ブログ

「(仮称)高木町の家」の記事一覧

大きな窓と断熱

2021年10月22日 / (仮称)高木町の家 断熱

箱のような階段が、(仮称)高木町の家のひとつのポイントでもありますが、その箱階段が出来ていました。

美しいです。

一般的な階段は、白い蹴上に木製の踏面などといった、踏み板が印象的なつくりが多いです。

しかし(仮称)高木町の家の階段は、白い両サイドの壁の間に、木の箱がはまっている様に見える、蹴上も踏面も木製の階段です。

踏み板がみせる軽快なリズムと違い、ドッシリとした存在感・安定感を感じさせる階段です。

そんな(仮称)高木町の家の最も重要なポイントのひとつに、玄関ドアを開けた瞬間に飛び込んでくる視界の広がりがあります。
その広がりに重要な役割を果たしているのが、今日、設置していただいた大きな窓です。

大きさは、幅3M以上、高さは床から天井まで!

大きなペアガラスの窓は、スゴく重く、今日も4人で設置していただきました。

断熱性能がとても重要なファクターである現在のお住まいづくり。
冬は、室内の熱の50%程度が、窓から逃げていると言われています。
更に夏は、部屋を暑くする要因の70%程度が、窓にあると言われます。

断熱性能を考えた時に、(壁の方が断熱性が高いので)窓はデメリット側に影響します。

しかし、こうも考えられます。
窓による広がりの演出で、断熱空間(部屋の広さ)を狭くする事が出来、少ないエネルギーで温めたり冷やしたり出来ます。

10年前に建てた我が家(Ua値=0.91W/㎡K)のリビングはコンパクトなので、直ぐにエアコンや床暖房が効き、広く断熱性能が良いお住まい(Ua値≒0.78W/㎡K)に比べて月々の光熱費が抑えられています。
(※光熱費は、家族構成やライフスタイルによって変化するので、一概には言えません)

快適と感じる空間は、人によりそれぞれです。
コンパクト空間が落ち着いたり、開放感がある空間が好みだったり。
暑さに弱かったり、寒さに弱かったりと、人によって様々。

一方で、省エネで持続可能な社会の実現は、世界中で実現すべきテーマです。

とは言え、圧力では無く、同意を得る事がベースで進めて行ける社会であって欲しいと願います。

充実の一日

2021年10月18日 / (仮称)文京5の家 (仮称)鹿谷町の家 (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 歩先の家

今日は充実した一日でした。

朝一に、(仮称)鹿谷町の家にて、設備工事会社さんと配管ルートなどの打合せ。

打合せ中に、鹿の鳴き声。

奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の
声きく時ぞ秋は悲しき

そんな句が、思い浮かぶ打合せでした。

などと感傷に浸っている暇も無く、大工さんが待っている(仮称)高木町の家へ。

ずっと打合せがあり、現場に行けていなかったので、待ちに待ってましたと、大工さんと打合せ。

床仕上げの範囲や納め方などを打合せしました。

そして、やっと明るいうちに来れた(仮称)宝永の家。

今日は貼り屋さんと天井ボードの貼り方の確認や点検口の位置の確認など、行いました。

そこから、(仮称)文京5の家の打合せなど、リクシルさん、パナソニックさん、クリナップさんのショールームにて打合せをして、帰り道、協力会社さんに立ち寄り、地域型住宅グリーン化事業について打合せ。

電気も消されて戸締りも終えた誰もいない会社に戻って来れたのは、真っ暗になってからでした。

そこから作図をはじめ。
時間が足りないとなぁと思いPCに向かっていると、外で手を振っているのは歩先の家のオーナー様。
チョットほっこりしたりしました。

庇の施工を行いました。

2021年10月8日 / (仮称)高木町の家 天井の役割

(仮称)高木町の家は、大工さんの工事真っ最中です。

今日は、
①リビングの広がり
②リビングの明るさ
③雨や雪の侵入を抑える
に効果を発揮する庇(軒)の施工をしていただきました。

①リビングの広がり
リビング天井とインナーテラス(ウッドデッキ)の軒裏を、同じ高さ、同じ色にする事と、サッシ(開口部)を床から天井までとする事で、目の錯覚を誘導し、広がりを感じやすくなります。

②リビングの明るさ
軒の出により、部屋に差し込む直射日光の量を調整する事で、リビングの明るさをコントロールしています。
(仮称)高木町の家は、天空光(曇りの日の明るさ)にて明るさの確保をする事が必要です。

今日は、リビングの環境にとって、とても重要な庇の施工を行いました。

朝一は、軒の納まりの打合せ

2021年10月2日 / (仮称)文京5の家 (仮称)高木町の家

今日は(仮称)文京5の家のイメージマップによる打合せの前に、早起きして(仮称)高木町の家の現場にて、大工さんと打合せを行いました。

(仮称)高木町の家のオーナー様は、以前、県外に住まれておられた時、南側から差し込む直射日光が好きで、新居も同じようにしたいと、打合せの際、仰っていました。

しかし、イメージマップを作成すると、直射日光がほとんど入らない画像が多い事が分かりました。

そこで、光を取り入れ、プライベート性を高める為に設けたパティオ(中庭)の壁にあった採光用の開口部を取り止め、更に軒を設ける事になりました。

今日は、その軒の納まりを、大工さんと打合せしました。

前日に拡大してプリントアウトしておいた軒の施工図を見ながらの打合せ。

会社に戻っての(仮称)文京5の家の打合せがある為、前日に段取りをしておき、短い時間で軒の納まりの打合せが出来るようにしておきました。

現場は、直ぐに軒の施工が出来る様に、材料など段取りが済んでいました。

この台形の板が、リビング・ダイニングからパティオに伸びる軒に使う部材です。

今日の仕事

2021年9月28日 / (仮称)鹿谷町の家 (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家

今日は、先日、建て方を終えた(仮称)高木町の家の、建て方の日に打合せさせていただき発注承認いただいた内容の変更箇所や追記事項を、図面に描き込み修正致しました。

また(仮称)鹿谷町の家の申請図面などの作成もしました。

続いて、(仮称)宝永の家の電気の施工図の作成準備をしました。

更に。
(仮称)宝永の家と(仮称)高木町の家の現場に行って来ました。

我ながら効率よく仕事を上手く進める事が出来ました。
そういう日は、なんだか嬉しいですね!

また今日は、オーナー様が経営されているお花屋さんにて、贈り物の花束を作っていただきました。
ついでと言っては怒られますが、亡き母(仏壇)に生けるお花もいただきました。

仕事が上手く進み、仏壇も華やいで、今日は良い一日でした。
ありがとうございます。

明日は打合せがあり、明日も楽しみです。
明日も良い一日でありますように!

フラワーカドヤ
https://www.flower-kadoya.com/

本日はありがとうございました!

2021年9月24日 / (仮称)高木町の家

今日はおかげさまで、天高く馬肥ゆ、まさにそんな言葉を思わす秋空のもと、(仮称)高木町の家の建て方(建前)でした。

大型侵入禁止の道路や旗竿敷地など難しい環境下にあって、オーナー様ご家族や地域の方々をはじめ、皆さまのご協力を沢山いただき、とてもスムーズに現場が進み、素晴らしい建て方を終える事が出来ました。
本当にありがとうございました。

また、オーナー様からいただいたご挨拶では、とてもありがたく嬉しいお言葉をいただき、その事は、建て方に参加された皆さまの心にも響いた事と思います。
ありがとうございました!

血は争えないとは、この事と感じました。

今日はおかげさまで無事、建て方を終える事が出来ました。
ありがとうございました。

大工さんの工事が、本格的にスタートされ、目まぐるしく現場が動きます。
現場は段取りや打合せが一気に増えます。

今日はゆっくり休んで、また明日からの工事に備えさせていただきます。
本日はありがとうございました!

秋分の日の今日。

2021年9月23日 / (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 好択の家

今日は、朝からお客様との打合せにて、お時間をいただき、その後、10月4日(月)から内覧会を予定している「好択(こうたく)の家」をご覧いただきました。

「好択の家」は、福井市春日2丁目(街なか)にあり、隣戸が狭る、間口6M未満の狭小地に建っているコンパクトなお住まいです。

コンパクトにおさめるには、より好きなモノに絞り込む必要があります。
深く深く好きを感じるモノがいつも手に届く暮らし。
これ以上のシアワセな暮らしがあるでしょうか?

オーナー様が、好きであり続けられるモノで出来たお住まいが、「好択の家」です。

「好択の家」の内覧会は、10月4日(月)から10日(日)を予定しております。
コロナ感染予防対策にて、完全予約制の内覧会となります。
予約方法は、弊社の電話( 0776-36-9001 :平日9:00-18:00)もしくはE-mail(info@ecru-arc.co.jp)にて受付ます。
ご不明な点などありましたら、上記に電話及びメールにてお問合せいただけましたら幸いです。

打合せ・内覧を終えて、次は現場をまわりました。

先ずは、外壁をほぼ貼り終え、内部の造作工事中の(仮称)宝永の家です。

外壁工事がほぼ完了しているので、ファサード(正面の外観)が大体分かる様になった(仮称)宝永の家。
雨樋などが分かりにくくなる様、箱樋を設けるなど、オーナー様は、ファサードにも拘られました。

重心を低く抑えた事と、木造建築なのですが、RCラーメン構造の建物に見間違える様なディテールが、建物に安定感・重厚感を与えています。

外部塗装工事が完了して、足場が撤去された際には、スタイリッシュで存在感のあるファサードが目の前に現れる事でしょう。
その日の事を、とても待ち遠しく思います。

続いて(仮称)高木町の家。
(仮称)高木町の家は、明日、いよいよ建て方(建前)です。

建て方(建前)とは、柱や梁、屋根など主構造を一気に組み上げる工事を言い、棟上げとも言います。

朝早くから夕方まで、今回は一日かけて、屋根の防水(アスファルトルーフィング)まで完了させる予定です。

オーナー様もお力添えいただき、大工さんや職人さん達の接待もしていただけるとの事で、とてもありがたく本当に色々と助けていただいております。
ありがとうございます。

明日、朝早いですが、よろしくお願い致します。

ヒョコッと出ている緑色のモノ。

2021年8月21日 / (仮称)高木町の家

(仮称)高木町の家は、土間空間が特徴のひとつです。
広い土間空間には、本棚やデスクが置かれる予定。
今日は、その土間空間のコンクリートなどが打設されました。

その土間空間の隅に、ヒョコッと出ている緑色のモノ。

これは、何と! 土間空間の床暖房の配管です。

オーナー様のセンスに加え、床暖房も、心地よい土間空間にしてくれる事、間違いなし。

現場三昧

2021年8月3日 / (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 結地の家 好択の家

今日は久しぶりの現場三昧でした。

朝一は、(仮称)春日2の家のキッチン搬入に立ち合い。
午後一は、JIOさんの配筋検査。
昨日、社内の配筋検査をしてクリアしていたので、JIOさんの配筋検査も無事クリアしました。

続いて、(仮称)宝永の家に行き、大工さんと打合せ。
(仮称)宝永の家は、箱樋の防水工事を行なっていました。

ファサードのデザインが、重要なファクターでもある(仮称)宝永の家。
大工さんとの今日の打合せのひとつは、ファサードのデザインの為の納まりの打合せでした。

箱樋もファサード重視である結果です。

次は、再度、(仮称)春日2の家に戻り、キッチンの施工の進行状況を確認。
ほぼ、完成していました。

朝からお疲れ様でした。

最後は結地の家にて、植栽の水やり。
今日も暑かったので、たっぷりお水をまきました。

今日は現場三昧でした。

明後日からは、打合せが5日間連続で続きます。
ですので、明日は、現場に呼ばれない限りは、その準備(デスクワーク)をしたいと考えています。

過去の記事