ブログ

「(仮称)高木町の家」の記事一覧

地鎮祭

2021年7月18日 / (仮称)高木町の家

今日は高木町にて、地鎮祭を行いました。

地鎮祭とは、工事をする前に土地の神様などに土地を触り建物を建設するお許しを得、工事の安全などを祈願する儀式を言います。

今日は風が心地よく天気にも恵まれ、清々しい空気の中、日吉神社さんに地鎮祭をしていただきました。

地鎮祭にて、神様にご挨拶の後、ご近所の方々にも工事を行うにあたってのご挨拶をさせていただきました。

皆さま、快くお迎えをいただき、お施主様ご家族が育んで来られた関係性に守られている事を感じると同時に、その関係性を守れる様にと心が引き締まる思いがしました。

続きまして、第2回目の発注承認打合せを行いました。

発注承認打合せとは、次回、発注させていただく部材の契約状況を再度お伝えして、そのまま発注をしても良いかを確認させていただく打合せです。

今回は、外部を構成する部分の発注承認をいただきました。

外観が決定する今回の打合せ。
お施主様は、決定しなきゃいけないと思うと、良く眠れなかったそうです。
しかし、そのおかげもあり、とても洗練されたファサードになる事が、今から楽しみになるご決定をいただきました。

続いて、場所をTOTOに移し、住宅設備などの発注承認打合せを行いました。
住宅設備とは、キッチンやユニットバスなどの事を示します。

こちらも、とてもセンスを感じるご決定となり、とても楽しみです。

今日は一日お時間をいただき、地鎮祭・発注承認打合せを行いました。

ご記名・ご捺印

2021年6月26日 / (仮称)高木町の家

今日は(仮称)高木町の家のご契約を行いました。

(仮称)高木町の家のオーナー様は、セミナーにお越しいただいたのが、最初の出逢いでした。

弊社では、セミナーを随時、受付しております。
お住まいづくりを行う上で、考え方のひとつとして知っておくと選択が増える情報や目から鱗なお話、盲点となっているかも知れないお話などをしております。

それは、お住まいづくりのお話であり、生き方そのもののお話でもあります。
お住まいは、人生を変える力があります。

セミナーの詳しい情報は、トップページの日の丸印をクリックしていただけるとアップされます。

よろしければ、ご覧ください。

弊社の契約書は、とても分厚いです。
理由は3つあります。

ひとつ目の理由は、原価オープンの見積もりが、分厚い為です。
二つ目の理由は、契約図書(図面など)の枚数が多い為です。
三つ目は、つまり、ご契約内容を詳しくお伝えする為です。
ご契約に至るまで、お施主様がご検討される内容の多さも意味しています。

ご契約の後も、お施主様のご検討は続きます。

今日はご契約を終えた後、早速、発注承認の打合せを行いました。

発注承認打合せとは、弊社が協力会社さんへ発注する前に、お施主様に契約内容を再度、確認をさせていただく打合せで、ギリギリまで選択が出来る独自の仕組みです。

情報は多い方が、よりお施主様ご家族の価値観に近付く事が可能になります。
そこで、ご契約の後も、ギリギリまでご検討いただける環境をご用意しました。
また、(図面だけでは分かりにくかったり)工事が進み、完成形が見えて来て分かる事もあろうかと思います。

今日もご契約の後、早速、発注承認打合せを行いました。
ご契約いただき、また長時間にわたりお時間をいただき、ありがとうございました。

今日の打合せ

2021年6月19日 / (仮称)高木町の家

今日は(仮称)高木町の家の、(保留事項などありましたので)ご契約直前に、ご契約内容の確認の打合せをさせていただきました。

建て方を行いました。

2021年4月30日 / (仮称)高木町の家 (仮称)春日2の家 必要充分の家

今日は(仮称)春日2の家の建て方(建前)を行いました。

建て方(建前)とは、柱や梁、屋根など構造体を一気に組み上げる工事の事で、一般的な木造住宅の場合、1日かけて屋根まで組み上げてしまいます。

今日もお施主様に、現場のお清めをしていただき、建て方がスタートしました。

(仮称)春日2の家は、街中の狭小地に建ちます。
木材を敷地内に配置する事が出来ないだけで無く、クレーン車が敷地内に入りきれないなどの問題があり、大変ご迷惑をおかけしますが、前面道路を通行止めにさせていただきました。

皆さま、ご理解・ご協力いただき、ありがとうございました。
本当に助かりました。

おかげさまで、この度も、無事、建て方を終える事が出来ました。

建て方にお力添えをいただきました皆さま、お疲れ様でした。
お疲れが出ませんように、お身体、ご自愛くださいませ。

今日は「必要充分の家」の外構のコンクリート打設でした。
建て方が終わるなや否や、「必要充分の家」へ向かいました。

先日通電され、照明が点灯出来る様になった現場。
そんな「必要充分の家」に灯りが!
建具屋さんが未だ現場で仕事をされていました。
遅くまでお疲れ様です。

僕も、未だそこから会社に戻り、明日、打合せがある(仮称)高木の家の打合せの準備をして、帰って来れたのは20時を回っていました。

明日から連日、打合せです。
がんばります!

今日の日は。

2021年4月17日 / (仮称)高木町の家 (仮称)春日2の家 必要充分の家 結地の家

今日は(仮称)高木町の家の打合せを弊社にて行いました。
今日の打合せ内容は第一回目の見積書のご説明などを行いました。
弊社は原価オープン方式の見積書です。
費用対効果がご理解いただいて、ニーズが明確になります。
出来る限り住まれる方のニーズで選択されたお住まいが、住まれる方にとっての良い住まいである。
弊社では、それが当然だと考え、原価オープンの見積書を作成して打合せをしています。

打合せが終わった後は、(仮称)春日2の家の現場に向かいました。
今日は外部配管を施工しました。

その足で次は、「必要充分の家」の現場に向かいました。
壁・天井のクロス工事が完了したので、次のタイル工事や住宅設備工事などの器具取付けに伴い、養生をしに行きました。

養生をし終えた頃、建物の外で物音が。
すると「必要充分の家」のオーナー様が通りがかりに現場を見に来られました。

仕上がったクロスをご覧いただき、「イメージ通りだ」と言っていただき、一安心です。

最後に、明日、現場で打合せがある(仮称)三十八社町の家の現場に着いた時には、少し暗くなり出していました。

未だ、大工さんが残ってお仕事をされていました。

片付け、掃除をし終え帰宅の途に着いた時には、辺りはすっかり日が暮れていました。

今日も長い一日でした。

明日は朝から、(仮称)三十八社町の家のオーナー様と内装工事などの打合せを現場にて行います。

イメージマップ

2021年3月27日 / (仮称)高木町の家 必要充分の家

今日は、(仮称)高木町の家の打合せを、弊社で行いました。
今日の打合せ内容は、イメージマップです。

イメージマップとは、言葉では表現し難いイメージのニーズを、集めたイメージ画像を分析して言葉などにてお伝えし、共通の認識を高める為のツールです。

今日の弊社の前のサクラは、そろそろ満開を迎えそうな程、咲きはじめています。

イメージマップの打合せを終え、今度は急いで「必要充分の家」に向かいました。
(吉野瀬川のサクラもキレイに咲いているので、)「必要充分の家」のオーナー様に、現場の進捗状況をご覧いただき、「必要充分の家」のテーマである、「吉野瀬川原のサクラを眺める」を体感していただく為、急いで現場に向かいました。

吉野瀬川のサクラは上写真です。
今年は残念ながらコロナ禍との事で、雪洞は自粛されていましたがそれでも、サクラを見に散歩をされてる方もおられました。

「必要充分の家」のオーナー様にも喜んでいただき、本当に良かったです。

今日も現場

2021年3月14日 / (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 必要充分の家 結地の家

今日は(仮称)宝永の家の打合せの後、昨日打合せさせていただいた(仮称)高木町の家のお施主様に教えていただいた「麺屋暁」で昼食を取り、昨日現場に行けなかった「必要充分の家」に行って来ました。

「必要充分の家」は、まもなく大工さんの工事が完了して、内装工事(仕上げ工事)に入ります。
今日は開口検査と言って、内部の建具(木製建具)がちゃんと納まるかをチェックする検査を行いました。

次に先日、無事建て方を終えた(仮称)三十八社町の家の現場に行って来ました。

今日は天気も良く景色がキレイに見えました。

「必要充分の家」もそうですが、(仮称)三十八社町の家も暮らしの中に景色を取り込む事が、コンセプトのひとつです。

「必要充分の家」からも見える越前富士(日野山)が、(仮称)三十八社町の家からも見る事が出来ます。

打合せ。そして白鳥。

2021年2月20日 / (仮称)高木町の家 必要充分の家

今日は(仮称)高木町の家のプランニングの決定、及び収納の打合せを行いました。

プランニングの打合せは、7回目を超えました。
しっかりご検討を深めていただき、殆ど変更無しでご決定をいただきました。

また、収納の使い方などもご検討いただき、ウォーク・イン・クロゼットのご検討では、我が家がほぼ同じサイズなので、我が家へ移動してウォーク・イン・クロゼットをご覧いただき、ご決定をいただきました。

明日、打合せがある「必要充分の家」の現場に、現場確認と、明日の打合せの準備をしに行って来ました。

「必要充分の家」の明日の打合せは、最後の発注承認の打合せとなります。
たくさんの打合せを重ね、お時間をいただいて来ましたが、いよいよお引渡しまで最後の打合せとなります。
ありがとうございます。

明日の発注承認をいただく内容は、内部の仕上げなどです。
その準備をして来ました。

その帰り、清水町を通りかかった時、白鳥の群れが田んぼに降りて来るところに遭遇しました。

模型が完成しました。

2021年2月17日 / (仮称)高木町の家

今日は、(仮称)高木町の家の模型を作成しました。

弊社では、プランニングが決定すると、模型を作成します。
模型だと図面などに比べてイメージがしやすく、共通の認識が高まります。

大学時代の4年間。
竹中工務店さんで模型の作成などアルバイトをしていました。
西梅田のハービス大阪やリッツカールトンホテルのプロジェクトチームに配属され、様々なフェイズでの模型を作成しました。
当然、大学の課題でも模型を作成しました。

弊社の打合せでは、4年間の竹中工務店でのアルバイトの経験が、色々と活かされています。

イメージマップの打合せなども、竹中工務店(竹中デザイン)の考案した手法です。

今日は、今週末の打合せの為、(仮称)高木町の家の模型を作成しました。

模型の図面

2021年2月10日 / (仮称)高木町の家

弊社では、お住まいのプランニングが決定する頃に模型を作成します。

大学時代の4年間。
竹中工務店の西梅田再開発チームでアルバイトをしていました。
現在のハービス大阪やリッツカールトンホテルのプロジェクトです。
そこで、模型を作り続けた経験が、今も活かされています。

因みにイメージマップも、竹中工務店(竹中デザイン)が考案した手法で、エクリュでも活用しています。

図面では、共通認識を高める事が難しいので、模型にします。
模型だと直ぐにご理解いただきやすいです。

模型を作成する為の図面も描きます。
それが上写真です。

図面が出来たので、いよいよ模型作成がスタートします。

過去の記事