ブログ

建て方中止

2011年5月10日 / 実績紹介記事 有理の家

今朝、天気予報を見ると、大雨 雷 洪水 注意報が出るほどの天気で・・・。
やもなく中止することにしました。

お施主様をはじめ多くの方々にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。

金曜日になれば天気も持ち直すとのことで、金曜日に建て方を行うことになりました。

いよいよ明日、建て方

2011年5月9日 / 実績紹介記事 有理の家

いよいよ明日、建て方です。

台風1号が近付いているのが、気になりますが、、、
東日本大震災の影響で工程が遅れてしまっていることもあり、大工さんや現場監督など皆と相談した結果、予定通り建て方を行うことになりました。

事故のないように、いつも以上に気をつけて行いたいと思います。

MIXIのメッセージ

2011年5月8日 / 実績紹介記事 遊び心の家

僕はプライベートでMIXIをしています。

今朝(厳密には昨晩)、MIXIにメッセージが届いていました。
実際にはお会いしたことはないのですが、同じ車を愛し、建築に携わっておられるマイミクさんからでした。

「釈迦に説法のような気もしますが・・・」
そんな書き出しで始まるメッセージには、家族の繋がり、家事負担の軽減をテーマにお仕事で得た情報などを色々教えていただけるものでした。

本当に感激して・・・
とても嬉しかったです(涙)。

家内と一緒に読み直してみようと思います。

住まいづくりは色々な方々のご協力を得て築いていくものです。
それは仕事をしていてすごく実感するところです。
でも大学の友人といい、マイミクさんといい、本当にありがたいですね!

住まいづくりの素晴らしさを本当に再認識しています(笑)。

選択

2011年5月7日 / 実績紹介記事 遊び心の家

あなたにとって「選択」は、他の言葉で表現するとどんな言葉になりますか?

昨日、学生の頃の友人から電話がありました。
ここ(知るエクリュ⇒ストーリー⇒若杉の家)に目を通した友人が、心配をして電話をくれました。
家づくりに妥協的なニュアンスを感じ取れたことが、心配の原因でした。

実は心配してくれた理由が、電話をもらっても解りませんでした。
なぜなら僕自身の選択を「妥協」とは全く認識していなかったからです。

しかし、どうして心配させてしまったのか?
誤解を招く表現がなかったか?など考え直している間に、色々気付きました。

僕は大学生の頃から、また社会に出てからずっと住まいについて考えてきました。
そんな中で僕自身が理想的だと考えていた生活は「街のど真ん中に住まう方法」と「自然の風景の中に溶け込んで住まう方法」でした。
家しか建ち並ばない個性のない住宅地には少し疑問を持っていました。

だから、当初海が見える越前町や山の中にある宮崎や織田などで住むことを考えたり、順化や春日、中央などに住む方法などを何となくイメージしていました。

しかし、家内や子供達に学校区をかえたくないと言われると、学校区の範囲で個性のある場所を探すようになり、未だ区画整理されておらず、福井では珍しい高低差がある加茂河原で土地を探したりしていました。
ただ、昔、加茂河原は笏谷石(越前青石)の石切場で、地下はトンネルだらけの空洞となっていて、崩落の危険性が高いことは福井の人なら誰でも知っている事実で、、、
そして今は、結局、住宅地に。

そんなことを色々思い出すと、「確かに妥協と捉えれば、妥協かも・・・」と思えることもあって。。。
「なるほど!」と気付きました。

選択とは「勝ち得るもの」
その視点からすると、上記の流れは「妥協」に映るだろう。

ただ、僕自身、妥協と言うイメージがなかったのは、選択とは「己を知る」との認識があったからだと思いました。

住まいづくりを考え出した当初は、エクリュのモデルハウス的なイメージで建物を建てることも意識していました。
僕が自邸を建てるとなると、きっとお客様や地域の方やお世話になっている全ての方々がきっと注目するだろう。
だからその方々の期待にお応えできるような建物を建てないといけないとも考えました。

でも今は家族のための住まいを設計したいと思っています。
自分達家族を見つめなおし、再発見しながら、できるだけディフォルメしない身の丈の自分達が表現された住まいづくりをしようと決めました。
いや、再確認しました。
なぜなら、それがエクリュが実践している、目指し続けている住まいづくりだからです。

エクリュにとって選択とは・・・
それは「自分達自身を探求し続ける姿勢」です。

僕は自分達のお家も、そんな風につくっていきたいと考えています。

最後に・・・

大学の友人へ
心配してくれて、ありがとう!
おかげで自分達やエクリュを再確認するきっかけにもなりました。
今後も温かく見守っていてくださいね!(笑)

Type-01

2011年5月4日 / 実績紹介記事 遊び心の家

土地が(とりあえず)決まったので、プランニングをイメージの収集を始めた。

GWに入る前にとりあえず急ぎでType-01を完成させ、家族に見てもらおうと必死で描いた。
ただ、ファサードがどうしても納得行かず・・・
でも、気がつくと22時をまわってて、、、
とりあえず、Type-01を持ってかえり家族に見てもらった。

GW中に見てもらおうと必死に描いたけど、中々ちゃんと見てもらえなかった。。。
そもそも図面じゃ意味がよく解らないんだねぇ(笑)。
そこでスケッチを描いて図面とあわせて見てもらった。

今日は、Type-01を描いてて気付いた(使い勝手上の)不備と、ファサードを意識したものを併せ持ったType-02を描くため、またイメージ写真の収集のため、休日出勤を家族でした。

ただ・・・
まだ概算見積を作成していないので、絵に描いた餅もいいところだが、要望を引き出すためのものとして描いた。

過去の記事