを行いました。

平景の家は日本海を一望できる立地に計画されているお住まいです。
夢を現実にしたようなとても素敵なライフスタイルで、打合せも本当に楽しい雰囲気の中進めさせていただいてます。
今日もたくさんの夢をお聞きし、それを現実にすべく打合せを進めました。

また今日は設計依頼をいただきました。
ありがとうございます!

素敵なライフスタイルに沿ったお住まいをご提案していきたいと思います。

2014年8月8日

「安穏の家」オーナー様ご家族

今日は「安穏の家」のオーナー様をお招きして、エクリュ10周年記念感謝ホームパーティーを行いました。

「安穏の家」のオーナー様は、公私共、お仕事などでもご一緒させていただき、お会いする機会が多いのですが、今回は、日頃の感謝とお気持ちをお伝えするいい機会にもなりました。

ロックフェラーからジョンタイター、未確認動物(UMA)まで、ランボルギーニから軽自動車まで。
いつも通り、楽しいお話に花が咲き、、、
あっという間に時間は過ぎていきました。


「安穏の家」のオーナー様、本当にありがとうございました!
また、いつでも遊びに来てください(笑)。

2014年8月14日

費用対効果(NEEDS)

今日は今日遊のお客様が神戸旅行のお土産を、遊び心の家まで持って来てくれました。
ありがとうございました!

子供たちはipadで妖怪ウォッチの動画に夢中。
DVDを用意して放映していたディズニー映画(Mr.インクレディブル)より妖怪ウォッチの方が興味深い様子。
費用対効果(NEEDS)は人それぞれだってことを再び実感しました(笑)。

今日遊の家のオーナー様。
今日は遊び心の家までお土産を持って来ていただき、ありがとうございました!

明日は(仮称)三郎丸の打合せを遊び心の家にて行います。

2014年8月16日

午前様。

昨日は「遊び心の家」にて(仮称)三郎丸の家の打合せを行いました。

昨日の打合せは、収納の詳細などを打合せしました。

打合せの後、食事をご一緒させていただきました。
わらび花堂本店を予約していただき、ご馳走になりました。
美味しく楽しい食事でした。
ありがとうございました!

食事の後、再び「遊び心の家」に戻り、お茶を飲みながら、新居のお話やお仕事のお話、様々なお話をしました。
とても楽しく、あっと言う間に時間は過ぎ、気が付けば午前様になってしまっていました。

長時間、お付き合いいただき、本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
また、お時間などよろしければ、是非、遊びに来ていただきたいと思います。

ありがとうございました!
ご馳走様でした!

2014年9月5日

百聞は一見にしかず。

今日は(仮称)大石の家の打合せを、遊び心の家にて行いました。

打合せを続けてきた収納の打合せの最終段階。
そこで、遊び心の家の収納が実際どのように使われているのか?
それをもとに、(仮称)大石の家のオーナー様の場合は、どんな風にアレンジすれば、使いやすくなるのか?
実際に収納する物や使い方をイメージしていただきながらつめていきました。

また、今日はエクリュ原価オープンの総合見積りをするに際し、見積りのご依頼をいただきました。

見積りのご依頼をいただくと先ず、構造の検討、見積りを開始します。
構造の検討などには時間や手間を要します。
そこで、構造の変更が今後発生しないように、プランニングを再度よく検討しました。

こちらも遊び心の家(の空間)を参考に、光の入り方やスペースの取り方などをご検討いただきます。
メジャーで測りながら、ウッドデッキの広さを体感いただいたり、窓の大きさをご認識いただいたりしました。

いよいよ全ての金額が明確になる、エクリュ原価オープンの見積りにて、WantsをNeedsに落とし込んでいきます。

2014年9月5日

「包容の家」のオーナー様ご家族

今日は包容の家のオーナー様ご家族をお招きして、エクリュ10周年記念ホームパーティを開催しました。

ご主人は敦賀の職場から駆けつけてくださいました。

包容の家のオーナー様ご家族は、今でも毎回内覧会へ足をお運びいただいてるありがたいお施主様。

おかげさまで弊社は10周年を迎えることが出来た事をあらためてご報告。
オーナー様に感謝の気持ちをお伝えできました。
ありがとうございます!

思い出話などに花が咲き、今回もあっという間に時間が過ぎていきました。

やはり帰り際には、次回の内覧会の日程を確認されました!(笑)
今後とも、株式会社エクリュをよろしくお願いします。

2014年9月19日

「食粋の家」のオーナー様ご家族

今日は食粋の家のオーナー様ご家族をお招きして、エクリュ10周年記念ホームパーティを開催しました。

奥さまは体調がすぐれない中、またご主人はお忙しい中、職場から直接駆けつけていただきました。
ありがとうございました!
奥さまはどうぞお大事になさってください。。。

料理に通じておられる食粋の家のオーナー様なので、本当にお恥ずかしい食事でしたが、お喜びいただけたご様子で、ほっとしました。
お粗末でした。

お越しいただき、ありがとうございました。

2014年9月23日

あきらめてはいけない理由。

今日は朝から空創の家の打合せでした。
今日の打合せ内容は、金額(仕様)の調整やVE、カラースキームなど盛りだくさん。

今日、お土産に金太郎飴と

きんつばをいただきました!
ありがとうございました!!
すごく美味しかったです。

アルケミストでお昼をいただいた後、遊び心の家にて収納の使い方を確認。
減額案に役立てていただきました。

特にキッチン周りの収納と、リビング周りの収納に関しては、じっくりご検討いただきました。
生活されてなお、お住まいのきれいな状態を保つためには、収納の量はもちろん、使い方や位置、使い勝手などをご検討いただく必要があります。
いろいろ、ご提案はさせていただきますが、収納の必要量や使い勝手の良さは、人それぞれなので、ご自分でシッカリご検討いただく必要があります。
今日もゆっくりしっかりご検討いただきました。

その後会社に戻り、日が暮れるまで打合せをしました。

減額などをしながら仕様の調整、カラースキームの調整をしていただきました。

減額をする中、仕様や仕上げ材などを当初イメージされていたモノから変更を余儀なくされる場合などもあります。
そんな時、よく「あきらめる」という言葉を選択される方もおられます。
しかし、本当に必要だと感じるモノは、きっとあきらめられず、最後まで残ります。
あきらめなければ、何とかなる事も多くあると感じます。

今日は、当初のイメージとは違い、機能を重視することでの減額を一旦図ろうとしました。
しかし、その減額は、何度も繰り返し考えた結果、あきらめではなく新たな価値を生み出す結果を得れました。
あきらめてはいけない理由は、ここにあると思います。

おかげで空創の家の仕上り、特にファサードが、より楽しみになりました。

2014年9月27日

実際の住まいで。

今日は、遊び心の家で打合せをしました。

今日の打合せは、無料のサービスの最終日。
弊社の出来ること、出来ないこと。
ニーズとは?など、いろいろお話させていただきました。

お手伝いが出来ると嬉しいです!(笑)

今日のお菓子は、用意していたレスプリドールの焼き菓子と、お持ちいただいた茶楽 かぐや のシュークリームでした。
甘くて美味しくて、会話がはずみました(笑)。

2014年10月3日

「穏景の家」オーナー様ご家族

今日は穏景の家のオーナー様ご家族をお招きしてのエクリュ10周年記念ホームパーティーでした。

準備はもう手慣れたものです。

穏景の家は、福井県初(申請提出時点)の長期優良住宅モデル事業で建てられたお住まい。
あれから長期優良住宅の方向性は色々変化しました。
この度、また変わるとのお話も耳にします。
しかし・・・
住宅のスペックアップを促すのが、以前の住宅金融公庫や流通業といった国土交通省とは別業界ってのも、何だか考え深いものがあります。。。
とは言え、実際に住まれる方のご満足が高まり、より国民の生命と財産を守ることにつながるのであれば・・・どの業種がイニシアチブを取ろうが、そんなことどうでもいいのだろうけど・・・。

など、10周年に関係ないことも考えながら、食事をご一緒させていただいてました。

今回、とても嬉しくて感動し、鳥肌がたつことがありました。
それは、これです。
本当にありがとうございました!

2014年10月4日

資金計画もご相談ください。

今日はお昼から「遊び心の家」で今日遊の家の打合せだったので、近所にある「Salut」でお施主様と食事をしました。
Salut」でケーキも買って帰り、「遊び心の家」にて打合せを開始。

今日は資金計画のお話を中心に検討しました。

弊社では資金計画もご相談、お手伝いさせていただいてます。
多くの方が、金融機関から融資(住宅ローン)を組まれ、新居を購入されます。
しかし、多くの方が中々住宅ローなどを組まれた経験もなく、また、銀行などからお金を借りられることも初めて。
抵当権など、言葉も難しそうで・・・と思われる方も少なくないのでは?
そこで、弊社もご同行させていただいたり、金融機関をご紹介させていただいたり、お手伝いなどさせていただいてます。

また、必要でしたら、FP(ファイナンシャル・プランナー)の先生をご紹介などもしています。

今日は会社の新規計画のお話もさせていただきました。
ご意見をお聞かせいただき、ご参考にさせていただきます(笑)。

明日は、福井マラソン。

今日遊の家のお施主様も参加されるそうです。
毎年、ゴール前1Km時点にある「遊び心の家」から、マラソンに参加される人を応援させていただいてます(笑)。
明日は台風、大丈夫かな。。。

salut (サリュ)
〒918-8021
福井県福井県福井市門前1丁目204−1
0776・33・3603
http://salut-web.com/

2014年10月19日

子供部屋を考える。

今日は(仮称)三郎丸の家の打合せを、遊び心の家で行いました。
今回の打合せ内容は、子供部屋。
遊び心の家の子供部屋を見て、体感してもらい、自分たちの部屋を発想してもらうために、子供達にも打合せに参加してもらいました。

お子さんは3人兄弟ですが、それぞれに個性があり、想いも違います。
実際に子供部屋を体感してもらうことで、その想いもかなり具体的になってきました。

想いが具体的になり、欲しいものが見え出すと、だいたいいつもコストはアップします。
今回もサッシの枚数が各部屋倍になってしまいました。。。

しかし、子供たちも自分の部屋がイメージできて、完成が楽しみになってくれたのではないでしょうか?

2014年10月20日

「天開の家」オーナー様ご家族

今日は「天開の家」オーナー様ご家族をお迎えしての「エクリュ10周年ホームパーティー」を開催しました。

「天開の家」は竣工してから5年。
ちょうど、10周年の真ん中です。

お子さんが(打合せをしている当時からすると)大きくなったとは言え、まだまだやんちゃ盛り。
お家もすぐに汚されてしまう。。と話されていました。
「天開の家」は禁欲的で規律性が高く、凛とした空間なだけに、汚れなどが目立ってしまいます。

リフォームもお考えでしたが、リフォームはいつでも出来るので、焦らずもう少しゆっくり一緒に考えていきませんか?とご提案しました。

オーナー様たちが、気兼ねなくエクリュにお越しいただける。
そんな機会を増やしたいと考えたのが、今回のプロジェクト。
10周年ホームパーティーが終了してからも、スタッフとそのプロジェクトに関しての打合せは夜な夜な朝まで続きました。

(プロジェクトが)完成したら、「天開の家」のオーナー様も、是非是非、遊びに来てください。
そこでゆっくり検討を進めていきましょう!
今日は、ありがとうございました!(笑)

2014年11月14日

「有理の家」オーナー様ご家族

今日は、遊び心の家にて、エクリュ10周年ホームパーティーを開催しました。
今日、お招きしたのは、有理の家のオーナー様ご家族。

今日は12月下旬を思わせる寒さで、あられも時折降り出す程でした。
足元の悪い中、お越しいただき、本当にありがとうございました!

寒いので、何となくいつもの手巻き寿司って感じがしなく・・・
今回は急遽、メニューを変更。
ふせ金さんのお力をお借りして、焼き魚定食っぽいお食事となりました。
さすがにプロが焼いてくれると、骨も抜いてくれてあり、美味しく食べやすくなっていました。
お腹も気持ちも満たされました!

2014年12月5日

「凝縮の家」オーナ様ご家族

昨日は「凝縮の家」のオーナー様ご家族と、エクリュ10周年イベントの遊び心の家でのホームパーティーを行いました!

2015年1月17日

知ることで、本来のニーズが観えてくる。

今日は、遊び心の家にて(仮称)天池の家の打合せをさせていただきました。

(仮称)天池の家は現在、プランニングを行っています。
今日はその最初のプランニングの打合せということで、とても打合せを楽しみに、お越しいただきました。

打合せ前にいただいたメール。
そんな期待が込められた文章をいただきました。

もちろん、ご期待にお応えできるよう力を尽くすのですが、正直な話、僕もプランを見ていただくのはドキドキします(笑)。
そして、ご覧いただき、喜んでいただけると、この上なく嬉しくなります。

今回のプランも気に入っていただけたご様子。
よかったです(笑)。

とは言え、プランニングはまだまだ続きます。

弊社は様々な事を出来るだけ知っていただく中に、それぞれの方々の本来のニーズが観えてくると考えています。
そこで皆さんに各フェイズでお願いしている事ですが、プランニングにおいても当初数プランは、ご希望やご要望を引き出すためのたたき台とお考えいただき、お付き合いいただきたいことをお願いしています。
お時間、ご理解いただけると幸いです。

(仮称)天池の家のプランニングなど打合せがスタートしました!
ほぼ1年程打合せを重ねて、それから着工。
現場に移ります。

現場がスタートしてからも、打合せは続き・・・
1年半以上のお時間をいただき、お住まいをつくっていくお手伝いをさせていただきます。
お付合いの程、よろしくお願いします!

2015年1月30日

「ゆきあいの家」オーナー様ご家族

2015年になり初回の今日は、ゆきあいの家のオーナ様ご家族をお招きしての、エクリュ10周年ホームパーティーでした。

久しぶり、ちょっと間が空いたので、勘が鈍って少しおぼつかないところもあったかも知れません。

ゆきあいの家は2013年4月にお引渡をさせていただいたお住まい。
2013年度のLIXILメンバーズコンテストで、受賞させていただいたお住まいでもあります。

打合せ当時のお話から、住まれて現在に至るまでを振り返りながら、様々なお話をさせていただきました。
また、(エクリュのメンバーがあまり得意ではない)お酒の話にもなりました。
そして、話は新社屋の話へ移り・・・
新社屋への想いをお話していると、弊社を選んでいただいた時に感じられた考えられたお話をお伝えいただき、感動し、とても嬉しく思いました。

お子様たちには、ケーキの飾り付けをお手伝いいただきました。
とても上手に飾り付けをしていただきました!(笑)

昨年から続けてきたエクリュ10周年ホームパーティー。
残すところあと6組まで来ました。

ちなみに・・・
協力会社さんとお会いするイベントも続いています。

先日は行政書士・司法書士の先生にお会いして来て、10年前のお話やこれから先のお話をさせていただいてきました。
とても有意義な10周年を迎える1年にさせていただいています。

2015年2月13日

「唯ニの家」オーナー様ご家族

今日は「唯ニの家」オーナー様ご家族を遊び心の家にお招きして、エクリュ10周年ホームパーティーを開催しました。

昨年から続けてきましたエクリュ10周年ホームパーティー。
「唯二の家」は2013年の年末にお引渡だったお住まい。

このホームパーティーは2015年4月末お引渡までのオーナー様ご家族へ向けてのイベント。
フィナーレがみえてきました。

「唯ニの家」のオーナー様ご家族は、それぞれに趣味の域を超えたされている事があります。
やはり今回も、そのそれぞれのこだわりの趣味のお話になりました。

また、それらのお話が、新社屋の計画にマッチした内容で、大いに盛り上がりました。

今日は、とても足元が悪く、冷え込みがきつい中、エクリュ10周年ホームパーティーへお越しいただき、ありがとうございました。
また、明日のバレンタインディのチョコなどお心遣いいただき、ありがとうございます。

また、新社屋が出来た際には、遊びに来ていただき、色々な可能性を広げていけたら、本当に嬉しいです。
今日はありがとうございました!

2015年2月27日

「想円の家」オーナー様ご家族

今日は、「想円の家」オーナー様ご家族とエクリュ10周年ホームパーティーを遊び心の家にて開催しました。
節句らしく、モモの花でお出迎え。

「想円の家」の家は、そのユニークな形状やアールを基調とした見た目など、芸術的なニーズに着目されがちですが、実は、アクティブ設計・パッシブ設計の両方で環境にやさしいエコなお住まいを目指したお住まいでもあります。

オーナー様のお仕事柄、データーや情報をまとめて比較することに達しておられ、本来、弊社が資料を作成しご提出させていただくべきところ、お施主様から資料をいただくこともあるような、そんな思い出も脳裏に浮かびました。

毎度のことですが・・・
お子さんの成長の速さには驚かされます。

よちよち歩きで、追いつけないお姉ちゃんの後ろを必死に追いかけていた弟君が、「こっち?かいだん?」と言葉を口にしたのには、本当に驚きました!

しかも、カラオケで「ひまわりの約束」を歌っていると言うから、更に驚き!
ギターで「ひまわりの約束」を伴奏させていただきました(笑)。

今回、想円の家のオーナー様には、夢を語る機会をいただきました。
食事中も弊社が考えている今後のビジョンや想いなどもたくさんお話しさせていただいたのですが、それらを叶えるための機会をいただきました。

この機会を大切に、再度、社内で夢を確認し、実現させていただきたいと思います。

「想円の家」オーナー様ご家族の皆様、本日は、本当にありがとうございました!

2015年3月1日

雨降って、地固まる。

今日は(仮称)光陽の家の地鎮祭でした。
「雨降って、地固まる」 と言うように、雨の中の地鎮祭は良いとされています。

地鎮祭は、「ぢちんさい」や「ぢまつり」、「とこしずめのまつり」などとも言い、土地の神様にご挨拶をし、工事の安全や家内安全など祈願します。

数日前にお子さんを出産された奥さまは、地鎮祭にはご参加いただけませんでしたが、奥様の分までシッカリ神様にご挨拶をさせていただきました。
おめでたいことが続きます(笑)。

地鎮祭も滞りなく終え、神様の次はご近所さんにご挨拶させていただきました。

数か月(約半年間)、細心の注意をしますが、工事などでご近所にはご迷惑をおかけします。
そこで工事に入る前に、お施主様と一緒にご挨拶にまわりました。

(仮称)光陽の家は建て替えなので、ご近所との関係性も構築されて来られたので、ご近所さんも着工をお喜びいただいて、本当にありがたいです。

その後、場所を遊び心の家に移し、最初の発注承認の打合せを行いました。

遊び心の家での打合せは、実際の住まいを見ながらなので解りやすいですが、床暖房と色温度2700Kアンダーの証明計画などにより、眠たくなってしまい、どうしても打合せが長くなってしまいます。
お時間いただき、ありがとうございます!(笑)

外観など、大まかなカラースキームの決定をしていただきました。

この時点で、発注内容以外もシッカリと決めていただく必要があります。
それは、色は単品で決まるのではなく、相互の関係性で美しさなどが決まるからです。
途中で一部の色などを変更してしまうと、全体的なバランスが崩れてしまい、せっかくまとめてきたイメージマップでの方向性が実現できない場合もあります。
ですので、この段階で発注内容以外の色まで明確に決めていただく必要性があるのです。

2015年3月6日

「両美の家」オーナー様ご家族

今日は、「両美の家」オーナー様ご家族をお迎えして、エクリュ10周年ホームパーティーを開催しました。

「両美の家」建築に精通されているオーナー様。
知識とセンスと遊び心で、細部までにこだわって建てられたお住まいです。

打合せさせていただいているお客様のお話の中にも、度々登場する「両美の家」。

そのお話をすると、
「エクリュさんと一緒に観に来ていただいていいですよ!」と言っていただきました。
ありがとうございます。

いつも感じる事ですが、日々はそんなに気付かずとも、月日は流れているって事です。
様々な事は、確実に変化し続けています。

そしてきっと。
皆さんの思いは、より良く変化していきたいって事。
きっと、そんな想いで宇宙は埋め尽くされているんだと感じます。

だからきっと。
きっと良くなっていくんだと思います。
そんな中で、少しでもお手伝いできる事があれば、こんなに嬉しい事はありません。

とりあえず、カーテンの検討から始めませんか?(笑)

2015年4月1日

大変お世話になり、本当にありがとうございました!

今日は我が家で、転勤される、すごくお世話になったメーカーの方の送別会をしました。

引越しの準備や引継ぎ、その他色々とお忙しい中、弊社の為にお時間を作っていただき、本当にありがとうございました。

しかし、とても長い間(十数年)、お仕事をご一緒させていただいてたので、転勤されるのがピンとこないと言うか、、、
お仕事をご一緒させていただき、トステムさん時代から「協働」させていただき、お客様にもご満足いただける様な結果も出してこれた事は、本当にしあわせで有難い経験をさせていただきました。

本当にお世話になったので、本当にささやかではありますが、感謝の気持ちを込めて、ホームパーティーをさせていただきました。

本当にありがとうございました!

2015年4月4日

日付は変わって、星が瞬き。

今日(2015/04/03)は(仮称)森田の家の打合せに続き、場所を「遊び心の家」へ移し、(仮称)三郎丸の家の打合せを行いました。
今日の打合せ内容は、契約前の仕様の調整の最終確認です。

エクリュ原価オープンの見積りや、様々な図面などを基に、仕様などの確認を行います。
見積りも図面も仕様書なども、かなりの枚数になりますが、お忙しい中、お時間をいただき、ひとつひとつ確認をさせていただきました。

20時から始まった打合せ。
途中、お腹も空いて来たので、10周年のホームパーティーでもよく作る、蕎麦いなりを作って食べていただきました。

結局、打合せはその日中には終わらず、日付は変わって、空には星が瞬いていました。
大変長時間にわたり、また遅くまでお時間をいただき、本当にありがとうございました!

2015年4月5日

与えられたその中で、出来ることを十分に。

今日は打合せを、遊び心の家にて行いました。

今日の打合せの内容は、主に収納の打合せ。

打合せをさせていただくにあたり、弊社では現在のお住まいのことを教えていただきます。
その中に、現在の収納の使い方や、収納物の量を把握させていただくツールがあります。

今日のお施主様の現在のお住まいでの住まわれ方は、とても整然としていて問題らしきものがほとんど見当たりませんでした。
今日の打合せの中でも、ご主人の言葉にあったように、「ある中(与えられた中)で出来るようにする。」という言葉が十分によくわかる住まわれ方でした。

問題が少ないと、ご提案することもそれだけ少なくなるわけで・・・
その中でも、更に使いやすくするためにはどうすればいいのかを、今日はご検討いただきました。

お昼はミオネーにてご一緒させていただきました。

お食事の時などは、打合せではお聞きできないことなども、話に上がってきます。
そんな情報も、とても重要だったりもします。

今日は、お施主様のお母様が家相を気になさっていることをお聞きできました。

今までお仕事させていただく中、経験させていただいた家相にまつわるエトセトラをお伝えしながら、お住まいづくりの考え方までお話は進みました。
これも、ミオネーさんに楽しい食事の時間をご提供いただいたおかげです(笑)。

朝10時から始まった打合せ。
終わることには15時をまわっていました。

お休みのところお時間いただきありがとうございました!

打合せが終わって、妻と小雨の降る中散歩をしました。
雨の中、サクラがきれいに咲いていました。

途中、サリュに立ち寄ってお茶をしました。
健康のため歩いて消費したカロリーを、数倍補給しました(笑)。

お土産までいただいてしまいました。
ありがとうございます!(笑)

2015年4月15日

引いて(離れて)観ることの重要性。

今日は18時30分から遊び心の家にて、(仮称)天池の家の打合せをしました。

今日の打合せの内容は、イメージマップ。
イメージの分析結果などをお話しました。

(仮称)天池の家のイメージ。
通常、1日で分析するところ、珍しく2日もかかってしまったのには、理由があります。

それはイメージに複合的定量感があったからです。

一般的な場合のお客様のニーズなどは、非定性的であったり恣意的であったり安定感が無い場合が多いです。

その時その時に受けた経験などの影響が、その場その場で出てきて、一見(一聴)すると変化し続けているようにも思えます。
例えば、テレビ番組で観た影響が、次の打合せの際に出てくるとか。
例えば、内覧会へ行かれ、お受けになった影響が、今回の打合せに出てくるとか。
そんな感じが一般的です。

しかし、(仮称)天池の家のイメージマップは、一見するとどれも違って見える写真の数々に、何か共通点を感じるのだけど、それが何か解りませんでした。
すぐに解った共通点は、天空光でした。
でも、それだけじゃない定量感が感じられる・・・でも、それが何なのか・・・。

それが複合的な定量感である事に気付くのに2日もかかってしまいました。
夢中になると、引いて(離れて)観ることが難しくなります。
今回のイメージマップは、引いて観ることがとても重要でした。

今日は、イメージマップについて打合せをさせていただきました。
打合せが終わった時、時計は既に21時をまわっていました。
あっという間の3時間でした。
遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

2015年4月17日

「光拡の家」オーナー様ご家族

「光拡の家」のオーナー様ご家族をイメージして活けました。

今日は「光拡の家」オーナー様ご家族をお迎えしての、エクリュ10周年ホームパーティーを遊び心の家にて行いました。

昨年の5月17日を皮切りに続けてまいりましたエクリュ10周年ホームパーティーも、今日を含めて残すところあと3回。
あっと言う間の一年でした。

ここまで来るとオーナー様のお住まいを、つい先日まで打合せや現場をさせていただいてた感覚があります。

こんな風に、つい先日お会いした感覚がする間隔で、オーナー様ご家族をお会い出来ると嬉しいです。
遊び心の家に、いつでも遊びに来ていただきたいと思います。

また、ストップしていた(仮称)左内町の家も、動き出しそうなので、そちらが完成すればオーナー様ご家族とお会いできる機会もグンと増えるのではないかと楽しみにしています。

今日も、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

2015年4月25日

ラストスパート。

今日は、午前中、エクリュ事務所にて打合せの後、遊び心の家にて(仮称)森田の家の打合せでした。

(仮称)森田の家は、まもなくプラン決定。
プラン決定の予定日が迫っているので、昨日は遅くまで会社に残り図面を仕上げました。

お施主様にはお忙しい中、打合せのピッチを詰めていただき、また長時間打合せいただき、ありがとうございます。
プラン決定のラストスパート。
出来るだけのことはやりきろうとの想いにお付き合いいただいてます。
いつも、ご理解・ご協力いただき、本当に助かります。
ありがとうございます。

ご協力のもと、今日、プラン決定が出来そうです。

今日はとてもいい天気で、足羽山がきれいでした。

2015年4月28日

「優律の家」オーナー様ご家族

今日は「優律の家」のオーナー様ご家族をお迎えしてのエクリュ10周年記念ホームパーティーを行いました。

「優律の家」のオーナー様は2011年からお付き合いいただいています。
だから結構古くからのおつきあいな感じがするのですが、お引渡しは今月の10日。
また半月ぐらいしか経っていません。

今日は、その4年前の話になりました。
当時打合せしていた土地が、今どうなっているのか?
その当時は土地の坪単価も高くて、今は結構安くで土地が買えたこと。
お子さんの成長は本当に早いこと。
新社屋計画の意図などお話ししました。

そんな中、今日、優律の家のオーナ様からご提案をいただきました。
それはホームパーティーに関するご提案でした。
確かに、ここまで来るとホームパーティーをすることにも慣れてきたので、次の10年後の20周年まであけることもないんじゃないか?って気がしてきました。
ちょっといただいたご提案を本気で検討してみようと思います(笑)。

いよいよ、次回が最後の10周年ホームパーティーになります。
そして、5月17日におかげさまで弊社は10周年を迎えることになります。

2015年4月30日

お疲れのところ、ありがとうございます。

今日は(仮称)天池の家の打合せを、遊び心の家にて行いました。

土曜日や日曜日は、予約がつまってしまい、また、お施主様のご予定も重なり、打合せ回数の確保が困難な為、ご無理を言って平日の夜に打合せをさせていただいてます。

今日の打合せは、前回、ご希望・ご要望いただいた内容を含めたプランを見ていただき、イメージなどを打合せさせていただきました。

色を変えたり、垂れ壁などを設けるか設けないかの違いで、リビングなど空間へのアプローチや意識の違いを、遊び心の家にて体感していただきながらイメージを膨らませていただきました。

今日もお仕事が終わった後、お疲れのところ、お時間いただきありがとうございました。

2015年6月6日

ホームパーティー。

今日はお昼過ぎから、(仮称)三郎丸の家のお施主様と一緒にするホームパーティーの準備をしました。

(仮称)三郎丸の家のお施主様は、弊社の協力会社さんでもあります。
協力会社さん(プロ)が、数ある工務店などの中から弊社をお住まいづくりのパートナーに選んでいただけたことは、本当に弊社としても自信につながり、嬉しく思います。

遊び心の家にて行うホームパーティーの準備に関しては、10周年のホームパーティーで手慣れたもので、わいわいがやがやお話を弾ませながら、ご主人のお仕事(弊社がお願いしているお仕事)や子供たちの予定が終わるのを待ちながらの準備となりました。

お昼過ぎからスタートした準備。
夕暮れ時をむかえ、ご家族が集まりだしました。

全員がそろったのは20時。
そこから宴がスタート。
今日も色んなお話をさせていただきました。

大人全員が経営者なので、やはり経営のお話などにもなりました。
そこで、次回はゴッドファーザーのDVD鑑賞会をし、その後、ディスカッションする企画を行うことになりました(笑)。

とても楽しい時間が過ぎ、宴が終わったのは26時をまわっていました(笑)。

2015年7月10日

充実したとある1日。

今日はとても充実した1日となりました。

始まりは、朝9時から。
「空創の家」のお引渡しを30分後に控え、段取りの最終チェック。
そして予定通り9時30分からお引渡し前の器具説明などがスタート。

住宅設備などの使用上の注意やコツなどをご説明させていただきました。

そしていよいよお引渡し。
カギをお渡しし、お施主様が晴れてオーナー様となる瞬間が来ました。

その後、「空創の家」のオーナー様と食事をご一緒させていただきました。
打合せの時の思い出話から、今後のエクリュが考えているプランなど、最終的にはどんな風に生きていけば良いのかまで(笑)。
様々なお話しをしながらの楽しい食事となりました。

次回、3カ月点検でお会い出来る事をとても楽しみにしています(笑)。

そして場所は遊び心の家に移り、現在検討中のお住まいの打合せ。
今日は新たなプランニングをご覧いただき、天空光の取り入れ方などをご説明。

京都の竜安寺の石庭をイメージしたレイアウトも、写真を見ながらご説明させていただきました。

また場所を移し、現在施行中の(仮称)大石の家と(仮称)三郎丸の家の天空光の取り入れ方などをご覧いただきました。

最後は、20時から、伸遊の家のお施主様と遊び心の家にて打合せ。

打合せが終わったのは、なんと26時をまわっていて・・・
全体的なお話をさせていただいたのもあり、たくさんのお時間をいただいてしまいました。。。

お忙しい中、多大なご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございました!

2015年11月8日

遊び心の家にて。

今日は遊び心の家にて、打合せが2件あります。

13時からは(仮称)松本の家の打合せです。
また19時からは(仮称)天池の家の打合せ。

先ずは(仮称)松本の家の打合せです。
(仮称)松本の家は2世帯住宅。
今日は大人が5人で来られました。
いつもは余裕があるダイニングテーブルも、今日はお誕生日席を設けることになりました!

3時間以上もお時間をいただき、打合せを終えました。
長時間、お時間をいただき、ありがとうございました!

ちょっと軽い食事を取ったら、次は(仮称)天池の家の打合せに備えます。

2015年12月30日

見通しが良い!

今日は我が家(遊び心の家)にて、大掃除をしました。
今日の福井は、この季節にしてはとても珍しく、本当にいい天気で、掃除日和でした。

遊び心の家は、お引渡しを受けてから 4年でしょうか?
一度も拭いた事がない大きな窓を、今日は初めて拭きました。

お客様が来られ大きなFIX窓を見られる度、「どうやって掃除するのですか?」と質問されるのですが、写真のように掃除します。
と言っても、今日、初めて掃除をしたのですけど(笑)。

4年間、一度も掃除をした事が無くても、差ほど気になるほど汚くなっていないと思っていましたが、掃除をすると、すごく景色が鮮明になり、汚れている事を知りました。

景色が鮮明になり、明るくなりました。
これで、来年も見通しが良さそうです(笑)。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
おかげさまで、新たな取組みなどを行う事が出来、先が楽しみな一年となりました。
母を亡くすなど、淋しい事もありましたが、皆様のお力添えをあらためて強く感じ、とても感謝しています。
また、皆様のおかげをもちまして、来年が既に楽しみな雰囲気を感じています。
どうぞ来年も変わらぬお力添えをよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
良いお年を!(笑)

2016年1月11日

表札。

今日は(仮称)松本の家の打合せが終わった後、伸遊の家の表札の打合せなどでお引越しされてから初めて(?)伸遊の家にお邪魔をしました。

家具などすっかり整い、とてもいい感じになっていました。
Gルームには数々のガンダムが。
でも、まだ一部だそうです。

表札の打合せに伺ったのですが、お住まいの設計の打合せの時同様、話が違う方に寄り道して・・・
結局またまたすごくお時間をいただいてしまいました。。。

4年目(?)になる我が家も、そろそろ表札をつけようかと思い、伸遊の家と一緒に表札を注文する事になりました。
そうでもしなと(オーナー様と一緒に発注でもしないと)我が家はいつまでも表札なしでいきそうなので・・・
(もう郵便物も普通に届くので、表札はいらないのかも知れませんが・・・)

遊び心の家は一応、設計段階から、表札の位置や文字なども決めていたので、ある意味、表札が出来て竣工となります。
さて、どんなファサードになるのか、僕も楽しみです。

2016年1月17日

ご縁に感謝です。

今日は(仮称)天池の家の地鎮祭などを行いました。

地鎮祭とは、建物の工事着工前に、地面を掘ったり騒がせてしまうので、土地の神様にご挨拶してお許しを得、工事の安全などを祈願するお祭りです。

おかげさまで、神様へのご挨拶も滞りなく終え、素敵なご縁の数々に驚き、次はご近所の方々に工事のご報告とご挨拶を行いました。

素敵なご実家にご招待いただき、、、
ランチをアルモニ ヴァンヴィーノさんにていただき、その後、リクシル福井ショールームの会議室をお借りして、打合せなどをさせていただきました。

ヴァンヴィーノさんでは、それぞれの実家や家族の話で盛り上がり、夫婦のあり方や後で思う家族の有り難さなどなど、あたたかい話と美味しい食事で素敵な時間をいただきました。

こんな話になったのも、きっと素敵なご縁のおかげだと思います。

さぁ、そろそろショールームに場所を移しましょう。
あまりに楽しく、ショールームに着いたのは、予約していた時間ギリギリでした(笑)。

打合せ内容がたくさんあって、ショールームのクローズの時間になっても時間が足らず・・・我が家(遊び心の家)に場所を移し、お付き合いいただきました。
長時間にわたり、打合せいただき、ありがとうございました。

2016年3月12日

屋根。

今日は(仮称)松本の家の打合せを遊び心の家で行いました。

今日の打合せ内容は、建物の外観(ファサード)も決めていただきました。
ファサードを決めていただくのは、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)を考えての建物形状にするか?
それとも当初の見た感じから受ける外観のイメージを優先するか?との選択でした。

ZEHで、もしくはZEHを意識してお住まいを計画す場合、屋根の向きや形状はとても重要なポイントになってきます。
屋根の向きは太陽光発電を用いた場合の発電効率に大きくかかわるからです。

次回の打合せでは模型を作製するので、今回中に建物の形状を決めていただく必要がありました。

結論的には、南側に大きな屋根面を向けた、ZEHを意識したファサードとなりました。
次回は、そのファサードの模型をもって、最終プランの打合せを行います。

2016年3月18日

家族。

今日はアメリカに転勤され、一時帰国されたこのお忙しい中、お施主様にご無理をお願いして遊び心の家にて打合せを急遽させていただきました。

(仮称)松本の家は二世帯住宅です。
子世帯がアメリカに転勤となり、打合せに思うように参加できない状況の中、帰国されたこのタイミングに今までの打合せの流れを出来るだけご説明差し上げ、今後どのように進めていけばいいのかをお話させていただきました。
お忙しい中、ご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございました!

打合せさせていただいていて、いつも思う事なんですが・・・
お住まい(家)は、ご家族が暮らされる場所。
それぞれのご家族の方々の想いがそこに込められていきます。
そして、自分以外の家族に対しての想いも・・・。

その想いは、つまり「愛」です。
その表現や考え方が本当にそれぞれで。

明確にお伝えされる方もおられれば、気付かれないようにされる方も。
的確な場合もあれば、行き違いそうになる場合も。
本当にいろいろです。

この仕事をさせていただいて、最もありがたい事は、そんな気持ちの中でお仕事をさせていただいている事だと、とても感じます。

今回の打合せも、つまりはそういう話になりました。
今回も、とても素敵な打合せだったと感じました。

2016年3月26日

スケジュール。

打合せまでに、何とか間に合いました。

作成しようと思ったら、急なストップがかかり、緊急打合せを遊び心の家にて開催。
その結果、模型作成にGOサインをいただいたのですが、通常のスケジュールからは外れてしまい・・・
でも、26時までかけて何とか打合せ当日に完成しました。

皆さま、お住まいづくりに真剣な方ばかりが弊社に来られるので、それにお応えするのも必死です。
ただ、心身健康ではじめてご期待にお応えできるわけで・・・
ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします(笑)。

おかげさまで、何とかスケジュール通りに進めることができました。

弊社は予約制。
後に他のお客様も控えておられます。
スケジュールを守っていただき、ご理解・ご協力ありがとうございます!(笑)

2016年4月12日

4年越し。

今日は「伸遊の家」と「遊び心の家」の表札の施工を行いました。
「遊び心の家」においては、4年以上もの月日が経って、やっと今日、表札の施工となりました。

4年の間に、会社のロゴマークも変わりましたので、今のタイミングで良かったと言えば、良かったです(笑)。

先ずは、「伸遊の家」の表札の施工から。
2回程、表札のデザインの打合せをさせていただき、今日の日をむかえました。

(お住まいを建てられた後)表札の為の打合せをさせていただく場合は、デザイン料をいただいていますが、お住まいの設計をしている間でしたら、表札のデザイン料として別途いただく事は無いので、ご相談いただけるとお得です(エクリュ原価に対してのエクリュサービス料はいただきます)。

無事、「伸遊の家」の表札の施工が終了して、次は4年越しの「遊び心の家」の表札の施工です。

先ずは、表札を取り付ける為の穴の位置を示したテンプレートに沿って、取り付け箇所(外壁)に穴を開けます。

この段階でズレてしまうと、表札が所定の位置に付かなかったり、表札が外壁から水平に取り付かなかったりしてしまいます。

だから何度も位置などを確認してから、慎重に穴を開けていきます。

昼一から開始した表札の施工。
終了したのは16時をまわった夕方になっていました。

意外に手間と時間がかかるのだと知りました。

工事が完了して、仕上がりを誇らしげに写真に納めておられました。
嬉しいものですね!(笑)

2016年5月4日

花をいける。

先日、亡母の友人が、父を訪ねて会社に来られました。
死期を悟った母が、心配していた父の様子を見に来ていただいたのだと思います。

その時持ってきていただいた花を、我が家にもお裾分けしていただきました。

とても空気が澄んだ様に感じました。

2016年5月4日

デッキブラシで。

昨日は天気が良い間にウッドデッキの掃除をしました。

遊び心の家のウッドデッキは、北側にあります。
その為、コケで緑色っぽくなりやすいです。
そこで、毎年これくらいの時期に、ウッドデッキの掃除をしています。

とてもキレイになり、リビングまで気持ちよい空気感になりました。

2016年7月3日

ご家族のご協力あって。

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せ。
久しぶりに「遊び心の家」にて打合せを行いました。
と言うのも今日は収納の打合せをさせていただいたので、実際暮らしている(住んで使用している)収納をご覧いただきながら打合せをする為、遊び心の家にお越しいただきました。

実際の暮らしぶりをご覧いただくと、スケール感がわかりやすいだけでなく、生活感が出ているので、使い方なども実際に近いイメージをしていただきやすいです。

今日も洗面所やウォーク・イン・クロゼットなど、使用状況や寸法、収納物やその量などをご覧いただきながら、プランニングと見比べ落とし込んで行きました。

(仮称)丸岡町の家。
次回の打合せは「賢分の家」の内覧会中に打合せという事もあり、バタバタしてシッカリ打合せが出来ない事も予測し、今日は出来るだけ打合せを進めさせていただきました。

時間があればと準備していた次回の打合せ内容も、全て今回に打合せさせていただきました。
長時間にわたり、打合せいただき、本当にありがとうございました!
助かりました(笑)。

お子様達もまだ小さく、またせっかくのお母さんに甘える事が出来るおやすみなのに、お母さんとお父さんを一日中お借りしてしまい・・・また、おじいさんにはお孫さん達を一日中お任せしてしまい・・・本当にご家族のご協力あって、打合せを進めさせていただけています。
本当にありがとうございます!

2016年8月23日

「広さ」と「広がり」

打合せで良くお聞きするご希望・ご要望として、広いリビングや広い玄関など、広さについてのご希望・ご要望をお伺いします。

確かに、ゆとりのある広い空間は、伸びやかで優雅な暮らしをイメージさせ、憧れを覚えます。

一方で最近急激に高まっているご要望に、省エネである事や、冬暖かく夏に涼しいお住まいである事があります。

認定低炭素住宅やゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)などの言葉も、打合せで耳にする様になりました。

ある意味、広い事と省エネである事は、相反する場合もあります。
また、「広さ」はイニシャルコストにも大きな影響があります。
「広さ」は「コスト」です。

「広さ」とよく似た感覚に「広がり」があります。
「広さ」はひとつの空間の面積や体積を示すのに対し、「広がり」はふたつ以上の空間などの関係性を示す言葉です。

この「広がり」を利用すれば、省エネなどコストを抑え、ゆとりや余裕といった感覚も得られる、まさに一石二鳥となります。

ここでは「広がり」を効果的に誘導させた例をご紹介致します。

上の写真は、「優律の家」のエントランスです。
広いエントランスをさらに奥にあるウッドデッキが広がりを演出しています。

ウッドデッキは囲われている為、目線が奥の壁で止まります。

一見すると囲われず目線が何処までも伸びる方が、広がりを演出できると考えがちですが、実はそうではありません。

目線が止まらないと、エントランスに続くウッドデッキは、外である認識が強く働く為、エントランスとウッドデッキを空間的に切り離してしまうのに対し、囲われたウッドデッキはエントランスと一体的に捉えやすくなり、広がりを演出する事が有効に働きます。

さらに広がりを効果的に演出する方法としては、奥の壁に目線を誘導させやすい工夫を施す事などがあげられます。

上や下の写真の様に、アイキャッチになる色の目立つイスなどを置くと、目線を誘導させやすくなるばかりか、「イスまで寄って行って座る」との行動のイメージまでも誘導させ、空間の関係性はさらに強く印象付ける事ができます。

また家具の持つイメージから、空間の演出もでき、一石三鳥以上の効果があります。

この様に「広がり」の感覚をうまく引き出す事で、省エネやコストを抑える事が実現され、且つ、ゆとりや余裕、豊かさをも空間に持たせる事ができます。

2016年8月24日

クロスの選び方

最近のクロスは、汚れや湿気などに抵抗できるモノもあり、また素材感もリアルだったり変化に富んでいて、比較的コストを抑えてイメージを作り込む時にクロスの貼り分けは効果があります。

クロスの貼り分けを検討する上で、大切な事のひとつに、その部屋に置かれる家具や雑貨などの色合いを考慮に入れておく事があげられます。

建物だけで色合いの調整(カラースキーム)をしてしまうと、暮らしが始まり家具や雑貨などが入るこむとごちゃごちゃして見えてきてしまったりします。

プランニングする時はもちろんの事、カラースキームをする際には、家具や雑貨などの色合いの想定は済ませておきましょう。

クロスの特徴のひとつに、比較的容易に貼り替えができる事があげられます。
クロスは飽きがきたり汚れてしまったりしても貼り替える事も可能です。
その為、比較的、現在の気分や流行で選ぶ事もありだと思います。

そこで、子供部屋などは、お子様ご自身に選ばせる方もおられます。
お子様が大きくなって来られた時期の誕生日などに、学校から帰って来ると部屋のクロスが大人の雰囲気に貼り変えられているといった様なバースデー・プレゼントをされるってのも、すごくサプライズがあって楽しいかも知れませんね。

クロスの貼り分けの例としては、色合いのバランスを取る方法が最も一般的です。

それに対し最近では、素材感がリアルになったクロスを素材の組み合わせとしてコーディネートされる事も増えました。

木目柄のクロスの木目の質感や、織物調のクロスの布目の質感の組み合わせで、ビンテージ感を出したり、エレガントに演出したりと、色合いのみならず素材感の組み合わせでも演出する機会が増えています。

クロスの貼り分けは、プランニング段階でもある程度イメージしておく必要があります。
色の変化は、広さの感覚にも大きな影響を与えますし、貼り分ける場所によって形状などを考えておく必要性も出てきます。

上の写真は外壁から伸びる白い内壁に段差がついてキッチン・ブースの木目の壁が存在しています。
もしここに段差が無ければ、同一面上でクロスの貼り分けをする事になり、違和感を覚える方もおられます。

細かい話ですが、壁に色々な役割を持たせた深みのあるプランである程、そういった部分が重要になってくる事もあるので、プランニングの際にクロスの貼り分けをしたい部分を設計される方に伝えておく事は大切だと思います。

最後にもうひとつ、色合いは光の反射を変化させるので、部屋の必要な明るさと同時に計画をする必要があります。

日中はどの程度の明るさにしたいのか?
どんな色合いや素材感のクロスをどこに使いたいのか?
それによって窓の位置や形状、面積などがかわる場合があります。
また、照明器具の位置や数なども変化します。

総合的に検討する必要があるので、プランニングの際にクロスの貼り分け部分などを伝えておく事は、やっぱり重要ですね!

2016年9月12日

トイレも色々

今日は我が家(遊び心の家)のトイレの電気が切れてしまい、とても不便で、慌てて新しい蛍光灯とグローを買いに行って来ました。
今は照明器具もLEDになって、そんな心配も殆どありませんね!
羨ましいです。。。
我が家は蛍光灯どころかグローが必要な器具ですからね!(笑)。

トイレは毎日何回も入る部屋です。
またお客様も使われる事もあります。
ですのでお住まいづくりをされる上で、皆さん、結構真剣にご検討されるスペースでもあります。

今日は掃除のしやすさのみならず、おもてなしや少し楽しくなるような工夫のあるトイレや手洗いの施工事例をご紹介致します。

アーチをくぐり、クランプした奥に便器があるトイレは、想円の家のトイレです。
入り口がアーチになっているだけで、入るのが少し楽しくなります。
クランプさせているのは、トイレに座った真正面が扉でない方が落ち着くのと、目線を切る意味があります。

アーチの扉のトイレと言えば、光拡の家のトイレもそうです。

光拡の家のトイレは、花柄の輸入クロスの壁が印象的です。
手洗いも海外製の物をご選択されました。
鏡は押すと開いて、背面が収納になっています。

照明器具と三角形の部屋形状が印象的なのは、両美の家のトイレ。

光と影が個性的な空間を演出しています。

オリジナルの家具を製作したのは、ゆきあいの家です。

ゆきあいの家はキッチンブースもオリジナル家具で製作しています。
そのキッチンブースと同じ材料で製作されているトイレの家具。
統一感があり、機能性と美しさを兼ね備えています。

最後に手洗いの色々な事例をご紹介致します。

乗算の家の手洗いや水栓は、ご家族が雑貨屋さんで購入された物を利用して製作しました。

平景の家の手洗いは、パナソニック製の既製品の手洗いです。

面遊の家は、リクシル製の手洗いに、名古屋モザイクのタイルで正面の壁を仕上げました。

上写真は三雲の家の手洗い。

伸遊の家の手洗いの前の壁は、エコカラットと言う湿度やにおいを吸着する事が出来るタイルで仕上げています。

空創の家の手洗いは、雑貨屋さんで購入されたカガミを設置しました。

上写真は、優律の家の手洗いです。

2016年9月29日

きちんとキッチン。


(上写真は、引越し前の写真です)

皆さまのおかげをもちまして、左内町へ無事引越し、20日より営業再開しています。
まだ、整っていないモノや部分などもありますが、おかげさまで何とか落ち着いて来ています。
ありがとうございます。

そこで、滞っていたブログの「ご提案」を更新させていただこうと思い、キーボードに向かいました。

今日はキッチンについて書こうと思います。
キッチンはほとんどの方々が、とても重要にお考えで時間や費用も費やされる場所のひとつです。
また、(写真や内覧会では中々観えてはこないですが)使い方などは人それぞれで個性が出てくる場所でもあります。

使い方もさることながら、ほとんどの方々がこだわられるポイントは、見た目の美しさです。
料理をされる方は、その作業中の便利さも求められますが、気持ちが上がる様な見た目の美しさを求められる事も多々あります。
見た目の美しさはKEEPされる(保たれる)必要もあり、掃除のしやすさにもこだわられます。
様々な、時には矛盾するニーズが存在するのが、このキッチンという場所です。

先ずは、見た目のお話から進めます。
見た目と一言で言っても、訪問者や来客者からの見た目やLDKとして家族で過ごす際の見た目(外からの見た目)と、実際に料理をされる方の見た目(内からの見た目)があります。

また、外からの見た目も見せる場合と、隠す場合があります。

先ずは、見せるキッチンからご紹介します。
見せるキッチンの場合、フルオーダーで造られる方もおられます。
また、TOYO KITCHENさんやパナソニックさんのLクラスなど、意匠性の高い商材を選ばれる場合もおられます。

両美の家のキッチンは、フルオーダーで造られました。
両美の家はダイニングとキッチンが一体になっており、お店のカウンターのような作りになっています。

お店のカウンター席の場合もそうですが、カウンター席からはキッチンのシンクや調理台が見えにくいようになっていますが、両美の家も同じように、一体感があるもの、料理をする手元が見えにくくなるようなデザインになっています。

その他のオーダーキッチンとしては、食粋の家のキッチンなどがあります。

食粋の家のオーナー様は料理研究家で、ご自宅で料理教室を開かれています。
そういった機能的な意味合いでも、オープンキッチンとなっています。

見せるキッチンとしては唯ニの家のTOYO KITCHENさんのキッチン。

ご夫婦で、料理を楽しまれる唯二の家は、魅せるキッチンをご選択されました。
魅せるキッチンで難しいのは、日常生活の中でその魅せるキッチンを維持できるか?です。

「新しい家になれば、収納もあるし、ちゃんとキレイをKEEPします。」と打合せの際に言われる方がおられるんですが、そう言われた際にお聞きするご質問があります。
『学生の頃、ノートを新調した時、キレイな字で書こうと決めて、何ページまでそのキレイな字で書けましたか?』

お住まいを建てる事は大きなイベントです。
その為、感覚も非日常的になり、日常を忘れがちです。
しかし、お住まいとは最も日常的な空間です。
その事をシッカリとご認識いただける必要が、お住まいづくりをされる際、あると僕は思います。

上の写真は、平景の家のキッチン。
パナソニックさんのリビングステーションLクラスです。

パナソニックさんのキッチンは元々、深澤直人さんがデザインされました。
深澤直人さんと言えば、言わずと知れた日本を代表するプロダクトデザイナーのお一人です。
現在は、建築化照明のHomeArchiのプロジェクトされていた方が、抜擢、指揮されています。
細かな納まりにまで気を配られ、デザインされていて、流石と感心さされます。

また、高級ブランドらしく、コンシェルジュがつくなどのサービスがあるとこらへんが、メーカーさんらしいサービスです。
詳しくはパナソニックのお店にてお問合せ下さい。

アイランドキッチンやペニンシュラなど、空間の中に家具のように配置される魅せるキッチン。
とても憧れますが、使い手を選ぶキッチンとも言えます。

大切な事は、選ばれるのではなく、選ぶ事ではないでしょうか?
自分を良く知り、自分に合ったキッチンを選択される事こそ、実際の暮らしの中で最も良いモノとの関係ではないでしょうか?

茶嬉の家のキッチンは、カフェを思わすキッチンです。

茶嬉の家のオーナー様は、元カフェ・オーナーだった事もあり、キッチンの使われ方がプロそのものでした。
弊社でお住まいづくりをされる方には、いつも現在お住まいのキッチンのいつも通りの状況を見せていただく事になっています。
茶嬉の家のオーナー様は、公団のキッチンのようなスペースを、それこそカフェのように使われていました。

見た目の美しさと、実際の使いやすさ。
両立できてこそのデザインだと思いますが、どうしても相反する事も多々あります。
その際、見た目か?使い勝手か?選択に迫られる場面も珍しくありません。
そこでも、自分を知る事は、とても重要です。
自分を知らないと人のせいにしない判断が出来ませんからね。

カフェ風のキッチンと言えば、今日遊の家のキッチンもそう言えるかも知れません。
今日遊の家は、実は見た目だけでなく、コンパクトな家事動線にこだわられています。
洗濯動線はキッチンのすぐ横、しかもすごくコンパクトにまとめられています。

では、一気にそれぞれのお住まいのキッチンをご紹介します。

新流の家のキッチンは対面キッチン。
キッチンからLD+和室+テラスまで見渡す事ができます。

三雲の家のキッチンは、キッチン前に収納があります。
ちょっとしたモノを置けるようになっています。

先ほどお話したように、現在のお住まいを確認させていただいた時、しょう油や調味料などが調理スペースに出しっぱなしになっている場合などは、扉が付いた仕舞ってしまう収納ではなく、棚などの収納をご提案させていただく事が多いです。
一般的に収納するまでのアクション数(手数)が多くなると、散らかってしまうリスクが高くなります。
もちろん個人差あり、家族の時期(お子さんが小さいなど)や仕舞う事へのニーズの違い(絶対に見せたくない)などからも変化します。

三雲の家のキッチンのレンジフードは、LIXILさんのよごれんフードが発売されて福井県ではじめて納品された記念すべきレンジフードです。

あこがれのミーレの食洗機が入っているのは、優律の家。
一気にたくさんの量の食器を洗うことが出来ます。
しかもかなり節水できるそうです。

優律の家のオーナー様も、料理教室をされています。

ステンレスのキッチンカウンターが良い。
人造大理石のキッチンカウンターが好き。
色々なご意見があります。

また本体も木製のキッチンやステンレスのキッチン、ホーローのキッチンなどあり、色々なご意見があります。

写真は想円の家のキッチン。
ステンレス製(クリナップ)のキッチンです。

光拡の家のキッチンは、タカラスタンダードさんのキッチン。
ホーローのキッチンです。

ホーローは掃除がしやすく長持ちします。
それに磁石がくっつきます。

タカラスタンダードさんのキッチンパネルはホーローなので、キッチンパネルにも磁石がくっつきます。

空創の家のキッチンはLIXILさんのキッチンです。

ゆきあいの家はサイドフードをご選択されました。

ガスコンロにこだわられる方もおられます。
ゆきあいの家はガスコンロです。

水栓(蛇口)も色々あります。
オール・イン・ワン水栓とは、お湯も水も出て、簡易な浄水機能があって、シャワーにもなる様な、多機能な水栓の事を言います。
自動水栓だと節水につながります。

ゆきあいの家は、本格的な浄水器をつけられました。
この水でご飯を炊くと、美味しいそうです。

乗算の家はIHクッキングヒーターです。

掃除のしやすさと風合いも、相反するニーズとなる場合があります。
面遊の家はキッチンがほぼ独立キッチンとなっています。

キッチン前の壁は、キッチンパネルなど掃除がしやすい素材を選択される事が多いのですが、面遊の家は風合いある輸入タイルをご選択されました。

タイルの場合目地に汚れが入り込みやすくなります。
高価にはなりますが、キッチン用の目地が販売されていますので、それを選ばれると一般の目地に比べて汚れが落ちやすくなります。
目地もちゃんと選んでくださいね!

もちろん、面遊の家のタイル目地はキッチン用の目地材です。

伸遊の家は新型のよごれんフードをご選択されました。
発売当初は壁付けタイプしかなかったのですが、伸遊の家は天井から吊り下げるタイプのよごれんフードです。

賢分の家のキッチンの背面収納は、低い位置にまとめてあります。
上部は後から棚板や家具などを取付けできるように下地がしてあります。
プラスターボード(通常の壁)のままだと重たいものだと固定できないのでご注意を。

家具など空間の全体的なイメージに合わせて、上部のスペースは後でバランスを取りながら考えていく事になっています。

新社屋へ移った理由は、住んでから家具など空間のイメージを気軽にご相談していただけるためのオーナーズ・サロンをオープンさせる事が目的のひとつです。
ご興味のある方は、是非、お問合せ下さい。

話しはそれました。。。

冒頭にも述べたように、キッチンはどなたもお住まいづくりにおいて時間や費用を費やされる場所のひとつです。
少しでもご参考にしていただければと思います。

2016年10月1日

書斎がある豊かな暮らし。

「書斎」
憧れのスペースってご主人も少なくないのでは?

家族みんなのスペースには、比較的、面積を広く取ったり費用をかける事もご家族みんなの同意を得やすいのに対して、ご主人の書斎などのプライベート性が高いスペースは後回しにされてしまう事も。

スタディー・コーナーやPCコーナーなどだと、比較的ご家族みんなの同意を得やすいのかも知れません。

今日は、憧れの書斎や趣味室、またスタディー・コーナーやPCコーナーの色々をご紹介致します。

いきなり、憧れの書斎からご紹介致します。

両美の家の書斎は、ご夫婦の寝室に併設されたウォーク・イン・クロセットのその奥に隠されています。
そして贅沢な事に外を眺められる窓が設置されています。

まるでドラゴンクエストなどにある隠し部屋の様な書斎は1畳程のスペースですが、インパクトや効果はとても大きい部屋です。

次は我が家、遊び心の家のPCコーナーです。

利用は家族全員が利用していますが、主に長男です。
YOUTUBEはテレビで観、その他の事もスマートフォンでかなり事足りるので、最近はめっきり使用回数が減っているのが実情です。

しかし、ここに腰掛けPCなどを使用していると、とても集中して落ち着いて使用する事が出来ます。
デンのように少し入り込んでいてプライベート性があるからです。
かと言って閉塞的でもなく、また、家族の気配を全く感じないわけでもない、ちょうどいいバランスに位置しています。

イスが“Kartell”のMASTERS/マスターズというイスで、座り心地もよくテンションが上がるのもココの場所のポイントのひとつです。

寝室に併設された、ご主人のお仕事などの為のスペース(書斎)があるのは優律の家です。
面積としては2帖を切るくらいのコンパクトなスペースですが、本をたくさん収容出来るなど、機能的な書斎です。

乗算の家のスタディー・コーナーは家族全員が仕事や勉強などが出来るスペースです。
広さは4.5帖以上あります。
リビングやダイニングルームから見える場所にありますが、家族みんなが使うので雑多になりがちな本棚などは目線に入らないようにレイアウトされており、目線に入る部分の収納は飾り棚になっています。
その飾り棚が、LDKの雰囲気づくりに一役かっています。

また、このスタディー・コーナーにはウッドデッキが併設されています。
勉強や仕事で疲れた時、ちょっと一息いれるために、ウッドデッキに出て気分転換が出来るようになっています。

キッチンに併設されたスタディー・コーナー(PCコーナー)は、レシピをチェックしたりお子さんの学校行事の調べものなどなど、主に奥様が使われるスペースです。
PCコーナーの横の壁は、ホワイトボードになっており、予定を書き込んだり、学校からの手紙を貼っておいたりも出来るようになっています。
三雲の家のスタディー・コーナーは奥様のデスクです。

今日遊の家にはなんと2つの書斎的なスペースがあります。
上の写真は、主に奥様の為のスペース。
三雲の家同様、レシピのチェックや学校行事のチェックなどに使用されます。

ご主人の為の書斎は階段室から望める2階に配置されています。
お気に入りのマンガのコレクションなどがズラッと並びます。

空創の家のスタディー・コーナーもご家族みんなで使われます。
お仕事柄、とにかくすごく高価な本がたくさんあって、それらを壁一面に配したスタディー・コーナーです。

空創の家の名の通り、スタディー・コーナーからも空が眺められるピクチャー・ウィンドゥがあります。

書斎とはちょっと違うかも知れませんが・・・
G-ROOMという名前が付いた部屋があるのは、伸遊の家です。
G-ROOMとはガンダム・ルームの略で、ガンダムのプラモデルを作ったり飾ったりする部屋です。
つまり、ご主人の趣味室ですね!

趣味室と言うと、面遊の家には奥様の趣味室があります。

写真が見当たらず・・・(ごめんなさい。。。)
正面の白い扉の向こうが奥様の趣味室である裁縫室です。

面遊の家にはご主人の為のスペースもあります。

鉄骨階段を上っていくとロフトがあり、そこがご主人の為のスペースです。
漫画の本を収納したり、たまには読みふけたりされるそうです。

ロフトからはリビングなどが見渡せて、とても楽しいスペースです。

ちなみに面遊の家のPCスペースなどは下の写真です。

リビングから小上がりでデスクのあるスペースがあります。

以上が今回ご紹介させていただく、書斎的なスペースです。
ご参考にしていただければ、幸いです。

2016年10月7日

少し、かえてみました。

遊び心の家(我が家)の玄関のイメージを、少しかえてみました。

下足箱の建具に補修が必要で、この際、イメージも少しだけ変更。
玄関の雰囲気がちょっとだけかわり、結構嬉しいです(笑)。

これは結構前になりますが、4月に表札をつけました。
ここブログでもご紹介させていただいたかとは思いますが・・・
ゆっくり写真を撮る事がなく、先日、やっと写真を撮ったので、今日、掲載いたしました。

遊び心の家のプラン段階からあった表札ですが、実際設置するの4年もかかってしまいました。

オーナー様・お施主様からの表札のご相談が結構あったので、我が家に例として思い切って設置しました。
当初の計画では、会社のロゴは無かったのですが(苗字だけでしたが)、看板として会社ロゴも設置しました。

表札のご相談もお受けしています。
建物の立面など、プラン段階から検討しておくと、とてもいい感じになりますので、是非、ご相談ください。

会社ロゴをいれたので、夜はお店のようです(笑)。

2016年10月12日

家を建てる値段。

家を建てるのは、いくらぐらいで建てられるのか?
どなたもとても気になる事だと思います。

弊社の内覧会の際、お客様からよくいただくご質問。
「このお家、いくらで建てられました?」
とお問い合わせいただきます。

もちろん、オーナー様(お施主様)のプライベートな情報なので、お応えは出来ません。
でもきっと、最も知りたい情報は、そこなんでしょうね!

お家を建てる際の金額の目安に、『坪単価』があります。
しかし、この指数。
とてもあいまいで、決して比較の出来る数字ではない事をご存知ですか?

「施工坪数の計算の仕方」や「建築費の考え方」など、坪単価を計算する際の分母も分子も各社で基準が違う場合が多々あります。
その為、決して比較に使える指数とは言えません。

だいたいどのくらいの金額で建てることが出来るのかを、大雑把に知る事は出来るのでしょうけど、比較には適さないと思います。
と言いますか、比較は本当に難しいです。。。

比較が難しいのは、家の価格は広さや断熱性能などの数字で決まるわけでもなく、比較すべき要因が多すぎる事にあるのだと思います。
また、数字では表せない事が、お家にはたくさんあるという事でしょう。

例えば、「使いやすさ」を数字で表すのは難しく、それを金額に置き換えるのはすごく難しいです。
「選択枝の数」も数字に出来そうですごく難しいです。
「打合せ回数」や「保証の範囲」、「アフターサービスの種類」などを数字して比較する事も難しいです。

だからご提案ですが・・・
「自分自身の基準を検討する」ってのはいかがでしょうか?

自分自身の基準の決め方は以下のようにします。

①金額
先ず、建築費などにいくらかけるのかを決めます。
住宅ローンの他にもライフサイクルコストなど、維持管理費用も検討しておく必要があります。
住宅メーカーさんや工務店さん、銀行さんや税理士さん、ファイナンシャルプランナーなどと相談しながら、建築費を出します。
色んな方に相談されている間に、もしかしたら色んな事が分かってくるかも知れません。
例えば工務店さんの考え方なども観えてくるかも知れません。

②必要な部屋数や広さ
今、お持ちの物を調べる。
ライフスタイルなどを家族で話し合う。
好きなインテリアなどのイメージを雑誌などで調べ、どんな家具などをどんな風に配置すればそのイメージに近付けるか?
それによって置く家具などの大きさなどを把握しておきます。

ちなみに・・・
よほど管理できていないと、一般的には生活していると不要なモノが生活空間の中に存在します。
直ぐに必要でないモノの割合は70%以上とも言われています。
お家を計画されていくと直ぐに解りますが、スペースには費用がかかります。
お家を大きくすると直ぐに何十万円ものお金がかかります。
不要なモノのために貴重なお金を割くのは、本当に意味が解らない事です。
お住まいを計画される前に必要な持ち物を整理する必要があると弊社では考えています。

③性能や仕様
性能と言うとどうすればいいのか難しそうなので、専門家に任せようと思ってしまいがちかも知れません。
しかし、今なら性能に関して分かりやすく説明したウェブサイトや展示場などもあります。
そういったものを活用しながら、ご自分でも検討されてはいかがでしょうか?

構造性能や断熱性能などを例えば数字で決められてはいかがでしょう?
構造性能は、構造材の品質を決めたり、偏心率や柱直下率・壁直下率などを決める。
断熱性能などはUa値やηa値を決める。
など、数値で決めるのもひとつの方法です。

④サービス
設計力や提案力、情報や知識にもきっと差があります。
打合せの流れや期間(スケジュール)などもマチマチ。
このサービスも多種多様で比較が困難な部分のひとつです。

例えば、建売住宅を買われる場合。
実際に買うお家がそこにあるのだから、費用対効果はかなり分かりやすいです。
最も心配なお家がいくらになるのかは、既に分かっています。
でも、建売住宅を選択せず、注文住宅を検討されている方は、家に生活を合わせるのではなく、生活に合わせた家を検討したいからでしょう。
となると、自分たちの生活への理解力を持った会社が必要です。
生活を理解し、カタチにするサービスを行っている会社でなければ、ニーズにお応え出来ません。
こんな風に、自分たちにはどんなサービスが必要なのかをご検討いただく必要があると思います。

これらの条件におさまって費用がおさまった時、それがニーズです。

「高い」とは、基準を得る為に必要な費用が予定をオーバーして必要な時。
「安い」とは、基準を得る為に必要な費用が予定金額を下回った時を意味し、本来、基準を満たさない場合は、「安い」とは言えないと思います。

しかし、現実はいつも厳しく・・・
もしかしたら、基準を定めたは良いが、予定の費用におさまらない時もあるかも知れません。
だけど、得る為には、何かを変化させる必要があります。
基準を見直す事も一つの方法です。
考えを見直す事も一つの方法です。
費用を見直す事も一つの方法です。
多くの方々のご意見やお力添えをいただきながら、基準や費用を諦めず見直していけば、たいていの事はクリアしていけるのではないかとも思います。
もちろん諦める事も一つの方法ではあります。

住まいづくりは、自分を知る為の選択を繰り返す事のように思えます。
弊社はそんな中で、カガミのような役割が果たせればと考えています。

家を建てる値段。
それは、建てられる方、ご自身が決めるのだと思います。

弊社の内覧会の際、お客様からよくいただくご質問。
「このお家、いくらで建てられました?」
とお問い合わせいただきます。

もちろん、オーナー様(お施主様)のプライベートな情報なので、お応えは出来ません。
しかしこのご質問、きっとお応えしたところであまり意味がないのだと思います。
なぜなら、このお家の事をどれ程ご存知かが疑問だからです。
もしかしたら設備配管の方法もコンセントの数すらご存じではないでしょう。
どんなサービスが背景にあるのかも。

大切な事は、ご自身の想い(お住まい)をカタチにするのには、どれ程の費用が必要なのかという事ではないでしょうか?
その為にされる質問は、別にあるのではないでしょうか?

2017年1月14日

ルーフテラスの灯りで

雪が降って積もった。
やっと福井の冬らしくなった。
(雪で大変な思いをされている方、お疲れさまです。)

雪が積もると、我が家のルーフテラスはより一層リビングの照明器具になります。

我が家の北側にあるルーフテラスは、リビング空間のつながりとしての空間の他に、日の光や夜の照明計画にも一役かっています。
日中は南側から射す日光を壁に当て反射させ、リビングに天空光として取り入れる、いわば間接照明ならぬ間接日光を取り入れています。
間接照明にすると空間が落ち着いた雰囲気になるように、日光も直射で無く間接的に取り入れると、光がやわらかくなり落ち着きのある空間になります。

また夜間はその壁に照明を照射させ、その反射をリビングに入れています。
まさに間接照明の役割をルーフテラスに持たせていて、今日のようにフールテラスに雪が積もると、壁のみならず、床面もたくさん光を反射させるので、ルーフテラスはより一層リビングの照明器具になるのです。

リビングの照明を落とし、ルーフテラスの照明を灯すと、まるでお洒落なバーの様な雰囲気になります。
お酒が飲めないので、、、僕の場合、ルーフテラスの灯りで珈琲やホットココアなどで寛ぐのが、この時期の楽しみです。

今日はまるでキャンプファイヤーをした時のように、妻と昔の話に花を咲かせました。
ちょっと贅沢な時間でした。

2017年1月19日

ダイニングテーブル

今日は、弊社でデザインして完成を待ちに待っていたダイニングテーブルが届きました。

全長は、なんと3M80cm。
10人がゆったり席につけるダイニングテーブルです。

我が家(遊び心の家)のダイニングテーブル(幅:2M40cm)も、弊社でデザインして製作しましたが、今回、社屋のダイニングテーブルは、サイズ的にも売っていないので、オリジナルで作りました。

テーブルの素材はウォールナットの無垢材です。
細かなディテールにこだわりデザインしたので、細部を見ると「そうそう、ここが3mmで、クリアが5mm」ってな具合で、嬉しくなっちゃいます(笑)。

全体的には材料の厚みを見せた作りになっているのですが、細部に細かなディテールが隠れていたりもするのです。

後はイスをどうするかなんですが、それは検討中です。
ゆっくり楽しみながら考えます(笑)。

2017年1月20日

一戸建て住宅の新築を思いったったら。

一戸建ての住宅を新築しようと考えた時、皆さんはどんな事を最初に考えられますか?

先ず、土地をお持ちじゃない方は、どの地域に住むか?
お子様が学校に通われていたら学校区を気にされたり、通勤路なども検討されるのでしょうか?

僕自身も5年前に家を新築したんですが、土地探しからでした。
それまで住んでいた生活圏からあまり変わらない範囲で探しました。

僕の場合はチョット変わっていて、窓の外から見える景色なども重要に考えていました。
普通の住宅地だとあまり大差のない景色だろうから、区画整理が進んでいない場所をあえて探したり、福井市は高低差が殆ど無いという特徴がありますが、僕は大阪に住んでいた事があるせいか「坂」が好きで・・・少し高低差のある場所を探したりもしました。

そんな風に土地を探していたんですが、結局は、なんて言うか・・・土地は運命みたいなものでしょうか?
坂の無いめっちゃ住宅地(若杉3丁目)に今は住んでいます。
でも、景色はすごく気に入っています。

結局のところ、決め手は広さと価格という最もメジャーな決め方だったと思います(笑)。

でも、皆さんに土地探しでお伝えしたい事は、一見不利に思える状況などが、逆転して特徴になる事が本当に珍しくなくあるって事です。
だからあまり捉われず、気になる土地があったら取り敢えずプロにご相談される事をオススメします。

例えば弊社でしたら、プランニング(間取り)を無料でさせていただくサービスを行っています(詳しくはお問合せください)。
是非ご相談いただければ幸いです。

土地探しもブルースリーの名台詞と一致すると思います。
それは燃えよドラゴンでのセリフ「Don’t think. FEEL!」
「考えるな!感じろ!」です。
時に知識は、邪魔をする事もあります。
だから、ビビッと感じたら、信頼できるプロに相談。
これに尽きるかも知れませんね(笑)。

土地が決まったら次にする事については、またの機会に書かせていただこうと思います。
今日は土地探しについて書かせていただきました。

2017年2月28日

セミナー&内覧会

「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」
セミナー&内覧会

住みだしてから丁度5年になる我が家
「遊び心の家」

6年前
施主の立場になって感じ取れた
そしてそれに対して建築デザイナーの立場で対応した
そんな経験などをお聞きいただき
お住まいづくりのご参考にしていただければと考えました。

そこで、昨年9月にオープンした新社屋にてセミナーを開催致します。

またセミナーの後、場所を移して「遊び心の家」を内覧していただきます(遊び心の家 内覧会)。

ご興味のある方は、是非ご参加下さい。

* * * * * * * * *

予約受付
2/28締め切りです。

日時:3/4(土)5(日)13:00(受付12:30)〜セミナー15:00〜内覧会
会場:株式会社エクリュ(新社屋)

連絡先
0776-36-9001
info@ecru-arc.co.jp

2/28(火)までに希望日と参加人数をお伝え下さい。

2017年4月25日

蛇口の歯磨き

今日は伸遊の家のオーナー様から連絡をいただきました。
「洗面所とキッチンで飲む水の味が違う気がする」と。

水は当然、同じところから送られてくる同じ水。
どうしてそんな事が起こるのか?

ひとつ気になる事がありました。
それは蛇口のフィルターにたまるゴミ。
配管を接続する際の接着剤など、配管内のゴミが竣工してしばらくはたまる事があります。
もしかしら、そのゴミのたまり方の違いで微妙に味や香りに変化があるのかも?

蛇口のフィルターを外してみると、案の定、キッチュの蛇口のフィルターにゴミがたまっていました。

キレイに清掃をして、外し方をお伝えして帰ってきて、6年目をむかえる我が家の蛇口も気になってフィルターを外してみると・・・伸遊の家の蛇口よりももっとヒドい状況でした。。。

蛇口を歯ブラシなどで磨いて、今日からキレイな水が出ているはずです。

2017年6月9日

「セミナー」&「内覧会」のご案内。

上の写真は、「遊び心の家」です。
つまり我が家です。

おかげさまで住み始めてから6年目をむかえました。
オールシーズン、とても快適に過ごさせていただいています。

我が家のお気に入りのポイントは、、、
北側の窓からみえる足羽山の景色と「唯二の家」のオーナー様にいただいた油絵のあるLD。
後は落ち着いて寝る事が出来る寝室。
何より、仕事から帰って来た時見上げるファサード(外観)かな?

そんなお気に入りの我が家ですが、住んでなお、快適に過ごせるのは、建てる前の打合せや検討を重ねたおかげでもあります。(段取り八分)

2017年6月17日(土)・18日(日)12時30分〜
「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」と題し、セミナーと内覧会を開催させていただく事になりました。

「遊び心の家」が出来るまで、どんな打合せや検討を行って、どんな結果を得る事が出来たのか?
そんな【段取り八分】を知っていただき、皆さまのお住まいづくりにお役立ていただければと思います。
もちろん、そのお手伝いをさせていただけまましたら、とても嬉しいです(笑)。
でも、そうでなくても、遠慮なくアイデアやひらめきをお持ちかえればと考えています。
どうぞ、お越しくださいませ。

セミナー&内覧会は予約制となっております。
2017年6月13日(火)18時まで受付をしております。

予約受付は以下にて行っております。
Eメール:info@ecru-arc.co.jp
お電話:0776-36-9001

では、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

「建築デザイナーが自邸を建てて、ひらめいた」セミナー&内覧会

【 開 催 日 】

2017年6月17日(土)・18日(日)

【 ス ケ ジ ュ ー ル 】

 12:30 受付

 13:00 セミナー

 15:00 内覧会

【 会 場 】

株式会社エクリュ
福井市左内町9-17
(駐車場あり)

2017年8月25日

WIC収納率 ≧ 100%

携帯電話が聞いたことのない音を発し、朝、驚きました!
皆様の地域は、大雨の影響、ご無事でしたか?

今日は、その雨の影響もあり、「遊び心の家」で打合せを行いました。

住んで6年以上の月日が経過した我が家(遊び心の家)では、現在、ウォーク・イン・クロゼットの整理が急務となっています。
収納率80%程度が理想ですが、現在、100%を超えつつあります。
妻と相談しながら、70~80%程度まで減らそうと考えています。

そんな状態も含めて、実際に生活を行っているところ(日常の状況)をご覧いただきながら、お忙しい中お時間をいただき、打合せをさせていただきました。

2017年8月31日

「 ! 」のために。

今日は、遊び心の家にて打合せがありました。

遊び心の家は、住み始めて6年目になります。
実際、生活をしている住まいをご覧いただくと、ご自分の暮らしが観えて来られたり、イメージしやすかったりするので、打合せにつかったりご覧いただいたりもしています。

今日は、ご覧いただいた後、打合せをさせていただきました。

ところで、家をプランニングするとき、パズルを組み立てるようにプランをしていませんか?
プロの方でも、そんな風にプランニングをしていることをよく見かけます。

実際、お客様からのご希望やご要望も、「子供部屋は6帖で、収納は1間欲しい」などと伝えられることがあります。
でも、それ(6帖や1間)は結果であり、大切なことはその伝え方だと含まれていません。

では、大切なこととはいったい何でしょう?

大切なこととは、そこに住む人たちの「暮らし」です。
実際住み始めると、その部屋でどのくらいの時間、どんなことをして、それにはどんな物が必要?などといった暮らしです。

「暮らし」のほとんどの部分は、当たり前の日常にあります。
当たり前の日常は、本人にとっては当たり前すぎて、中々言葉にしたりイメージしたりすることは難しいですが、友人の暮らす家にお邪魔したときなどに「!」ってなった経験はありませんか?
「!」とは、こうすれば今より便利だ!とか、そんな考え方もあるんだ!などです。

「暮らし」の発想は暮らしの中で育まれます。
ですので、弊社では遊び心の家などで打合せをさせていただき、「間取りのパズル」よりも大切な、「暮らしのプランニング」にお役立ていただいています。

今日は、収納や洗濯動線などに「!」を感じていただきました。