ブログ

「ご提案」の記事一覧

考え方 × 熱意 × 能力

2019年8月17日 / ご提案

あなたにとっての「良い住まい」とは、どんな住まいを示しますか?

見た目にカッコイイ住まいを想像しますか?
それとも使い勝手が良い住まいを思い浮かべますか?
もしくは、その両方でしょうか?

確かに住まいにとって、見た目も使い勝手もとても大事です。
しかし、何か大切な事を忘れていませんか?

表題にある「考え方×熱意×能力」。
有名なのでご存知の方も多いと思いますが、コレは稲盛和夫氏が言われている、「人生・仕事の結果」を表す方程式です。

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」
以上の様に稲盛和夫氏は表現されています。

コレは良い住まいづくりにおいても同じ事が言えるのでは無いでしょうか?

つまり「忘れている大切な事」とは、「住まいへの考え方」です。

考え方が一致していなかったり、間違っていれば、得られる結果が大きく違ってしまいます。
見た目が整っていても機能的でも、あなたにとっての良い住まいとは程遠い結果になってしまう事も無いとは言えず、そうなると誰も喜べない結果になってしまいます。

「住まいづくりにおける考え方」

もしピンと来ない方は、是非、弊社のご説明をお聞きください。
もちろん、ピンと来られた方は、必ず弊社にお越しくださいませ!

「双幸の家」特別内覧会

2019年8月9日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ ファサード(正面外観) 壁の役割 カラースキーム 双幸の家

「双幸の家」特別内覧会

今回の、2世帯住宅の解答です。
親・子世帯それぞれの想いをぴたりと組み合わせたお住まいを、お施主様のご厚意のもとご覧いただける事になりました。

この機会に是非足をお運びくださいませ。

「双幸(そうこう)の家」特別内覧会
8/31(土) 9/1(日) 2(月)
10:00〜18:00
※2(月)のみ16:00まで

場所
福井市つくし野

お問合せ
株式会社エクリュ
0776-36-9001
info@ecru-arc.co.jp

更に奥がある楽しさ。中はもっと凄いんです。

2019年8月4日 / 壁の役割 卓色の家

お住まいは、住み心地がとても重要です。
住み心地は、使い勝手など機能面もさる事ながら、空間に身を置いた際の感覚的な要素(芸術面)なども大きな影響があります。

芸術面と言うとファサード(外観)もお住まいにとって重要な要素だと思います。
住み心地とは、直接的には関係が無さそうに思えますが、実はそうでは無く関係があります。

ファサードは家に帰って来て先ず接する我が家の部分です。
そこで受けた影響は、暮らしにも影響を与えるからです。

ですので弊社では、お住まいをプランニングする際には、外構を含めたファサードもデザインします。

どうやって玄関まで導こうか?
何を見せようか?
など、ファサードから受ける印象などをデザインするのです。

卓色の家は東西に奥行きのある敷地を活かし、奥行きを利用して建物を見せる工夫もしました。

それに植栽の配置も一役かっていました。

しかし、建物の新築時、予算の範囲に抑える為、植樹は取り止めとなりました。
そして、竣工の後、ゆっくりと計画を立てて完成(植樹)していく事になりました。

その工事が先日、ほぼ完成形になりました。

現在は庭の手入れが時間的にも困難との事でシンプルな植栽計画をご選択された卓色の家。

南条砂利の面から伸びるソテツが、ミニマルな印象となりカッコいいです。

外壁面とソテツが奥に奥にと目線を誘導させたその先には、くぐってみたくなるアーチ。

その先にはLDKや和室に面した中庭が広がります。

卓色の家は、来客が多いお住まい。
それも一度に10人程の大勢が集まります。

その1つのスペースが、このアーチの先にあるパティオです。

最近、住まれてから数年が過ぎ、新築時、ご予算の関係上などでプラン通り出来なかったりシンプルにまとめてしまっていた外構などを、当初の計画通りにしたり、更にグレードをあげる様な工事もさせていただく事が出て来ました。

卓色の家の新たに出来た第三の宴会スペースの今後のご活用が楽しみです!

アプローチの階段

2019年8月2日 / 双幸の家

目に映るモノは、光と影なんですね。
だからどこに光を当てて、影をつくるか?で見た感じの印象って変化するんです。

影をつくるには窪ましたり、覆ったりすると出来ます。

玄関へのアプローチの階段は、影を設ける事で印象を与えています。

また、お逢いましょう。

2019年7月28日 / アート お知らせ 社屋

6月から2ヶ月にわたり開催させていただいた「EVIL’S
Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」皆さまのおかげを持ちまして、本日、終了致しました。

エクリュでお住まいなどを建てていただいたオーナー様ご家族の暮らしを高めて行かれる事に使っていただきたいと考えて3年前に設けたエクリュ・ギャラリー。

この度、その趣旨をご理解いただきご協力いただいたTOMOTAKAさんをはじめ全ての方々に深く感謝致します。
おかげさまで、本当に素敵な2ヶ月間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

昨日は、TOMOTAKAさんご夫婦をはじめ、キュレーターでもある安穏の家オーナー様ご夫婦、エクリュスタッフ一同と一緒に打ち上げをさせていただきました。

その中のお話でも、「今回のこのメンバーでまた再び集まりたいね!」とか、「定期的に集まらないか?」など嬉しいお声が上がり、感謝の言葉も見つかりません。

今日、シャンデリアの中から姿を消したアリストテレス(ドラミちゃん)。
失ってから気付くTOMOTAKAさんの絵画の持っている力でした。

ギャラリーとしての微力さを痛感すると共に、それだけに皆さまのご協力のおかげで、とても素晴らしい絵画展が開催出来、終了出来た事に深く感謝致します。

本当にありがとうございました!

模型をつくる

2019年7月27日 / ご提案 (仮称)越前町の家

模型が完成しました。

今回も難しかった・・・
という事は、実際の現場も難しいという事か?

弊社では新築住宅の建築模型を作成しています。
中々、図面では解り難かったり、伝わりにくい事も、模型でご理解いただければと思っているからです。

また、軒の深さによる、日の差し込み方なども分かる模型もあります。
今回も太陽光の差し込みなどが分かる模型にしました。

学生さんは、そろそろ夏休みなのでしょうか?
僕はと言うと、お恥ずかしい話、普通の休みも中々取れずじまい・・・
でも、夏休みの宿題のような事をしているでしょ!(笑)

夏休みの宿題で、模型をつくりたい方。
手伝いますよ!(笑)

整理する≒シンプル

2019年7月24日 / ご提案 ファサード(正面外観) 双幸の家

わざわざ設けた、少しの垂れ壁。

形状をシンプルにするなら、出来る限り描く線の本数を減らせば良い。
でも、そうでもない。
なぜなら、シンプルとは、形状だけを示す言葉では無いから。

考え方や、役割などをシンプルにしていく事でも、実際にシンプルに観えてくる。

複雑で多様、様々な要因や使い方などが存在する住宅は、どうしても複雑になりがち。
それを整理して(考え方など)シンプルにまとめて行くのが、エクリュのお仕事。

H・B・T・Y

2019年7月21日 / アート お知らせ ご提案 社屋

現在、弊社2階ギャラリーにて開催中の絵画展「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」です。

実は昨日、その作家さんであるTOMOTAKA Hiroyukiさんの誕生日でした。
そして、今日、エクリュ・ギャラリーにお越しいただきましたので、ささやかながら誕生日のお祝いをモンモランシーさんのロールケーキでさせていただきました。

本当は、昨日もパティスリー ル・タニさんのケーキをこっそり準備していたのですが、TOMOTAKA Hiroyukiさんがお忙しく、会えなかったので、自分で食べてしまいました。
おかげさまで二日連続のケーキにありつけました!

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki

その会期中に一緒にお誕生日をお祝い出来たのは幸いでした。

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)
エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
是非お立ち寄りくださいませ!

事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ。

2019年7月20日 / カラースキーム (仮称) 足羽の家

今日は、(仮称)足羽の家の発注承認打合せの為の前打合せを、弊社にて行いました。

途中、外壁を決めようという事で、歩いて現地へ。
足羽なので、弊社から歩いて行けます。

外壁など、外回りの色を決める時は、現地で決めていただくようにしています。
色は対比で決まります。
周辺環境が持つ色合いの中で、新たに加わる色の見え方が決まるので、現地で決めていただいた方がイメージ通りになるからです。

今回、グレートーンをイメージされてカタログから選び、サンプル依頼をしましたが、決定した色は当初選ばないと仰ってたベージュ系の色合いでした。

単色ではイメージでは無かったのですが、周辺環境の中での見え方では、選ばれた色(ベージュ系)が最もマッチしていてキレイに見えたからです。

こんな風に、カタログ段階と、現地で選んでいただく段階で、大きく変化する事は全く珍しい事ではなく、むしろ毎回に近いのです。
それは、カタログを現地で見ている訳でないので、当然と言えば当然の事です。

今回も、やっぱり、当初と大きく違う結果になりました。
そして、とても良い雰囲気になる事が観えて、とても安心しました。

はなちゃん、うたちゃん、ありがとう!

2019年7月15日 / アート ご提案 社屋 舞優の家

お花をはなちゃんたち(お施主様)からいただきました!
本当にありがとうございます。

とても良い香りが、弊社にほのかに漂います。

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)

エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
是非お立ち寄りくださいませ!

過去の記事