ブログ

「ご提案」の記事一覧

「選択」

2019年10月19日 / ご提案

専門家や知識がないと見えない事って色々ある。
器の場合で例えると、手間の違いは何となく分かったとしても、専門家程はリアルには知り得なかったり、釉薬の違いや窯や焼き方の違い、技術力の違いなども知識がないと当然理解は出来ない。

でも、自分が気に入ったかどうかは、分かる。
値打ちなど客観的な事は分からずとも、主観的な事は分かるから、その金額で欲しいと思うか否かは自分で決められる。

食品なども、専門家や知識がある人の選択程は、一般の方や知識の無い方では正確に選べてはいない。

例えば日本に輸出されているフランスワインには、フランス国内で使用を禁止されている酸化防止剤が入っている。
ボジョレーヌーボ解禁にわくどのくらい人達がその事を知っているのだろう?
(チコちゃんに聞いてみよう)

とは言え、自分が何が好きで美味しいと思うのかは、分かる。

ここでの話のポイントは、良い器の見分け方を知ってバッタもん(ニセモノ)をつかまない様にしよう!とか、添加物の知識を正確に身につけて健康的な食事を心がけよう!って事でも無い。

選択ってなんだろう?
という事。

と言うか?
自分自身に合った選択の仕方をしているか?
そもそも
自分自身がどんな選択の仕方を望んでいるのかがポイント。

エクリュでの住まいづくりの打合せでは、その「選択」という言葉の意味が違ってくるかもしれない。

秋の夜長を楽しむ。

2019年10月11日 / ご提案 遊び心の家

やっと今日届きました。
いつ頼んだのか?覚えていない程、月日が経ったので、今日届いたのはとても嬉しいです。
村上開新堂

コーヒーと一緒に楽しみたいと思います。

届いたと言うと、もう一つ。
奈良で有名なお菓子(微笑)も届きました。

こちらは、日本茶と一緒にいただきます。

実績紹介が更新されました。

2019年9月11日 / 実績紹介記事 お知らせ ご提案

実績紹介」が更新されました。

弊社のウェブサイトの「実績紹介」は、便利な機能がありますので、チョットご紹介!

「実績紹介一覧」を表示していただくと
「家ごと」「ポイントごと」と出てきます。

「家ごと」の下あたりに「並び替え」があります。
最初の表示は「新着」となっていますが、

「地域」
「延べ床面積」
「家族人数」

以上の順番で変換してみる事が出来ます。

また「ポイントごと」を表示していただくと「絞り込み」が選べます。
最初の表示は「ファサード(外観)」となっていますが、それも変えていただくと、いろんなお住まいの各部位を集めてみる事が出来ます。

例えば、「洗面室」を選ぶと↓↓↓こんな感じです。

一度、色々試してくださいませ!(笑)

長い廊下の真ん中に。

2019年9月4日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ ご提案 双幸の家

上写真は、双幸の家のファサード(建物正面)です。
正面にあるのは玄関ではなく、勝手口兼、明り取り窓です。

双幸の家の敷地は、奥行き方向に長い敷地です。
その為、どうしても廊下が長くなってしまいがち。

また、建物の中央に配置された長い廊下は、窓などが設ける事が難しく、暗い廊下になる事が多いです。

下写真は、双幸の家の廊下です。

先ほどお伝えした通り、ファサードにあるのは、勝手口兼、明り取り窓です。

では、双幸の家の玄関はどこにあるかと言うと、ちょうど廊下の真ん中あたりにあります。
廊下の端部には、勝手口兼、明り取り窓や、大きなFIX窓を設けて、少しでも廊下に光が差し込むように計画していますが、廊下の真ん中あたりにある玄関が暗くなってしまいます。

そこで、上写真のような、FIX窓が袖に付いている玄関ドアを選ばれています。
しかし、それ以上に、双幸の家は、玄関あたりがあまり暗くならない工夫がされています。

それが下の写真の窓です。

この窓は、2階の南側にあるルーフテラスと階段の吹抜けの間にある窓です。
ルーフテラスには、2FL(2階の床の高さ)でウッドデッキが施工されています。
そのウッドデッキに当たった日光の反射光が、この窓から階段の吹抜けにそそぎます。

この階段は、玄関ホールのすぐ横にあり、階段スペースの白い壁を乱反射した光が、玄関ホールまで明りが落ちてくる設計になっています。

その事で、途中に窓が設けられない、建物の中央を抜ける長い廊下の真ん中あたりに、やわらかい光を落とす事に成功しています。

この週末、双幸の家は、お施主様のご厚意のもと、内覧会をさせていただきます。
双幸の家は、二世帯住宅です。
二世帯住宅ならではの工夫も色々とされている双幸の家。
是非、今週末(9/7・9/8)は、内覧会会場へ足をお運びください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

双幸の家 内覧会
2019/09/7(土)〜09/08(日)
10:00〜18:00
福井市つくし野

問合せ先
Tel 0776-36-9001(平日9:00〜18:00)
E-mail info@ecru-arc.co.jp

考え方 × 熱意 × 能力

2019年8月17日 / ご提案

あなたにとっての「良い住まい」とは、どんな住まいを示しますか?

見た目にカッコイイ住まいを想像しますか?
それとも使い勝手が良い住まいを思い浮かべますか?
もしくは、その両方でしょうか?

確かに住まいにとって、見た目も使い勝手もとても大事です。
しかし、何か大切な事を忘れていませんか?

表題にある「考え方×熱意×能力」。
有名なのでご存知の方も多いと思いますが、コレは稲盛和夫氏が言われている、「人生・仕事の結果」を表す方程式です。

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」
以上の様に稲盛和夫氏は表現されています。

コレは良い住まいづくりにおいても同じ事が言えるのでは無いでしょうか?

つまり「忘れている大切な事」とは、「住まいへの考え方」です。

考え方が一致していなかったり、間違っていれば、得られる結果が大きく違ってしまいます。
見た目が整っていても機能的でも、あなたにとっての良い住まいとは程遠い結果になってしまう事も無いとは言えず、そうなると誰も喜べない結果になってしまいます。

「住まいづくりにおける考え方」

もしピンと来ない方は、是非、弊社のご説明をお聞きください。
もちろん、ピンと来られた方は、必ず弊社にお越しくださいませ!

「双幸の家」特別内覧会

2019年8月9日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ ファサード(正面外観) 壁の役割 カラースキーム 双幸の家

「双幸の家」特別内覧会

今回の、2世帯住宅の解答です。
親・子世帯それぞれの想いをぴたりと組み合わせたお住まいを、お施主様のご厚意のもとご覧いただける事になりました。

この機会に是非足をお運びくださいませ。

「双幸(そうこう)の家」特別内覧会
8/31(土) 9/1(日) 2(月)
10:00〜18:00
※2(月)のみ16:00まで

場所
福井市つくし野

お問合せ
株式会社エクリュ
0776-36-9001
info@ecru-arc.co.jp

更に奥がある楽しさ。中はもっと凄いんです。

2019年8月4日 / 壁の役割 卓色の家

お住まいは、住み心地がとても重要です。
住み心地は、使い勝手など機能面もさる事ながら、空間に身を置いた際の感覚的な要素(芸術面)なども大きな影響があります。

芸術面と言うとファサード(外観)もお住まいにとって重要な要素だと思います。
住み心地とは、直接的には関係が無さそうに思えますが、実はそうでは無く関係があります。

ファサードは家に帰って来て先ず接する我が家の部分です。
そこで受けた影響は、暮らしにも影響を与えるからです。

ですので弊社では、お住まいをプランニングする際には、外構を含めたファサードもデザインします。

どうやって玄関まで導こうか?
何を見せようか?
など、ファサードから受ける印象などをデザインするのです。

卓色の家は東西に奥行きのある敷地を活かし、奥行きを利用して建物を見せる工夫もしました。

それに植栽の配置も一役かっていました。

しかし、建物の新築時、予算の範囲に抑える為、植樹は取り止めとなりました。
そして、竣工の後、ゆっくりと計画を立てて完成(植樹)していく事になりました。

その工事が先日、ほぼ完成形になりました。

現在は庭の手入れが時間的にも困難との事でシンプルな植栽計画をご選択された卓色の家。

南条砂利の面から伸びるソテツが、ミニマルな印象となりカッコいいです。

外壁面とソテツが奥に奥にと目線を誘導させたその先には、くぐってみたくなるアーチ。

その先にはLDKや和室に面した中庭が広がります。

卓色の家は、来客が多いお住まい。
それも一度に10人程の大勢が集まります。

その1つのスペースが、このアーチの先にあるパティオです。

最近、住まれてから数年が過ぎ、新築時、ご予算の関係上などでプラン通り出来なかったりシンプルにまとめてしまっていた外構などを、当初の計画通りにしたり、更にグレードをあげる様な工事もさせていただく事が出て来ました。

卓色の家の新たに出来た第三の宴会スペースの今後のご活用が楽しみです!

アプローチの階段

2019年8月2日 / 双幸の家

目に映るモノは、光と影なんですね。
だからどこに光を当てて、影をつくるか?で見た感じの印象って変化するんです。

影をつくるには窪ましたり、覆ったりすると出来ます。

玄関へのアプローチの階段は、影を設ける事で印象を与えています。

また、お逢いましょう。

2019年7月28日 / アート お知らせ 社屋

6月から2ヶ月にわたり開催させていただいた「EVIL’S
Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」皆さまのおかげを持ちまして、本日、終了致しました。

エクリュでお住まいなどを建てていただいたオーナー様ご家族の暮らしを高めて行かれる事に使っていただきたいと考えて3年前に設けたエクリュ・ギャラリー。

この度、その趣旨をご理解いただきご協力いただいたTOMOTAKAさんをはじめ全ての方々に深く感謝致します。
おかげさまで、本当に素敵な2ヶ月間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

昨日は、TOMOTAKAさんご夫婦をはじめ、キュレーターでもある安穏の家オーナー様ご夫婦、エクリュスタッフ一同と一緒に打ち上げをさせていただきました。

その中のお話でも、「今回のこのメンバーでまた再び集まりたいね!」とか、「定期的に集まらないか?」など嬉しいお声が上がり、感謝の言葉も見つかりません。

今日、シャンデリアの中から姿を消したアリストテレス(ドラミちゃん)。
失ってから気付くTOMOTAKAさんの絵画の持っている力でした。

ギャラリーとしての微力さを痛感すると共に、それだけに皆さまのご協力のおかげで、とても素晴らしい絵画展が開催出来、終了出来た事に深く感謝致します。

本当にありがとうございました!

模型をつくる

2019年7月27日 / ご提案 (仮称)越前町の家

模型が完成しました。

今回も難しかった・・・
という事は、実際の現場も難しいという事か?

弊社では新築住宅の建築模型を作成しています。
中々、図面では解り難かったり、伝わりにくい事も、模型でご理解いただければと思っているからです。

また、軒の深さによる、日の差し込み方なども分かる模型もあります。
今回も太陽光の差し込みなどが分かる模型にしました。

学生さんは、そろそろ夏休みなのでしょうか?
僕はと言うと、お恥ずかしい話、普通の休みも中々取れずじまい・・・
でも、夏休みの宿題のような事をしているでしょ!(笑)

夏休みの宿題で、模型をつくりたい方。
手伝いますよ!(笑)

過去の記事