卓色の家

この家にはリビングがありません。

その代わり、巨大なダイニングテーブルがあります。週末には、会社の仲間が集まって大パーティが催されます。でも、平日は家族でしっぽりもできるように、ある仕組みが施されているんです。その他にも、テラスとの繋がりや、遊び心のある子ども部屋など、チェックポイント満載。ぜひ、内覧会で、スタッフにあれこれ訊ねてみてください。

▶︎デザイナーが語る「見どころポイント」

所在地

あわら市大溝

用途

住宅

構造・工法

木造軸組工法 2階建て

延べ床面積

121.94㎡36.89坪

家族人数

3人

打合せ期間

2017年3月~2017年9月(7ヶ月)

契約工期

2017年9月~2018年2月(6ヶ月)

備考

ガス温水床暖房システム
パナソニック アドバンスシリーズ リンクモデル(調光調色ライティングシステム)
インナーガレージ
掘りこたつ式オリジナルダイニングテーブル+カウンターテーブル
オリジナル下足箱
登り棒
熱交換型換気システム
延べ床面積詳細(121.94㎡(36.89坪)+18.84㎡(自動車車庫部分))

黒い面に、木調の庇や壁が印象的なファサード。面を切らないように庇が端まで行かず途中で止め、また厚みを薄く見せています。

大人12名席のカウンター+ダイニングテーブル。宴会も盛り上がりますが、家族での普段使いもスムーズに出来る工夫が施されています。

ご友人の宿泊も考えていますが、最も重要な役割のひとつは、日常の暮らしの中で変化をつける為の役割を担っています。

子供部屋は、とにかく、可愛く明るく楽しめる空間に。

「お風呂で冷たい飲み物を飲みたい」そんなご要望にお応えして洗面脱衣室には冷蔵庫が設置されます。また、洗濯動線がとても機能的なのも特徴です。

記事一覧

植樹、フェイズ1

2018年6月3日 / 卓色の家

プランニングの段階で、植栽など外構のご希望・ご要望をお聞きする事が出来たら、プランニングに植栽など外構も加えて計画します。

その際、ファサードなど外観のイメージはもちろん、ソファに座った時にどんな風に見えるのか?や玄関に入った際、どんなイメージになるのか?なども当然に計画しています。

大学時代に教わった通りに計画しています。

「卓色の家」も、当初から外構のイメージをお持ちでご希望・ご要望など伺っていましたが、状況の変化や優先順位、ご予算などからリビングから見える植樹は無くなり、ファサードの植栽(ソテツ)も取り止めとなっていましたが、明確なイメージをお持ちだった事もあり、プランニングの際、決めた3本のソテツの配置を段階ごとに植えようと考えていたフェイズ1を進める事になりました。

先ずは一番小さいソテツを一本だけ植えました。

フェイズ2、フェイズ3と残すので(未完成なので)、さみしい感じは否めませんが、完成形がイメージしやすくなりました!

おかげさまです。

2018年5月26日 / 両美の家 卓色の家

「なんて美しい庭なんだろう!」
今日は両美の家にお伺いしました。

すごく良い空気が流れている空間。 整っている空間は、お施主様のおかげだと、いつも思います。

お施主様ご家族が、シアワセそうだと、家や庭も喜んでいるのを感じます。
お施主様ご家族がシアワセそうだと、本当に嬉しくありがたいと強く感じます。

お施主様の幸福度がお住まいに影響して、その影響もバックアップさせていただく。
お住まいづくりをお手伝いさせていただくって事は、そう言う事なんだなぁ〜と感じます。

今日はおかげさまで、とてもステキな空気の流れているお住まいにおじゃましました。
だからこちらまで、心地よい気持ちになって帰って来ました。
そのステキな空気をいただいて帰って来ました。

ちなみに・・・
今日は卓色の家で「第一回日本酒の会」が開催されるそうです。
いよいよ、ロングテーブル始動です!

イシサカゴロウ展(レセプション)

2018年4月15日 / 内覧会・現場見学会など アート お知らせ ご提案 安穏の家 遊び心の家 社屋 皆時の家 卓色の家

昨日より、開催させていただいている「イシサカゴロウ展」。
神戸からイシサカゴロウさんにお越しいただいているので、18時からレセプションをさせていただきました。

昨日は春の嵐で、暴風雨と足もとが悪い中、また18時からとお忙しい時間帯にもかかわらず、多くの方々がレセプションにご参加いただき、おかげさまで賑やかで楽しいレセプションとなりました。

レセプションのオープニングに際し、このイシサカゴロウ展のお話をお持ちいただいた、また安穏の家のオーナー様でもある松岡様の司会で、ご紹介いただき、イシサカゴロウさんと弊社の横山哲明が会場入り。
先ず、ご紹介いただいた横山哲明より開会のあいさつをさせていただきました。

現在の場所に事務所を移転させていただいて1年半、2年近くになります。
この場所に移転しようと考えたきっかけは、4年前にさかのぼります。
4年前、弊社はおかげさまで10周年を迎えました。
そこで10周年の記念イベントとして、10年間で建てさせていただいたお住まいのオーナー様ご家族を、我が家である遊び心の家にお招きして食事会をさせていただいた時の事です。
10年近くも暮らされているお住まいは、日常と化し、暮らしを楽しんだり高めたりする事も忘れそうになっていたとのご意見や、そろそろソファーを買い替えたいのだけど、何か良いアドバイスはないか?などのお話を多々いただきました。
弊社は暮らしを設計してお住まいにしていく工務店です。
家具や持ち物を把握し、それをお住まいに落とし込んで、お家としてカタチにしていきます。
だからこそ、変化し続ける暮らしをご提案し続ける事、また更にオーナー様の暮らしを高め続ける事が、弊社のお役に立てる事ではないか?10周年のホームパーティーでそう気づかされました。
皆さまの暮らしを高め続ける場所に弊社をご利用いただけたら・・・そう考えるようになりました。
それが約2年前に左内町に事務所を移転した理由です。
そして今回、イシサカゴロウ先輩(先生)や安穏の家のオーナー様をはじめ、皆さまのおかげを持ちまして、イシサカゴロウ展を開催する運びとなりました。
本当に感謝しています。
本当にありがとうございます!

本日もイシサカゴロウ先生が会場におみえです。
あいにくのお天気ですが、この機会に是非、会場に遊びに来ていただき、今日の雨のように、皆さまの暮らしに潤いをお届けできれば幸いです。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

使用状況の写真を送ってきていただきました!

2018年4月8日 / 卓色の家

先日、お引渡しをさせていただいたサンリーブさんの改修工事。
今日、現在の使用状況の写真を送っていただきました!
ありがとうございます(笑)

デザイン関係をされている部署とのこともあり、見学に来られる社外の方も多く、また、クリエイティブな仕事をされる社員さんたちが、より良いインスピレーションを引っ張り出してもらえるようにとのご要望を承り、改修工事の計画をさせていただきました。

現状、どの様に使用されているのか?
どうしてそういった使用の仕方になってしまうのか?
どうすれば、よりよく改善されるのか?
などなど、お住まいを計画するときのように打合せさせていただき、ご提案させていただきました。

お忙しいところ、お仕事中にも関わらずお時間いただき、またご協力いただきありがとうございました!

例えば、ミーティング・スペースの床の色が、他のスペースと違い濃い色・重い素材になっています。
これは、実際行なっているミーティングの内容(例えば決定する為の会議)などをお聞きし、どの様に意識を切り替えるとよいかを検討。 また、お好みのイメージなど、最後にご予算と合わせた結果です。
濃い色や重い素材は、安定や緊張を暗示します。
木質からタイル調に床材が変わる事で、気持ちにスイッチを入れ、また落ち着いてじっくり議題内容を検討できる様に計画しました。

収納棚がたくさんある理由は、、、
デザインをされる際、大量のサンプルが必要となり、それを自席の足もとに確保しているのが、ごちゃごちゃして見えていました。
ごちゃごちゃしていると考えもまとまりにくくなります。
そこで、必要なタイミングで大量のサンプルを出し入れするために、各席の後ろに収納棚を配置しました。

また、収納棚は柔らかく空間を仕切るパーテーションの役割も果たしています。
皆の動きや会社の動きを把握でき、且つ自分たちのエリアを認識できるようなちょうどいい高さを図りました。

カタチや配置、色や質感に可能な限り意味を持たせ、単に見た目でない見た目を整えました。
そして、それを良くご理解いただき、レイアウトや使用していただいていることがわかる写真をお送りいただけて、とても嬉しいです。
あとは、業績で結果が出たことのご報告がいただければ、こんなに嬉しいことはありません(笑)

建築で出来る事。
その力は有限で、微力かもしれません。
なぜなら最も大切なのはそこをご利用になられる方々の想いだからです。
でも、建築に出来る事の可能性はあり続けます。
少しでもお力添えできれば幸いです。

実は、同じ日にお引渡しをさせていただいた「卓色の家」の使用状況の写真も、今でも時々送ってきていただいています。
使っていただく度、美しくなっていくオフィスやお住まい。
前もってのシミュレーションがうまくいっていることの証拠でもあり、とても安心して嬉しく思います。
段取り八分。
備えあれば患いなし。
皆さまが一生懸命考えていただけた結果です。
少しでもお手伝いできれば幸いです。

お引渡し

2018年3月20日 / 卓色の家

今日は「卓色の家」のお引渡しでした。

お引渡しの日はいつも、例えると卒業式の日ような感覚になります。
つまり、おめでたく嬉しい気持ちと、(お別れではなくむしろこれからなんだけど、今までのように頻繁に会う訳ではないので)少し切ない気持ち。
そんな両極な気持ちが同居する感覚を覚えます。
それが卒業式に似ていると感じるのです。

今回もそんな両極の気持ちを、きっと皆んな感じていたのではないでしょうか?

「本当に感謝しかないです」
「これからこのステキなお家に住めると思うと、楽しみでなりません」

お施主様(オーナー様)にそう言っていただけ、本当に全て報われ、とても嬉しいです。
でも、そう思っていただける一番の理由は、オーナー様が住まいづくりと真剣に向き合っていただけたから、それに他なりません。

オーナー様にとっての良いお住まいは、オーナー様の中にしかありません。
工務店の都合の良い家や設計事務所の薦める良い家が、偶然にもお施主様にとっての「良い」に一致する事もなくはないでしょう。
しかし全てに一致する偶然は、モーゼが海を割る奇跡に匹敵すると感じます。
いずれにせよ、先ず、お施主様ご自身が、ご自分のニーズを正確に把握する必要があります。
つまり、お施主様にとっての良いお住まいを、お施主様ご自身が明確であって、初めて「良い」や「良くない」が存在します。

「本当に感謝しかないです」
「これからこのステキなお家に住めると思うと、楽しみでなりません」
本当にそんな風に思っていただけるのは、オーナー様が本当に真剣にお住まいづくりに取り組んでいただいた結果、ご自身たちのニーズが明確になり、それがカタチになった事を自覚されているからで、それ以上の理由は存在しません。

今日のお引渡しの間のランチタイムに、そんなお話をさせていただきました。

卒業式のような・・・

2018年3月20日 / 卓色の家

今日は「卓色の家」と鯖江のメガネの会社さんのダブルお引渡しでした。
朝一番でメガネの会社さんの企画室リニューアルのお引渡しをさせていただきました。

企画室はデザイン関係を行っているセクションで、お客様も最も見学したい場所であるため、この度リニューアルするそのお手伝いをさせていただきました。
その会社の取締役の方のお住まいを、昔、建てさせていただいたのが今回のご縁のきっかけでした。

続いてお昼から、「卓色の家」のお引渡しであわら市まで移動。
午前中から器具説明などに立ち会っているスタッフのもとへ急ぎました。


初ロック、初入庫などに立ち会わせていただき、無事お引渡しを終えました。
早速、カーテンなどの打合せをさせていただき、再びイメージマップのイメージ画像をにらめっこ。
お引渡しの後も、ご相談いただけるのは本当に嬉しいです。
オーナーズサロンを是非是非、ご利用いただけたら幸いです。

引渡しなど無事終え、帰ろうと思ったその時、ご主人がスパイダーマンの大きな袋から取り出されたのは、会社のスタッフ一人一人にプレゼントと手紙をご用意していただいていました。
正直。プレゼントされることに慣れていないというか・・・それも思いがけないことに戸惑いながらも、本当に嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

お住まいのお引渡しの瞬間は、いつもちょうど卒業式の様な、喜びと切なさがあります。
でも、お住まいがその意味を発揮するのはこれからで、ここからもずっとオーナー様にお付き合いをお願いするところではあります。
末永くお付き合いの程、よろしくお願い致します。

ちょうど春めいた今日は、鯖江とあわらにてお引渡しがありました。
今まで本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

ありがとうございました!

2018年3月11日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

お施主様のご厚意のもと、先週から開催させていただいた「卓色の家」内覧会。
本日を持ちまして、終了させていただきました。

多くの方々にお越しいただき、とても充実した内覧会となりました。
これもお施主様はじめ、皆さまのおかげと感謝しております。
本当にありがとうございました!

2018年3月10日・11日 福井県あわら市大溝2丁目にて 卓色の家 内覧会を開催致します。

2018年3月7日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 卓色の家

卓色の家 内覧会

2018年3月10日(土)・11日(日)
10:00~18:00

〒919-0628 福井県あわら市大溝2丁目https://goo.gl/maps/pJetBEza5xN2

お施主様のご厚意のもと、先週に引き続き、今週末、デザイン住宅(新築住宅)である「卓色の家」の内覧会を開催致します。

・大人12人が席につける大きなダイニングテーブル+カウンター
・バーやお店のようなキッチン背面収納
・外国の方がデザインされたような和室、その障子を開けると
・友達を呼んで自慢したくなる、そして一緒に遊びたくなる子供部屋
・ずっとそこに居たくなるガレージ
などなど、見どころ満載の「卓色の家」
でも、本当の良さはその使い勝手の良さにあります。

是非、3月10日・11日の「卓色の家」内覧会へお越しいただき、ご体感いただければと思います。
スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

費用対効果を知る事でニーズが明確になる。

2018年3月5日 / 卓色の家

今日は「卓色の家」特別内覧会(先行内覧会)の最終日。
今日も多くの方々に「卓色の家」へお越しいただき、本当にありがとうございました!

その内覧会会場にて、(仮称)北野町の家の打合せをさせていただきました。
今日の打合せ内容は金額調整の打合せです。

弊社では、原価オープンの見積り方式をとっており、費用対効果など出来るだけ明確にお伝えする事で、本当の意味での正確なニーズを図る事を重要に考え、この金額調整の打合せも大切にしています。

お忙しく中々お休みが取れない中、本日お休みが取れたとのご連絡をいただき、内覧会中ではありましたが、会場内にて打合せをさせていただきました。

ありがとうございました!

2018年3月5日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

本日をもちまして、お施主様のご厚意のもと開催させていただきました「卓色の家」特別内覧会(先行内覧会)を終了させていただきました。
ありがとうございました!
また来週からは、「卓色の家」一般内覧会を開催させていただきます。
引き続き、よろしくお願い致します。

3月3日から3日間、開催させていただいた「卓色の家」特別内覧会にご参加いただいた方々、本当にありがとうございました!

今回ご都合がつかずお越しいただけなかった方々は、2018年3月10日(土)11日(日)10:00~18:00 福井県あわら市大溝2丁目にて開催させていただく「卓色の家」一般内覧会へお越しいただければ幸いです。

今後とも株式会社エクリュをよろしくお願い致します。

本日は、内覧会へのお越し、ありがとうございました!

2018年3月3日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

本日(2018年3月3日)より、お施主様のご厚意のもと開催している「卓色の家」内覧会。
本日お越しいただいた方々、ありがとうございました!
少しでも皆さまのお住まいづくりの参考にしていただけましたら幸いです。

また明日(2018年3月4日)および明後日(2018年3月5日)も10時から内覧会を開催しております。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
本日はありがとうございました!

卓色の家 内覧会

2018年3月3日(土) 4日(日) 5日(月)
10:00~18:00(5日のみ16:00まで)
福井県あわら市大溝2丁目にて
https://goo.gl/maps/qXLZN7r6tZ92

2018年3月3日〜 卓色の家 内覧会 in 福井県あわら市大溝2丁目

2018年3月3日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 卓色の家

卓色の家 内覧会
2018年3月3日(土) 4日(日) 5日(月)
10:00~18:00(5日のみ16:00まで)
福井県あわら市大溝2丁目

サーカディアンリズムってご存知ですか?
卓色の家の照明計画はサーカディアンリズムを意識した照明計画になっています。
詳しくは内覧会会場にて、ご体感ください。

いよいよ本日(2018年3月3日)より、お施主様のご厚意のもと、「卓色の家」内覧会を開催させていただきます。
この機会に是非会場に足をお運びいただき、お施主様の想いがどの様にカタチになっていったのかをご体感いただき、皆さまのお住まいづくりにお役立ていただけましたら幸いです。

スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

いよいよ、明日から内覧会スタートです!

2018年3月2日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 卓色の家

「もし、宜しかったら、内覧会の時の説明時にして頂けると有り難いのですが…」

その書き出しから始まるメッセージをいただいたのは、卓色の家オーナー様(奥様)ご自身から。

今日は、卓色の家オーナー様ご自身のご説明を、ほぼそのままお伝えしようと思います。
とても貴重なご意見・ご感想で、本当にありがたいです。
本当にいつもありがとうございます!

では、卓色の家オーナー様からいただいたラインのメッセージをお伝えします。

キッチンはかなり動線が良いと思います。テレビのポジション二ングも然るべきですが、玄関から近いので、荷物を運ぶ際楽チンです。
また平日はカウンターで朝晩ご飯を食べる予定ですが、キッチンからは前に食事を出すだけで、食べ終わったらその人がキッチン側に出すだけ。簡単に片付けが出来ます。お盆いらずです。カウンターの奥行きが広いので、日常使いしても窮屈ではありません。

また、キッチンに立つと座卓側?部屋中心側?に向いているので、調理中も家族と会話しながら、呑みながら?料理が出来ます。背を向けずに皆んなの顔を見ながらお肉が焼けます。

また、キッチン下と背面棚の収納力に力を注いだので、飾り棚が二段あっても大丈夫になりました。パントリーもありますよね。
モコズキッチンもびっくりの飾り棚を作る事が可能となりました。

3人で常に話をしながら住める、来客時も一人でキッチンに立たず皆と話ができる、そのようなリビングでもあります。

卓色の家オーナー様の想い。
皆さまに届きましたでしょうか?

「お住まい」
それは皆さまの夢であり、理想を叶える場所です。
その一方で、坦々とした日常を過ごす場所でもあります。

「卓色の家」は、会社の仲間たちと楽しく過ごすハレの時間を実現させる事はもちろん、家族での日常を最適化したり過ごしやすくする事もシッカリ検討されて出来たお住まいです。

そのハレとケの両方を、卓色の家内覧会会場でご体感いただけたら、とても嬉しく思います。

いよいよ明日から、オーナー様のご厚意のもと「卓色の家」内覧会を開催いたします。
皆さまのお住まいづくりの参考になりましたら、幸いです。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

2018年3月3日・4日・5日
10:00~18:00(5日のみ16:00まで)
福井県あわら市大溝にて
「卓色の家」内覧会を開催

ラーメン・つけ麺・僕、洗面。

2018年3月1日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

洗面脱衣室に、あなたは何を置いていますか?

洗濯機や機能的な収納。
一般的には、機能性を満たす為の物が置いてあるぐらいでは無いでしょうか?

「卓色の家」の洗面脱衣室は、チョット違っています。
置く物は、二つ。
一つ目は、家具(チェスト)です。

現在のお住まいで使われていたチェストを、洗面脱衣室のタオルや下着を入れておく為に使用します。
洗面脱衣室に家具を置くと、ゆとりある高級感がグッと増します。

そんな事もあり、良いホテルなどに泊まると、パウダールームにはお洒落な家具が置いてあったりします。

もう一つの置く物とは、ミニ冷蔵庫です。

お施主様の夢は、お風呂に入っている時にアイスキャンデーを食べたり、冷たい飲み物を飲む事。
その夢を実現させる為、ユニットバスの入り口側の洗面カウンターの下にミニ冷蔵庫が設置出来るようにしました。

お風呂で飲食したいとの「ニーズ」
洗面脱衣室で使用する物を収納する「機能」
そして見た目の「美しさ」
3つの要素を兼ね備え、まさにデザインされた洗面脱衣室です。

洗濯室が隣に併設されていて、洗濯機はそこに設置されています。
またその洗濯室の横には、ルーフテラスも併設されています。

洗濯動線がコンパクトで、とても機能的なのも、卓色の家の特徴のひとつです。

・・・明日は、やっぱり卓色の家の最大の特徴であり、こだわりのポイントであるLDKについて、更に詳しくお伝えします。 お施主様ご自身の言葉を含めてお伝えします。・・・

2018年3月3日からスタートする、「卓色の家」内覧会。
それに向けて二週間にわたりお伝えしてきた「卓色の家」内覧会の見どころ。
明日が最後となります。
お付き合いいただき、ありがとうございました!

明日の最後の見どころは、お施主様ご自身の言葉をお伝え致します。
それを読んでいただいて、明後日、3月3日からスタートする「卓色の家」内覧会の会場にお越しいただき、お伝えしてきた内容をご体感いただけると嬉しいです。

2018年3月3日・4日・5日
10:00~18:00(5日のみ16:00まで)
福井県あわら市大溝にて
「卓色の家」内覧会を開催致します。

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

壁に意味あり、将来もあり。

2018年2月28日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

木造住宅において壁は、構造体力上必要です。
そういった基本性能は別として、壁は空間に必要です。
「壁に意味あり」です。

壁を見つけたら、また壁が無いのを見つけたら、その意匠性をイマジンしてみてください。

そうすれば、住む人の意図や想いが観えてくるかも?

内覧会会場では、その壁に任ぜられた役割を探りながら観てまわられると、また違った風景が見えてくるかもしれません。

廊下などの壁には、将来手すりが設置できるように手摺用の下地も仕込んであります。
壁に意味あり、将来もあり。

・・・明日は、ラーメン・つけ麺・僕、●●についてお伝えします。・・・

人目を気にせず、自分たちらしく。

2018年2月27日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

何の部屋のどこの写真かわかりますか?
これはトイレの天井の写真です。

トイレはルイス・バラガンの様なショッキングピンクが印象的な部屋となりました。

色には波長があり、どんな波長を受けるかで、健康や心情に影響があると言われています。
だから、好きな色の中にいると、きっと心身に良い影響があるのだと思います。

また色は関係性で違って見えてくる特徴もあります。
どんな色と色を合わせるのかで、その印象も違っていきます。

このトイレの色と色も、時間をかけて検討されたました。
2階の家族用のトイレということもあり、抑制せず(人目を気にせず)、自分たちの好きなように組み合わせたところがポイントです。

ルイスバラガンのショッキングピンクの壁の前に、インテリアグリーンなどを置くとすごく映えるので、トイレにサボテンなどのインテリアグリーンを飾るのもいいかもしれませんね!

・・・明日は、「壁に意味あり、将来もあり」をお伝えします。・・・

シアワセの作り方。

2018年2月26日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

「卓色の家」のオーナー様ご夫婦は、お酒がとてもお好きです。
かなりの通です。

上の写真は、プレゼントしていただいた日本酒です。
お酒の名前が弊社の社名と同じ、「エクリュ」なので、中々手に入らないお酒なのですがプレゼントしていただきました。

奥にあるキッチン背面の2段ある棚。
これはお酒のボトルを並べるための棚です。

上の段の棚は、裏にライトが仕込まれています。
その並べたボトルをライトアップして演出する仕掛けになっています。

好きな物に囲まれて暮らすと、それだけでシアワセを感じます。
きっとそういったコトの積み重ねが、暮らしには重要なんだと思います。

下の写真は、オーナー様(お施主様)ご自身が撮られた写真。
上の写真よりもっと迫力があるので、ココにアップしておきます。
更にシアワセ感が伝わってきます(笑)

・・・明日は、「トイレの時くらい、人目も気にせず自由でいたい」をお伝えします。・・・

想い入がいっぱい。

2018年2月25日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

♪古いアルバムの中にかくれて想い出がいっぱい♪

さて今回は階段のお話です。

階段は、上下階への移動の為のスペース。
動線です。

商業施設や美術館などの施設の場合、動線計画はとても検討されるポイントです。
住宅でも家事動線など機能的な要素の動線は検討されますが、商業施設のような「どんなイメージで移動を楽しませるか?」などの芸術的要素では、あまり検討されることが少ないと感じます。

弊社のオーナー様(お施主様)の場合、この移動のイメージにも気を配って検討される方が多いと感じます。
中でも階段は、特にこだわられる方が多く、費用もかけられる方も少なくありません。

「階段」はドラマのシーンや流行り唄にも使われる場所で、ドラマティックな場所だからでしょうか?

♪大人の階段のぼる 君は未だシンデレラさ♪

「卓色の家」の階段の打合せは、階段に始まり、そして現場に入ってから(工事中)もギリギリまで検討したポイントの一つです。
そのポイントとは、「面のつながり」と「立体感」そして「集う階段」です。

階段を検討する場合、階段自体の立体を際立たせるオブジェ的な要素の場合と、壁と調和させ広がりを演出するためのつながりを強調する場合などがあります。
「卓色の家」はその両方の部分を持ち合わせる階段で、打合せ回数を要しました。

先ずは「集う階段」について。
キッチンカウンター部分から、通称ココスコーナー(ダイニングテーブル)部分への階段は、床事態が段差になる階段というより小上がりになっています。
この小上がり。
ウッドデッキスペースまでつながっていて、内外空間全てが小上がりになっているのが最大のポイント。
内覧会会場では、必ず、LDKとウッドデッキの床つながりをチェックしてみてくださいね!
きっと「集う」というイメージがご理解いただけるかと思います。

次は2階に上がる階段。
実は「卓色の家」の打合せの最初の頃。
階段のある部屋のイメージ写真からスタートしました。
LDKの一部として利用された階段でした。
そこで壁と一体化したイメージと階段が立体として見える工夫などを施してあります。

そんなポイントを内覧会で確認してもらえると嬉しいです。

・・・明日は、シアワセの作り方についてお伝えします。・・・

子供は遊んで大きくなる。

2018年2月24日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

いよいよ来週(3月3日)から「卓色の家」内覧会がスタート致します。
先週からお伝えしてきた「卓色の家」内覧会の見どころ。
今週もお伝えしてゆこうと思います。
今週の第一回目は子供部屋についてお伝え致します。

壁に寄りかかっているハシゴ。

ハシゴって何故か登りたくなるんですよねぇ~
(僕だけですか?:笑)

写真は子供部屋です。
子供部屋は遊び心いっぱいです。

(特に)奥様は、いつもお子様と同じ目線に立ち、一緒に一生懸命遊ばれます。
そんなご家族の選択は、「子供は遊んで大きくなる。」ということから、このような子供部屋になりました。

何だか見ているだけで楽しくなってくる壁です。

実際は二段ベッドになっていて、登り棒でも降りて来られるようになっています。

内覧会の日、、、怖いなぁ~。
きっとどの子もこの壁をみて、おとなしく出来ないだろうなぁ~。。
くれぐれもお怪我の無いようにお願いします!!
また、お施主様のご厚意で内覧会をさせていただいていることを、くれぐれもお忘れなくお願いします・・・

・・・明日は、H2Oの名曲についてお伝えします。・・・

見上げてごらん僕の家を。

2018年2月23日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

外観のことをファサードと言います。
ファサードは建物にとって、とても重要なポイントでもあり、弊社では打合せを重ねることが多いです。

でも街中では、ファサードが、間取りの結果に装飾をしただけの建物をよく見かけます。
それがニーズなら、それもまた良いのだとは思います。

「卓色の家」にとってファサードは、とても重要なポイントでした。
だから、間取りの結果を受け入れてファサードとするのではなく、その逆。
ファサードを意識して間取りを行いました。

「 ファサードのデザイン ⇒ 間取り 」

ファサードの重要なポイントのひとつが「庇」です。
写真はお施主様ご自身が撮影されたモノを使わせていただきました!

黒い立体に一直線に伸びる木質のラインを表現しています。

水平方向のディテールは、安定を暗示し、日本人がとても好むディテールです。
この木質のラインは、タイル調のグリッドのディテールに対して、水平方向を強調しています。

また、この庇。
建物の端まで到達していないところもポイントです。
建物の立体感(面)を庇が殺さない(切らない)ことが狙いにあります。
面がつながっている、分断しないことも、つながりやひろがりを暗示しています。

内覧会には間に合いませんが、表札の配置や形状なども打合せを先にしており、ファサードは計画的に決められました。

「卓色の家」にとってファサードは、とても重要なポイントで、意図の実現に工夫を凝らしています。
内覧会にお越しの際は、すぐに建物に入ってしまわず、一度立ち止まり、外観(ファーサイド)を見上げてみてくださいね!

実は裏側の外観にもこだわりがありますので、北側からもご覧ください。

・・・明日は、「子供は遊んで大きくなる。」をお伝えします。・・・

「色」のもう一つの意味。

2018年2月22日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

前の記事で、卓色の家の「色」は時には会社の仲間と、時には家族でなど、「シーン」という意味が含まれていることをお伝えしましたが、もう一つの意味では、実際「色づかい」にも特徴があります。
例えば、黄色いパントリーやピンクのトイレなどもその一例です。
上の写真の和室の床の間は、インディゴブルーです。

弊社では家具の販売や製作も行っており、建築物とインテリアが調和することを図っています。

卓色の家は家具も弊社でコーディネートさせていただきました。
お施主様のご厚意により、内覧会にはその家具も展示されます。
とても楽しみです!(笑)

・・・明日は、卓色の家のファサード(外観)についてお伝えします。・・・

和室が必要な理由。

2018年2月21日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

奥に黒い壁の立体が見えています。
これは和室です。

和室は大きく2つの役割があります。

先ず一つ目は、夜遅くまで続いた仲間との宴。
今日はもう遅いから、泊まっていってもらおう!
そんなタイミングに活躍するスペースとしての和室。

時間を気にせず仲間と楽しむために必要でした。

もう一つの役割は、日常に変化をつけるためでした。

この和室にも壁掛けテレビが設置されます。
テレビ好きのお子様と奥様がLDKとは違った雰囲気でテレビを楽しむこともお考えでした。
怖い話の番組とか、三角座りで集中して観る番組は和室で見られるのでしょうか?(笑)

あとはお家の中でお泊り会(お引越し)をお子様とされるそうです。

いつも寝ている部屋と違う部屋にお布団を敷いて寝ること(寝る部屋を変える部屋替え)を、現在のお住まいでもされていて、ちょっとした非日常感を楽しんでおられました。
そんな日常に変化を持たすためにも、和室は不可欠でした。

・・・明日は、「卓色の家」の「色」についてお伝えします。・・・

ご家族の日常や関係性が、暮らしになる。

2018年2月20日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

壁から出ているカウンター。
これはTVカウンターです。
この上に60型テレビが設置され、Blu-rayデッキなどが設置されます。

とてもテレビ好きのお子様と奥様のたってのご希望で、「LDKのどこにいてもテレビが見られるように!」とのことから、この場所に設置されることになりました。

アールのダイニングテーブルの片隅に、少し広くなったスペースがあります。
ここはご主人のソファーが設置されます(お施主様のご厚意で、内覧会時には実際に設置されます)。

この設置場所こそが、ご主人らしさを表現したポイントです。

そのご主人らしさとは・・・
「ご家族を一歩引いたところから見守っておられる」
そんなご主人らしさを表現されています。

この場所に座ると見えるのは、下の写真。

テレビを必死に観る我が子と奥様の後ろ姿。
きっとその先に見えるテレビの内容なんて、ご主人からすればどうでも良くて、楽しんでいる家族の姿を見ている方が楽しいはずです。

・・・明日は、「卓色の家」における和室の必要性について、お伝えします。・・・

夢は、皆んなに支えらる。

2018年2月19日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

ご主人は車がとても好きです。
若い頃は憧れのGTRに乗っておられたそうです。
羨ましい!(笑)

ご結婚されお子様も出来、仕事では立場あるポジションにもなり、優先順位としてのランキングを下げてきた「車」。
しかし、ファミリーカーとなった今も、毎月数百円だけは車の雑誌に割かれておられることを、奥様は横目で観ておられました。

「お住まい」はもしかしたら一生を過ごす場所になるかも知れません。
その為、ロングスパンでの目線が必要となります。
それが単なる恋心(1時の感情)か? いや!真実の愛(永遠の想い)?!
そんな見極めも重要となります。

(GTRに恋心で乗っておられる方もおられるのでしょうけど)ご主人の場合は本当に車(GTR)が好きで乗っておられたのでしょう。
また、気に入った車を楽しむ。 そんな時間や空間が持てるようになるのは、当然、ご自身の努力あってのことですが、周りの支えも不可欠です。

今回、暖かく奥様をはじめご家族のご協力あって、インナーガレージをお住まいに併設させることになりました。
「世田谷ベース」ならぬ、「大溝ベース」です!
ある日の打合せ。 奥様が見た夢の話になりました。
その夢では、大溝ベースにGTRがピットインされていたそうです(笑)

・・・明日は、「間取りにみる、ご家族らしさ」をお伝えします。・・・

仲間と家族と皆んなで、お酒や食事を楽しむ。

2018年2月18日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

卓色の家を語る上で、最も重要なポイントは「仲間とグラスを傾ける」ということでしょう。
それも10名程、集まっては日本酒などのボトルを開け、美味しい食事と楽しい会話を肴に、夜が更けるまで飲み明かす。
上のスケッチは、そんな雰囲気を描かせていただいた卓色の家のイメージスケッチです(設計の打合せの際に用いたスケッチです)。

同じ職場にお勤めのご夫婦。
そのこともあって、現在のお住まいにあっても会社のご友人などが沢山、頻繁に集まっては同じ釜の飯を食って呑んでおられます。
新居に移られると、現在のお住まいより周辺の方々に気兼ねなく、そんな宴が出来、また泊まっていただけるので遅くまで楽しんでいただけることをとても楽しみにされています。
そんな想いを実現すべく、卓色の家の設計はスタートしたと言っても過言ではないでしょう。

しかし、ここからがエクリュの神髄。
「日常を拾い集めて設計する」ことが加わります。

ハレの日のご希望・ご要望は、キラキラしている分、目立っていて皆さんハッキリされておられるんです。
でも、ケ(日常)となると、あまりに当たり前すぎで意識にもあがってこないってことが珍しくなくあります。

卓色の家においての日常を設計した重要なポイントのひとつ。
それは・・・
「ご家族を一歩引いたところから見守っておられるご主人」
「お子様といつも同じ目線に寄り添っておられる奥様」
例えば、そんなご家族の在り方が、ダイニングテーブルの形状やレイアウトにも表現されています。

・・・明日は、ご主人の夢の実現についてお伝え致します。・・・

「卓色の家」名前の由来

2018年2月17日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

2週間後に迫った「卓色の家」内覧会。
そこで、本日から毎日、「卓色の家」内覧会の見所などをブログにてお伝えします。

その最初の今日は、「卓色の家」の名前の由来からお伝え致します。

卓色の家の最大の特徴の一つは、このとても大きなダイニングカウンターテーブルです。

卓色の家は、その名の通り
存在感の大きなダイニングカウンターテーブルで、
時に会社の仲間たちを迎え、
時に家族だけで愉しむ。
その時に合わせてダイニングの「色」を出せる家です。

・・・明日は、ダイニングカウンターテーブルについて、更に詳しくお伝え致します。・・・

今後のラインナップ
 ・ 仲間と家族と皆んなで、お酒や食事を楽しむ。 (2月18日)
 ・ 夢は、皆んなに支えらる。 (2月19日)
 ・ ご家族の日常や関係性が、暮らしになる。 (2月20日)
 ・ 和室が必要な理由。 (2月21日)
 ・ 「色」のもう一つの意味。 (2月22日)
などなど
毎日更新します!!

2018年3月3日から「卓色の家」内覧会を福井県あわら市大溝にて開催致します。

毎日更新(2018年3月3日 卓色の家 内覧会)

2018年2月16日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

お施主様のご厚意のもと
3月3日(土)10時から
福井県あわら市大溝にて
「卓色の家」内覧会を
開催させていただくことになりました。

明日2月17日(土)は、ちょうど「卓色の家」内覧会の2週間前となります。
そこで、明日から毎日、ココ、弊社のウェブサイトのブログにて、「卓色の家」内覧会の見どころなどをお伝えしていこうと思います。
毎日更新されるブログを読んでから内覧会へお越しいただけると、読まないで内覧会へお越しになるより、きっと10倍楽しく10倍深い内覧会になるのだろうと思います。

上の写真は、オーナー様(お施主様)ご自身が撮られた写真なのですが、この外観(ファサード)のお話もさせていただこうとも考えています。

明日から毎日更新されるブログも、ご確認いただけましたら幸いです!

豪雪の中での打合せ。

2018年2月11日 / 卓色の家

今日は「卓色の家」の最終打合せでした。
きっと打合せとしては最後の打合せです。
残すところは、お引渡しの際の変更契約などで、打合せは今回が最終となります。

写真を見てお気づきの点はありますか?

先ず、1点。
僕は半袖です。

打合せ中に藤島神社さんから電話があり、渡り廊下が倒壊した影響で水道管が破裂!
噴水のように水が噴き出しているのを何とか出来ないか?との事で、水を止めに行って帰ってきて、汗だくになって着替えたからです。

次に、2点目。

カップラーメンなどを皆で食べています。
いつもならどっかに食事に行ったり、お弁当を買って来て一緒に食べたりしているのですが、この雪でお店はしていないし、向かいのお弁当屋さんもお休み。
そこでお施主様が非常食で買ってあるインスタントラーメンなどを持ってきてくれました!

いずれも豪雪の影響です。
おかげで思い出深く忘れられない打合せとなりました。

足もとが本当に悪い中、歩いて打合せにお越しいただき、本当にありがとうございました!

金曜日の19時

2018年2月9日 / 卓色の家

まもなく金曜日の19時になります。
今週、福井や北陸の方は、豪雪で大変だったのでは?
週末になりました。
お疲れさまでした!

上のスケッチは、(仮称)大溝の家の打合せの際、金曜日の19時のダイニング・キッチンをイメージして描いたものです。

お酒好きの会社など仲間が集まって賑やかに楽しんでいる風景をイメージして描きました。
雰囲気が伝わるでしょうか?

たくさんお客さん

2017年12月4日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の開口検査に行って来ました。
開口検査とは、大工さんのお家内部の仕事が終わる直前に、建具(ドアなど)が入るところの寸法が図面通り現場が完成していて、建具を発注しても良いのかをチェックする検査の事を言います。

おかげさまで、無事、大工さんのお家の内部の工事は完了しました。
建具も発注出来ます。

それにしても(仮称)大溝の家も、とても楽しいお住まいで、完成が楽しみです。
お客様がたくさん来られる(仮称)大溝の家だからの選択がカタチになってきました。

≒ 子供の成長を想う感覚

2017年11月28日 / 卓色の家

今日は大溝の現場に行って来ました。
ウッドデッキの施工図を描くために、現場の寸法確認の為です。

今日の現場は外壁工事が完了し、雨樋を施工していました。
また、内部は殆ど間仕切りなど出来上がっていました。

上の写真は、洗面カウンターです。
洗面化粧台は、何種類も検討、見積りを繰り返して現在のカタチになった、オーナー様、こだわりの場所のひとつ。
仕上がりがとても楽しみです。

洗面カウンターの下に、小型の冷蔵庫を置く予定なので、どの機種が可能かをお伝えする為、再度、寸法を確認しました。

こだわったポイントで、最大級の場所が、上の写真。
リビング・ダイニング・キッチンです。

来客が多く、10名程度人が集まる(仮称)大溝の家。
ですので、LDKや和室など、お客様もご利用されるスペースもとてもこだわって検討を重ねられました。

上の写真は、打合せ中は「ココス・コーナー」で通じた(命名した)このスペース。

ファミリーレストランのCOCO’Sのボックス席をイメージした場所です。
気の合う仲間が集まって時間を過ごすことをイメージして設けたスペースでもあります。

↓ 下 ↓ が打合せの際、使用したイメージスケッチです。

どんどん完成に近付いてゆく(仮称)大溝の家。
嬉しいような、(打合せが減って)寂しいような。
まるで子供の成長に感じる感覚に似ています。
だから、やっぱり完成が楽しみです。

完成したら今度は、壁にかける絵画や雑貨などのお話が出来たら嬉しく思います。

地図があれば、たどり着ける。

2017年10月21日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の発注承認の打合せと、インテリアのイメージ調整、家具の選択・購入にご同行させていただきました。

発注承認とは、ご契約いただいている内容を、実際現場にて発注する前に確認させていただき、そのまま発注して良いかどうかを打合せするものです。

現場がはじまり形になりだすとイメージもしやすくなります。
また、ギリギリまで選択を悩まれていた内容をイメージしやすくなった状況で決断いただければと思い、発注承認の打合せを行なっています。

また、インテリアの調整を弊社では建物の仕上げだけでは無く、家具や内部に入れる物などを含めて行います。

またイメージ・マップを作成して、迷走しがちなインテリアなどのイメージを、迷わず目的地(目標のイメージ)に戻って来られるようにしています。

それをもって、今日は家具を購入しにトーヨーキッチンさんまでご同行させていただきました。
しかも決定しているお住まいの仕上げ材のサンプルはもちろん、自前のクッションを持って、ご同行させていただきました。

トータル的なイメージと部屋での過ごし方。
リラックス・モードの座り方などなど、様々な角度からのアドバイスをさせていただき、ご検討され、ソファーやカガミをご購入されました。

今回は、発注承認やインテリアのイメージなど、お時間をいただき打合せさせていただきました。

弊社では、建築中はもちろん、お住まいでの暮らしが始まってからも、オーナーズ・サロンにてインテリアなどのご相談も承っています。
オーナー様の暮らしが更に高まっていけるよう、お手伝いさせていただければ幸いです。

ありがとうございました!

2017年10月11日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の建て方でした。

大工さんたちが沢山来られて、一気にお住まいの骨組みを組み上げていく建て方は、いつもお祭りのような一日です。
朝は日の出とともに現場に向かいます。
今回もキレイな朝焼けの中、現場に向かいました。
そして夜は日没までお施主様と打合せを行いました。

お施主様をはじめ、皆様のおかげさまで、天気にも恵まれ建て方を無事終える事ができました。
帰り道、スタッフの皆で「おかげさまでとても良い建て方だったね!」と話しながら、身体は疲れているのですがとても楽しい気持ちで帰宅の途につけたのは、お施主様をはじめ皆様のおかげと本当に感謝しています。
本当にありがとうございました!

 *         *         *

建て方完了後、帰ろうかな?と思っていた時、車が止まり、声をかけられました。
どなたかと思えば、何と近くにお住まいのお施主様でした!

「(エクリュの)事務所の前を通りかかったら、お休みみたいだったから、あれ?って思ったんだけど、今日は大溝で建て方だったのね!」
と、生まれたばかりの赤ちゃんと現場の前に来てくれました。

とてもハッピーな一日でした!(笑)

色も色々

2017年9月24日 / 卓色の家

今日は、左内町の弊社社屋にて、(仮称)大溝の家のカラースキーム打合せを行いました。

ご決定いただくのは、年末と、ずっと先ですが、今の段階からかなりシッカリ決定の準備をしていただき、今日の打合せとなりました。

おかげさまで、未だ整地しかしておらず基礎も出来ていない今から、仕上がりが明確になってきて、完成がとても楽しみです。

それもオーナー様(お施主様)のお力添えあってのことで、とてもありがたいです。
今日は、各部屋のパースをご自分で描いてこられ、そこにイメージの色など着色・描き加えてご希望・ご要望をご説明いただきました。

シッカリ・じっくりご検討いただきイメージしていただいているので、共通の認識が出来やすいだけでなく、完成度がとても高くなってきました。

完成度というのは、実現しようと考えているイメージ(目的地)へ到達している度合いを意味しているのですが、今回の打合せでは、その目的地への理解度を深め、更に深みのある目的地を見出し、そこに到達出来てきた今回の打合せでした。

いつもご協力、本当にありがとうございます!

打合せの最中に、目の話になりました。
黒目の色は、黒に見えても実は人によって色々で、茶色かったり青っぽい方も。
それによって光の捉え方なども違い、それは色彩感覚にも影響があるはずとのお話をしました。

信号機もきっと人によって違う色に見えていて、概ね青色だったり黄色や赤色だったりに見えているのだろう。
そんな風に同じ風景の中にいて、同じ景色を見ていても、見えている世界も人によって微妙に、時には大きく違うのだから、色彩感覚にも同様なことが言えるのではないか?
そんな話もしました。

色はとても奥深いです。

地鎮祭 → ショールーム → エクリュ(打合せ)

2017年9月3日 / 卓色の家

今日は朝から(仮称)大溝の家の地鎮祭でした。

先日、おかげさまで無事、確認申請がおり、今日の日をむかえる事が出来ました。

今日は天気にも恵まれ、滞りなく地鎮祭を終えることが出来ました。
ありがとうございました!

地鎮祭の後は、打合せなどをさせていただきました。

先ず現地にてご確認いただいたのが、外壁などの仕上げ材です。
外観を構成する仕上げ材のご決定は、出来る限り現地で決めていただいています。

色などは対比で認識されています。
絶対音感のような、絶対色彩感覚って存在しないのでは無いかと思われます。
そこで、実際の仕上げ材のサンプルを現地に持って行き、周辺環境(周りの建物)などの対比を確認しながら、材料などを決めていただいています。

その後、ショールーム→エクリュに場所を移し、打合せが終わった頃にはすっかり辺りは暗くなっていました。

「もう夜だよ!」

今日は1日お時間をいただき、ありがとうございました。

ご契約いただきました。

2017年8月21日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家のご契約をいただきました。

これまで、たくさんお時間をいただき、様々なことを一緒にご検討いただき、本当にありがとうございます。
おかげさまで、本日、ご契約をむかえることができました。

貴重なお時間をいただいたのには、理由があります。

「ニーズ(ご要望)を明確にしてカタチにしていくことは、とても難しい」と言われても、あまりピンとこないのではないでしょうか?
「自分のことだから、自分のニーズ(要望)を人に伝えたり、カタチにすることは何の問題もなく容易なこと」そんな風に思っていませんか?
でも、本当にそうでしょうか?
僕はそうは思いません。
と言うのも、多くの方々との打合せの際、様々なご希望やご要望をいただく中で感じることがあるからです。

その感じることとは・・・
ご要望やご要望の多くが非日常的なインパクトのある出来事から出てきていると言うことです。

例えば、事故やケガをした経験からのご希望・ご要望になったり、災害や人災にあった経験からのご希望・ご要望に至ったなど、日常から少し離れたインパクトのある出来事からのご希望・ご要望が目立ちます。
印象に残りやすいのがその理由ではないでしょうか。

また、家を建てるってことは、一大イベント。
もしかしたら「家を建てる」ってことこそ非日常的なこと。
だからやったこともないことを、新しい家になるとやりたい!とかって思うのは、当然のことかもしれません。
バーベキューは小学生以来やったことがないのに、バーベキュー・コーナーが欲しいと思ったり。
この前あったペルセウス流星群も観ていないのに、月見櫓(天体観測スペース)が欲しいと言ってみたり。
やっぱり、非日常的、ある意味もはや非現実的なことをご希望されるのも家づくりならでは。

もちろん、この様に顕在化したご希望・ご要望も大切です。
しかし、暮らしの殆どの部分は、決して目立つことのない坦々とした日常です。
そのご自身の日常を顕在化し、最適化することは、容易に見えて実はとても困難なことです。
なぜならご自身の日常は、当たり前すぎて見過ごされているからです。

日常を知り、そこから最適化を図るポイントを明確にするのは、たくさんのお時間をいただき、たくさんのご質問にお答えいただくことから始まります。

(仮称)大溝の家のお施主様は、そのことをご理解いただき、貴重なお時間を割いて一緒にご検討いただきました。
そして本日、ご契約させていただく運びとなりました。
ありがとうございます!

実は、ご契約いただいたそのすぐ後、再びお時間をいただき打合せを致しました。

弊社では、工事に必要な材料などを注文するその前に、お施主様に契約通り注文しても良いか?再度確認をさせていただく打合せ。
発注承認打合せを行なっています。

ギリギリまでニーズ(ご要望)を調整しきりたいとの想いからと、お住まいが出来上がってきて見え出す(明確になる)ニーズもあるかと考え、発注承認打合せを行なっています。

本日、ご契約いただいたので、早速発注など行います。
だからご契約後すぐに打合せをさせていただきました。

今日はご契約などいただき、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します!

床材を決めるポイントは?

2017年7月23日 / ご提案 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の打合せでした。
その中で、床材についての打合せがありました。

皆さんは床材を決めるポイントって、どんなところにありますか?

例えば、弊社の打合せエリアの床材は、クリの無垢材です。
クリである理由は、イメージ的な理由。
床暖房なのに無垢材である理由は、触れた感覚を心地よくしたかったからです。

弊社の2階のギャラリー・スペースは、ナラの突き板(単板貼り)です。
触感は(無垢材には負けますが)出来るだけ良いのを選びました。
無垢材にしなかったのは、コストの点からです。

我が家の床材はシート貼り(チーク)です。
イメージとコスト、それに掃除など維持管理や劣化を重視した結果です。
今のような梅雨時は、触感に難点があります。

床材を選ぶ際、様々なポイントがあります。

正確なニーズを明確にして、選べていますか?
「無垢材が良いって聞いたから」
「この中から選ばないとオプションで高くなるから」
「友達の家と同じだから」
など、自分のニーズを明確にしないで選んでしまっていませんか?

(仮称)大溝の家の打合せ。
今回は裸足で様々な床材を踏んでみました。

模型をつくりました。

2017年5月9日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の模型を作成しました。

新社屋にて模型をつくるのは、今回が初めて?
引っ越しの際に材料などをどこにしまったのか?探し回ってやっと見つけての模型製作となってしまい、予定から時間をおしてしまいましたが、おかげさまで何とか本日中に完成することが出来ました!

見積りを開始する(仮称)大溝の家。
模型があるだけで、お客様との打合せはもちろん、見積りなどの打合せがかなりスムーズになります。

仕事開始はダブルヘッダー

2017年5月7日 / 皆時の家 卓色の家

今日はゴールデンウィーク明けの初仕事でした。

初仕事は、午前中が(仮称)大溝の家の打合せ、午後からは(仮称)丸岡町の家の打合せでした。

(仮称)大溝の家は、プランニングなどの打合せ。
収納部分の図面(展開図)をご覧いただきながら、収納物の収め方などをイメージしていただいたり、照明計画をプレゼンボードなどをご覧いただきながらイメージしていただいたりしました。

限られた時間の中で、出来るだけ詳しく選択していただければと、時間をおして打合せをさせていただきました。

(仮称)大溝の家の打合せが終わるなや否や、現場に向かい(仮称)丸岡町の家の打合せ。

(仮称)丸岡町の家の打合せは、最終の打合せ。
最終の発注承認の打合せを行いました。

前回、殆どご決定いただいたので、今日は残りの保留事項を決めていただきました。

保留になっていたポイントは、かなり重要なポイントで、(仮称)丸岡町の家の見せ場である3ヶ所、玄関・階段・ダイニングキッチンのイメージを決定付ける仕上げの色などを決めていただきました。

現場でご検討いただき、ご決定いただいた今回の色などは、イメージマップ通りでとても良い雰囲気になりそうで、仕上がりがとても楽しみです。

選択に安定感があるので、安心して仕上がりに進む事が出来ますね!

今回の打合せで、(仮称)丸岡町の家の打合せは、最終でした。
たくさんのお時間をいただき、ご検討・ご決定、ありがとうございました!

エクリュ(生成)

2017年4月22日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の打合せでした。

今日の打合せ内容は、「収納について」と「キッチンの選び方」でした。

それはそうと・・・

お土産をいただきました。
以前の打合せのお昼休憩中。
ご質問をいただきました。
「どうしてエクリュって名前になったのですか?」
そんな話からご紹介いただいたのがエクリュ(生成)という名前のお酒。

今日、そのお酒をいただきました!
ありがとうございました。
とても嬉しいです(笑)

夜、照明の感じを体感。

2017年4月15日 / 健承の家 卓色の家

最近は結構、日も長くなり、18時では未だ外は明るく、内覧会中では夜の雰囲気を体感していただく事が出来ません。

現在、打合せを進めさせていただいている(仮称)大溝の家のお客様に、特別に内覧会会場を閉館してからの時間で、打合せをさせていただきました。

これなら照明の雰囲気も掴んでいただけます。

チョット前まで、一室一灯照明といって、リビングやダイニングなども部屋の真ん中辺りの天井に円型の蛍光灯が二重に入っているようなシーリングライトを付けるのが主流でしたが、最近では多灯分散型照明が目立つようになりました。

一言で多灯分散型照明といっても、様々な考え方で配灯されています。

今日は「健承の家」の照明計画をご体感いただき、これからのお住まいづくりのご参考にしていただければと思い、お忙しい、また遅い時間に申し訳ありませんでしたが、お時間をいただき、(仮称)大溝の家の打合せをさせていただきました。

ショールームを巡ります。

2017年4月11日 / 卓色の家

なかなか、こういった機会じゃないと(お住まいの検討を行うタイミングじゃないと)、体験出来ないので(ショールームに行くことがないので)、出来れば色々見られる事をオススメします。
今回は、LIXILさんのショールームを見学しました。

LIXILさんのショールームでは、キッチンやユニットバス(お風呂)、洗面台やトイレなどを(仮称)大溝の家のお施主様と一緒に見せていただきました。

キッチンだけでも選ぶポイントは沢山あります。
例えば・・・
蛇口(水栓)の種類
シンクボールの形状
引き出しなど扉形状
扉の仕上げ材・色
コンロの種類
換気扇の種類などなど
選ぶポイントが盛りだくさん。

それらを一つずつ説明を受け、選んでいきます。

ユニットバスや洗面台、トイレもそれぞれに選択肢がいっぱいあって、急いでも2時間くらいは全てのご説明をいただくのにかかってしまいます。
それでも情報としては十分ではない部分もあるので、ショールームから持ち帰ってきて、弊社でご説明を加える事もあります。

お忙しい中、お時間をいただき、今日はLIXILさんのショールームへ行ってきました。

ありがとうございました!

2017年3月20日 / 内覧会・現場見学会など 皆時の家 健承の家 卓色の家

今日は本当にお日柄もよく。
お施主様のご厚意のもと、現場見学会を開催させていただきました。
皆様のおかげを持ちまして、とても充実した現場見学会となりました。
本当にありがとうございました。

次回のイベントは、4月に(仮称)松本の家にて内覧会を予定しています。
また皆様とお会い出来る事を楽しみにしています。
今後とも、弊社をよろしくお願い致します。

この度は、お施主様をはじめ、皆様のおかげを持ちまして、本当に充実した現場見学会となりました。
本当に感謝しております。
ありがとうございました!

この度は、本当にありがとうございました!!

2017年3月5日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 卓色の家

皆様のおかげをもちまして、先ほど、セミナー&内覧会を無事に終える事が出来ました。
本当にありがとうございました!!

お忙しい中、また遠方にも関わらず弊社の開催したセミナーにご参加いただき、またご協力いただき、本当に有難い限りです。
分かりにくい点やお聞き苦しい点などありましたら、お許しください。。。

少しでも皆様のお住まいづくりのヒントになり得たら、こんなに嬉しい事はありません。
また、ご質問などありましたら、遠慮なくお申し出頂けましたら、幸いです。

この度は、本当にありがとうございました!!