ブログ

床の役割

2020年6月9日 / ご提案 平悠の家

フローリングや木質の床材は、部屋の長辺方向に板の長辺方向を合わせて貼るのが、セオリーです。

しかし上の写真は、短辺方向に貼っています。
その理由はお分かりでしょうか?

平悠の家は、約30年もの期間を費やしてご自身でつくって来られた風景を眺めて暮らす事が、最も重要なポイントのひとつ。

だから、その風景に目線を誘導する為に、風景方向にフロア材を貼っています。

また窓の外にはウッドデッキがありますが、こちらも風景に目線が誘導されやすい様に短辺方向に板を貼っています。

壁も天井も、そして床も風景に向かう様に工夫しています。

色も形状も風景に向かう様に選択しました。

床は内部の床が、外部にのびて見える様に、レベル(高さ)も内外で一致させています。

この様に、床は、単に歩く為の物では無く、他にも役割を持たせる事が出来ます。

過去の記事