ブログ

段取り八分

2021年6月22日 / (仮称)宝永の家

(仮称)宝永の家は、おかげさまで確認申請も無事、済証を受領し、本日、地盤改良工事が完了致しました。

地盤改良工事とは、軟弱な地盤の場合などに行う工事で、頑丈な地盤を形成する工事を言います。

福井市内の土地は、地盤改良工事を必要とする事が多いです。

地盤改良工事が完了して、直ぐに今度はスタンバイしていただいていた基礎工事業社さんと、丁張を行いました。

丁張とは、建物の外枠の柱芯などを、糸を張って示す段取りの事を言います。
この張った糸が、建物などの基準となる為、とても重要な段取りです。
長方形に貼られた糸の対角線の長さを測り、直角が正確に出ている事をチェックします。

今日は、建物の基礎の工事が進められる様に、段取りをしました。

過去の記事