ブログ

「知る」そして「受入れる」

2015年5月24日 /

今日は、お土産に持ってきていただいたケーキをいただきながら、内装のカラースキームを行いました。

内装のカラースキームに際し、新居に持って行かれる家具を選んできていただきました。
今日は、その写真を見ながら、また、先日作成したイメージマップと照らし合わしながら、カラースキームを進めさせていただきました。

物事はいつもそうですが・・・
得るモノがあれば、失うモノがあります。

風合いを求めると、機能を失ったり、またコストもかかったりもします。
何を得て、何を捨てるか?
それが選択ですが、たいていは難しいものです。
しかし、今日のお施主様は、何を得て何を失うのかをあっさりと決めていかれます。
ご自分の感覚に素直な事がその理由と感じました。

今日のところはイメージが中心で、金額との兼ね合いはあくまでも概算で、明確ではありませんでした。
また、見積りがスタートした際には、コストというシビアな選択が待っています。

ご自分を知り、ご自分をさらけ出して生きておられる方は、たいてい選択は間違わないモノです。

選択を楽しめる方法は、ココにあると感じます。

過去の記事