ブログ

カタチになるという事

2020年7月29日 / (仮称)芝原1の家

現在、見積もりの為、協力会社さんと打合せ中の(仮称)芝原1の家です。
見積もりの打合せの為、見積図書を作成するのですが、それに加えて模型も作成します。
模型だと、食い違いも減ります。

またお施主様にも、お分かりいただきやすく、重宝します。

模型に出来るという事は、図面が正しい事も意味します。
図面に食い違いがあると、模型などカタチには出来ない(辻褄が合わない)部分が発生する筈ですから、カタチになるという事は、図面の食い違いが、外観上は存在しないって証拠にもなります。

今日は(仮称)芝原1の家の模型が完成しました。

過去の記事