ブログ

「(仮称)鹿谷町の家」の記事一覧

イメージマップ

2021年7月11日 / (仮称)鹿谷町の家 イメージマップ

今日はイメージマップにて、(仮称)鹿谷町の家のイメージの打合せを行いました。

イメージマップとは、文字通り、イメージの地図です。
竹中工務店(TAKENAKA DESIGN)が考案した手法と言われるイメージマップは、共通の方向性にする事が困難なイメージを、マトリックスを用いて共有化を図るツールです。
大学の4年間、(仮称)西梅田再開発プロジェクト(今の、リッツカールトン大阪やハービス大阪の計画)にて、竹中工務店でアルバイトをしていた時に目にした経験を、今も使っており、役立っています。

今日は、(仮称)鹿谷町の家のイメージマップ打合せを行いました。
作成したイメージマップは、今後の打合せの際にも使用され、色決めやイメージなど、迷った際にはこのイメージマップを開き、到達点を目指す事になります。

模型が完成

2021年7月2日 / (仮称)鹿谷町の家 (仮称)宝永の家

今日は朝イチで、(仮称)宝永の家の建前(建て方)の打合せを、レッカーさんと行った後、会社に戻って、(仮称)鹿谷町の家の模型を作成しました。

プランが決定し、現在、見積中の(仮称)鹿谷町の家。
模型は、見積の打合せの際にあると、とても便利です。
弊社のお施主様のお住まいは、シンプルに見えるのですが、実は施工する方々からすると(以外に複雑で)難しく、だからこそ模型が重宝します。

(仮称)鹿谷町の家は、お仕事柄、ご自宅の雪を降ろす事が出来ず、人手で雪を降ろさずに済むようにとのご要望からの建物形状でもあります。
またプライベート性と風景を眺める暮らしなどもご要望にあり、それらを可能にする形状になっています。

今日、模型が完成しました。

今日の打合せ

2021年6月20日 / (仮称)鹿谷町の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、見積もり内容を打合せさせていただきました。

先日、完成した見積図書をもとに、概算にて打合せしていた際の仕様や性能などを再確認させていただき、見積もりしておく内容をご検討いただきました。

芦屋のマンションディベロッパー時代を思い出し。

2021年6月17日 / (仮称)鹿谷町の家

やっと完成した見積図書。
これで打合せが出来ます。

見積図書とは、見積もりを行う為に作成する図面集などを言います。

以前、勤めていた、芦屋のマンションディベロッパー時代など、唯一無二のビルなどを設計する場合は、必ず作成されるこの見積図書。
しかし、戸建て業界に入った時、見積図書を作成しないで、見積もり書を作る事に驚きました。

弊社は ① 唯一無二のお住まいをご提案している ② 原価オープン方式の見積もり書を作成している 以上の理由から、マンションディベロッパー時代同様に見積図書を作成しています。

それがやっと今日、アップしました。

マンションディベロッパー時代の見積図書の図面枚数は、今の10倍では効かないかも知れませんが、その分、大勢で描きます。

弊社は、僕一人で殆どの図面を描いています。
その為、マンションの時より、広範囲、細部まで自分で考える事も出来るとも言えます。

7.5mmの厚みは、ディベロッパー時代からするとかなり薄い様に思えますが、内容はずっと濃いです。

そもそも、戸建て業界は、見積図書自体を作成されない会社さんも少なくないと聞きます。

弊社は、訳あって、見積図書を作成しております。

そう言えば、、、芦屋のマンションディベロッパー時代、見積図書が完成すると、ホッとして嬉しく、皆んなで打ち上げに行ったりもした事を思い出しました。

コロナ禍なので、現在ではそれも難しいでしょうけど、嬉しい気持ちには、変わり無いです。
ちょっと懐かしい気持ちになりました。

来週からは、契約図書の作成が控えています。

見積図書の作成

2021年6月7日 / (仮称)鹿谷町の家

今は、(仮称)鹿谷町の家の見積図書の作成を急いでます。

見積図書とは、見積を行こなう為に作成される図面などの書類です。

僕が以前、芦屋のマンションディベロッパーに勤め、設計していた分譲マンションなど特殊建築物の場合は、当然に見積図書を作成しますが、戸建て住宅を設計・施工される会社さんの殆どは、作成しない事を知った時は驚きました。

僕が以前設計していたビルは、(当たり前ですが)同じ建物が2つと存在しません。
ですので、見積図書を作成しないと、正確な見積が作成出来ません。
しかし、戸建て住宅の場合、会社さんによっては同じ様な建物を繰り返し建てられる場合もあったり、坪単価などどんぶり勘定の見積を見積とされる会社さんもあると聞きます。
それが、見積図書を作成しない理由だと考えられます。

見積図書を作成する弊社は、
① 同じお住まいは2軒と無い
② 原価オープンの見積を作成している
以上、2点が分かりやすい特徴です。

ただ、その2点は、重要な事では無く、「大切に考えている事」が別にあり、その結果、2点が表面化したに過ぎません。

その大切に考えている事とは、「オーナー様の(本来の)ニーズにお応え出来るお住まいづくり」です。

詳しくは、お問い合わせいただけましたら幸いです。

今日も、(仮称)鹿谷町の家の見積図書の作成を急ぎました。

充実の週末

2021年5月30日 / (仮称)鹿谷町の家 (仮称)宝永の家

今日は(仮称)宝永の家のご契約をいただきました。
ご家族全員でお越しいただき、先日お生まれになった赤ちゃんとは初のご対面となりました。

早速ですが、発注承認の打合せもさせていただきました。
お忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございました。

発注承認打合せとは、ご契約内容のまま発注しても良いか?
今回発注する内容に関して、ご契約内容を再確認させていただき、変更の有無を確認させていただきます。

現場の進行に伴い4・5回程度、発注承認打合せをさせていただきます。

また、夕方からは、(仮称)鹿谷町の家のプラン決定をいただき、見積りのご依頼をいただきました。
(仮称)鹿谷町の家のお施主様も、ご家族全員でお越しいただきました。
お子さま達も、打合せにご協力いただき、ありがとうございました!

弊社は原価オープンの為、見積りをするには詳細な図面が必要となります。
どんな物でどの様に作るのかが分からないと、見積りが出来ない為です。

昨日に続き、今日もダブルヘッダー打合せでした。
明日はいよいよ、お引渡しです。

キッチン・ユニットバス・洗面化粧台・トイレなど

2021年5月2日 / (仮称)鹿谷町の家

今日は、(仮称)鹿谷町の家のお施主様と、リクシル福井ショールームにて、住宅設備(キッチン・ユニットバス)や衛生設備(洗面化粧台・トイレ)などを見学に行って来ました。

新商品に入れ替えが終わって、先日、オープンしたばかりのショールームなので、僕たちも初めて見せていただく住宅設備などがあり、それらを含めてご説明をいただきました。

いつも感じる事ですが、新製品になる度、使い勝手や機能、デザイン性なども進化して行きます。
ましてや、(仮称)鹿谷町の家のお施主様のように、新築しようとお考えになられた方々にとっては、理解を超える程の変化(進化?)だと思います。
今までの暮らしからは、使い勝手や機能など、変化し過ぎていて、驚きのあまり、また情報量の多さも相まって、頭にちゃんと情報が入って来ないのでは無いかと思います。

大変お疲れになっただろうと思います。
お疲れ様でした。

お施主様をはじめ、今日、関わられた方々、本当にありがとうございました。

敷地の測量

2021年4月26日 / (仮称)鹿谷町の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、敷地の測量をしました。
敷地形状を測量し、また高低差を測量しました。

坂道の途中にある(仮称)鹿谷町の家。

窓から見える景色も(仮称)鹿谷町の家の重要なポイントのひとつです。
高低差を計算に入れながら、窓の外の景色の見え方を考慮する上で、今日の測量はとても重要でした。

今日は天気もよく、のどかな環境の中で、測量をさせていただきました。
ありがとうございました。

予約制

2021年4月25日 / (仮称)鹿谷町の家

本日、工事時期のご予約をいただきました。
ありがとうございます。
末永く、よろしくお願い致します。

少人数制や、施工チームの固定化による品質の確保などの理由から、(ご不便をおかけしますが)弊社は予約制を採用しています。

詳しくはお問い合わせくださいませ。

過去の記事