ブログ

自分探しの旅(トリップ)発注承認。

2020年11月14日 / (仮称)芝原1の家

今日は(仮称)芝原1の家の地鎮祭を、皆さまのお力添えあって滞りなく執り行う事が出来ました。
ありがとうございました。

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、お住まいなどの工事を始める前に、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことのお許しをいただく神事です。工事の無事などを祈願していただきました。

今回の地鎮祭は、お施主様と宮司さんご家族がお知り合いとの事で、越前國二之宮 大鹽八幡宮さんにお願い致しました。

恥ずかしながら今回初めて打合せなどで何度かお参りさせていただきました。
とても素敵なご縁をいただきました。
ありがとうございます。

地鎮祭を終え、ご近所の方々にも挨拶を終えると、いつも現地で外部を構成する部材(外壁など)のカラースキームの打合せなどを行います。

色などは、対比でその印象が大きく変わります。
ですので、外壁などは、現地の周辺環境下で選ぶ必要性があります。

そこで弊社では、外部を構成する部材などは、現地で選んでいただく様にしています。

昼食をご一緒いただいた後、今度は場所をリクシルさんTOTOさんのショールームに移し、発注承認の打合せを行いました。

発注承認打合せとは、発注直前の商材などを発注前にご契約いただいている内容を再確認させていただき、変更が無いかを確認させていただいてから発注へ移る為の打合せを言います。

お施主様に、ギリギリまでニーズを図っていただく為に、弊社では、発注承認打合せを行なっています。

状況の変化や全体像が観えて来た事などで、発注承認の際、契約内容から変更される方は少なくありません。

今回の打合せでも、変更がありました。

それらの内容は、弊社では、増減見積書と議事録にまとめ、お施主様にご確認いただいております。
間違いを減少させる目的はもちろんですが、ご自身を客観視していただける環境づくりをいつも考えている事が、その様なカタチに表れています。

今日は一日中お時間をいただき、(仮称)芝原1の家の地鎮祭及び発注承認打合せをさせていただきました。
ありがとうございました。

過去の記事