ブログ

「(仮称)鹿谷町の家」の記事一覧

充実の一日

2021年10月18日 / (仮称)文京5の家 (仮称)鹿谷町の家 (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 歩先の家

今日は充実した一日でした。

朝一に、(仮称)鹿谷町の家にて、設備工事会社さんと配管ルートなどの打合せ。

打合せ中に、鹿の鳴き声。

奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の
声きく時ぞ秋は悲しき

そんな句が、思い浮かぶ打合せでした。

などと感傷に浸っている暇も無く、大工さんが待っている(仮称)高木町の家へ。

ずっと打合せがあり、現場に行けていなかったので、待ちに待ってましたと、大工さんと打合せ。

床仕上げの範囲や納め方などを打合せしました。

そして、やっと明るいうちに来れた(仮称)宝永の家。

今日は貼り屋さんと天井ボードの貼り方の確認や点検口の位置の確認など、行いました。

そこから、(仮称)文京5の家の打合せなど、リクシルさん、パナソニックさん、クリナップさんのショールームにて打合せをして、帰り道、協力会社さんに立ち寄り、地域型住宅グリーン化事業について打合せ。

電気も消されて戸締りも終えた誰もいない会社に戻って来れたのは、真っ暗になってからでした。

そこから作図をはじめ。
時間が足りないとなぁと思いPCに向かっていると、外で手を振っているのは歩先の家のオーナー様。
チョットほっこりしたりしました。

発注承認打合せ

2021年10月17日 / (仮称)鹿谷町の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、2回目の発注承認の打合せでした。
今回の発注承認いただく内容は、外部を構成する部分です。

外部を構成する部分の発注承認打合せは、いつも現地で行っています。
色は、他の色などの対比で認識を変えます。
つまり周辺の環境などによって、印象を大きく変えるので、実際に建つ環境下である現地にて発注の承認をいただきます。

心配していた天気にも恵まれて、おかげさまで良い環境下の中、打合せをさせていただけました。
また、外部を構成する部分の発注承認打合せも、スムーズに進めさせていただく事が出来、イメージマップの分析の範囲内にイメージをまとめる事が出来、仕上がりがとても楽しみです。

どのお施主様・オーナー様もそうですが、(仮称)鹿谷町の家のお施主様も、融雪装置やその他の雪の対策なども含めて、様々な角度から深くご検討をいただきました。

また、ご判断いただくのに必要な資料の作成など、協力会社さんやスタッフのご協力も得、費用対効果を熟慮いただける環境を整えていただきました。

おかげさまで、本日、良い方向性で第2回目の発注承認をいただけ、ひとつ安心致しました。
ありがとうございました。

地縄張り

2021年10月14日 / (仮称)鹿谷町の家 (仮称)宝永の家

先日、おかげさまで無事、確認申請の済証を受領した(仮称)鹿谷町の家。
本日は、地縄を張りました。

地縄張りとは、縄張りとも言い、敷地と建物との関係を示す為に、建物の輪郭(柱芯)を敷地にビニール紐などにて示す作業を言います。
建築工事の一番最初にする作業です。

(仮称)鹿谷町の家は、今週末に第2回目の発注承認打合せを、現地にて行います。

今回の発注承認をいただく内容は、外観を構成する部分の発注承認の為、現地にて行います。

色などは、対比によって認識されています。
つまり、周辺の環境によって、色などのイメージが大きく変わります。
そこで、弊社では、実際に建つ環境下である現地にて外壁材や色などを決めていただく様にしています。

今日はお昼から現地にて地縄を張らせていただき、張り終えた時には夕方に差しかかっていました。

昨日、足場が無くなりファサードを直視出来る様になった(仮称)宝永の家。
昨日は現場に行けたのが、日も翳ってしまった夕方でしたが、今日も夕日はビルの向こうにスッカリ隠れてしまいました。

それでも、立体感のある印象的なファサードは、とても良い感じでした。

次は、明るい時間に見に行きたいと思います!(笑)

今日の仕事

2021年9月28日 / (仮称)鹿谷町の家 (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家

今日は、先日、建て方を終えた(仮称)高木町の家の、建て方の日に打合せさせていただき発注承認いただいた内容の変更箇所や追記事項を、図面に描き込み修正致しました。

また(仮称)鹿谷町の家の申請図面などの作成もしました。

続いて、(仮称)宝永の家の電気の施工図の作成準備をしました。

更に。
(仮称)宝永の家と(仮称)高木町の家の現場に行って来ました。

我ながら効率よく仕事を上手く進める事が出来ました。
そういう日は、なんだか嬉しいですね!

また今日は、オーナー様が経営されているお花屋さんにて、贈り物の花束を作っていただきました。
ついでと言っては怒られますが、亡き母(仏壇)に生けるお花もいただきました。

仕事が上手く進み、仏壇も華やいで、今日は良い一日でした。
ありがとうございます。

明日は打合せがあり、明日も楽しみです。
明日も良い一日でありますように!

フラワーカドヤ
https://www.flower-kadoya.com/

ご契約 ⇒ 発注承認の打合せ

2021年9月19日 / (仮称)鹿谷町の家

今日は、(ご心配・ご迷惑をおかけ致しましたが)手術・入院にて1週間延期していただいていた(仮称)鹿谷町の家のご契約を行いました。
ありがとうございました。

未だ身体は、体力が不足しており本調子ではありませんが、おかげさまで体調は良く、日常の生活に戻りつつあります。

今日も、お忙しいところ恐れ入りますが、お時間をいただき、ご契約をいただきました。
ご契約の後も、色々とご説明などあり、また、発注承認の打合せも行います。

発注承認の打合せとは、発注する前に、発注する事やモノに関し、ご契約時の内容を確認。
そのまま発注しても良いか?また、変更したい場合は、どの様な内容にするのかを打合せする事を言い、弊社はギリギリまでニーズを探り出来る限りカタチにしたいとの想いから、発注承認の打合せを行っています。

今日は、その第一回目を行いました。
長時間にわたりお時間をいただき、ありがとうございました。

イメージマップ

2021年7月11日 / (仮称)鹿谷町の家 イメージマップ

今日はイメージマップにて、(仮称)鹿谷町の家のイメージの打合せを行いました。

イメージマップとは、文字通り、イメージの地図です。
竹中工務店(TAKENAKA DESIGN)が考案した手法と言われるイメージマップは、共通の方向性にする事が困難なイメージを、マトリックスを用いて共有化を図るツールです。
大学の4年間、(仮称)西梅田再開発プロジェクト(今の、リッツカールトン大阪やハービス大阪の計画)にて、竹中工務店でアルバイトをしていた時に目にした経験を、今も使っており、役立っています。

今日は、(仮称)鹿谷町の家のイメージマップ打合せを行いました。
作成したイメージマップは、今後の打合せの際にも使用され、色決めやイメージなど、迷った際にはこのイメージマップを開き、到達点を目指す事になります。

模型が完成

2021年7月2日 / (仮称)鹿谷町の家 (仮称)宝永の家

今日は朝イチで、(仮称)宝永の家の建前(建て方)の打合せを、レッカーさんと行った後、会社に戻って、(仮称)鹿谷町の家の模型を作成しました。

プランが決定し、現在、見積中の(仮称)鹿谷町の家。
模型は、見積の打合せの際にあると、とても便利です。
弊社のお施主様のお住まいは、シンプルに見えるのですが、実は施工する方々からすると(以外に複雑で)難しく、だからこそ模型が重宝します。

(仮称)鹿谷町の家は、お仕事柄、ご自宅の雪を降ろす事が出来ず、人手で雪を降ろさずに済むようにとのご要望からの建物形状でもあります。
またプライベート性と風景を眺める暮らしなどもご要望にあり、それらを可能にする形状になっています。

今日、模型が完成しました。

今日の打合せ

2021年6月20日 / (仮称)鹿谷町の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、見積もり内容を打合せさせていただきました。

先日、完成した見積図書をもとに、概算にて打合せしていた際の仕様や性能などを再確認させていただき、見積もりしておく内容をご検討いただきました。

芦屋のマンションディベロッパー時代を思い出し。

2021年6月17日 / (仮称)鹿谷町の家

やっと完成した見積図書。
これで打合せが出来ます。

見積図書とは、見積もりを行う為に作成する図面集などを言います。

以前、勤めていた、芦屋のマンションディベロッパー時代など、唯一無二のビルなどを設計する場合は、必ず作成されるこの見積図書。
しかし、戸建て業界に入った時、見積図書を作成しないで、見積もり書を作る事に驚きました。

弊社は ① 唯一無二のお住まいをご提案している ② 原価オープン方式の見積もり書を作成している 以上の理由から、マンションディベロッパー時代同様に見積図書を作成しています。

それがやっと今日、アップしました。

マンションディベロッパー時代の見積図書の図面枚数は、今の10倍では効かないかも知れませんが、その分、大勢で描きます。

弊社は、僕一人で殆どの図面を描いています。
その為、マンションの時より、広範囲、細部まで自分で考える事も出来るとも言えます。

7.5mmの厚みは、ディベロッパー時代からするとかなり薄い様に思えますが、内容はずっと濃いです。

そもそも、戸建て業界は、見積図書自体を作成されない会社さんも少なくないと聞きます。

弊社は、訳あって、見積図書を作成しております。

そう言えば、、、芦屋のマンションディベロッパー時代、見積図書が完成すると、ホッとして嬉しく、皆んなで打ち上げに行ったりもした事を思い出しました。

コロナ禍なので、現在ではそれも難しいでしょうけど、嬉しい気持ちには、変わり無いです。
ちょっと懐かしい気持ちになりました。

来週からは、契約図書の作成が控えています。

見積図書の作成

2021年6月7日 / (仮称)鹿谷町の家

今は、(仮称)鹿谷町の家の見積図書の作成を急いでます。

見積図書とは、見積を行こなう為に作成される図面などの書類です。

僕が以前、芦屋のマンションディベロッパーに勤め、設計していた分譲マンションなど特殊建築物の場合は、当然に見積図書を作成しますが、戸建て住宅を設計・施工される会社さんの殆どは、作成しない事を知った時は驚きました。

僕が以前設計していたビルは、(当たり前ですが)同じ建物が2つと存在しません。
ですので、見積図書を作成しないと、正確な見積が作成出来ません。
しかし、戸建て住宅の場合、会社さんによっては同じ様な建物を繰り返し建てられる場合もあったり、坪単価などどんぶり勘定の見積を見積とされる会社さんもあると聞きます。
それが、見積図書を作成しない理由だと考えられます。

見積図書を作成する弊社は、
① 同じお住まいは2軒と無い
② 原価オープンの見積を作成している
以上、2点が分かりやすい特徴です。

ただ、その2点は、重要な事では無く、「大切に考えている事」が別にあり、その結果、2点が表面化したに過ぎません。

その大切に考えている事とは、「オーナー様の(本来の)ニーズにお応え出来るお住まいづくり」です。

詳しくは、お問い合わせいただけましたら幸いです。

今日も、(仮称)鹿谷町の家の見積図書の作成を急ぎました。

過去の記事