ブログ

「(仮称)三十八社町の家」の記事一覧

「得」より「ニーズ」(得もニーズ)

2020年9月12日 / (仮称)三十八社町の家 想像力の家

今日は午前中は鯖江にてオーナー様と打合せ。
午後からはパナソニックさんのショールームにて(仮称)三十八社町の家のお施主様に住宅設備などをご覧いただきました。

住宅設備(キッチンやユニットバス)などは、どれを選択されるかで大きく金額が変化します。
倍半分では効かないくらいの事も珍しく無いので、お住まい全体の金額にも大きく影響を与えます。

また文字通り、住宅の設備なので、暮らし方などにも大きな影響(貢献)があり、皆様、選ばれる際は真剣です。

住宅設備に限らず、どんな物を選ぶ際でも言える事ですが、重要なポイントは費用対効果にあると思います。
すごく値下がりする事に価値を置く価値観も存在するのでしょうけど、そう言った外的要因は一旦置いておいて惑わされる事なくご自身にとっての費用対効果をゆっくりご検討いただければ幸いです。

『お得」に惑わされず「ニーズ」を見極めていただきたいと思います。

見積図書

2020年9月6日 / (仮称)三十八社町の家 (仮称)舟橋新2の家

今日はお時間をいただき、(仮称)三十八社町の家の打合せをさせていただきました。

打合せの内容は、見積図書の作成にあたり、収納などの再確認と照明器具やコンセントなど、電気工事関係の確認をいただきました。

見積図書とは・・・

弊社は、原価オープン方式の見積書を作成し、打合せしています。
原価オープン方式を採用している理由は、出来る限り「ヤマカン(勘でやまをはる事)」に頼るのでは無い「選択」をしていただく事での、「価値観」が落とし込まれたお住まいづくりを推奨している為です。

「選択」は、費用対効果が明確になって可能となります。
費用対効果が明確になってニーズ(要望)に落とし込めます。

原価オープン方式の見積書を作成する場合、当たり前ですが、どうやってつくるかまでが明確である必要性があります。
どんな材料をどの様に組み合わせてカラチにするかが分かって正確な金額を出す事が出来るからです。

見積図書は、見積りをする為に、どんな材料でどの様につくるのかを示した図面集などを示します。

今日は見積図書の作成にあたり、その方向性やスケジュールなどを打合せさせていただきました。

今日も仕事の〆は、(仮称)船橋新2の家の現場でした。
おかげさまで、ファサードの外壁は殆ど貼り終え、玄関廻りを少し残すところまで進みました。

いつも通り、日が落ちた頃を見計らい、水やりをしました。

エクリュが出来る事

2020年8月23日 / (仮称)三十八社町の家

今日は朝からリクシルさんのショールームにて、住宅設備などの説明を聞いていただきました。

住宅設備などとは、システムキッチンやユニットバスなど水まわりの設備の事です。

住宅設備の選択の違いで建物の工事費が大きく変化する場合があります。
なぜなら、住宅設備は数倍から十倍ものコストが違ってくる場合もあるからです。

ですので、プライスレスな部分はそれとして、出来る限り費用対効果を明確にして、ご判断いただきやすい状況をご用意するのが弊社の出来る事です。

今日はリクシルさんのショールームにてご検討などいただきました。
ありがとうございました。

こんな機会だから

2020年8月22日 / (仮称)三十八社町の家

今日は、クリナップさんのショールームにご同行させていただきました。

クリナップさんは、ステンレスキッチンで有名なメーカーさん。
最近は機能性のみならず、独自性の高いデザインの商材もあり、人気の高いメーカーさんです。

お時間をいただき、キッチンなどのご説明をお聞きいただき、ありがとうございました。

それぞれのメーカーさんに特徴があり、お住まいを検討されるタイミングしか、きっと行く事の無い住宅設備のショールームなので、時間があれば出来るだけ様々なメーカーさんのショールームをご覧いただけると幸いです。

明日はリクシルさんにて、住宅設備などのご説明をいただきます。

通常営業を開始しました。

2020年8月17日 / (仮称)三十八社町の家 (仮称)舟橋新2の家

今日から通常営業を開始致しました。

お盆休み中は、何処にも行かず誰にも合わず、ずっと家にいてゆっくり休みました。

今日は早速、朝一から(仮称)舟橋新2の家のユニットバス施工を確認。
大工さんとも2階の框の納まりを確認しました。

9時に出社。
10時からの打合せの準備をして、10時から(仮称)三十八社町の家の収納などの打合せを行いました。

「収納を制する者は、暮らしを制する」

休み中未然に、お施主様が、収納の検討をしていただいたので、とてもスムーズに打合せが進みました。
ありがとうございました。

お住まいが、建って直ぐ美しいのは当然の事。
住み続けてもキレイが保たれる空間である必要がある。
その為には、ノウハウと暮らしを高め続ける想いが不可欠です。
今日は、(仮称)三十八社町の家のお施主様と一緒に、より良い収納計画を検討しました。

夏休みの工作

2020年8月14日 / (仮称)三十八社町の家

弊社はお盆休みをいただき、夏季休暇中です。
ご不便をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

今年のお盆は、コロナ禍にあり、不要不急の移動を自粛して、また寂しいですが家族も帰省する事なく安全に配慮して過ごしています。

弊社では、スタッフに、指定された地域「不要不急の往来を控えていただく地域」及び、「感染が拡大している地域(※感染拡大注意地域)」への不要不急の往来は自粛していただけるようお願いすると共に、往来された場合は、2週間以上の自宅待機(出社しない事)をお願いしています。

そんな事で何処にも行かないので、今日は出社して模型づくりに励みました。

ちょうど、夏休みの工作の様です(笑)。

思い返せば、大学時代も、夏休みはせっせと課題の模型を製作していました。

電話も鳴らないし、来客も無い。
マイペースで模型製作が出来、捗りました。

完成したので、また家に帰って寛ぐ事にします。

※「感染拡大注意地域」
…直近1週間の10万人あたり感染者数2.5人以上の都道府県

過去の記事