社屋

社屋

関わる方々の暮らしを高める場所

オーナー様ご家族をはじめ
エクリュと関わる皆様の暮らしが高まっていく
そんな場所を設けました。

所在地
福井市左内町9-17
用途
エクリュの事務所 / エクリュ・カフェ / エクリュ・ギャラリー
構造・工法
木造2階建て(リニューアル・改装)
延床面積
173.88㎡(52.60坪)
竣工日
2016年9月16日
契約工期
2015年12月〜2016年8月(8ヶ月)
備考
リニューアル(改装工事)
クリ無垢床材
本棚
ペンダント照明
調光スイッチ(JIMBO)
ガス温水床暖房
HEMS
オリジナルテーブル(ウォールナット)
社屋

戦後間もない頃に繊維業関係の集会所兼倉庫として建てられた建物。昔から在り続けているので、周辺の風景や記憶の中にすっかり溶け込んだ建物だから、外観は既存の状態から変化を抑えました。

社屋

オーナー様をはじめ、エクリュへ訪れていただいた方々にゆっくりお寛ぎいただける様、こだわりのコーヒーなどでおもてなしが出来る空間づくりを考えました。

社屋

オーナー様の暮らしを高めるご提案の為の本(専門書)などを収書。小さな図書室としてご利用いただけましたら幸いです。

社屋

「暮らしを高める」をキーワードに、イベントや展示、ワークショップなど、多目的にご利用いただけるスペースです。

社屋

記事一覧

2014年9月30日

ご縁に。。

今日は改築のための測量に伺いました。
建ってからかなりの年月が経っただろう建物だけど、建物に入った時、重苦しい感じが全くせず、さわやかなイメージを受けました。
大切に使われて来られたんだろうと思います。

とは言うものの、痛みは激しく、かなり手を加える必要があります。
どんなリニューアルのプランになるのか、今から楽しみです!

また、今日は、とても嬉しい事がありました。
オーナー様とお話ししていて、とても感動しました。
様々な方々に深く感謝をせずにいられない気持ちになりました。
これもひとえに、オーナー様のお心遣いのおかげと感謝しています。
そのお気持ちにお応え出来るように、誠意をもって進めていきたいと思います。

人の出会いに
ご縁に
ありがとうございます!

2014年10月7日

エクリュの遠足。

今日は、会社のみんなで「エクリュの遠足」に行ってきました。

どこに遠足に行くのかを散々悩み、大阪の友人や様々な方々にご検討いただいたりご相談させていただき、結局、「奈良」に行くことになりました。

奈良だと、お店にもよく行ったし、土地勘があるので会社のみんなを案内するようなカタチで研修を兼ねて「ならまち」を散策しました。

今日は遠足なので(日帰りなので)、時間もあまりなく、急ぎ足での散策となってしまいました。
でも、たくさんじっくり見たいお店や、ユニークなお店などがあったので、今度は修学旅行を計画して、また再度のぞむことになりました。

歩き疲れて、休憩に、奈良(学園前)に住んでいた頃、よく通ったお店に行くことになりました。
かれこれ15年ぶりくらい?
ずっとあるお店がたまに帰ると変わらずオープンしてくれているのは、ちょっと感動するほど嬉しいですね!

15年ぶりにいつも食べてたオムライスを食べました。

帰り、車窓からきれいな月が見えました。
明日は皆既月食だそうですね!

こうして、エクリュの遠足は無事終了しました。

2014年10月11日

夢の検討中。

(仮称)光陽の家のお施主様に、現在検討している夢の計画のお話をしたところ、奥から出してこられた本。
「これ、読んでみて!」

先日からの病をおして、今、その本を見ながら、(仮称)左内町の家の工程を組んでいます。
楽しいです(笑)。

2014年10月16日

再会と初めまして。

地元の秋祭りの機会を利用して、今、急ピッチで準備しているプロジェクトのための調査などをしてきました。
また今回の帰郷は、素敵な出逢いがたくさんありました。

先ず、高校の時からの友人のお店に遊びに行きました。

オーガニック食品など健康を考えた商品ばかりが並ぶお店で、全国に足を運んで商品を見つけてはお店に並べる事を、友人のお母さんの代から続けてきたお店で、地元では既に老舗です。
この日も、バーキンで買い物に来られたマダムが買い物に来られてて、その方と当然初対面なんですが「奇跡のリンゴ」の話で盛り上がりました。
人と人との距離感がすごく違い、素敵なお店です。

その高校の友人が、新規プロジェクトに協力してくれると言ってくれたので、本当に心強く楽しみです!(笑)

また今回も色々なお店やギャラリーなどを散策しました。
中でも、気になっていた「陶屋なづな」に伺うことが出来ました。
オーナーさんとプロジェクトに関しても色々お話を聞いていただき、とても楽しいお話が出来ました。

また、お店の中で、偶然、すごい出逢いがありました。

今回の展示品ではない在庫品の中に、妙に魅かれる器があり、奥の方から取り出してみると、作家名に見覚えが・・・。
なんと中学時代からの知合いの作品でした。
そう言えば、部活も大学も同じだ!

今回は購入して帰るつもりはなかったんですが、財布にあるお金をかき集め、知合いの作品だけは購入して帰ってきました。
思わぬ出費でしたが、嬉しい再会でもありました。

2014年10月22日

企画書作成中。

今朝、ラストスパートで企画書を完成させました!
今日は、(仮称)左内町の家プロジェクトの打合せを、大家さんをエクリュにお招きして行いました。

今回は企画書に基づき、プロジェクトのプレゼンテーションをしました。
企画書のプレゼン、久しぶり(笑)。

とても楽しく前向きな打合せが出来ました。
本当に楽しみです(笑)。

2014年10月23日

協力体制。

今日は光拡(こうかく)の家の内覧会準備として、真空ラボさんと打合せ。

光拡(光拡)の家が完成していくまでの間の、打合せでお話したポイントや、今回のお住まいのポイントを取材していただき、どのような内覧会としていくのかを打合せしました。

また今回は、(仮称)左内町の家の打合せも行いました。

真空ラボさんは創業時以前からずっとお付き合いいただいているので、エクリュの事もよくお解かりいただいてます。
(仮称)左内町の家プロジェクトも10年前からその構想をお話していたので、今日のお話は「いよいよですね!」と言った感じでした。
とても楽しみにしていただき、ご協力をいただけるとのことで、心強いです。

今日は、銀行さんにもお越しいただき、(仮称)左内町の家プロジェクトのプレゼンテーションをさせていただきました。
銀行さんもとても楽しみにしていただき、ありがたいことです。

2014年11月3日

愛おしいもの。

連休は、(仮称)左内町の家のための調査とパッシブ設計や建物を観て学ぶため、奈良県の今井町散策へ行ってきました。

今井町は江戸時代以前の建物が多数存在する、重要伝統的建造物群保存地区に選定された地域です。
近世以前の町並みがこれだけまとまって残っている場所は、日本では他に見無いといわれるほど、たくさんの建物や町並みが今もなお利用され残っています。

以前、白川郷に行った時、なんだか博覧会のパビリオンのような錯覚も感じてしまいましたが、今井町は暮らしに溶け込んで存在していて、そのような印象はありませんでした。

昔、学校で習った通り、町の周辺に外敵から町民(郷民)を守るための堀の跡があり、今井町が環濠集落であったことを現在にも伝えています。

何かを得れば、何かは失われますが、愛おしいものをちゃんと残せているのでしょうか?
ちゃんと選択できているのでしょうか?

素晴らしい今井町の風景の中で、そんなことも考えていました。

2014年12月9日

さくらの花の咲くころに。

今日は(仮称)左内町の家の打合せを、会計事務所さんと行いました。

オーナー様には、とても信頼をいただき、賃貸借の契約内容まで弊社にお任せをいただいたのですが・・・
なんせ、不動産の業務の経験は10年前にまで遡り、、、「10年一昔前」との言葉もありますので、協力会社さんなどお知恵をお借りしながら、勉強しながら、ナメクジのような速度で進めています。。

どうしても、当然、お客様優先になり、自社の事は後回しになりがち・・・
でも、必ず「さくらの花の咲くころに」は移りたいと思っているので、そろそろ推し進めたいと考えています。

年内には、必ず契約までは行きます!

2014年12月12日

午後からずっと。

今日はガッツリ時間をかけて、(仮称)左内町の家の打合せをしました。

どうしてもお客様を優先するがあまり、(仮称)左内町の家は後回し。
どんどん予定から遅れを見せているので、会社のみんなに、今日の午後からはずっと他の仕事が入らないようにマネジメントしてもらい、打合せに全力を注ぎました。

打合せの最中、協力会社さんたちが来社され、少し話に加わる時もありました。
色々ご協力いただけるとのことで、本当にありがたく心強く感じました。

さくらの花の咲くころまでには、完成させたいと思っています。

2014年12月24日

お昼ご飯抜き。

今日は(仮称)左内町の家の打合せで、大家さんのご自宅に伺いました。

たくさんのお話をし、朝、10時にお伺いして、終わったのは15時15分。
それから会社に場所を移して、引き続き、今度は会計事務所さんと15時30分から17時30分頃まで打合せでした。

お昼をとって無いので、お腹空いたです(笑)。

2015年2月20日

膝を突き合わせてこそ。

先日、僕の誕生日に契約させていただいた(仮称)左内町の家の賃貸契約。

解体工事の為、カギをお借りしようと思ったのですが・・・
どうも契約内容ではご納得していただけないとのことで、再度、今日、大家さんのところに行ってきました。

思いを一致させるのは、本当に難しいです。
また、それを維持させることも。
でも、人と人のつながりって、そもそもそういうもので、そこから逃げていては何も生まれてこない。
もちろん、相手がある事なので、結果が出ない事もあるのは当然ですが、出来る事は出来る範囲で続けていこうといつも考えています。

今回も、また、長時間にわたり交わりそうで交わらないお話を何時間も何時間も続け・・・やっと再び契約しました(笑)。

しかし、予定よりかなり遅れて、段取りが狂い、解体工事の予約を取り直しなどいろいろ影響が出てしまいました。
もう一度組み直しです。。。

とは言え、今日は(仮称)森田の家のお施主様のお力添えもあり、おかげさまで一歩先に進むことが出来ました!(笑)

2015年3月15日

先が見えない楽しさ。

予定から現在で2カ月ほど遅れている(仮称)左内町の家。
遅れている理由は、どうしてもお客様優先で、自分たちの事は後回しになってしまう事。
それと・・・バラしてみて解ることがあるという事。。。

終戦直後くらいに建てられたと想像される建物だけに、予想はしていたものの、痛みが結構ひどく・・・
雨漏りやら何やら修繕しなきゃいけないことが解りました。

また、構造を観ながら、設計のし直しです。。。
色々ある方が、面白いと考えて、取り組みます(笑)。

この建物は、僕らをどこに連れて行ってくれるのでしょうか?
そんな風に楽しみたいと思います!(笑)

2015年3月20日

ずっと、続くお付合い。

今日は、契約でした。

打合せがスタートしたのは、2013年6月28日。
ゆっくりお住まいを検討されたいとの事で、2年以上先のお引渡の工程でご予約をいただきました。
そして2/3の工程(日程)が過ぎ、本日、ご契約をいただきました。
ありがとうございました!

今日もお施主様とお話をしていたのですが・・・
弊社のお客様、出逢ってからお引渡のその日まで、弊社と打合せなど、何度も何度も繰り返しお時間をいただきます。
その為もあり、お引渡の日は、そんな日々を懐かしく思われ、また、そんな日々に終わりを告げると感じられ、センチメンタルな気持ちになられる方もおられます。

きっと、(仮称)大石の家のお施主様も、これだけお時間をいただいているので、きっと同じお気持ちになられるかも知れません。
そんな事もあって、(仮称)左内町の家があるお話も、今日、させていただきました。

今日はご契約。
末永くお付合いいただけますよう、よろしくお願いします。

2015年7月17日

有り難すぎるありがとうの気持ち。

今日は(仮称)光陽の家のお施主様にさそっていただき、夕食をご一緒させていただきました。

お施主様やお客様と、お昼をご一緒する事はしばしばありますが、お酒が飲めない僕である事もあり、夕食をご一緒させていただくというのは、10周年のホームパーティーくらいで殆どありませんでした。

お施主様からは(仮称)左内町の家にとても期待を寄せていただいている事、今後の弊社の展開に目が離せないとの事、そして、福井に夫婦で定住を決めてくれて本当に嬉しく思っていただいている事など、大変ありがたいお言葉の数々をいただきました。

「福井に来てくれて、ありがとう!」
福井に来て15年の歳月が流れていますが、この言葉をいただいたのは、実は二回目です。
一回目は、昔、弊社のホームページを作成していただいてた「アンテナ」の社長から、そしてこの度は(仮称)光陽の家のお施主様からいただきました。

一回目に言っていただいた時も、もの凄く嬉しく、心の深いところまでじんわりとあったまりましたが、今回、僕たち夫婦に送られた言葉でもあり、胸にグッと迫る熱さを感じずにはいられませんでした。

弊社は、オーナー様やお施主様に本当に恵まれています。

ホームパーティーも無理なスケジュールで進めさせていただいたにも関わらず、85%を超えるご家族にお越しいただけました。
(日程が合わなかったオーナー様ご家族の皆様、大変申し訳ありませんでした。。。)

オーナー様やお施主様、協力会社様までも、弊社が今後進めようと検討させていただいている事にご賛同いただくばかりでなく、ご期待・ご協力いただけている事を、本当に嬉しく思い、深く感謝しています。

今日は(仮称)光陽の家のお施主様におさそいいただき、直接ありがたいお気持ちをいただけた事は自信にもなり、この上ない感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!

2015年9月30日

バトンが渡されました。

今日は新流の家のお引渡でした。

変更契約をし、器具説明をお聞きいただき、引渡図書のご確認など12時から始まったお引渡、終わったのは15時をまわっていました。

お手伝いをしていたのも、あってですけど(笑)。

食器棚はIKEAで買ってこられたのを組み立て、搬入。
天井までのクリアが十数ミリとギリギリで、慎重に搬入しました。

今日、お住まいづくりのバトンがオーナー様に渡されました。
これから暮らしを詰め込まれていって、素敵なお住まいに仕上げていってもらいたいです。
弊社に出来る事があれば、これからもサポートさせていただきたいと思います。

気軽にご相談いただけるよう、(仮称)左内町の家も牛歩ではありますが、計画を進めています。
そちらもお楽しみに!(笑)

2015年10月7日

重い腰を、あげました。

今日は、協力会社さん達と、(仮称)左内町の家の打合せを、現場にて行いました。
重い腰をやっとあげたという感じです。

先日、会社のロゴマークを変えたところでもありますが、ずっとしたかった、ならなきゃいけないと思っていた事が、10周年を向かえた今年中に動かしだします。
変化を起こしていきます。

どんなことをしようとしているのか?
10周年のホームパーティーにお越しいただいた方々には、少しお話をさせていただいたり、あと、協力会社さんにもお話をさせていただいていますが、また、ここでもお伝えしていきたいと思います。

楽しみにしていただけると、嬉しいです(笑)。

2015年10月10日

夫婦。

今日は、盛りだくさんの一日でした。

朝から「新流の家」にお邪魔して、タオルバーの取付けに立ち会い。
その後、(仮称)左内町の家にて設備屋さんと打合せ。
次に(仮称)森田の家の地縄を張り、だいだい珈琲にて昼食。
すぐさま会社に戻り、明日の打合せの準備が終わったのは17時30分をまわっていました。
とてもキレイな夕焼けに気付いたのは、その時でした。

18時に「空創の家」にお邪魔して、今日は食事をご馳走になりました。

文字通り、空をつくるスペース(ルーフテラス)での食事。
外的内部空間?
内的外部空間?
そんなあいまいなスペースが、独特の雰囲気を生み、そこでの食事なので初めて感じる感覚にワクワクしながら食事がスタートしました。

「無煙炭火バーベキューグリル ロータスグリル」でのバーベキュー。
ルーフテラスはFRPという材料で防水をしてあり、火の粉が落ちてしまうと防水層に穴が開いてしまう為、炭などの使用はお控えいただくようにお願いしているのですが、これ(無煙炭火バーベキューグリル ロータスグリル)だとあまり火の粉が飛ぶ心配もなく、ルーフテラスでの使用も比較的可能でした。

今日は「家族」や「夫婦」の話になりました。

まもなく内覧会がスタートする「乗算の家」のご夫婦は、そのお住まいの名前の通り、お二人が掛け合わさることで生まれる新たな世界観がとても素敵であるお話から、それぞれのご夫婦の関係性などお話が発展していきました。

話しは本当に深いところまで進み、一緒にいる意味や、同じ時間の共有の仕方などまで話し合いました。

もちろん夫婦は十人十色、いや、百組百色、それぞれ違いまし、他が踏み込めない二人にしか解らないことがあります。
でも、すごく考えさせられ、また、なにかずっと考えていたことに光が射すような感覚を覚えるような、有意義なお時間をいただきました。

また、そこまで感じながらご提案が出来ているのか?
ご夫婦やご家族の関係性をより深く理解させていただかないととも感じながらお話を伺っていました。
とは言うものの、先ほども述べたように、ご夫婦などにしか理解しあえない部分や触れること出来ない部分もあります。
だから、僕はいつも、それぞれのご夫婦、ご家族の選択を信じることの重要性をいつも感じます。

今回もお話を伺いながら、僕は経験していない為届かない部分、足らない部分を、オーナー様に埋めていただいている事を実感しました。

また、話はエクリュの今後の進むべき道にまで展開。

出来れば一緒に運営していただきたいと本気で思うほど、エクリュを想っていただき、とても嬉しく感激した夜でした。
また、とても楽しみなアイデアや、とても大切な人生観をいただいて帰りました。
家に着いたらまもなく午前様という時間まで、お招きご馳走などなど、おもてなしをいただきました。
本当に色々、ありがとうございました!

2016年2月29日

牛歩。

別に、戦術ではありません。

にしても牛歩以下だと・・・。

2016年3月7日

牛歩 → 鹿走

牛歩でしたが、大工さんが入ると急激に変化しだします。

2階の床が出来ていました。
再び、2階建てになりました。

一部、吹抜けを設け、減築しました(床面積を減らしました)。

歩みだすと走り出しました。

2016年4月1日

サクラ。

最近レポートを怠っていた(仮称)左内町の家。
ぼちぼち、進んでいます。

道路使用許可もおり、足場ができました。
これで工事も進みます。

本当ならば、去年のサクラの時期に移ろうと思っていたんですが・・・
今年もサクラが既に満開です(笑)。

しかし、本当にキレイですね。。

(仮称)左内町の家から眺めるサクラの花は、来年におあずけ。
楽しみはとっておきます(笑)。

2016年4月19日

ユカ、クリ。

床はクリです。
きれいな木目です。

2016年4月22日

コスト。。。

雨が降ると、雨漏りが・・・
やっぱり、屋根の葺き替えをしなくてはいけないか。。。

費用がかさみます(涙)。

2階の床材は、コストを抑えてナラの建材の床にしました。

2016年4月28日

キッチンまわりの打合せ。

内部足場が組まれていました。
いよいよ本棚にかかるのかな?

今日は1階のキッチンまわりの打合せを現場にて行いました。
キッチンの背面収納部分も楽しみです(笑)。

2016年5月8日

沢山の積み重ねの最終。

今日は(仮称)天池の家の仕上げ材の最終打合せでした。

今日でお住まいに使う全ての材料をご決定いただきました。
つまり、全ての打合せを終了致しました。

長期にわたり沢山のお時間、ご検討をいただき、ありがとうございました!

お引渡しまでお会い出来るのは、もうあまりありません。
でも本当は、お引渡しをさせていただいてからのお付き合いの方が、永く続きます。
今日は打合せの中でそんなお話をさせていただきました。

現在、建設中の(仮称)左内町の家の意図をお伝えし、ずっとお手伝いさせていただけると嬉しいとの想いをお伝えしました。

(仮称)天池の家のお施主様も、(仮称)左内町の家にとても期待していただきました。
本当に嬉しいです。

また、今日は金津創作の森にて「森のアートフェスタ」が開催されており、大学時代からの友人が出店している事もあり、作家さんや食器などのご紹介もさせていただきました。

そして今日は、母の日。
コーヒー好きのお母様との事で、豆を販売されているお店や、そのお店の豆の特徴、美味しいコーヒーの淹れ方などをお話しました。
母の日のプレゼントにコーヒー豆をおくられるそうです。
ステキなプレゼントですね!(笑)

2016年5月25日

大掃除。

今日は家族総出で、(仮称)左内町の家の掃除を行いました。
と言うのも、実は(仮称)左内町の家は雨漏りがヒドく・・・
この度、予定外の屋根の葺き替え工事をする事になり、先日より屋根瓦の撤去を行ったところ、ボロボロになった野地板の隙間から、溜まりに溜まった散りや埃が、それこそ山になる程建物の中に降ってきました。
その掃除を行いました。

先ず、makitaの掃除機を買って来ました。
掃除機がなかったら、とんでもなく時間がかかっていたでしょう。
昼過ぎからはじめた掃除が終わったのは、薄暗くなった頃でした。

とても綺麗になった現場は、とても心地よくなりました。

間も無く仕上げ工事がスタートします。
予定外の事が次々に起こり、予定通りには中々いきませんが、着々と進んでいるのは確か。
早く完成して移りたいと思いますが、成り行きに逆らわず、でも着実に目的をひとつずつ達成していきたいと思っています。

とても楽しみです!(笑)

2016年7月20日

心地よい風。

今日はお昼から(仮称)左内町の家に行って来ました。

予定を色んな意味で大幅にオーバーしている(仮称)左内町の家ですが、やっと大工さんの工事もほぼ完了し、内部も外部も仕上げ工事がスタートしています。

全体的な雰囲気もわかるようになり、ここでの生活の実感が出て来ました。

今日は足羽山からの気持ちの良い風が吹いていて、居心地が良く、うまくいってると確信でき、完成がとても楽しみに思えました(笑)。

2016年8月10日

ワクワク

今日は、(仮称)左内町の家にて打合せがあり、久しぶりに現場に伺いました。

現場は本日、内部足場(吹抜けなど高さのある内装を施工する為の足場)が撤去され自由にフロアーを見通せ動き回れる様になりました。

すごく仕上がりが実感でき、楽しみでワクワクしてきました!

ワクワクすると言うと、、、
今日の打合せの内容。

今日の打合せは、看板の打合せでした。
看板の設置位置の確認をしました。

位置もバッチリ!

今日中に看板の施工は完了との事で、仕上りが楽しみです。
外回りは未だ仕事が残っており、その為、足場があるので全貌を見る事は出来ませんが、盆明けには外部足場を撤去する予定なので、本当に楽しみです!!

会社に戻り、移転後の運営などについて打合せを行いました。

建物も完成が間近に迫って来たので、中身も詰めていく必要があります。
今まで頭の中にあった数々の事柄を、紙の上に出し、皆に伝えました。

早速、明日にも計画を始動させます。

2016年8月19日

ファサード

今日は(仮称)左内町の家の足場がやっとバレました。

思いの外、時間やお金などを多く費やしましたが、皆様のおかげをもちましてやっとここまできました。
本当にありがとうございます。
まだもう少しご協力をいただき、プロジェクトのスタートが切れればと考えています。
今後ともよろしくお願いします。

ファサードがお目見えしましたが、いかがでしょうか?

一応、考え方としては、戦時中か戦後か?とにかく僕が生まれるずっと前からここに建っていたこの建物なので、この辺りの風景を思い浮かべた時、あまりに風景に溶け込んでしまい「どんな建物だったっけ?」って思う程、そこに自然に立ち続けてきた建物だから、そんな雰囲気を出来るだけ壊す事の無いようにと考えました。

足場がなくなっても、さほどインパクトが無かったら成功です。
(始動した後も)風景に地域に溶け込んでいければ、とても嬉しいです。

2016年8月30日

そんな毎日です。

今日は(仮称)左内町の家で、タイルの色決めを行いました。

一度、会社でサンプルを集め決めたのですが、最終的には現地で決めるのが確実なので、いつもお客様との打合せと同じように現地で色決めを行いました。

結局は会社で決めたモノと同じタイルで決定しましたが、ひとつ凄く惹かれ迷ったタイルがありました。

とてもエッジが効いてキレイに見える白いタイルでした。
しかし、(仮称)左内町の家のコンセプトは、とても長い間そこに建っていた建物で、余りにも風景や日常に溶け込んで馴染んでいる建物なので、大きな変化を起こす事なく、目立たず気付かず知る人ぞ知ると言うか、気付けばそこにあるといった事がコンセプトだったので、あえてキレイに見えたり印象的であるものは避け、刺激を抑えたささやかな印象を受けるタイルにしました。

結構、断腸の思いと言うか、渋い選択ですが、僕はコンセプト通りでとても満足です(笑)。

現場に行く度に少しずつ変化している(仮称)左内町の家。
現場に行くと、とてもワクワクして楽しいです。

予定(スケジュール)があるので、やらなきゃいけない事も迫ってきたりもするのですが、焦る気持ちよりワクワクしています。
そんな毎日です(笑)。

2016年9月6日

「左内町 エクリュ・プロジェクト」の近況ご報告。

今日は、左内町 エクリュ・プロジェクトの打合せを左内町の現場にて行いました。

引越しが迫ってきたので、工事も急ピッチで進んでいきます。
今日は、同時にクロス工事と塗装工事、タイル工事が行われていました。

クロス工事は2階の壁から施工していました。
クロスが貼りあがってくると、急に空間が明るくなり、キレイな空気が取り込まれたような感じを覚えます。
暗く長年の汚れが溜まり、また10年以上も使われていなかったので空気も通っていなかった空間が、見違えるほど健全な環境になっていきます。
中でもクロスを貼り終えた場所は、生き返るというか・・・特にそんな風に感じます。

塗装工事は階段の手すりと玄関建具の枠などを塗ってくれていました。

塗装屋さんが入ってくれていたので、この暑い中、他の工事の方も窓を空けず仕事をしていただいていました。
ホコリがたつと、塗った場所にくっついちゃうからです。

皆さん、ご協力ありがとうございます。。。

1階ではキッチンブースのタイル貼りを行っていました。

先日、選んだタイル。
コンセプト通り、渋い選択をしましたが、僕は(コンセプト通りで)いい感じだと思いました。
きっと、カッコイイのは白いタイルだったと思いますが、エッジをあまり効かさず、出来れば目立たず、なじんだ感じにしたかったので、そこはきっとうまくいったと思います(笑)。

いつ行っても窓を空ければ良い風が入ってくるこの場所。
弊社でお住まいを建てていただいた方々をはじめ、ご協力いただいている方々が心地よく思っていただける場所になればと考えてスタートした「左内町 エクリュ・プロジェクト」。
いよいよ器の完成も間近です。
動き出します。

現場の帰りに、TOYO KITCHENさんのショールームに伺ったところ「いつから移るの?」「丁度、アロック・サンワさんと話していたところだったんですよ!」と言っていただきました。
皆さまのご期待にお応えできるかどうかは分かりませんが、出来る限りの事をコツコツとしていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

2016年9月14日

いよいよ移転がせまりました。

17日からの引越しをひかえた今日の事務所は、段ボールだらけ。
段ボールの隙間で仕事をしています。

引越しの準備は、着々と進んでいます。

協力会社さんの打合せもこんな感じで段ボールの隙間で行っています。
こじんまりとしていて、これはこれで落ち着いて打合せが出来る気がします(笑)。
とは言え、狭くごちゃごちゃしていて、ご迷惑をおかけしています。。。

新社屋のご案内用のハガキなどの打合せを、新社屋にて行いました。

先日は移転をする事のみをお知らせしましたが、今日の打合せはお披露目のご案内についての打合せ。
しかし、お披露目の目途がたたず・・・どの様なカタチでお披露目をすればいいのかを検討、その為に必要な写真を撮っていただきました。

17日からの社屋引越しは着々と進んでいます。
20日には予定通り新社屋にて業務を開始できる様に進んでいます。
ただ、お披露目会的な事がいつできるのかは・・・今のところ未定です。
準備も全くできていません。。。

はやくお披露目が出来るように、明日から準備にかかります。
お披露目が出来るようになった際には、またご連絡させていただきますね!

2016年9月16日

引越し前日の風景

引越し前日です。
いよいよと言うか、やっとと言うか・・・。
とにかくこの日を迎えられたことは、皆さまのおかげです。
ありがとうございます。

今週の前半は、いらない物といる物の仕分けをしました。
15年くらいここ(大町)にいるのかな?
色々なモノが溜まりに溜まっていました。
かなり断捨離を行いました。
勿体無いとは思わないようにしました。

今週の後半は持っていく物を分けて、新社屋に移った後、レイアウトしやすいように準備しました。

新社屋をゾーニング、番地をつけました。
①~⑥まで番地があります。

段ボールや物にも①~⑥までの番地を表示。
これで引越しの際、新社屋で物の行き場に迷うことなく、スムーズに搬入できます。

今日は、番地ふりの最終チェックをしています。

今日は午後から電話やインタネットが切れます。
会社は通信手段を失います。
そんな中、午前中に出来る限りの仕事を段ボールに囲まれながらもしています。
まもなくその午前中が終わってしまいます。
今日出来る事を必死にしています。

弊社の私事(引越し)では、色々とご迷惑をおかけします。
ご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございます。

2016年9月18日

事務所移転完了!

2016年9月16日。
1週間前くらいからしていた引越しの準備。
この日、おかげさまで無事完了しました。

会社のみんなで大町事務所の最後の記念撮影。
大町事務所は、前の会社から数えると15年程お世話になった事になります。

15年もお世話になっているので、真っ暗な中でもカギの開閉ができる程慣れた事務所でした。
感慨深いです。

2016年9月17日 8:00〜
いよいよ引越しが開始されました。
積み上げた段ボールなど荷物がどんどん運び出されていきます。

同時に新社屋の左内町事務所に荷物が運び込まれていきます。

全ての荷物が大町事務所から搬出されたのはお昼頃。
とりあえず左内町事務所への残りの荷物搬入は、昼食の後になり、一旦休憩。

引越しといえば引越し蕎麦。
ご近所にお配りはしていませんが(笑)、昼食はお蕎麦にしました。
左内町事務所の近くにある愛宕庵にていただきました。

お昼休みが終わってまもなく、全ての荷物が搬入完了。
運び込まれた段ボールを開けて、配置していきます。

段ボールに詰め混むのには、仕事をしながらではありましたが、1週間程かかったので、段ボールを開けるのも結構時間がかかると予測されます。

そこで、休み明けの火曜日からの仕事に必要な物からバラしていきます。

それが終わると打合せスペースの荷物を配置。
本棚に本を並べていきます。

TOYO KITCHENさんからいただいたスタルクの時計も本棚に。

2016年9月17日 18:30〜
この日、最後の予定。
café notesさんから美味しいコーヒーの入れ方講習を受けました。

皆さまのおかげをもちまして、何とか20日からお客様をお迎え出来るまでにもっていくことが出来ました。
本当にありがとうございます!

株式会社エクリュは2016年9月20日(火)から福井市左内町9ー17を社屋に業務を再開致します。

大町事務所には大変お世話になり、また多くの方々に足をお運びいただき、ありがとうございました!
また、左内町にも多くの方々にお越しいただける事を、心よりお待ちしております。
また、皆さまとお会い出来る事を楽しみしています(笑)。

左内町 エクリュ・プロジェクト
始動します!

2016年9月29日

きちんとキッチン。


(上写真は、引越し前の写真です)

皆さまのおかげをもちまして、左内町へ無事引越し、20日より営業再開しています。
まだ、整っていないモノや部分などもありますが、おかげさまで何とか落ち着いて来ています。
ありがとうございます。

そこで、滞っていたブログの「ご提案」を更新させていただこうと思い、キーボードに向かいました。

今日はキッチンについて書こうと思います。
キッチンはほとんどの方々が、とても重要にお考えで時間や費用も費やされる場所のひとつです。
また、(写真や内覧会では中々観えてはこないですが)使い方などは人それぞれで個性が出てくる場所でもあります。

使い方もさることながら、ほとんどの方々がこだわられるポイントは、見た目の美しさです。
料理をされる方は、その作業中の便利さも求められますが、気持ちが上がる様な見た目の美しさを求められる事も多々あります。
見た目の美しさはKEEPされる(保たれる)必要もあり、掃除のしやすさにもこだわられます。
様々な、時には矛盾するニーズが存在するのが、このキッチンという場所です。

先ずは、見た目のお話から進めます。
見た目と一言で言っても、訪問者や来客者からの見た目やLDKとして家族で過ごす際の見た目(外からの見た目)と、実際に料理をされる方の見た目(内からの見た目)があります。

また、外からの見た目も見せる場合と、隠す場合があります。

先ずは、見せるキッチンからご紹介します。
見せるキッチンの場合、フルオーダーで造られる方もおられます。
また、TOYO KITCHENさんやパナソニックさんのLクラスなど、意匠性の高い商材を選ばれる場合もおられます。

両美の家のキッチンは、フルオーダーで造られました。
両美の家はダイニングとキッチンが一体になっており、お店のカウンターのような作りになっています。

お店のカウンター席の場合もそうですが、カウンター席からはキッチンのシンクや調理台が見えにくいようになっていますが、両美の家も同じように、一体感があるもの、料理をする手元が見えにくくなるようなデザインになっています。

その他のオーダーキッチンとしては、食粋の家のキッチンなどがあります。

食粋の家のオーナー様は料理研究家で、ご自宅で料理教室を開かれています。
そういった機能的な意味合いでも、オープンキッチンとなっています。

見せるキッチンとしては唯ニの家のTOYO KITCHENさんのキッチン。

ご夫婦で、料理を楽しまれる唯二の家は、魅せるキッチンをご選択されました。
魅せるキッチンで難しいのは、日常生活の中でその魅せるキッチンを維持できるか?です。

「新しい家になれば、収納もあるし、ちゃんとキレイをKEEPします。」と打合せの際に言われる方がおられるんですが、そう言われた際にお聞きするご質問があります。
『学生の頃、ノートを新調した時、キレイな字で書こうと決めて、何ページまでそのキレイな字で書けましたか?』

お住まいを建てる事は大きなイベントです。
その為、感覚も非日常的になり、日常を忘れがちです。
しかし、お住まいとは最も日常的な空間です。
その事をシッカリとご認識いただける必要が、お住まいづくりをされる際、あると僕は思います。

上の写真は、平景の家のキッチン。
パナソニックさんのリビングステーションLクラスです。

パナソニックさんのキッチンは元々、深澤直人さんがデザインされました。
深澤直人さんと言えば、言わずと知れた日本を代表するプロダクトデザイナーのお一人です。
現在は、建築化照明のHomeArchiのプロジェクトされていた方が、抜擢、指揮されています。
細かな納まりにまで気を配られ、デザインされていて、流石と感心さされます。

また、高級ブランドらしく、コンシェルジュがつくなどのサービスがあるとこらへんが、メーカーさんらしいサービスです。
詳しくはパナソニックのお店にてお問合せ下さい。

アイランドキッチンやペニンシュラなど、空間の中に家具のように配置される魅せるキッチン。
とても憧れますが、使い手を選ぶキッチンとも言えます。

大切な事は、選ばれるのではなく、選ぶ事ではないでしょうか?
自分を良く知り、自分に合ったキッチンを選択される事こそ、実際の暮らしの中で最も良いモノとの関係ではないでしょうか?

茶嬉の家のキッチンは、カフェを思わすキッチンです。

茶嬉の家のオーナー様は、元カフェ・オーナーだった事もあり、キッチンの使われ方がプロそのものでした。
弊社でお住まいづくりをされる方には、いつも現在お住まいのキッチンのいつも通りの状況を見せていただく事になっています。
茶嬉の家のオーナー様は、公団のキッチンのようなスペースを、それこそカフェのように使われていました。

見た目の美しさと、実際の使いやすさ。
両立できてこそのデザインだと思いますが、どうしても相反する事も多々あります。
その際、見た目か?使い勝手か?選択に迫られる場面も珍しくありません。
そこでも、自分を知る事は、とても重要です。
自分を知らないと人のせいにしない判断が出来ませんからね。

カフェ風のキッチンと言えば、今日遊の家のキッチンもそう言えるかも知れません。
今日遊の家は、実は見た目だけでなく、コンパクトな家事動線にこだわられています。
洗濯動線はキッチンのすぐ横、しかもすごくコンパクトにまとめられています。

では、一気にそれぞれのお住まいのキッチンをご紹介します。

新流の家のキッチンは対面キッチン。
キッチンからLD+和室+テラスまで見渡す事ができます。

三雲の家のキッチンは、キッチン前に収納があります。
ちょっとしたモノを置けるようになっています。

先ほどお話したように、現在のお住まいを確認させていただいた時、しょう油や調味料などが調理スペースに出しっぱなしになっている場合などは、扉が付いた仕舞ってしまう収納ではなく、棚などの収納をご提案させていただく事が多いです。
一般的に収納するまでのアクション数(手数)が多くなると、散らかってしまうリスクが高くなります。
もちろん個人差あり、家族の時期(お子さんが小さいなど)や仕舞う事へのニーズの違い(絶対に見せたくない)などからも変化します。

三雲の家のキッチンのレンジフードは、LIXILさんのよごれんフードが発売されて福井県ではじめて納品された記念すべきレンジフードです。

あこがれのミーレの食洗機が入っているのは、優律の家。
一気にたくさんの量の食器を洗うことが出来ます。
しかもかなり節水できるそうです。

優律の家のオーナー様も、料理教室をされています。

ステンレスのキッチンカウンターが良い。
人造大理石のキッチンカウンターが好き。
色々なご意見があります。

また本体も木製のキッチンやステンレスのキッチン、ホーローのキッチンなどあり、色々なご意見があります。

写真は想円の家のキッチン。
ステンレス製(クリナップ)のキッチンです。

光拡の家のキッチンは、タカラスタンダードさんのキッチン。
ホーローのキッチンです。

ホーローは掃除がしやすく長持ちします。
それに磁石がくっつきます。

タカラスタンダードさんのキッチンパネルはホーローなので、キッチンパネルにも磁石がくっつきます。

空創の家のキッチンはLIXILさんのキッチンです。

ゆきあいの家はサイドフードをご選択されました。

ガスコンロにこだわられる方もおられます。
ゆきあいの家はガスコンロです。

水栓(蛇口)も色々あります。
オール・イン・ワン水栓とは、お湯も水も出て、簡易な浄水機能があって、シャワーにもなる様な、多機能な水栓の事を言います。
自動水栓だと節水につながります。

ゆきあいの家は、本格的な浄水器をつけられました。
この水でご飯を炊くと、美味しいそうです。

乗算の家はIHクッキングヒーターです。

掃除のしやすさと風合いも、相反するニーズとなる場合があります。
面遊の家はキッチンがほぼ独立キッチンとなっています。

キッチン前の壁は、キッチンパネルなど掃除がしやすい素材を選択される事が多いのですが、面遊の家は風合いある輸入タイルをご選択されました。

タイルの場合目地に汚れが入り込みやすくなります。
高価にはなりますが、キッチン用の目地が販売されていますので、それを選ばれると一般の目地に比べて汚れが落ちやすくなります。
目地もちゃんと選んでくださいね!

もちろん、面遊の家のタイル目地はキッチン用の目地材です。

伸遊の家は新型のよごれんフードをご選択されました。
発売当初は壁付けタイプしかなかったのですが、伸遊の家は天井から吊り下げるタイプのよごれんフードです。

賢分の家のキッチンの背面収納は、低い位置にまとめてあります。
上部は後から棚板や家具などを取付けできるように下地がしてあります。
プラスターボード(通常の壁)のままだと重たいものだと固定できないのでご注意を。

家具など空間の全体的なイメージに合わせて、上部のスペースは後でバランスを取りながら考えていく事になっています。

新社屋へ移った理由は、住んでから家具など空間のイメージを気軽にご相談していただけるためのオーナーズ・サロンをオープンさせる事が目的のひとつです。
ご興味のある方は、是非、お問合せ下さい。

話しはそれました。。。

冒頭にも述べたように、キッチンはどなたもお住まいづくりにおいて時間や費用を費やされる場所のひとつです。
少しでもご参考にしていただければと思います。

2016年10月2日

新社屋にて打合せ。

今日は新社屋に移転してお施主様との打合せとしては2回目の打合せを行いました。

先ずは、社屋をご案内。
新社屋に移転した意図などをお伝えいたしました。

今日は(仮称)丸岡町の家の初回の見積りに関する打合せでした。

当初、プランニング段階(基本設計段階)の打合せは、概算による打合せを進めていきます。
概算とは言え、弊社は工務店ですから原価意識が比較的高いため、いい加減な数字(金額)でお話をさせていただいているわけではありません。
しかし、あくまでも概算。
坪単価などを駆使して実際の金額に近付けたに過ぎません。
その為、見積りが上がってくる時は、いつも緊張します。
今回も、予定の範囲を大きく外さない、想定範囲内の見積金額で少し安心しました。
しかし、見積り直前に仕様をアップした分は、仕様を下げる必要があり・・・
次回からは、減額案をご提案しながら仕様の調整を図っていく事になりました。

今日はお施主様の打合せとしては2回目。
(今回は写真を撮るのを忘れませんでした:笑)

まだまだ整ってはいない新社屋で、ちょっと落ち着きのない感じの中での打合せとなってしまっていましたら、ごめんなさい。。。
更に落ち着いた雰囲気の中で打合せが出来るように、明日も協力会社さんと打合せがあります。

2016年10月3日

集う。

今日は、多くの方々に事務所(社屋)へお越しいただきました。

オーナーズ・サロンの打合せをしていたところ、そのサロンなどで使わせていただいてたり、色々と検討している事にお手伝いをいただいている作家さん。

建物の大家さんの奥様とそのご友人にもお越しいただきました。
そして藤島神社の宮司さんにもお越しいただきました。
皆様、お忙しいところ、ありがとうございました!

皆様のご協力のもと、新社屋へ移転させていただいたのには、多くの方々とお会いし様々なお話が出来ればと考え、集える場所を設けさせていただいたのが最も大切なコンセプトと言うか想いです。

今日、こうしてお越しいただけたのは本当にありがたく、大変嬉しく思います。
ありがとうございました!

今後とも、株式会社エクリュをよろしくお願い致します。

2016年10月17日

あれから1か月。

左内町の新社屋に引っ越してから1か月が過ぎようとしています。
皆さまのおかげをもちまして、何となく落ち着いて仕事が出来るようになってきています。

しかし、今日は、ヘルメットが見つからず・・・
急いで段ボール箱を空けて探しました。
たまに未だ、そんなこともあります。

先日は、内部の看板が設置されました。
来週にはエントランスの暖簾が完成してきます。
そしてやっと来月予定している、オーナー様(お施主様)にお披露目をさせていただく為の準備を進めています。

新社屋へ移転した最も重要な理由は、オーナー様(お施主様)の暮らしを高めるお手伝いが出来ないか?という事にあります。
お住まいは建てて終わりではなく、暮らしの中にこそ豊かさや充実があります。
日常である暮らしを高めるご提案やお手伝いできてこそ、弊社でお家を建てていただいた価値があると考え、様々なプロジェクトなどを検討しています。
その拠点として、左内町の新社屋をご利用いただけると、とても嬉しく思います。

なかなか・・・牛歩のペースで未だ整わない部分もありますが、今後とも、株式会社エクリュをよろしくお願い致します。

ちなみに・・・

駐車場は上写真に示す、6番と7番を来客用駐車場としています。
ご利用ください。

2016年10月21日

暖簾(のれん)

新社屋に移転して早、1カ月をむかえた今日、入り口に暖簾(のれん)が付きました。

会社に暖簾を付けたいと思ったのは、2013年8月に家族で直島に行った時から。
直島では、お家などに様々な自分好みの暖簾を玄関先につけておられ、それが町全体でとても楽しい雰囲気をつくりだしていました。
その時の印象がとても強く脳裏にあり、新社屋に移った際は暖簾を設けたいと思っていました。
念願叶い、本日、新社屋に暖簾(秋冬バージョン)を設置しました。

とても満足です。
ありがとうございます!(笑)

2016年10月25日

寒くなりましたねぇ~。

最近はめっきり寒くなりました。
夜には肌寒いくらいで、我が家では毛布を準備しました。
寒暖の差が激しくなりました。
皆さまにおかれましては、くれぐれもお身体を大切になさってください。

今日は朝から風も強くて寒かったので、会社は床暖房のスイッチを初めてONにしました。
床暖房は本当に心地いいですね。
よかったら、体感しにお越しください。

事務所移転から1カ月が過ぎた先日、いただいたお花などを2階に飾り直し、1階は完全通常仕事モードにインテリアを切り替えました。
そこで、今日は、オーナー様(お施主様)をはじめ、皆さまに本をゆっくりご覧いただけるよう、ソファーを設置しました。

床暖房が心地よい部屋で、ゆっくり本を観に来ていただけると嬉しく思います。

2016年10月26日

入り口。

今日はエントランスの建具に、入り口を示すマークとしてのロゴをつけました。
エントランスの建具は、3枚建てで、3枚とも自由に動きどこからでも入る事が出来そうなデザインになっています。
でも、「こちらから入っていただくとありがたい」との弊社の都合もあり、どうしたものかを思案しています(笑)。
そこで、今日、入り口を示すマークとして、弊社のロゴマークを建具に貼っていただきました。

とりあえず、これで皆さまがどのように入って来られるかを検証させていただき、もし、未だ逆から入って来られるようでしたら、プラン02を始動させたいと思っています。

ご訪問いただいている方々。
本当に分かりにくくて申し訳ありません。。。

2016年10月29日

ぷら〜っとお越しやす。

今日は(仮称)丸岡町の家の打合せでした。

新社屋に移転して、早、1ヶ月以上過ぎ、既に何度も打合せをさせていただいています。
しかし今日はそんな中でも、最も理想的な新社屋の使い方をしてくれてる姿に、思わず打合せ中にも関わらずシャッターを切りました。

それが上写真。
まるで自分ちのリビングでの写真のようです(笑)。

新社屋に移転したコンセプトは、エクリュに関わりをもっていただいている方々の為のカフェやサロン、ライブラリなどとして利用していただきたいとの思いにあります。

それを実現してくれた、今日の一枚の写真です。

かと思えば、ご主人が出張との事で駅までお送りになられた(仮称)松本の家のお施主様(奥様)が、ぷら〜っと遊びに来てくれました。

お茶を飲みながら、結構遅くなるまでお家への想いをお話しました。

今日は新社屋に移転して、何だか理想にすごく近づいた活用の仕方をしていただけた嬉しい日でした。

打合せ中にお越しいただいた知合いの畳屋さんが、ご遠慮されて出直されたのは、ひとつ申し訳無かったのですが、それでも、気軽に足をお運びいただけてとても嬉しかったです。

新社屋に移転したコンセプト。
それは、エクリュに関わりをもっていただいている方々が、思い思いにご利用いただく事にあります。
その為には気軽に足をお運びいただく事が、先ず必要です。

今日はコンセプト通りの方向性を感じたとても嬉しい日でした(笑)。

2016年11月2日

器はできました。

皆さまのご利用を、心よりお待ちしております。

器は出来ましたが、器は利用されてこそ意味があると僕は思います。
写真はカフェ・チケットですが、より社屋をご利用いただけるようにとの思いからつくりました。

使い方などは追々お伝えさせていただくとして・・・
新社屋へ足をお運びいただける事を、心よりお待ちしておりますね!

2016年11月17日

『オーナーズ・WEEK』がはじまります。

明日(11月18日)から11月21日(月)まで
弊社はオーナーズ・WEEKを開催致します。

オーナーズ・WEEKとは
弊社でお住まいを建てさせていただいたオーナー様や打合せ中のお客様など、日頃大変お世話になっているお施主様・お客様に新社屋をご覧いただき、今後のエクリュの活動をご説明させていただいたり、ご意見などいただく機会です。

エクリュ・スタッフ、オススメの銘柄コーヒーやお菓子などご用意してお待ちしています。

多くの方々にお会いできる事を楽しみにしています。
お時間よろしければ、是非、新社屋をご覧にお越し下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

オーナーズ・WEEK(新社屋内覧会)◇
会場:エクリュ新社屋(福井市左内町9-17)
開催日時:2016年11月18日(金)・19日(土)・20日(日)・21日(月)10時〜16時

駐車場は下写真の6番・7番をご利用下さい。
(オーナーズ・ウィークは、他にも駐車場をご用意しています。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。)

2016年11月18日

OW 初日

オーナーズ・WEEKが始まりました!

こだわりの陶器やガラスを集めることも、エクリュの仕事のひとつです。

お客様にとって、発想やイマジネーションを刺激されるような空間、そして、探していたものが見つかる図書館のような、そんな場所になってほしい、そんな使い方をしていただけたら、と思っています。

11月21日(月)まで、朝10時から夕方16時まで開催しています。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

2016年11月22日

OW ご来場ありがとうございました!

お陰様で、たくさんのオーナー様にお越しいただきました。
(全員の写真がありません。ごめんなさい。)

普段なかなかお聞きできないお話なども、たくさん聞かせていただくことができました。
雑談の中からも、色んな発想やアイデアが飛び出します。
お茶でも飲みながら、住まいについて、生活について、人生について、気軽に、時に熱く語ってください(笑)
皆さまの熱い思いをすくい上げるお手伝いができましたら幸いです。

オーナーズ・WEEK、ご来場 誠にありがとうございました!

追伸 : オーナーズ・WEEKは終了しましたが、弊社では、いつでも皆さまのお越しをお待ちしております!
     営業時間 平日9時~18時 (土日・祝日もご予約・ご相談いただければ幸いです)

2016年12月13日

UL(アーバンライフ)時代からの友人。

今日は、依然務めていた芦屋のディベロッパー、UL(アーバンライフ)時代からの友人が、芦屋やパリから福井まで、新社屋のお祝いに駆けつけてくれました。

UL時代から懐かしい話に花が咲き、そう言えばその頃からずっと話していたことがお互い少しずつカタチになってきたね!と笑い合えるのは本当に有難い事です。
これも皆さまのおかげと感謝しています。
遠くから駆けつけてくれて、本当にありがとうございました!

新社屋のプロジェクトもよく知っていただいている方々なので、様々な情報をいただき、またオーナー様の暮らしを高める事が出来そうなご提案をいただきました。
とても楽しい時間で、あっと言う間でしたが、とても充実した時間でした。

2016年12月15日

不思議なパワー。

今日は社屋に写真を飾りました。
一気に空間の空気が変わります。
アートは、数字では計り知れないパワーがありますね。

今日はその写真家の誕生日。
とても運命的なモノを感じます。
これも計り知れない何かパワーのおかげでしょうか?(笑)

2017年1月19日

ダイニングテーブル

今日は、弊社でデザインして完成を待ちに待っていたダイニングテーブルが届きました。

全長は、なんと3M80cm。
10人がゆったり席につけるダイニングテーブルです。

我が家(遊び心の家)のダイニングテーブル(幅:2M40cm)も、弊社でデザインして製作しましたが、今回、社屋のダイニングテーブルは、サイズ的にも売っていないので、オリジナルで作りました。

テーブルの素材はウォールナットの無垢材です。
細かなディテールにこだわりデザインしたので、細部を見ると「そうそう、ここが3mmで、クリアが5mm」ってな具合で、嬉しくなっちゃいます(笑)。

全体的には材料の厚みを見せた作りになっているのですが、細部に細かなディテールが隠れていたりもするのです。

後はイスをどうするかなんですが、それは検討中です。
ゆっくり楽しみながら考えます(笑)。

2017年2月2日

新社屋ビフォーアフター

昨年(2016年)の秋、エクリュのオフィスが生まれ変わりました。
昭和の旧家屋を、エクリュが自社オフィス&カフェギャラリーの機能をそなえた新社屋へと、リノベーションしました。

外観のたたずまいはできるだけそのままに、中身を一新。

暖簾(のれん)をくぐると、淹れたてのコーヒーの香り。

スタッフが選んだこだわりの音楽に耳をすましながら、
壁のような巨大な本棚を見上げると、そこには見たことのないような住まいに関する専門書や雑誌がズラリ。

ソファに腰掛けながら、まるで図書館にいるかのような、ゆったりとした時間。
2階のギャラリースペースでは、ギターでお気に入りの曲を奏でながら、語り合うひととき。

館内では、エクリュ自社デザインの家具や、福井県の作家による器なども、実際に手に取って、触れて、感じていただけます。

あなたの暮らしをもっと豊かに。
暮らしの参考書代わりに、エクリュをご活用ください。

いつもあなたのそばに。 エクリュ。