ブログ

「2020年12月」の記事一覧

年越し蕎麦

2020年12月31日 / 社屋

コロナ禍の為、子供達はそれぞれの場所で年末年始を迎える事になり、とても静かな年末年始を過ごさせていただいています。

先ほどは、妻と二人で、年越しの為の蕎麦打ちをしました。

おかげさまで、無事、年越しの準備が出来ました。

今年は大変お世話になり、ありがとうございました。
また来年も何卒よろしくお願い致します。

では、良いお年をお迎えくださいませ。

Big Window

2020年12月30日 / 遊び心の家

今年も、遊び心の家の「Big Window(ペアガラス製作限界寸法の大きな窓)」を掃除しました。

「Big Window」の掃除は我が家の毎年の恒例行事となっています。

道具さえあれば、それほど大変ではありません。

南側にある我が家の「Big Window」は、夏は暑いですが、冬は日がさすと床暖房を消し忘れていたか?と思う程、暖かいです。

ただ、省エネ基準適合住宅の義務化の方向性が高まる昨今では、とても不利な住まいとなってしまいます。

省エネルギー化、CO2の削減は、待った無しの状況にあるので、仕方無いのでしょうね・・・。

今日は「Big Window」の掃除をしました。

良いお年を!

2020年12月29日 / 社屋

29日からお休みをいただく予定でしたが、現場が今日(29日)まで動いているのと、最終日(28日)に会社の掃除が出来なかったので、今日は通常出社して掃除と現場に挨拶など致しました。

一応最終日だったはずの昨日飾ったお正月飾り(根引き松)。
窓拭きに為、あと更に安定させる為、設置の仕方を変えました。

今回の年末年始は、フラワーカドヤさんはじめ、皆さまのおかげでとても素敵なお正月飾りと門松になりました。
値引き松の止め方が皆さん難しい様で、検索すると色々出てきました。
でも、ガラス戸の前に取り付ける事はない様で、オリジナルの設置を考案しました。

憧れの門松は、今回、記憶にある限り生まれて初めて飾る事が出来ました。
とても嬉しいです。

これで、正真正銘、年内の業務を終了させていただきます。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
来年もまた、何卒よろしくお願い致します。
では、良いお年をお迎えくださいませ。

分厚い理由(ご契約)

2020年12月27日 / 結地の家

今日は(仮称)三十八社町の家のご契約をいただきました。

弊社の契約書は、見ての通り、厚みが分厚いです。

その理由は、見積書が分厚い事と、設計図書(図面集)が分厚い事によります。

見積書が分厚い理由は、原価オープン方式の見積書で、費用対効果を出来るだけ明確にし、お住まいに価値観が落とし込みやすい環境を整える為です。

設計図書が分厚い理由は、原価を出す為に作り方を細部まで検討する為、図面が増える事と、デザイン性など重視される方が多い為、詳細にお伝えする為、図面が増えると言う訳です。

以上の事から、弊社の契約書が分厚い訳です。

今日は三十八社町の家のご契約をさせていただきました。
ありがとうございました。
末永く何卒よろしくお願い致します。

憧れの門松

2020年12月25日 / 社屋

福井市で一番の老舗花屋さん「フラワーカドヤ」さんにお願いして、憧れだった門松を弊社の玄関先に飾っていただきました。

家や会社で飾るお花は、野山でいただいて来たり、丹生膳野菜で購入したりして、門松をお願いする先が分からず仕舞いで、自宅は、膳野菜で松などを買って来ては、自分で玄関先に生けていました。

でも門松には程遠く、門松を飾っておられる方の玄関先を憧れの眼差しで拝見していました。

この度、ご縁をいただき、思い切って長年の夢であった門松のご相談をすると、快くお受けいただき、この度、夢が叶いました。

とても嬉しいです。
ありがとうございます。

お引渡し(クリスマス・イブ)

2020年12月24日 / 緑陽の家

オーナー様をはじめ、多くの方々のご協力をいただき、今日は予定通り無事、「緑陽の家」のお引渡しが出来ました。

お引渡しの際は、キッチンやユニットバス、エコキュートや床暖房などなど、器具のご説明を行います。

また、引渡図書と言って、工事中の検査結果や管理状況をまとめた物、工事に携わった方々のリストや連絡先、竣工図面集や竣工写真、保証内容や取扱説明書などなど、ファイル4冊にまとめた図書をご説明したりお渡しします。

そして、カギと建物をお引渡しします。

毎日のように通った場所に、急に通わなくなるのは、いつも不思議な感じがします。

でも、これからは、「緑陽の家」が、オーナー様の暮らしを豊かにして、穏やかに癒しのある時を重ねて行ってくれる事を願って、現場を離れます。

今日はクリスマス・イブ。
このよき日にお引渡しが出来た事は、きっとオーナー様の素敵なこれからを予期するモノでしょう!

いつでも、住まいは、ご家族の「木もれ日」であってほしい。

今日は「緑陽の家」のお引渡しでした。

奇跡的な空の下での建て方

2020年12月23日 / 必要充分の家

今日は必要充分の家の建て方(建前)でした。

建て方とは、棟上げとも言い、構造体を組み上げてしまう事を言います。
一般的な木造住宅の場合、その日のうちに屋根までつくってしまいます。

この時期では、信じられない程の晴天。
本当に有難く、おかげさまでスムーズに現場が進みました。

皆さまのおかげさまで、無事、建て方を終える事が出来ました。
ありがとうございました。

朝早くからずっと外での作業など、本当にお疲れ様でした。

仕様調整打合せ(VEなど)

2020年12月21日 / 好択の家

今日は(仮称)春日2の家の仕様調整打合せを行いました。

仕様調整打合せとは、文字通り、仕様を調整し必要なところに必要なだけ費用をかけて、不要なところには費用をかけない事で、お住まいに住まれる方々の価値観を落とし込む、とても大切な打合せの事を言います。

「ローコスト住宅」とは
規格化したり選択の幅を絞る事で、材料単価や人件費を抑え、床面積あたりの単価計算をすると費用が抑えられている住宅の事を一般的には言うのでしょう。

しかし、個人的な意見を言わせてもらうと、僕はそうは思いません。

何故なら、いくら金額が抑えられていたとしても、要らないモノにお金を使う事が、ローコストと言えるのか?と思うからです。

だから、僕が考えるローコスト住宅とは、極めてストイックに自分にとって必要なモノのみで出来たお住まいを言うのだと考えています。

弊社の仕組みでは、それが可能となる原価オープン方式の見積書となっています。
つまり、弊社の利益もご覧いただける見積書となっています。

費用対効果が明確化出来てこそ、価値観を図る事が可能になるからです。

今日は(仮称)春日2の家の第一回仕様調整打合せを行いました。
(仮称)春日2の家が、お施主様にとってのローコスト住宅となる事を弊社としても願っており、その為のご提案が出来れば幸いです。

ショールーム巡り

2020年12月20日 / (仮称)宝永の家

今日は(仮称)宝永の家のお施主様と住宅設備のショールームを巡りました。

住宅設備とは、キッチンやユニットバスなど、水まわり商材の事を言います。

価格の幅が広く、どんな水まわりにするのかで、建物全体の金額にも大きく影響します。

今日は朝から一日中お時間をいただき、2社のショールームをご覧いただきました。

お施主様ご家族をはじめ、ご協力いただきました方々。
本当にありがとうございました。

お施主様のお子さまも、今日は一日お付き合いをいただきました。

生まれて初めて履いた長ぐつで歩き回りながら、キッチンの収納なども一緒にご確認いただきました(笑)。

年末年始休業日のご案内

2020年12月15日 / お知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ではございますが、下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。

【年末年始休業日】

2020年12月29日(火)~2021年1月4日(月)
※1月5日(火)より通常営業致します。

過去の記事