ブログ

「実績紹介記事」の記事一覧

花・空気

2019年5月17日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の打合せでした。
お花を持って来ていただきました!
お花をプレゼントされる方って、オシャレだと思いませんか?

フレンチラベンダーです。

花を活けると、空間が華やかになり、空気が整うと感じます。
弊社もキレイな空気になりました!

ありがとうございます(笑)

EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki

2019年5月15日 / アート お知らせ ご提案 社屋

2019年6月1日(土)11:00から
弊社の2階(エクリュ・ギャラリー・スペース)にて
絵画展を開催させていただく事になりました。

弊社の2階では、皆さまの暮らしを高めるご提案を行っております。
今回、その第二段。
皆さまのおかげを持ちまして
「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」
を開催させていただく運びになりました。

スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

実際のところは、レセプション(6/2)やトークショー(6/29)などで友高氏からお聞きいただければ幸いかと思いますが、館長である僕から友高氏の作品への印象について少しだけ書かせていただきます。

いつお会いしても優しく親しみやすい笑顔の友高氏。
人を引き付けるその印象からはある意味、真逆にも思える、一見取っ付き難い作品。
しかし良く観ると哲学的な深みの中に、チョットやんちゃで親しみやすい、まさに友高氏が観えてきます。

以前、スタジオジブリが映画のコピーを決めるにあたり、先ずアイデアを出し切る作業をし、出し切った後に出てくる言葉を採用すると聞いた事があります。
ブレインストーミングとは少し違いますが、どんどんアイデアを出し、そして出し切るまで待つそうです。

ある友人の話です。
その友人は池で溺れた経験があり、その時のお話です。
泳ぎが不得意ではないはずが、服を着ているせいか這い上がろうともがけばもがくほど、池の底に引き込まれていったそうです。
「もうダメかも知れない・・・」
そう思った瞬間、身体から力が抜け、そうすると自然に水面に身体が浮き上がった。
無事助かった彼から、そんな話を聞きました。

もしかすると、スタジオジブリがしている事も、これとよく似ているのかも?
僕はそんな風に思えました。

人は力が入っている間は、あまり正しくない(?)
「正しい」という言葉が正確ではないですが、その人らしくないと言うか・・・

「人を含め、あらゆる生物は、生まれながらに自分自身で自分自身として生きていける能力を備えている」
日頃から僕はそう考えています。

力が抜けて、自分らしさに近付けた時。
それに勝モノはどこにも存在しない。
なぜなら、自分は唯一無二の存在だから。

これは僕の理論ですが、友高氏が同じような作品の作成プロセスをとられている事に、とても興味がわきました。

友高氏は、絵を描く前にたくさんのスタディを描かれます。
ただ、それはスタディでは無いそうです。
自分の意識に上がってくるものを出し切る作業であって、一般に言うスタディとは違うそうです。

「意識を出し切った先の無意識のエリアにjah(神)が宿る」

本当のところは、友高氏に直接お聞きいただければと思います。
あくまでも僕の印象です。
ご参考まで!

さて、令和1年6月1日(土)11時から、「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」が開催されます。
多くの方々に足をお運びいただけましたら幸いです。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki
2019/6/1 sat ~ 2019/7/28 sun
11:00-17:00
(定休日:水曜日)

Reception
2019/6/2 sun 17:00~

Talk Show (JYOUMON Yuki × TOMOTAKA Hiroyuki)
2019/6/29 sat 18:00~

———————————————

株式会社エクリュ Ecru Societe
〒918-8002 福井市左内町9-17
https://goo.gl/upYqRq
☏ 0776-36-9001
é-mail info@ecru-arc.co.jp

お車をご利用の方
https://goo.gl/hxRQcQ
駐車場は①②⑤⑥をお使いください

———————————————

水屋

2019年5月14日 / 社屋 (仮称) 足羽の家

(仮称)足羽の家のお施主様にいただいた水屋(食器棚)。
きっと昭和の初め頃の水屋か?
かなり古い水屋です。

先日、良く伺う滋賀県にあるギャラリー(季の雲)で、古道具屋展が開催されていて、妻に「必ず行きたい!」と懇願していました。
お目当ては古い箪笥や水屋。
でも、開催期間中、どうしても時間が取れず伺う事が出来ませんでした。。。

そんな中、この水屋をいただく事になり、何とも本当に有難い事でした。

弊社2階のエクリュ・ギャラリーにて
2019年6月1日から絵画展を予定しております。
また、その後、陶芸展も引き続き予定をしているので、その際にはこの水屋に展示をさせていただこうと考えています。

アプローチの仕方もデザイン

2019年4月29日 / 舞優の家

先日お引渡しさせていただいた、三郎丸のリフォーム。
今日は外構が出来ました!

イメージ通りの仕上がりで、良かったです。

表札も外構と一体的になっていて、お店みたいです。

まもなくお引渡しです。

2019年4月25日 / 舞優の家


まもなくお引渡しです。

オーナー様(弊社で新築していただいたお施主様)以外のお住まいをリフォームさせていただくのは、10年以上前にさかのぼり、本当に久しぶりでした。
リフォームをお受けしないという訳ではなのですが、弊社の仕組み上、色々とお願いしている事などがあり、その事もありオーナー様以外のリフォームは久しぶりとなりました。

皆さまのおかげをもちまして、まもなくお引渡しです。
ありがとうございます。

弊社のお住まいづくりのお手伝いの仕方や考え方からは、リフォームのご提案はとても適していると思いました。

新築の場合でもそうですが、弊社のお住まいのご提案は、カーナビゲーションシステムと同じ方法をとります。
つまり、先ず、現在地を把握。
それから目的地を設定して、そこまでの道のりを検討します。

お住まいのご提案でいう現在地とは、今現在の暮らし方などを示します。
そういった意味で、リフォームは、現在地が明確にしやすいと感じました。

現在地が明確であるので、そこから暮らしを高めていくご提案をやりやすい環境にリフォームはあります。
使い勝手など機能性はもちろん、上の写真のように借景(アジサイ)など現状を把握しているからのご提案もやりやすい上に、お施主様のご理解も得やすいと感じました。

まもなくお引渡しです。
皆さまのご協力、本当にありがとうございます。

彩雲

2019年4月20日 / 健承の家

今日は健承の家の二年点検でした。

おかげさまでとても状態は良く、大切に住んでいただいているのがすぐに分かり嬉しかったです。

外壁や屋根の点検中、500羽は超えるかと思われる鳥の群れが横切りました。
そして、そこに残るは彩雲。
虹色の雲です。

とても珍しい現象で、見ると幸運が訪れるとも言われているようです。

お引越しでした。

2019年4月19日 / 招彩の家

今日は招彩の家のお引渡しでした。

お引渡しでは2時間ほどお時間をいただき、キッチンやお風呂、床暖房などなど器具の仕様の仕方などをご説明させていただくお時間もいただきます。

招彩の家の奥様。
小学生の頃から理想のお住まいを考えてこられたそうです。
そして、今日、それがカタチになって、「明日から考えなくて済むんだ!」って思うと寂しくて・・・と仰ってました。
小学生の頃からですからねぇ~。
僕らも毎日のように通った現場に行かなくなるのは、少し寂しい気持ちになりますが、小学生の頃から続けて来られた事に節目を迎えるのは、想像もつかない程の事でしょう。

でも、お住まいはカタチになって終わりではなく、暮らしを詰め込んで、ずっと続いていくものです。

多くの方々は、暮らしが日常化して単調になり意識にもあがって来なくなってしまったりもするとお聞きしますが、弊社のお施主様の多くの方々は住みはじめてからも更に暮らしを充実させられる方々が多くおられます。
季節でインテリアのイメージを変化させたり、花を生けたり。
部屋に飾る絵を入れ替えたりもされます。

6月からは、弊社の2階ギャラリーにて、絵画展を再び開催する予定にもなっております。
オーナーズ・サロンや2階ギャラリーをご利用いただいたりもして、暮らしを更に高める工夫をし続けていただけましたら、本当に嬉しく思います。

今日は招彩の家へオーナー様ご家族はお引越しです。
くれぐれもお疲れの出ませんように!
今後とも末永くよろしくお願い致します。

間もなく完成。

2019年4月14日 / 遊び心の家 舞優の家

今日は遊び心の家にて、(仮称)三郎丸のリフォームのお施主様と蕎麦打ちをしました。

間もなく完成を迎える(仮称)三郎丸のリフォームですが、最後の打合せを兼ねて、今日は我が家で蕎麦打ちをしました。

前回の打合せの際、打合せが終わって食事をご一緒にと思ってお誘いしたら、お忙しいところお時間をいただいており・・・午後からご予定があった為、ご一緒できませんでした。
いつも聞き分けの良いお姉ちゃんまでが、ショックを隠し切れず、思い付きでお誘いしたばっかりにとても残念な気持ちにさせてしまいました。
ご主人や奥様にも(お子様を宥めるなど・・・)ご迷惑をお掛けしてしまいました。。。

そこで、ちゃんと前もって予定を組んで食事をご一緒しようと今日の日になりました。
この度は、お子さんたちが一生懸命に参加して殆どの工程を楽しんでしてくれたおかげで、無事、お昼には打ちたてのオイシイお蕎麦を食べる事ができました!

もちろん、ご主人と奥様もお手伝いいただきました!(笑)

お蕎麦も完成しましたが、お住まいも間もなく完成です。

見積図書

2019年4月12日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の見積図書の打合せを行いました。

見積図書とは、見積書を作成するに当たり基準となる図面の事を言います。
今日はその図面で、見積をする内容の確認を致しました。

見積をする内容が多ければ多い程、図面の枚数も増えます。

ご承認いただいた図面などから見積を開始致します。

建て方

2019年4月11日 / (仮称) つくし野の家

今日は建て方でした。

建て方とは構造体を一気に組み立ててしまう工事を言い、屋根まで作ってしまいます。
棟上げなどとも言います。

ここ最近、4月に入ってから、安定に無い荒れた天気が続きましたが、今日は天気にも恵まれ、皆さまのおかげをもちまして工事を順調に進めることが出来ました。

日頃の運動不足からか、建て方があった次の日はいつも筋肉痛で・・・
お風呂に入ってゆっくり休むことにします(笑)

お施主様をはじめ今日は皆さま本当にありがとうございました!

過去の記事