ブログ

つながりを強め、長く顧客に喜んでいただける企業として社会に貢献する。

2015年4月25日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家の地鎮祭でした。

(仮称)三郎丸の家は、弊社の協力会社さんがオーナー様のお住まいです。
協力会社さんが(お仕事をされている)数多くあるビルダーさんの中から、弊社をお住まいづくりのパートナーとして選んでいただいた事は、とても嬉しい事ですし、とても感謝しています。

本当にありがとうございます!

いつもはお仕事でご協力いただき、この度はお施主様として打合せなどいただき、プライベートではお友達として親しくしていただいてます。

つながりをたくさん増やしていただき、親密な関係性を築かせていただいて、本当に感謝しています。

今日は、そんな(仮称)三郎丸の家の地鎮祭をさせていただきました。
また、リクシルさんのショールームをおかりして、打合せもさせていただきました。

今日は長時間、お時間をいただきありがとうございました!

ラストスパート。

2015年4月25日 / 遊び心の家 面遊の家

今日は、午前中、エクリュ事務所にて打合せの後、遊び心の家にて(仮称)森田の家の打合せでした。

(仮称)森田の家は、まもなくプラン決定。
プラン決定の予定日が迫っているので、昨日は遅くまで会社に残り図面を仕上げました。

お施主様にはお忙しい中、打合せのピッチを詰めていただき、また長時間打合せいただき、ありがとうございます。
プラン決定のラストスパート。
出来るだけのことはやりきろうとの想いにお付き合いいただいてます。
いつも、ご理解・ご協力いただき、本当に助かります。
ありがとうございます。

ご協力のもと、今日、プラン決定が出来そうです。

今日はとてもいい天気で、足羽山がきれいでした。

自分を信じる。

2015年4月23日 / 面遊の家

まもなくプランが決定し、見積りを開始する予定の(仮称)森田の家。

今日は一日お時間をいただき、プランを詰めるための追い込み打合せいただきました。
ありがとうございました。

決めるということは、もしかするととても勇気がいること。
十分にご考慮いただき、もちろん後悔の無いようにしていただきたいと思います。
しかし、出来ることは、どの時点からでもあり続けることも事実です。
大切なことは不安などの感情に左右されないことだと思います。
自分の直感を信じるというか・・・。
感情は多くの場合、判断を誤らせます。
本来の直観は、正しいことが多いです。
感情などは、その本来の直観を引き出す邪魔になります。
自分を信じる。
それが大事ですね!(笑)

JIO

2015年4月23日 / 乗算の家 新流の家

今日の午前中はJIOさんと行動を共にしました。

JIOさんとは、日本住宅保証検査機構という会社さんで、住宅瑕疵担保責任保険を扱われている、日本に5社ある法人の1社です。

住宅瑕疵担保責任保険とは、品確法という法律で、構造体力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分に関しては10年保証が受けられることが定められていますが、それを確かにするための保険です。

構造体力上主要な部分や雨水の浸入を防止する部分に関して、弊社はもちろん各業者さんもチェックし、品質の確保をしていますが、JIOさんも現場にて品質をチェックされています。

今日は、2つの現場でそれらのチェック項目があったので、検査をしていただきました。

ひとつ目は(仮称)光陽の家。
構造金物検査をしました。

次に場所を(仮称)大石の家の現場に移し、今度は配筋検査をしていただきました。

配筋検査とは、コンクリート基礎の中に配列される鉄筋が、設計通りに入れるされているのか、基準通り施工されているのかをチェックする検査をいいます。

今日は、朝、10時からお昼過ぎまで、JIOさんを独占させていただきました。

ありがとうございました。

2015年4月19日 / 今日遊の家 空創の家

オーナー様のご厚意により開催させていただいてきた「今日遊の家」内覧会。
多くの方々のおかげをもちまして、本日、無事終了いたしました。
ありがとうございました。

次回は、(仮称)灯明寺3の家の内覧会を6月頃に予定しています。
また皆様とお会い出来ることを、とても楽しみにしています。

オーナー様ご家族をはじめ、お越しいただいた方々、関係者の皆さん、本当にありがとうございました!

見えない力(想い)に守られて~鎮め物~

2015年4月18日 / 乗算の家

(仮称)大石の家。
地盤改良工事も終了し(コンクリート)基礎工事に入る前に、先日、地鎮祭の時にいただいた鎮め物を、配置しました。

(仮称)大石の家の地鎮祭は、出雲大社さんにしていただきました。
(個人的なことですが・・・)我が家から近くにあるのですが、初めて出雲大社さんに地鎮祭をしていただきました。

和楽器の演奏から始まったりと、とても丁寧に執り行っていただいたとの印象がありました。

そして鎮め物も結構念入りで。
表裏の鬼門に大きなお札のような鎮め物。
また、お家の中央と東西南北の5か所には、島根県にある出雲大社の本殿の下にある砂が入れられた、ちょうど粉薬を入れたような和紙の袋を埋めました。

出雲大社さんの大國主大神(おおくにぬしのおおかみ=だいこくさま)様に見守られ、工事は着々と進みます。
ありがとうございます!

「個の充実が、豊かな家族(公)を形成する。」

2015年4月17日 / 内覧会・現場見学会など 今日遊の家

オーナー様のご厚意により、明日から「今日遊の家」内覧会を開催いたします。

「個の充実が、豊かな家族(公)を形成する。」
今日遊の家は、そんな考えを表すようなお住まいです。
それぞれの趣味やセンスが光るプライベートスペース。
また、家族みんなで楽しめるような空間。
その両方が廊下などの干渉体なしに、すぐ隣り合わせで存在しているところにも、今日遊の家の考えが表れています。

額縁のようなファサード。
内外のつながりを強調するウッドデッキや土間リビングなどなど、見どころもいっぱい。

「今日遊の家」内覧会へお越しいただき、皆さまのお住まいづくりにお役立ていただければ幸いです。
是非、足をお運びください。

「今日遊の家」内覧会
4月18日(土)・19日(日)
10時~18時
@丸岡町今福

「光拡の家」オーナー様ご家族

2015年4月17日 / 遊び心の家 光拡の家

「光拡の家」のオーナー様ご家族をイメージして活けました。

今日は「光拡の家」オーナー様ご家族をお迎えしての、エクリュ10周年ホームパーティーを遊び心の家にて行いました。

昨年の5月17日を皮切りに続けてまいりましたエクリュ10周年ホームパーティーも、今日を含めて残すところあと3回。
あっと言う間の一年でした。

ここまで来るとオーナー様のお住まいを、つい先日まで打合せや現場をさせていただいてた感覚があります。

こんな風に、つい先日お会いした感覚がする間隔で、オーナー様ご家族をお会い出来ると嬉しいです。
遊び心の家に、いつでも遊びに来ていただきたいと思います。

また、ストップしていた(仮称)左内町の家も、動き出しそうなので、そちらが完成すればオーナー様ご家族とお会いできる機会もグンと増えるのではないかと楽しみにしています。

今日も、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

言葉にできない想いも。

2015年4月17日 /

今日はイメージマップを使っての打合せでした。

言葉では表現しにくいイメージ。
その為、共有することも難しいです。
そこで弊社ではイメージマップを作成しています。

イメージマップとは1993年に竹中工務店がイメージの共有化を図るために考案したひとつの手法です。

大学4年間。
現在のハービス大阪・リッツカールトンホテル(仮:西梅田再開発プロジェクト)の竹中工務店プロジェクトチームにてアルバイトをさせていただいてました。
丁度、そこで経験させていただいたことを、今のお仕事でも役立てています(笑)。

今日はイメージマップ作成を行いました。
更なるイメージの共有を図っていきます。

引いて(離れて)観ることの重要性。

2015年4月15日 / 遊び心の家 賢分の家

今日は18時30分から遊び心の家にて、(仮称)天池の家の打合せをしました。

今日の打合せの内容は、イメージマップ。
イメージの分析結果などをお話しました。

(仮称)天池の家のイメージ。
通常、1日で分析するところ、珍しく2日もかかってしまったのには、理由があります。

それはイメージに複合的定量感があったからです。

一般的な場合のお客様のニーズなどは、非定性的であったり恣意的であったり安定感が無い場合が多いです。

その時その時に受けた経験などの影響が、その場その場で出てきて、一見(一聴)すると変化し続けているようにも思えます。
例えば、テレビ番組で観た影響が、次の打合せの際に出てくるとか。
例えば、内覧会へ行かれ、お受けになった影響が、今回の打合せに出てくるとか。
そんな感じが一般的です。

しかし、(仮称)天池の家のイメージマップは、一見するとどれも違って見える写真の数々に、何か共通点を感じるのだけど、それが何か解りませんでした。
すぐに解った共通点は、天空光でした。
でも、それだけじゃない定量感が感じられる・・・でも、それが何なのか・・・。

それが複合的な定量感である事に気付くのに2日もかかってしまいました。
夢中になると、引いて(離れて)観ることが難しくなります。
今回のイメージマップは、引いて観ることがとても重要でした。

今日は、イメージマップについて打合せをさせていただきました。
打合せが終わった時、時計は既に21時をまわっていました。
あっという間の3時間でした。
遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

過去の記事