ブログ

「(仮称)灯明寺4の家」の記事一覧

見積図書にて打合せ

2022年5月21日 / (仮称)灯明寺4の家

写真は撮り忘れましたが・・・

今日は(仮称)灯明寺4の家の見積図書による見積り内容の打合せを行いました。

弊社は、デザイン思考の会社であり、ニーズをお住まいに落とし込む事がとても重要だと考えています。

言葉にすると「当たり前だ!」と思われる事と思いますが、わざわざ当たり前の事を言葉にする理由があるのですが・・・その事はさておき、弊社が大切に考えている事、それによって行っているサービスのひとつが、見積図書の作成となりますが・・・
そのお話は、追々させていただくとして、今回は今日の打合せについてお伝えさせていただきます。

弊社の見積書は、原価オープン方式の見積書となります。

デザイン思考で、ニーズをお住まいに落とし込む事が弊社の重要に考えているポイントとお伝えしましたが、それを可能にするのが「原価オープン方式の見積書」となります。

原価オープン方式の見積書を作成するには、どんな材料にてどんな風につくるのか?詳しく分かる必要があります。

そこで「見積図書」を作成しています。

先ほどお伝えした様に、写真を撮り忘れましたが、見積図書(図面集など)はかなりの厚みになります。
正確な見積りを行おうと思えば思うほど、図面の枚数が増えて行きます。

今日はそのたくさんの図面など(見積図書)をご覧いただきながら、見積り内容の打合せを行いました。

模型と見積図書

2022年5月10日 / (仮称)灯明寺4の家

見積図書作成中の(仮称)灯明寺4の家ですが、今日は模型を作成しました。

【見積図書】
お住まいを住む方の価値観で構成する。
良い住まいとは、住む方ご自身を映し込んだ(住む方のDNAで出来た様な)お住まいだと考える弊社は、原価オープン方式の見積を採用しております。
費用対効果が明確になってこそ、お住まいに価値観(ニーズ)が落とし込む事が可能になるからです。

原価オープンの見積書を作成するには、使用する材料などはもちろんの事、どんな風に造るのかも明確にしないと金額を正確に出す事は困難です。

そこで、見積用の図面集などを作成して、出来る限り正確に情報を共有化し、見積りを行います。

見積用の図面集などを見積図書と言います。

本日作成した模型も、見積図書同様、見積りを正確に出す為に利用する為にも作成しております。

模型は、先ず模型用の図面の作成から始めます。

弊社は、外観などを共通認識にする為の模型を作成していますので、立面図などを利用して模型用の図面を作成して行きます。

立面図より模型にした方が、当然分かりやすく、見積りの為の構造の打合せや外壁の打合せの際には、協力会社さんも写真を撮られています。

今日は(仮称)灯明寺4の家の模型を作成しました。

収納の打合せ

2022年4月9日 / (仮称)灯明寺4の家 イメージマップ

今日は(仮称)灯明寺4の家の収納の打合せを行いました。

また、次回にご検討いただく外観のイメージのご検討もお願いしました。

【収納の打合せ】
建てた直ぐ、生活が始まって直ぐは、どんなお住まいもキレイでオシャレだったはずです。
例えば、賃貸マンションなどを借りて、引越し。暮らしが始まって直ぐは、キレイでオシャレな暮らしがスタートしたはずです。
しかし、長年暮らしていると生活感を通り越して乱雑になってしまっているなんて事は、珍しく無い事ではないでしょうか?

どうしてそんな事(乱雑に)なってしまったのか?
「収納が少ないから」
「生活に追われて、整理整頓が行き届かないから」
色んな理由があって、それらはきっとそうなんでしょう。

弊社ではその理由を、収納のP・V・D(S)が整っていない事にあると考えて、今回の様な収納の打合せの際に、お施主様と一緒に収納の図面などを見ながら、確認・検討・提案させていただいています。

Pとは場所(Place)
Vとは量・容積(Volume)
Dとは奥行(Depth)もしくはS(Shape)形状

ご自身の使い方やクセなどを理解し受け入れた上で、収納のP・V・Dを整える事は、暮らし続けてなおキレイが続くお住まいの大きな要因になります。

ですので、今日の様な収納の打合せを、弊社では重視して行っております。

今日は(仮称)灯明寺4の家の収納の打合せをしました。

次回は、以前打合せさせていただいたイメージマップからのご提案であるファサード(外観)を、形状の微妙な調整や、素材・色など、もう少しリアルにイメージしていただく為の打合せを行うので、宿題としてイメージを深めていただける様にお願いをしました。

今日の打合せを終えてから・・・

妻と足羽山を散歩。
春の恵みをいただいて帰って来ました。

コシアブラ。
天ぷらにしていただきました!

打合せ三昧

2022年3月26日 / (仮称)灯明寺4の家 (仮称)文京5の家

春の嵐、風の日の今日は朝から(仮称)灯明寺4の家の打合せを行いました。
弊社の駐車場の横の土地では、現在新築工事中です。お越しいただける方は、くれぐれもご注意くださいませ)
エクリュ・パーキング

今日は銀行さんにも弊社へお越しいただき、住宅ローンのお話などもいただきました。
住宅ローンを組まれる方は、弊社にもご相談いただけましたら幸いです。
お手伝いさせていただきます。

明日の打合せの準備や今日の打合せ内容の議事録などの作成を終え、15時から現場に向かいました。
(弊社では、打合せの度、議事録を作成させていただいております。その意図など、詳しくはお会いした際にご説明させていただきます)

(仮称)文京5の家は、現在大工さんの工事の真っ最中です。
今日は納まりなどの打合せを大工さんと行いました。

(仮称)文京5の家のリビングは、勾配屋根の形での勾配天井です。
登り梁を表しにして(見せて)、とても印象的な空間となっています。

本日、午前中に打合せをさせていただいた(仮称)灯明寺4の家も、(こちらは登り梁では無く水平梁ですが)吹抜けて梁組みが見えており、とても印象的な空間になっています。

(仮称)文京5の家の現場は、そんなリビング空間がイメージ出来るようになっていました。

また金物屋さんに移動して柱受けの固定の打合せを行いました。

そして明日は(仮称)丸岡町の家の打合せです。
やはりこの週末も打合せ三昧です。

3月頭には

2022年2月11日 / (仮称)灯明寺4の家 (仮称)新保2の家 彩現の家 集流の家

今日は(仮称)灯明寺4の家のお施主様と、リクシルさんのショールームに行き住宅設備などの商材を見て来ました。

住宅設計などとは、システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台やトイレなどの事で、お住まいの建築費の中で大きな金額を占める事もある部分で、その為もありご検討に時間をかけられる方も多い部分でもあります。

2時間程で、4点のご説明などいただきました。

続きましてお昼からは、(仮称)新保2の家のお施主様と、今度はパナソニックさんのショールームにて、住宅設備などの商材のご説明をいただきました。

やはり2時間程でシステムキッチン・ユニットバス・洗面化粧台・トイレなど4点のご説明をいただきました。

お施主様との打合せを終え、次は現場へ。

先日、モールテックスの下塗りをした彩現の家に行きました。

モールテックスとは、モルタル調の質感と水を通し難い高い耐水性のある左官塗材です。

彩現の家は、キッチンブースをモールテックスで仕上げる事を選択されました。

仕上げの質感や色彩などをマットでスモーキーなイメージとして、そのマテリアルでシンプルな形状を演出されて、とても素敵な空間を実現されています。
オーナー様のご厚意のもと3月頭に内覧会を予定しておりますので、お楽しみにしていただきたいと思います。

最後に外壁工事が進む(仮称)鹿谷町の家の現場に行きました。

外壁はほぼ完成しており、現場は大工さんが作業されていました。
大工さんの工事もかなり工事が進んでいました。

おかげさまで順調に現場は進んでいます。

工事時期予約及び業務依頼

2022年1月29日 / (仮称)灯明寺4の家

今日は、(仮称)燈明寺4の家の工事時期のご予約を正式にいただきました。

品質の確保など、様々な理由から弊社は予約制を採用させていただいています。
工事時期をご予約いただいた方から優先して、打合せなどさせていただいております。
ご不便などおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

工事時期のご予約の方法や、空き状況などは、お問合せいただけましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

過去の記事