ブログ

視覚的要因の探求Ⅲ 【色】

2010年3月1日 / 実績紹介記事 穏景の家

例えば「穏景の家」では、ドアなど内装建具の色が数種類使い分けています。

濃い茶色のものもあれば赤茶のものものあり、白木のような色の建具もあります。

また、同じ部屋内でもドアとクロゼットが違った色だったりもしています。



例えばトイレは1階にも2階にもありますが、どちらの便器も最近の流行である真っ白ではなく、グレートーンのものとベージュのものになっています。

「穏景の家」は「色」による雰囲気づくりにかなり拘られて、時間をかけて選択しました。
そのため色々な色を使用しましたが、建物全体としてうるさい感じにはならず、空間ごとの違った雰囲気の演出が出来たと感じます。

外壁のツートーンのバランスも時間をかけて選択されました。

つながるために必要なこと

2010年3月1日 / 実績紹介記事 穏景の家

和室の天井とダイニングの天井、リビングの軒裏。

それらは同じ高さで同じ仕上げのシナベニア(外部は耐水)となっています。

それは空間を関連付けつなげていこうという狙いからですが、これが結構大変で・・・。

一枚のシナベニアを貼るのに1時間以上かかったところもありました。

「つなげるために必要なこと」
それは何より職人さんの根気かもしれません。

本当の落ち着く場所って・・・

2010年3月1日 / 実績紹介記事 穏景の家



和室とLDとの間仕切りの建具は透け障子を採用しました。

透け障子とは、レース地(オーガンジー)のように向こうが透けて見える障子です。
これが以外に落ち着きます。

和室のご要望としては「一体としての空間であり、非日常的な気持ちを切り替えることが出来る空間」と相反するような要因がありました。
そこで大壁の中、急に一面だけ真壁の床や押入れが存在していたり、天井高さをあえて低くしたりもしました。
その中でも透け障子はお施主様から出てきたアイデアでした。



和室は落ち着きを持たせるよう他の部屋より暗くなるように設計しました。
具体的には窓を地窓とし、光の入り方などを制限したり、床に(低い位置に)光を集めました。
また、照明の数も他の部屋より少なくしました。

少し暗く天井も低い空間は、落ち着いた雰囲気を出してくれます。

それに透け障子が加わりました。

リビングなどにいる家族の雰囲気が透け障子を通して感じ取れる感覚は、妙に落ち着きます。

落ち着くというとプライベートの確保を想像する方が多いかも知れませんが、実はそれはきっと違います。

人は人との関わりを無くしていった方が、楽で落ち着くと考えがちです。

しかし、昔の拷問に音も光も何もない部屋に閉じ込めるというものがありました。

そんな空間では、人は数分も耐えることができないそうです。

落ち着くと言うのは、人と人との絶妙な距離感が生み出すことが出来るものなのです。

お引渡 Ⅱ

2010年2月24日 / 実績紹介記事 穏景の家



今日はお引渡でした。

今日は天気も良く、建物が綺麗に見えていました。
空は雲ひとつ無く、飛行機雲が真直ぐに伸びていました。
2月とは思えない、春のこの日に、お引渡を終えました。

素敵な暮らしが始まりますように!

C-02 丁張り

2010年2月23日 / 実績紹介記事 天開の家



天気予報どおり、晴れ渡り雪も溶け、無事に丁張りができました。

丁張りとは建物の位置や高さを定める為にするもの。
建物の配置が決まります。

お引渡

2010年2月23日 / 実績紹介記事 穏景の家

いよいよ明日は「穏景の家」のお引渡です。

お施主様からメールをいただきました。
その中に「エクリュとの共同作業が終わるかと思うと寂しくもあります。」と書いていただきました。

決して「終わり」はしませんが、お気持ちは大変嬉しかったです。

今まではお施主様と一緒に「お家」というカタチをつくってきました。
これからは「暮らし」をつくっていかれます。
そのサポートもエクリュにさせていただきたいと思います。


とは言え・・・実はわたしたちもちょっと寂しい気持ちが湧いたりもするんです。
お施主様と同じですね(笑)。

C-01 現場スタート

2010年2月17日 / 実績紹介記事 天開の家



いよいよ工事を開始します。
先ずは工事をするのに必要な給排水設備や電気設備を整備したりします。
仮設工事といいます。

工事ができるようになったら次は丁張り。
でも、雪が積もってしまいました。
来週は天気がいいみたいです。

来週、丁張りを行う予定です。

P-19 地鎮祭

2010年2月1日 / 実績紹介記事 天開の家

今日は地鎮祭でした。

(仮)森田の家の敷地周辺は、現在、区画整理事業進行中(新しい土地)のためナビに場所が出てこないので、神主さんに場所をお伝えしにくく、きっと神主さんも心細く朝早めに出られて現地へ向かわれたことと思います。

予定の1時間前にわたし達が現地に到着した時、既に現地におられました。
気苦労をおかけしてしまいました。

今日はいつにもまして神主さんが一生懸命に地鎮祭を進めていただいたと感じました。

と言うのも、奥様のお父様が怪我をされ地鎮祭に参加できなくなったとご報告を受け、より土地の神様に安全をお願いしなきゃいけないと思っていただいたのではないでしょうか?

すごく気迫を感じました。
ありがとうございます。

おかげさまで安心して工事を進めさせていただきます。



この日は地鎮祭を終えた後、坂井市のゆとり珈琲にて打合せをさせていただきました。
工事も着工しますので、着手部分に関しての最終承認などをいただく為です。

ユニットバスの仕様の確認や、水周りの位置などを決定していただきました。

また、次回、建て方時に打合せさせていただく内容をご検討いただいておく宿題もださせていただきました。
建て方は3月19日に予定しております。
その日に最終承認をいただく内容のご検討をよろしくお願いします。

P-18 ご契約

2010年1月26日 / 実績紹介記事 天開の家

今日は(仮)森田の家の契約でした。

2年以上前の日に「2年後の8月にお家に住みたいのですが・・・」とご予約をいただきました。
企業でも3年後の計画をされていない会社さんもあろうに、個人で2年以上先のご計画をされているのには本当に驚きました。

弊社でお家を建てられる方は、1~2年程度ご検討される(打合せさせていただく)方が多いのは多いのです(皆さんロングスパンでお家をお考えです)が、2010年8月と最初に具体的な日程を仰ったのはとても印象的でした。

そして本日、長い年月をアクシデントなどもある中、計画に沿いながら今日という日を迎えられたのは、感動も一入です。

いよいよ積み上げてきた想いや考えや価値観が、建物としてカタチになっていきます。
今後ともよろしくお願いします。

内覧会の準備

2010年1月22日 / 実績紹介記事 食粋の家



昨日・今日はずっと内覧会の準備に追われていました。

家具が入ると、空間に生命が吹き込まれるようです。
ただ、内覧会はいつもエクリュの備品で行うので、本来のお施主様のご要望が内覧会で再現されているわけでは無いんです・・・。

エクリュでは家具なども最初に検討して空間を検討していきます。
お施主様が持っておられる家具や新調される家具が配置されて、本来の計画通りの空間になります。

食粋の家はダイニングテーブルをエクリュ・ファニチャーでご注文いただきました。
その為、ダイニングやキッチンの空間はお施主様のイメージがほぼ再現されています。
また、新調された家具は現場に届いているものもあり、いつもよりお施主様のイメージに近い状態での内覧会の開催となります。

とても楽しみです!

いよいよ明日から内覧会。
沢山の方々に見ていただけると、とても嬉しいです。

過去の記事