ブログ

「(仮称)芝原1の家」の記事一覧

住む方の価値観をお住まいに落とし込む、弊社独自の打合せ

2020年10月25日 / (仮称)芝原1の家 (仮称)舟橋新2の家

今日は朝から(仮称)芝原1の家の契約でした。

弊社の契約書は、とても厚みがあります。
弊社は原価オープンの見積り方式を採用して、費用対効果を明確にし、それぞれの方々の価値観がお住まいに落とし込めるシステムをとっています。
その為、どうやって作るのかまでが明確になる様に、図面もたくさん描きます。
出来る限り費用対効果が明確になる様にした結果、契約書が分厚くなると言う訳です。

契約書の厚みは、ご検討いただいた内容と比例しています。
たくさんのお時間をいただき、たくさんの内容をご検討いただき出来た契約書です。

早速ですが、発注承認の打合せもお願いしました。

発注承認の打合せとは、発注を控えた内容に関して、ご契約いただいた内容のまま発注しても良いかを確認させていただく打合せの事で、原価オープンの見積りにて契約する弊社が、独自にさせていただいている打合せです。

ギリギリまでご自身の価値観にお住まいが一致しているのかをご検討いただく仕組みです。

夜は(仮称)舟橋新2の家の外構(庭など)の打合せをさせていただきました。

(仮称)舟橋新2の家は、緑が部屋などから見える暮らしがひとつの特徴です。

木々がある風景が、暮らしをとても豊かに彩ってくれます。

建物の打合せは前回、全て完了。
今日は庭などの打合せをさせていただきました。

皆さまのご協力をいただき、楽しい庭になります様に!

お住まいに価値観を落とし込む。

2020年9月13日 / (仮称)芝原1の家

今日は(仮称)芝原1の家の仕様調整打合せを行いました。

弊社は原価オープンの見積り方式を採用しております。
原価オープンの見積り方式とは、弊社の利益をオンしていない金額を表示した見積りです。

どうして原価オープンの見積りを採用しているのか?

このご説明はとても難しいのですが、一言で言うとニーズを出来るだけ正確にお住まいに反映させたい旨がそこに込められています。

ニーズは、費用対効果が明確になる事で図る事が可能になります。
またニーズは、全ての物事が比較できる環境があって図る事が可能となります。

その為、原価オープン方式の見積りを採用しております。
詳しくは、お会いした際にご説明させていただきます。

その原価オープンの見積りが、効果を発揮するのが、今回の打合せ「仕様調整の打合せ」です。

様々なファクターを比較して、入れ替えを繰り返す事で、徐々に必要なところに必要な費用が流れて、不要なところは出費を抑えられて行きます。

そうする事で、住まわれる方の価値観がお住まいに落とし込まれて行きます。

今日の打合せの為に、お施主様がご検討された事を書き込んでいただいた図面の一部をご覧いただけましたら、如何にご自身やご家族の事を熟慮され向き合い、ニーズに落とし込もうとされたかが、容易に観て取れる事と思います。
(間取りはプライベートな事なので、全体をお見せ出来ないですが、ビッシリとご検討内容が記載されています)

お住まいに価値観などを落とし込んでこそ、住まわれる方にとって住み心地の良いお住まいとなります。
しかし、それは決して容易な事では無いかも知れません。
それでもご自身やご家族の価値観などを、お住まいに込めようとお施主様が試みられる限り、弊社はそれをお支え致します。

原価オープン方式の見積りには、その想いと覚悟が込められています。

今日も一日、打合せいただきありがとうございました。

貸し切り

2020年9月9日 / (仮称)芝原1の家

いつも予約が詰まっているリクシル福井ショールーム。
ですので、いつ行ってもお客様がいっぱいですが、今日は貸し切り。
ショールームがおやすみの今日、営業さんのご協力で、住宅設備などを見せていただきました。

NEEDSをカタチに。

2020年8月29日 / (仮称)芝原1の家 (仮称)舟橋新2の家

今日は(仮称)芝原1の家の第一回目の仕様調整打合せを行いました。

弊社は、エクリュ原価オープンの見積りにより、仕様調整の打合せを行います。
(エクリュ原価オープンの見積りは、工事時期のご予約をいただいた方のみのサービスとなっています)

原価をお伝えするのは、お住まいにお施主様の価値観を反映させたいとの考え方からです。

価値観は、費用対効果が明確になる事で、観えてきます。
逆に言うと、WANTS(欲しいと言う衝動)のみで選んだ場合、顕在化した価値観は反映されていません。
費用対効果を検討した、NEEDSでの選択の積み重ねが、価値観の反映となり得ます。
また、平等な条件で比較できる環境があってこそ、お施主様の価値観の落とし込みが可能となります。

何処まで行っても、完璧に価値観を反映させた自分たちらしい住まいをカタチにする事は、困難を極めるでしょう。
しかし、だからと言って諦めてしまっていては、いつまで経っても自分たちらしい暮らしの実現は出来ず、つまりは住み心地が良かったり、ストレスが少なく自分たちの暮らしに合った住まいにはつながらない事になってしまいます。

ですので、お施主様が選択をしようと試みられる限り、エクリュは選択出来る環境を整え続けます。
それが原価オープンの意図であり、エクリュが出来る事です。

「NEEDSをカタチにする」
つまりは、「汝、自身を知る」

エクリュが大切に考えている事のひとつです。

今日も仕事の〆は、水やりでした。

キッチンの選び方

2020年8月11日 / (仮称)芝原1の家

今日は(仮称)芝原1の家のお施主様と、TOTO福井ショールームにて住宅設備の見学をしました。
住宅設備とは、システムキッチンやユニットバスなどを示します。
ちなみにTOTOさんは、ユニットバスを発明した会社さんでもあります(ユニットバスは東京オリンピックの時、日立とTOTOが工期短縮の為、共同で開発)。

皆さんは、どんな風にキッチンやユニットバスを選びますか?
デザイン性とコストで選ばれますか?
それとも、使い勝手を吟味されますか?
掃除のしやすさが重要でしょうか?
長持ちさせる耐久性でしょうか?

その他にも様々な選択のポイントがあって、どう決めれば良いのか分からなくなる方もおられるのではないでしょうか?

先ずは特徴を知る事から始まります。
今日、お時間をいただき、福井にある住宅設備などのメーカーさんの最後のショールームを巡らせていただきました。

カタチになるという事

2020年7月29日 / (仮称)芝原1の家

現在、見積もりの為、協力会社さんと打合せ中の(仮称)芝原1の家です。
見積もりの打合せの為、見積図書を作成するのですが、それに加えて模型も作成します。
模型だと、食い違いも減ります。

またお施主様にも、お分かりいただきやすく、重宝します。

模型に出来るという事は、図面が正しい事も意味します。
図面に食い違いがあると、模型などカタチには出来ない(辻褄が合わない)部分が発生する筈ですから、カタチになるという事は、図面の食い違いが、外観上は存在しないって証拠にもなります。

今日は(仮称)芝原1の家の模型が完成しました。

窓からこぼれる灯り

2020年7月27日 / (仮称)芝原1の家 遊び心の家 双幸の家 歩先の家

暗がりに灯りを見つけると、人の営みが感じられ安心する様に、家からこぼれる灯りなどは、街に影響を与えます。

色温度2700Kを下回る灯りは、暮らしの温もりを感じ、安心感を得ます。

道ゆく人が見上げて、少し癒される。
そんな事で住む街が良くなると嬉しいですね!

CSR(Corporate Social Responsibility)と言うと大袈裟と言われるかも知れませんが、実は、些細な事の積み重ねがとても大切なんだと僕は思います。

この場合のCSRのCはCorporateでは無くて、Citizenですね!


前回の(仮称)芝原1の家の打合せでは、窓からこぼれる灯りの打合せを行いました。

越前焼 夏の陶芸まつり

2020年7月24日 / (仮称)芝原1の家 (仮称)舟橋新2の家

今日は、昨日の打合せ内容(仮称:芝原1の家)を確認・図面修正など行った後、(仮称)舟橋新2の家の現場などに行き、大工さん・塗装屋さんと打合せ、現場の養生などを行いました。

夕方から打合せがあったのですが、時間を見つけて、ご案内いただいていた西武福井店・本館6階・催事場にて開催されている、「福井WAZABI 越前焼 夏の陶芸まつり」に行ってきました。

「福井WAZABI 越前焼 夏の陶芸まつり」は、西武福井店 本館6階催事場にて、7月23日(木)〜29日(水)10:00-19:30(最終日は19:00まで)開催されています。

弊社のギャラリーにて展示していただいた、片山裕二さん(ツキミノキヨラク)も出店されています。

陶芸村でのイベントなど、様々なイベントが中止される中、久しぶりにイベントに伺った気がします。

マスクや手洗い・消毒など、コロナ感染防止策をシッカリ心がけて、伺われてはいかがでしょうか?

「福井WAZABI  越前焼 夏の陶芸まつり」
西武福井店 本館6階催事場
7月23日(木)〜29日(水)
10:00-19:30(最終日のみ19:00まで)

西武福井店〒910-0006 福井県福井市中央1丁目8−1
0776-27-0111

黄色いイス

2020年7月23日 / (仮称)芝原1の家 面積(広さ) 歩先の家

今日は(仮称)芝原1の家の見積図書の打合せを行いました。

見積図書とは、見積りを行う為の図面集などを言います。
見積り提出の前に、見積りの内容を見積図書を使ってご説明。
見積り内容をご確認いただくのが、今日の打合せの目的です。

朝から夕方まで1日お時間をいただき打合せさせていただきました。
お忙しい中、長時間の打合せをありがとうございました。

打合せが終わり、今度はインナーテラスのイスが届いたとの事で、歩先の家におじゃましました。

玄関先のニッチには、福井を代表するアーティストの松崎真一氏作の観音像が飾られて、とても素晴らしい空気感をつくっていました。

インナーテラスに設置するイスは、オーナー様と時間をかけて色々思案し決めました。
それだけに、とても楽しみに伺いました。

インナーテラスにイスなどを設置するか、しないかでは、リビングの広さに感覚などに大きな違いが発生します。

イスや目線を誘導して目に止まるモノがそこにある事で、イスがあるところまでを同一空間と錯覚させる事が出来るからです。

目線を誘導させるには、目に止まりやすいモノが最適です。
そこで黄色のイスを選択しました。

またハイカラになり過ぎない様に、クラシックでスタンダードなシルエットのイスにしました。

狙い通り、とても良い雰囲気でした!

住宅設備

2020年7月10日 / (仮称)芝原1の家

今日は、コロナ禍で長らく中断していた事もあり、久しぶりに住宅設備のショールームをはしごしました。

住宅設備のショールームは、福井市内にも数社あります。
お住まいをご検討される時しか伺う事が無いだろうと思われる住宅設備のショールームなので、お時間の許す限り見て回られるのも良いかも知れません。
今日は、朝一番からショールームが終了する時間まで、2店舗、はしごさせていただきました。
まるで決断力を試されているかのように、今日は幾度もご判断ご決断いただき、本当にお疲れになられた事と思います。
お付き合いいただきありがとうございました!

過去の記事