ブログ

「(仮称) 足羽の家」の記事一覧

香り

2019年6月14日 / アート ご提案 (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の打合せを事務所にて行いました。

事務所の2階ギャラリーでは、現在、絵画展「EVIL’S Twelve」を開催中です。

そんな中、1階のカフェスペースで契約内容の打合せを行いました。

今回も、お花(カモミールとローズマリーなど)などをプレゼントしていただき、打合せ中も会社内に良い香りが漂います。

風香る中、リラックスした雰囲気の中、打合せを進めさせていただきました。

ありがとうございます。

華やいで

2019年5月31日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の打合せ。
前回に引き続き、打合せの度にお持ちいただく花。

今日は、カモミールにローズマリー、そしてパイナップルミントです。

カモミールはこれから咲く蕾。
「明日咲くかな?」
会社に来る楽しみが出来ました!

とても華やかで、良い香りがしてキレイな空気がエクリュに流れます。
癒しです。

花・空気

2019年5月17日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の打合せでした。
お花を持って来ていただきました!
お花をプレゼントされる方って、オシャレだと思いませんか?

フレンチラベンダーです。

花を活けると、空間が華やかになり、空気が整うと感じます。
弊社もキレイな空気になりました!

ありがとうございます(笑)

水屋

2019年5月14日 / 社屋 (仮称) 足羽の家

(仮称)足羽の家のお施主様にいただいた水屋(食器棚)。
きっと昭和の初め頃の水屋か?
かなり古い水屋です。

先日、良く伺う滋賀県にあるギャラリー(季の雲)で、古道具屋展が開催されていて、妻に「必ず行きたい!」と懇願していました。
お目当ては古い箪笥や水屋。
でも、開催期間中、どうしても時間が取れず伺う事が出来ませんでした。。。

そんな中、この水屋をいただく事になり、何とも本当に有難い事でした。

弊社2階のエクリュ・ギャラリーにて
2019年6月1日から絵画展を予定しております。
また、その後、陶芸展も引き続き予定をしているので、その際にはこの水屋に展示をさせていただこうと考えています。

見積図書

2019年4月12日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の見積図書の打合せを行いました。

見積図書とは、見積書を作成するに当たり基準となる図面の事を言います。
今日はその図面で、見積をする内容の確認を致しました。

見積をする内容が多ければ多い程、図面の枚数も増えます。

ご承認いただいた図面などから見積を開始致します。

ご厚意・ご協力のもと

2019年3月23日 / 内覧会・現場見学会など 実績紹介記事 お知らせ プリティドック 招彩の家 (仮称) 足羽の家

3月30日(土)31日(日)
4月1日(月)
福井市三郎丸にて
お施主様のご厚意のもと
「招彩の家」内覧会を開催致します。

今日は(仮称)足羽の家の打合せを終え、プリティドッグさんの現場に行った後、クリーニングを終えた「招彩の家」の状況を確認しに現場に来ました。

もう日も落ちて来たので照明を点灯。
夜は夜でとても良い雰囲気です。

クリーニングはしましたが、未だ少し工事が残っています。
今年は雪が無かった事もあり、職人さん達が忙しく段取りも困難な状況ですが、皆さまのご協力のもと、内覧会も無事開催出来そうな目処が立って来ました。

有り難い事です。

3月30日(土)から福井市三郎丸にて開催される「招彩の家」内覧会。

その名の通り、お客様を多彩にお招きする事を考えられたお住まいであると同時に、家事など日常生活を最適化する事を真剣にご検討されたお住まいです。

きっと皆さまのお住まいづくりにお役立ていただけるのではないかと思っています。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

福井市板垣にあるプリティドッグさんには、弊社でデザインした商品ラックが設置されていました。

こちらも4月1日のオープンに向けて皆さまのご協力のもと現場を進めています。

何でも日進月歩。

2019年3月15日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の住宅設備の打合せをリクシルさんのショールームにて行いました。

住宅設備とは、システムキッチンやユニットバスなどの事を言います。
多くの奥様が最もこだわるポイントでもあり、金額が大きく動くポイントでもあります。
多くの方が時間をかけて打合せをされます。
今日も長時間いただき、打合せさせていただきました。

キッチンもユニットバスも洗面化粧台やトイレも、日進月歩で、ドンドン良くなります。
もちろん省略化されてしまう機能もありますが、ニーズが高い(多くの方が望まれる)ポイントに関しては、ドンドン良くなります。
例えば、掃除のしやすさやお手軽さなどは、進歩していきます。

8年前に家を建てた僕は、いつも打合せでこれから建てられる方が羨ましいなぁ~って思いながら打合せしています。

現場見学会をしました。

2019年3月8日 / 内覧会・現場見学会など 建具の役割 ご提案 招彩の家 舞優の家 (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家のお施主様と、「招彩の家」及び(仮称)三郎丸のリフォームの現場見学会をさせていただきました。

弊社では、お施主様のご厚意のもと、現場見学会をさせていただいています(要予約)。
今回「招彩の家」は、ほとんど仕上がってしまい、ほとんど内覧会に近い状態ではありますが、完成してからでは見る事の出来ない部分などを工事中に見ていただくサービスも行っております。
詳しくはお問合せください。

今回、「招彩の家」で観ていただきたかったポイントは、木製建具(内装用のドアなど)の取り付き方の違いなどで印象が違ってくる部分をご体感いただく事でした。

建具は、部屋と部屋を時には仕切り、時にはつなげる為のモノです。
出入り口としての役割にもうひとつ意味を加えると、部屋と部屋の関係性などに変化が生まれます。

そういった変化を、実際の現場で体感していただく事も、今回の現場見学会の目的で、現在進めている(仮称)足羽の家のプランニングに反映させられたらと考えました。

しかし今日は天気も良く、少し風は冷たいですが春めいたとても良い日でした!
皆さまのおかげと感謝しております(笑)

過去の記事