ブログ

「収納」の記事一覧

ホームパーティーをしませんか?

2019年12月17日 / アート ご提案 収納 安穏の家 遊び心の家

僕は分譲マンションの設計をしていました。

分譲マンションは商品です。
どうやれば売れるのか?
どんな部屋にすれば売れるのか?
そこが重要です。

だから、「暮らしやすさ」というポイントでも、購入される(プロではない)一般の方が、暮らしやすいと感じられる必要があります。

僕は、分譲マンションに住まれている方で、モデルルームのように美しく住んでおられる方にお会いした記憶がありません。
モデルルームのような、もしくはそれ以上の素晴らしい家具や調度品をお持ちの方のお住まいにお邪魔した事は、何度かあります。
しかし、モデルルームの状況のままで暮らしておられる方のお住まいに伺った記憶はありません。

「暮らすと物入りだから、モデルルームのようにはいかないね!」
皆さま、そう仰います。

「モデルルームのようには暮らせない」
僕はその理由のひとつを知っていました。
そこで、ご縁があった福井に来て注文住宅の設計をさせていただく時に、その理由を解決して、暮らし続けてなおモデルハウスのように維持できる家を考えました。

その理由とは、「マンションは商品である」というポイントです。
それは建売住宅でも同じことが言えます。

商品は売れる事に意義があります。
売れてこそ商品。
売れなければ、在庫品やひどい場合にはゴミになってしまいます。
買うのはお客様。
だからお客様に買いたいと思っていただく必要があります。

多くのお客様が欲しいと思うポイント。
多くのお客様に分かりやすくご納得のいきやすいポイント。
商品である以上、上記の内容は外せません。
どれだけ良い物でも、一定量、売れないと意味が無い。
それが商品の限界でもあります。

戸建て住宅だと「一定量」というファクターが外れます。
お施主様さえご理解・ご納得いけば「良い物」のご提案が出来ます。

「これで、モデルハウスの様な空間の中で暮らし続けていただける!」
そう思いましたが・・・
点検に伺うと、中々それが難しい現実を見せつけられます。。。

何がいけなかった?
どこがダメだった?

ひとつは、「十人十色」の意味合いに深みが無かった事でした。

つまり、使い方や動線、暮らし方が人ぞれぞれである事は知っていましたが、「人それぞれ」の深みが足りていなかった事。

もうひとつのポイントは更に重要なポイントなのですが・・・
それは、お施主様ご自身も、ご自分の事をそれほど深くご理解されていない事です。

“Temet Nosce”
「汝、自身を知れ」

上の写真は1999年に発表された映画「マトリックス」のワンシーンです。
自分を知る事って意外に難しいんですよね。
そもそもカガミが無いと、自分の姿も見る事が出来ない訳ですから、自分の事は中々自分だけでは分りにくいものです。

だから、住まいづくりにおいてもその事で誤った情報を設計者に発信してしまう事もあるだろう。
その事の積み重ねが、「モデルハウスの様な空間の中で暮らし続ける」事への道のりから遠ざけている事に気づきました。

先日、我が家で行った忘年会は、皆さまのお力添えあって、とても豊かで楽しいステキな忘年会(ホームパーティー)になりました。
食材もメニューも、おしゃれでゆとりのある本当に豊かな物がテーブルを埋めました。

「きっと家を建てたら、本当はこういう事をしたいんだよね!」
そう仰ったのは安穏の家のオーナー様。

我が家の場合、ホームパーティーをするのはそんなに大変な事ではないので、時々します。
お施主様やオーナー様、友人や仕事仲間など、様々な方にお越しいただき、ホームパーティーをします。

ホームパーティー好き?なのかも知れませんが、むしろ大きな要因は、いつも基本的に片付いて、掃除さえすればお招きする事が出来るところにあるのだと思います。
また、掃除機もかけやすい様に、床に物をあまり置いていません(我が家では掃除をしない人ほど、床に物を置きますが・・・)。
とにかく、家事がラクになる様に工夫している事と、片付きやすい様に工夫しているおかげでいつも片付いている事が、ホームパーティーを開く事が苦になりにくいのだと思います。

ダイニングの照明は、演色性の高い器具を設置しています。
その事も、料理がよりおいしそうに見えてテンションがあがります。

また、ホームパーティーを繰り返すので、そのクオリティもあがっていきます。
器など料理を演出する物も揃っていきます。

この循環を生む最大のポイントは、「暮らしやすさ」と「美しさ」にあります。

カッコイイお家を建てて友だちを呼びたい。
多くの方が思われる事でしょう。

しかし、現実には、、、
友達を呼ぼうと思うと物が多すぎて片づけなきゃ・・・
掃除が行き届いていないからムリだ。。
みたいな感じになるのが多いのではないでしょうか?

カッコイイお家である事はもちろん。
機能的で家事が楽でないと、実は友達を気軽に呼ぶ事が出来ないのです。
しかも、その「機能的」という意味には、かなりの深みが必要である事が、僕の経験上、言えます。
「十人十色」の意味を深める事。
またお施主様ご自身も気付かれていない「十人十色」のポイントを一緒に知っていただく事(汝、自身を知れ)。
その事が、理想の暮らしを手に入れる為に、不可欠なファクターである事は、僕の経験上、確実に言えます。

我が家(遊び心の家)でホームパーティーをしませんか?
もしくは・・・
ホームパーティーの出来る家を建てませんか?

オシャレな家にしたい!

2016年8月15日 / ご提案 収納

「家を建てるなら、オシャレな家にしたい!」
そう皆さん思われるのではないでしょうか?

最近はメーカーさんの材料や商材を組み合わせるだけでもある程度オシャレになる様になったと感じます。
デザイン性や美しさへのニーズが高まり、例えばメーカーさんの商材を、深澤直人さんやnendo、GKデザイン機構など世界的に有名なデザイナーやデザイン事務所などが携わっている事も珍しくなくなりました。
その為、普通にメーカーさんから発売されている建材を組み合わせるだけでも、ある程度安価である程度オシャレな家にできる様になりました。

オシャレな家にする事は、比較的簡単になりましたが、オシャレな暮らしを続ける事は、工夫が必要だったりセンスが必要だったりと、そんなに簡単ではありません。

家は美術館やギャラリーとは違い、日々の生活がそこには存在し、物が増えたり散らかったりする日常生活が存在します。

比較的簡単にオシャレな家が手に入る様になったからこそ、簡単にオシャレにしちゃうと、住んでしばらくすると見る影もないなんて事になりやすいので、良く検討してお住まいを計画する必要があると思います。

住まいづくりで最も大切な事は、自分達家族を良く知る事に尽きます。

例えば、あなたは何枚シャツを持っていますか?また、何足靴を持っていて、いつも履く靴は何足ありますか?
そう聞かれてすぐに答えられる方は、もしかしたら容易にオシャレな暮らしまでも得る事が出来る方かも知れません。
でも、今まで打合せさせていただいた経験上、すぐにお答えいただける方は中々おられません。

もし、服の枚数を知らずにオシャレな家を建ててしまったら、オシャレなリビングの窓際などにクロゼットからあふれたシャツがのれんの様にかけられてしまうかも知れません。
もし、靴の数を知らずにオシャレな玄関をつくってしまったら、高価な海外性の床タイルが見えないくらい、玄関土間を靴が埋めてしまう事になるかも知れません。

この様に、自分達の持っている物の数を知らないだけで、オシャレな暮らしから遠ざかってしまうかも知れません。

物の数もそうですが、自分達の暮らし方や癖、時には人生設計までも、自分達の事をより深く知る事で、自分達にとっての住み良い住まいに近づき、オシャレな暮らしを続けるられる様になります。

打合せでよく耳にするセリフに「新しい家になったらキレイに生活します。」や「新しい家に引っ越す時、断捨離します。」などがあります。

これは大いに間違えた考え方だと、その後の結果から強く思います。

学生の頃、新しいノートの書き始めにゆっくりキレイな字で書いた経験はありませんか?
そんな経験をお持ちの方にお聞きします。
最後までその字のまま書き終えたノートが一冊でもありますか?

家を建てるって事は、とんでもなく非日常的な出来事かも知れません。
しかし、その家に暮らすって事は、至極日常の事です。
ここに大きなギャップがある事を知り、対処する必要があります。

今日出来ていない事は、家が変わっても出来る可能性は非常に低いと知って下さい。

そういう意味でも、自分達の事を冷静に良く知る必要があります。
住まい造りは、自分を知る事に尽きます。

先ずは、自分達の持ち物に何がどれくらいの量を持っているのかを書き出してみてはいかがですか?

過去の記事