ブログ

「(仮称)芝原1の家」の記事一覧

良いも悪いもなく、あるのは選択。

2021年1月26日 / (仮称)三十八社町の家 (仮称)芝原1の家

大雪の後、天気の良い日が数日続き、また皆さまのおかげでかなり現場の雪が減りました。
今日はまた来るだろう寒波に備えて、(仮称)芝原1の家では、道路などの雪を出来るだけ無くすように努めました。

FRP防水工事が先週完了し、今日は防水工事を待ってから設置する掃き出しサッシの設置を行いました。
(仮称)芝原1の家には、幅3Mを超えるサッシがあり、そのサッシの設置の助手を務めました。

サッシなど窓から逃げる熱は、損失する熱の約半分とも言われています。
サッシが大きくなると熱を損失する(つまりエネルギーを使う)リスクが高まるのですが・・・とは言え、暮らしの豊かさは経済性や社会性には留まりません。
住む方のアイデンティティが落とし込まれる芸術性なども、豊かな暮らしに大きな影響があります。

(仮称)芝原1の家は、吉野瀬川の河原に植わる桜並木を眺める事が、重要なニーズのひとつでした。
その為、吉野瀬川の方向には大きく開放されたレイアウトになっています。

もしかしたら(住まいづくりも例外でなく)そこには良いも悪いもなく、あるのは選択なのではないでしょうか?

場所を移して、(仮称)三十八社町の家では、今日は地盤改良工事(柱状改良)を行いました。

地盤改良とは、建物を建てるには地盤の強さが満たされていない土地の際、建物を建てても問題が無い地盤にする為の工事を言います。
地盤の強さと言っても、地表だけではなく、内部にも状況は及ぶので、その内部の状況に合わせて工事の方法なども変化します。
(仮称)三十八社町の家の地盤改良工事の方法は、柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)と言い、土の中を柱(はしら)状に改良土として行く工事となりました。

地縄など

2021年1月21日 / (仮称)三十八社町の家 (仮称)芝原1の家

先日、仮設工事の為、(仮称)三十八社町の家の敷地を見に行った時は、角地で空き地だった為、道路を除雪した雪の山が敷地にまで入り込んでいて、工事に着手出来ない状況にショックを隠し切れませんでしたが、皆さまのおかげで、今日は地縄を張る事が出来ました。

奇跡的に予定通り、今週末、地鎮祭が出来ます。
本当に、ありがとうございます。

また、(仮称)芝原1の家も、おかげさまで順調に現場は進んでいます。

大雪の影響で、どうなる事かと思いましたが、本当に皆さまのお力添えあって、何とか工程にのせる事が出来ています。
本当にありがとうございます。

道路の除雪が進み、現場に行く事が出来ました。

2021年1月14日 / (仮称)芝原1の家

雪で大変な思いをされている方も少なくないのでは?

多くの方々のおかげさまで、道路の除雪もかなり進み、今日、やっと会社から武生の現場に行く事が叶いました。
(今日までは、武生に住んでいる社員に現場に行ってもらっていました)

武生は福井市内に比べると雪の量は抑えられていましたが、それでも例年に比べ多く積もっていました。

おかげさまで、(雪にも負けず)現場は着々と進んでいました。

今日は、現場の周りの雪かきをしました。
毎日、彼方此方で雪かきをしています。
明日も晴れそうで、助かります。

(仮称)芝原1の家の重要なテーマのひとつに、吉野瀬川原の桜並木を見る事があります。

その為、LDKは2階になるにですが、階段を上りきったところにある窓が、下の写真です。

家々の屋根の向こうに桜の木が見えています。
春には薄いピンク色の桜の花が見える事でしょう。

今日も雪との戦いでしたが、春が待ち遠しく思えて、窓の外の景色に春を観た(仮称)芝原1の家の現場でした。

模型にすれば。

2021年1月6日 / (仮称)宝永の家 (仮称)三十八社町の家 (仮称)芝原1の家

今日から(仮称)芝原1の家の現場がスタートしたので、朝から現場に挨拶へ行って来ました。
現場が動くと、色んな事が慌ただしく動き出します。

(仮称)三十八社町の家は、確認申請の準備をしました。

そして、上の写真は、(仮称)宝永の家の模型を作成。
予定通り、何とか本日完成しました。

(仮称)宝永の家は、立面図ではあまり建物の雰囲気が伝わり難い形状で、模型にすれば、多少は分かりやすくなろうかと思います。
週末に打合せがあるので、それに間に合うように作成しました。

奇跡的な空の下での建て方

2020年12月23日 / (仮称)芝原1の家

今日は(仮称)芝原1の家の建て方(建前)でした。

建て方とは、棟上げとも言い、構造体を組み上げてしまう事を言います。
一般的な木造住宅の場合、その日のうちに屋根までつくってしまいます。

この時期では、信じられない程の晴天。
本当に有難く、おかげさまでスムーズに現場が進みました。

皆さまのおかげさまで、無事、建て方を終える事が出来ました。
ありがとうございました。

朝早くからずっと外での作業など、本当にお疲れ様でした。

帰郷する様に。

2020年11月25日 / (仮称)芝原1の家

昨日は日本住宅保証検査機構さんの配筋検査を無事終えて、今日は(仮称)芝原1の家のベース・コンクリート打設を行いました。

おかげさまで天気にも恵まれ、順調に工事が進んでいます。
皆さまのおかげと深く感謝しております。

実は芝原には、ずっと昔に設計・施工させていただいたカフェがあります。
そのカフェとは、ゲッコウカフェさんです。

中々、伺う機会が得られず、ご無沙汰気味でしたが、少し疲れた時に(まるで帰郷する様に)羽休めさせてさせていただく事が出来、とても喜んでいます。

お邪魔にならない程度に伺いたいと思います。

見積図書とは?何故に?

2020年11月18日 / (仮称)春日2の家 (仮称)芝原1の家 緑陽の家

最近はずっと会社に缶詰となっています。
その理由は、見積図書の作成に追われているからです。

見積図書とは、見積りをする為の図面や仕様書などの事を言います。
弊社は、費用対効果を出来るだけ明確にし、それぞれの方々の価値観をお住まいに反映してこそ、住む方にとっての良いお住まいになり得るとの考え方から、原価オープン方式の見積書を作成しています。

原価オープンにするには、当然に、どんな材料でどんな風に作るのかまでが明確である必要があり、詳細に理解出来る図面などを作成する必要があります。

最近はその見積図書の作成に追われて、現場に行きたい気持ちを抑え、会社に缶詰となっています。

現場は緑陽の家が、木製建具の吊り込みが進んでいるはず。
(仮称)芝原1の家は、地盤改良工事が完了して、基礎の工事に着手したはず。
現場は今は妻に任せて、図面に専念・・・したいと・・・頑張っています。

自分探しの旅(トリップ)発注承認。

2020年11月14日 / (仮称)芝原1の家

今日は(仮称)芝原1の家の地鎮祭を、皆さまのお力添えあって滞りなく執り行う事が出来ました。
ありがとうございました。

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、お住まいなどの工事を始める前に、その土地の守護神(鎮守神)を祀り、土地を利用させてもらうことのお許しをいただく神事です。工事の無事などを祈願していただきました。

今回の地鎮祭は、お施主様と宮司さんご家族がお知り合いとの事で、越前國二之宮 大鹽八幡宮さんにお願い致しました。

恥ずかしながら今回初めて打合せなどで何度かお参りさせていただきました。
とても素敵なご縁をいただきました。
ありがとうございます。

地鎮祭を終え、ご近所の方々にも挨拶を終えると、いつも現地で外部を構成する部材(外壁など)のカラースキームの打合せなどを行います。

色などは、対比でその印象が大きく変わります。
ですので、外壁などは、現地の周辺環境下で選ぶ必要性があります。

そこで弊社では、外部を構成する部材などは、現地で選んでいただく様にしています。

昼食をご一緒いただいた後、今度は場所をリクシルさんTOTOさんのショールームに移し、発注承認の打合せを行いました。

発注承認打合せとは、発注直前の商材などを発注前にご契約いただいている内容を再確認させていただき、変更が無いかを確認させていただいてから発注へ移る為の打合せを言います。

お施主様に、ギリギリまでニーズを図っていただく為に、弊社では、発注承認打合せを行なっています。

状況の変化や全体像が観えて来た事などで、発注承認の際、契約内容から変更される方は少なくありません。

今回の打合せでも、変更がありました。

それらの内容は、弊社では、増減見積書と議事録にまとめ、お施主様にご確認いただいております。
間違いを減少させる目的はもちろんですが、ご自身を客観視していただける環境づくりをいつも考えている事が、その様なカタチに表れています。

今日は一日中お時間をいただき、(仮称)芝原1の家の地鎮祭及び発注承認打合せをさせていただきました。
ありがとうございました。

遠景が美しいお住まい

2020年11月12日 / (仮称)三十八社町の家 (仮称)芝原1の家 緑陽の家

今日は(仮称)芝原1の家の確認申請済証を受領して、早速、地縄をはりに行って来ました。

地縄とは、建物の外周部(柱芯)を、敷地内に表す為、ビニール紐などで、建物の配置を示す事を言います。

今日は天気にも恵まれて、とても仕事が捗りました。

遠くには越前富士と言われる日野山がキレイに見えていました。

昼食を生蕎庵でいただいた後、地鎮祭をお願いしている 越前國二之宮 大鹽八幡宮 に再度、ご挨拶とお願いをしに行って来ました。

土曜日は地鎮祭です。
よろしくお願い致します。

会社への帰り道。
地盤調査を終えたばかりの(仮称)三十八社町の家の敷地を確認に行って来ました。

以前の住宅があった時に庭木として植えられていたキンモクセイが大きな木になっており、解体の際、出来ればそのまま庭木にと、キンモクセイを残されました。

更地になった敷地にキンモクセイだけが立っていました。

(仮称)芝原1の家もそうですが、(仮称)三十八社町の家も眺望が美しいです。

こちらは、野伏ヶ岳が遠景に見えていました。

最後に通電し照明が点灯される様になった(仮称)舟橋新2の家に例のごとく中庭の木々への水やりと、現場確認をしに来ました。

中庭は、日中は日光を集め反射させ、リビングなどを明るくする為の光庭の役割もあるのですが、夜もライトアップされて照明器具の役割も果たします。

実は(仮称)舟橋新2の家も遠景を楽しめるお住まいです。

九頭龍川にかかる鉄橋とその背景に広がる空が、美しい風景を楽しませてくれます。

(コロナが心配ではありますが)12月5日(土)からは内覧会を予定しております。
ご覧いただけましたら幸いです。

今日はデスクワークを離れて現場を巡りました。

住む方の価値観をお住まいに落とし込む、弊社独自の打合せ

2020年10月25日 / (仮称)芝原1の家 緑陽の家

今日は朝から(仮称)芝原1の家の契約でした。

弊社の契約書は、とても厚みがあります。
弊社は原価オープンの見積り方式を採用して、費用対効果を明確にし、それぞれの方々の価値観がお住まいに落とし込めるシステムをとっています。
その為、どうやって作るのかまでが明確になる様に、図面もたくさん描きます。
出来る限り費用対効果が明確になる様にした結果、契約書が分厚くなると言う訳です。

契約書の厚みは、ご検討いただいた内容と比例しています。
たくさんのお時間をいただき、たくさんの内容をご検討いただき出来た契約書です。

早速ですが、発注承認の打合せもお願いしました。

発注承認の打合せとは、発注を控えた内容に関して、ご契約いただいた内容のまま発注しても良いかを確認させていただく打合せの事で、原価オープンの見積りにて契約する弊社が、独自にさせていただいている打合せです。

ギリギリまでご自身の価値観にお住まいが一致しているのかをご検討いただく仕組みです。

夜は(仮称)舟橋新2の家の外構(庭など)の打合せをさせていただきました。

(仮称)舟橋新2の家は、緑が部屋などから見える暮らしがひとつの特徴です。

木々がある風景が、暮らしをとても豊かに彩ってくれます。

建物の打合せは前回、全て完了。
今日は庭などの打合せをさせていただきました。

皆さまのご協力をいただき、楽しい庭になります様に!

過去の記事