ブログ

On Air!

2018年6月11日 / お知らせ

いよいよ明日(6月12日:火)
17:00〜17:30
FM福井(76.1MHz)「デキルラジオ」にて
OnAirです。

よかったら聴いてください!

デキルラジオ

2018年6月6日 / お知らせ

今日の朝は、刺激的で楽しい時間でした。
FM福井のデキルラジオに出していただき、今日、その収録があったからです。

以前、会社にぷら〜っと藤田佳代さんがお越しになられました。
次の収録までの時間を潰す為にカフェに行こうと思い、弊社をカフェと思って入って来られたのがきっかけでした。

その際少しお話をさせていただいたら話に興味をお持ちいただき、取材をしていただく事になりました。

5月に一度「Life Is」って言う番組に出していただき、今回は「デキルラジオ」と言う番組に出していただく事になり、本日がその収録でした。
OnAirは6月12日(火)17:00-17:30です。

よろしければ、76.1MHzのFM福井をお聴きいただければ嬉しいです!

チョット気分が上がるアプローチ。

2018年6月4日 / 健承の家

家に帰って来た時、チョット気分が上がる感じのアプローチ。
ファサードって、とても大切だと思います。

決して派手である必要性は、住宅なので無いかも知れません。
もちろん、ご自身のアイデンティティをコミュニティの中で強く主張したいのなら、ファサードにもインパクトが必要かも知れません。

でも、もし、お住まいに帰って来た時、チョット気分が上がる感じにしたいのなら、ご近所さんにも配慮があったり、論理的に整っている方が、可能性を増す気がします。

植樹、フェイズ1

2018年6月3日 / 卓色の家

プランニングの段階で、植栽など外構のご希望・ご要望をお聞きする事が出来たら、プランニングに植栽など外構も加えて計画します。

その際、ファサードなど外観のイメージはもちろん、ソファに座った時にどんな風に見えるのか?や玄関に入った際、どんなイメージになるのか?なども当然に計画しています。

大学時代に教わった通りに計画しています。

「卓色の家」も、当初から外構のイメージをお持ちでご希望・ご要望など伺っていましたが、状況の変化や優先順位、ご予算などからリビングから見える植樹は無くなり、ファサードの植栽(ソテツ)も取り止めとなっていましたが、明確なイメージをお持ちだった事もあり、プランニングの際、決めた3本のソテツの配置を段階ごとに植えようと考えていたフェイズ1を進める事になりました。

先ずは一番小さいソテツを一本だけ植えました。

フェイズ2、フェイズ3と残すので(未完成なので)、さみしい感じは否めませんが、完成形がイメージしやすくなりました!

空気を換える。

2018年6月1日 / アート 社屋

私事ですが・・・
長男の受験合格のご報告・お礼の為、伺った「御一日参り」
それからずっと妻と一緒に、毎月一日の日に神社へお参りを欠かさずしています。

藤島神社さんで「御一日参り」をすると、上写真のような証明書みたいなものをいただけます。
いつもお札と一緒に飾っています。

飾るというと・・・

以前開催させていただいた「イシサカゴロウ展」の時に、ゴロウ先生に描いていただいた弊社の玄関の絵。
額装して、ずっとここに絵が欲しいと思っていたトイレの壁に飾りました。

とても良い雰囲気のトイレになり、長居してしまいそうです(笑)

神社のお札も、絵も、空間の空気を換える力があると感じます。

今日の午後。

2018年5月31日 / 両美の家

今日は、先日伺った時にキレイに庭やお住まいを整えていただいていた「両美の家」のオーナー様が、オーナーズ・サロン(弊社)に打合せの為、お越しいただきました。

洗面脱衣室の雰囲気をリニューアルする事と、少し機能をアップさせるのが今回の打合せの目的です。

新築時と同様、イメージ写真を数枚見せていただき、オーナー様のご意見を伺い、方向性などを模索していきます。

「やっぱり、お家の打合せは楽しいですね!」
オーナー様にそう言っていただけ、とても嬉しかったし、とても懐かしくも思いました。

6年目を迎えられた「両美の家」

再び暮らしのご提案などをさせていただいたり、一緒に暮らしを考えさせていただける事、そして、また打合せさせていただきとてもシアワセを噛みしめた今日の午後でした!

バラが咲いた!

2018年5月28日 / 社屋

「おはようございます!」
朝、会社に来たら
パッと明るくなった。

先日いただいたバラ
とてもキレイに花開いていた。

「なんてキレイなんだろう!」

いただいた方に直ぐ写メを送ってお礼を伝えた。
おかげさまで、朝からとても気持ちが明るくなった。
ありがとうございます!

おかげさまです。

2018年5月26日 / 両美の家 卓色の家

「なんて美しい庭なんだろう!」
今日は両美の家にお伺いしました。

すごく良い空気が流れている空間。 整っている空間は、お施主様のおかげだと、いつも思います。

お施主様ご家族が、シアワセそうだと、家や庭も喜んでいるのを感じます。
お施主様ご家族がシアワセそうだと、本当に嬉しくありがたいと強く感じます。

お施主様の幸福度がお住まいに影響して、その影響もバックアップさせていただく。
お住まいづくりをお手伝いさせていただくって事は、そう言う事なんだなぁ〜と感じます。

今日はおかげさまで、とてもステキな空気の流れているお住まいにおじゃましました。
だからこちらまで、心地よい気持ちになって帰って来ました。
そのステキな空気をいただいて帰って来ました。

ちなみに・・・
今日は卓色の家で「第一回日本酒の会」が開催されるそうです。
いよいよ、ロングテーブル始動です!

ご鳳輦

2018年5月24日 / 社屋

今日はいつもお世話になっている藤島神社さんのご鳳輦。
会社の前まで、神さまにお越しいただき、お清めいただきました。
ありがとうございました!

アートな一日。

2018年5月20日 / アート

今日は神戸まで日帰りで行って来ました。
その目的は、大学時代の先輩ご夫婦とそのお母様が開催されている展覧会へ伺う為です。

神戸で有名な北野坂の一本西側にあるハンター坂。
その坂沿いにある安藤忠雄さんが設計した建物(リランズゲート)にあるギャラリー島田にて開催されている「さんかくとてん」が今回お目当ての先輩達の展覧会です。

関西には普通に安藤忠雄さんが設計された建物が昔からたくさんあります。
僕が建築を志そうと思った中学生の時、入った建物(OLD NEW)も安藤忠雄さん設計の建物でした。
本で見るのでは無く、普段の生活の中にそういった空間が存在して影響を受ける事が出来るのは都会の特権かも知れませんね!

建物もさることながら、今日の目的は先輩達の展覧会。
先ず最初に見せていただいたのは、元永紅子先輩の作品です。

無機質な壁に「!」が加わり一気に華やかになります。ハッとする様な鮮やかな色彩と有機的な形状が大小上下に集まり、壁に輪郭をくっきりと残します。
僕には論理的なデザイン性を作品から感じました。

次に見せていただいたのは、紅子先輩のお母様、中辻悦子さんの作品です。

以前は「目」をモチーフにした作品を描かれていたそうですが、今回は「足」をモチーフにした作品でした。
「目」ではなく「足」を描かれたところに僕は意味を感じました。
光と影の様な顔を持たない複数の人の足。
何かに足を染めていたり、重なったり交わったり。
見てきた事を語るのではなく、歩んで来た道のりを示している様に思えました。

最後の部屋は、川嶋守彦先輩の作品が並ぶ部屋。
そこで「さんかくとてん」の「てん」の意味を知ります。
「てん」とは「点」であり「天」なのかも知れません。
紅子先輩の亡きお父様の作品がそこにありました。

そして川嶋守彦先輩の作品。
これが不思議で絵を飾る壁にカラフルな色などがつけられていて作品に集中出来ないのです。
というのも作品は白っぽく壁に同化していく雰囲気があるのに、壁がある色などの方が目立っているからです。

それに半透明のシートに塗られたピンクや黄緑の色。
これは何だ!?

川嶋守彦先輩ご本人にご説明していただき、全ての意味が繋がっていきます。

川嶋先輩が表現されているのは、画材を使った絵では無い絵でした。

どう言う事かと言うと、先程の紅子先輩の作品が壁にくっきり輪郭を残したのに対し、絵の世界に留まらず、絵が壁と同化して壁にあるひとつの存在に過ぎない事で広がっていく世界感を表現されていました。
だから壁に色などが散りばめてあったのです。

それに半透明な素材に塗られたピンクなどの色は絵になる前の素材でした。

筆の運び。
普通はキャンパスに置いてしまうと書き換えは出来ないけど、半透明な素材の上にある筆の運びは、切ったり貼ったりすれば、置き換えが可能。
それはもう絵の概念を超えた、編集されたもの。

絵が絵を超える事での広がりや可能性を表現されているのだと感じました。

それぞれのテーマ(さんかく)が集合し、大きなテーマを持ち出すギャラリー空間にとても感動しました!
アートを強く感じました!!

今後、京都にある紅子先輩と川嶋先輩のアトリエにご招待いただける事になりました!
実はお二人のアトリエ。
I’m home という雑誌に紹介さてた事のあるステキなアトリエなんです。
こちらも絵と空間の両方が楽しみです(笑)

過去の記事