ブログ

「遊び心の家」の記事一覧

花を生けると。

2020年3月22日 / アート お知らせ ご提案 遊び心の家 社屋

我が家の階段を上がった突き当たり、階段を下りた突き当たりにはニッチがある。
ニッチにはよく季節の植物が生けられる。
我が家には和室や床の間がないので、ニッチが季節感やおもてなしなどを表現するスペースとなっている。

花などを生けると、ちょっとした事だが気持ちがとても豊かになる。
空気が浄化される感じがする。
気分が上がる。

その事が感じられるから、また花など植物を生ける。
ちゃんと習った訳ではないけど、美しいと思えるカタチにまとまるまで、あーだこーだと妻と言いながら花などを生ける。
その事自体も楽しい時間だ。

現在、弊社の2階にあるエクリュ・ギャラリーにて開催中の『片山裕二展』。

おかげさまで多くの方々にお越しいただいております。
ありがとうございます。

今回の陶芸展は、食器などもさる事ながら、オブジェや花器が充実しています。

花などを生ける僕たちにとってはとても魅力的な構成となっています。

しかも花を生けると面白くなる花器やオブジェがたくさんあり、(商品なので水を入れ使用する事が出来ず、ドライフラワーしか生ける事が出来ませんが)生花を生けたくなる衝動にかられる花器などがたくさんあります。

そのひとつが↓↓↓コレ↓↓↓です。

『片山裕二展』は、エクリュ・ギャラリーにて3月29日まで開催しております。

弊社は、お住まい(暮らし)をご提案させていただいている会社です。
ギャラリーを設け、皆さまのご協力のもと展示会させていただいております。

今回は、「自然」「風化」「痕跡」「情景」をテーマに、『片山裕二展』と題しまして陶芸展を開催させていただいています。

この機会に是非、足をお運びくださいませ。

片山裕二展レセプション

2020年3月15日 / 安穏の家 遊び心の家 社屋 招彩の家 (仮称) 足羽の家 (仮称)西堀町の家

『片山裕二展』
皆さまのおかげを持ちまして、昨日は素晴らしいスタートをきる事が出来とても嬉しく、本当にありがとうございます。

朝一番、オープンと同時にお施主様が、前回の「木村茂遺作展」の際に再会されたご友人たちとお越しいただきました。
それを皮切りに、皆さまにお越しいただき本当にありがとうございました。

また、福井新聞さんに取材にお越しいただきました。
この度は、福井新聞さんにご後援をいただく事になりました。
ありがとうございます。

夜になり、今回もレセプションを開催させていただきました。
今回は、福井県福井市福2丁目604にある「栄次さん」に料理を作っていただき、料理人でもあった片山裕二さんがご自身のお皿にその料理を盛り付けていただきました。

この日の宴に、文字通り花を添えていただきました。

IRISさんは、「片山裕二展」をイメージしてリースを作って来てくれました。
リースのセンターには、片山裕二さんの陶板があり、それを土として根を張る植物を表現していただきました。

友高せんせいは、ムスカリ(マウンテンレディ)にて花を添えていただきました!

毎回そうなんですが、今回も皆さまのおかげを持ちまして、本当にステキで素晴らしいレセプションとなりました。
片山裕二さんが自らフライパンをふり、スペイン風オムレツを作ってくれたのも、盛り上がりました。
福井新聞さん
栄次さん
IRISさん
オーナー様(お施主様)
友高せんせい
木村さん
お越しいただいた全ての方々にスタッフ一同、深く感謝いたします。
皆さま本当にありがとうございました!

ホームパーティーをしたいと思うなら【最終話】

2019年12月24日 / ご提案 遊び心の家

お気付きの通り、この三角関係の話は、妻と僕に起こった事を、話が解りやすくなる為にディフォルメした話です。
この僕らの三角関係。
妻と僕という事は、最終的には僕と妻が一緒にいるという結末になっていますが・・・それは20年越しの奇跡と20年間付き合って来てくれた方々のおかげであって、一般的にはそうはうまくはいかないと思うのです。

どうすれば、涙をこぼさずに(後悔せずに)済むのか?
衝動と理性を一致させる事が出来ないか?
いつもそれを考えるのです。

これによく似た事で、お住まいの計画のご相談をお受けしている時にも、同じような事を考えます。

例えば「家が出来たら、ホームパーティーをしたい!」
その衝動からくるビジュアルを追い求める。

広いLDKはウッドデッキにつながっていて、オープンキッチンでは友人たちと楽しく料理をつくる。
そんなイメージが脳裏にはイメージされているのでしょう。
今はホームパーティーをされていますか?

因みにですが、我が家もホームパーティーをよくします。

子ども達もよく友だちをたくさん呼んで、クリスマスパーティなどしていました。

我が家はホームパーティーをよくしますが、賃貸に住んでいた頃は、ホームパーティーは出来そうもない状況でした。
新居を建ててホームパーティーをするようになったのは、リビングが広くなり、ウッドデッキが併設され、使い勝手の良いキッチンになったからだけではありません。
衝動的に走らず、衝動を持ちながら理性を働かせた結果に他ならないのですが・・・

その事を知って、一緒に考えていただきたいと思うのです。

なぜなら、もしかしたら一生に一度のお住まいかも知れません。
理想と現実の狭間に涙する事がない様に、一緒に考えていただきたいのです。

ポプラの枝になる。
それは、(何年かかったとしても)あなたの良いを実現させたいから。
先ず、その事を分かっていただきたと思います。
その上で、衝動を実現させる為の衝動との上手な付き合い方を知っていただけましたら幸いです。
もちろん、お手伝いさせていただきます。

おわり

ホームパーティーをしませんか?

2019年12月17日 / アート ご提案 収納 安穏の家 遊び心の家

僕は分譲マンションの設計をしていました。

分譲マンションは商品です。
どうやれば売れるのか?
どんな部屋にすれば売れるのか?
そこが重要です。

だから、「暮らしやすさ」というポイントでも、購入される(プロではない)一般の方が、暮らしやすいと感じられる必要があります。

僕は、分譲マンションに住まれている方で、モデルルームのように美しく住んでおられる方にお会いした記憶がありません。
モデルルームのような、もしくはそれ以上の素晴らしい家具や調度品をお持ちの方のお住まいにお邪魔した事は、何度かあります。
しかし、モデルルームの状況のままで暮らしておられる方のお住まいに伺った記憶はありません。

「暮らすと物入りだから、モデルルームのようにはいかないね!」
皆さま、そう仰います。

「モデルルームのようには暮らせない」
僕はその理由のひとつを知っていました。
そこで、ご縁があった福井に来て注文住宅の設計をさせていただく時に、その理由を解決して、暮らし続けてなおモデルハウスのように維持できる家を考えました。

その理由とは、「マンションは商品である」というポイントです。
それは建売住宅でも同じことが言えます。

商品は売れる事に意義があります。
売れてこそ商品。
売れなければ、在庫品やひどい場合にはゴミになってしまいます。
買うのはお客様。
だからお客様に買いたいと思っていただく必要があります。

多くのお客様が欲しいと思うポイント。
多くのお客様に分かりやすくご納得のいきやすいポイント。
商品である以上、上記の内容は外せません。
どれだけ良い物でも、一定量、売れないと意味が無い。
それが商品の限界でもあります。

戸建て住宅だと「一定量」というファクターが外れます。
お施主様さえご理解・ご納得いけば「良い物」のご提案が出来ます。

「これで、モデルハウスの様な空間の中で暮らし続けていただける!」
そう思いましたが・・・
点検に伺うと、中々それが難しい現実を見せつけられます。。。

何がいけなかった?
どこがダメだった?

ひとつは、「十人十色」の意味合いに深みが無かった事でした。

つまり、使い方や動線、暮らし方が人ぞれぞれである事は知っていましたが、「人それぞれ」の深みが足りていなかった事。

もうひとつのポイントは更に重要なポイントなのですが・・・
それは、お施主様ご自身も、ご自分の事をそれほど深くご理解されていない事です。

“Temet Nosce”
「汝、自身を知れ」

上の写真は1999年に発表された映画「マトリックス」のワンシーンです。
自分を知る事って意外に難しいんですよね。
そもそもカガミが無いと、自分の姿も見る事が出来ない訳ですから、自分の事は中々自分だけでは分りにくいものです。

だから、住まいづくりにおいてもその事で誤った情報を設計者に発信してしまう事もあるだろう。
その事の積み重ねが、「モデルハウスの様な空間の中で暮らし続ける」事への道のりから遠ざけている事に気づきました。

先日、我が家で行った忘年会は、皆さまのお力添えあって、とても豊かで楽しいステキな忘年会(ホームパーティー)になりました。
食材もメニューも、おしゃれでゆとりのある本当に豊かな物がテーブルを埋めました。

「きっと家を建てたら、本当はこういう事をしたいんだよね!」
そう仰ったのは安穏の家のオーナー様。

我が家の場合、ホームパーティーをするのはそんなに大変な事ではないので、時々します。
お施主様やオーナー様、友人や仕事仲間など、様々な方にお越しいただき、ホームパーティーをします。

ホームパーティー好き?なのかも知れませんが、むしろ大きな要因は、いつも基本的に片付いて、掃除さえすればお招きする事が出来るところにあるのだと思います。
また、掃除機もかけやすい様に、床に物をあまり置いていません(我が家では掃除をしない人ほど、床に物を置きますが・・・)。
とにかく、家事がラクになる様に工夫している事と、片付きやすい様に工夫しているおかげでいつも片付いている事が、ホームパーティーを開く事が苦になりにくいのだと思います。

ダイニングの照明は、演色性の高い器具を設置しています。
その事も、料理がよりおいしそうに見えてテンションがあがります。

また、ホームパーティーを繰り返すので、そのクオリティもあがっていきます。
器など料理を演出する物も揃っていきます。

この循環を生む最大のポイントは、「暮らしやすさ」と「美しさ」にあります。

カッコイイお家を建てて友だちを呼びたい。
多くの方が思われる事でしょう。

しかし、現実には、、、
友達を呼ぼうと思うと物が多すぎて片づけなきゃ・・・
掃除が行き届いていないからムリだ。。
みたいな感じになるのが多いのではないでしょうか?

カッコイイお家である事はもちろん。
機能的で家事が楽でないと、実は友達を気軽に呼ぶ事が出来ないのです。
しかも、その「機能的」という意味には、かなりの深みが必要である事が、僕の経験上、言えます。
「十人十色」の意味を深める事。
またお施主様ご自身も気付かれていない「十人十色」のポイントを一緒に知っていただく事(汝、自身を知れ)。
その事が、理想の暮らしを手に入れる為に、不可欠なファクターである事は、僕の経験上、確実に言えます。

我が家(遊び心の家)でホームパーティーをしませんか?
もしくは・・・
ホームパーティーの出来る家を建てませんか?

我が家にて

2019年12月15日 / 安穏の家 遊び心の家

今日は皆んなで料理を持ち寄り、遊び心の家にて忘年会を行いました。

皆さんのこだわりのメニューは
・温野菜とグリーンサラダ自家製ドレッシングかけ
・ミネストローネ
・ミートパイ
・フィンランドのお洒落なクラッカーにクリームチーズなど乗せ
・ブルーチーズとレーズンや干し柿トッピング
・海鮮のアヒージョ
・明太子クリームパスタ
・舞茸のペペロンチーノ
・サーロインステーキにんにくスライス添え
・スペイン桃のシロップ漬け
・鎌倉歐林洞パトロン
・カロシトラジャコーヒー

本格的な料理が並び、気のおけない仲間との時間は、本当に贅沢な時間です。
お店に行くのも良いですが、我が家で一緒に作りながら食べる忘年会は初めて。
とても美味しく楽しい時間でした。

大切な事(掃除編)

2019年11月14日 / 遊び心の家

僕は、そんなに掃除はキライでは無い。
とは言え、掃除が大好きと言う訳でも無い。
していただけるなら、それに越した事は無い(笑)

でも、汚いのは苦手だ。
カオスになり出すと心も乱れる。
だから掃除をする。

掃除をした後の空間は心地よい。
掃除してキレイになったら湯を沸かしコーヒーを入れて飲む。
とても良い気持ちになる。

キレイになった空間が続けば良いと、汚さない様に大切に空間などを使う。

しかし、そこに不条理をばら撒く者があらわれる。
掃除をしない輩だ。

掃除をする僕は、出来るだけ汚さない様に大切に空間を使うのに対して、掃除をしない輩は平気で空間を汚し乱す。
僕の心も乱れる。

仕方がない。
汚い事が好きな輩は、キレイにされる方がイヤなんだろう。
そう言うと「キレイ方が好きだ!(怒)」と言う。

再び僕の心が乱れる。

しかし、ふと我にかえる。
キレイが好きな僕だから、僕が掃除をするだけの事。
気になる人、気付いた人が、自分の為にすればいいのだ!
コレでいいのだ!

(だがしかし・・・だがしかし・・・)

世の中も家の中も修行だ。。。

家がキレイなのは、(汚したままの輩がいても)誰かがキレイにしているからだ。
それぐらいの事は、知っておく必要がある。
「知ってるわ!」きっと汚したままの輩は、そう言うだろう。

でもそんな何も解っていない輩に、心乱される方が、修行が足りないと言うものだ。
(だがしかし・・・だがしかし・・・)
コレでいいのだ!(涙)

つまり伝えたかった事は、そんなストレス社会だからこそ、住まいづくりにおいて、掃除がしやすいって事も大切な事なのかも知れない。

土地探しのご提案

2019年11月8日 / ご提案 土地 遊び心の家

「お家を建てよう!」
そう思い立ったら先ずする事は?
大抵の方が、「どこに住むか?」という事で、土地探しからスタートします。

【土地探し】
例えば、お子さんがおられ既に学校に通っておられる場合などは、学校区などが土地探しの縛りになる事が多いですが、未だお子さんがおられなかったり学校区などの縛りがなかったりした場合はどんな風に探されるのでしょう?

NHKのサイトに災害が起こりやすい地域などが分かるサイトがあります。
上の写真が、そのサイトです。
https://www.nhk.or.jp/kishou-saigai/city/disaster/18201001820100/

こんな風に情報を集めるのもひとつの方法でしょう。

「知る事」は、選択する上で不可欠な事です。
運に任せるという選択もありますけどね!
そうであっても、自分が何を選択しているのかを知る必要はあります。

「日当たり」を考慮に入れられる方は、多いですね!
確かに「日当たり」はとても大切です。

「日当たり」に関係する事に、「敷地の、道路が接している方向」がありますが、もうひとつ大事な事に「用途地域」があります。

http://www.fukui-toshikei.com/

上のURLは福井市の用途地域を示したサイトです。
この様に、他の行政でも用途地域が分かるサービスをされているので、調べられたらいかがでしょうか?
ポイントは、高い建物が建てにくい用途地域ほど、日当たりが良くなる可能性が高いです。

また、用途地域では、その名の通り、その地域に建てられる建物の用途(種類)の方向性が決められています。

例えば「住居専用地域」という用途地域がありますが、その場合、住宅地にそぐわない種類の建物を建てる事は困難である様に、色んな事が決められています。

災害ハザードマップにせよ、用途地域にせよ、先ずは知る事が重要かも知れません。
お近くの不動産会社さんにご相談されるのも、良い方法かも知れませんね!

チョットここで、我が家を建てる際の土地探しの事例などをお伝えします。
ご参考にしていただければ幸いです。

建物は、土地に応じて設計するので、我が家を建てる際にも土地探しは重要なポイントのひとつでした。

子供たちが既に学校に通っていただので、学校区は変える事が出来ず、後は建物のプラン上や、雰囲気からの土地探しをしたのが、プロならではの土地探しの仕方でした。
ですので、そのポイントをひとつ、お伝えしておきますね!

それでは、以下の写真をご覧ください。





「北の眺望。南の日照。」って言葉はご存知でしょうか?

先ほどもお伝えしたように、南側は日当たりを考えた時に重要になります。
一方、景色がきれいに見えるのは、北側なんです。

我が家のプロならではの土地探しは、北側の風景がどの様に見えるのか?と言うポイントです。

「ピクチャーウィンドー」などとも言いますが、窓の外の景色が美しいと、四季折々の変化も楽しめてとても暮らしに潤いを得れます。

上の写真は、ダイニングの席に着くといつも見える風景です。

こればかりは、後でつくる事が出来ないので、土地探しの時点で意識しておかないと得れないですからね!

他にも、住宅をプランニングする側からの土地探しのポイントがあります。
その事は、また次の機会にお伝え出来ればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

合わせ柿

2019年10月29日 / 遊び心の家

毎年この時期になると妻の実家から送られてくるのは、合わせ柿。

実家の庭にある柿の木は、妻が生まれる前からあったので、合わせ柿が送られてくると決まって、子供の頃の思い出話が始まる。

その思い出話の中に毎回出てくるのは、父の話。

合わせ柿は、父が作っている。
そして、食べるタイミングは父が図っている。
しかし、そのタイミングを外し、未だ渋が抜けない柿を食べさせられた事が、毎年話に上がる。

今年も妻が父にお礼の電話をして、いつ頃食べられるのかを聞いた。
すぐ食べてOKとの事で早速数個剥いて食べた。
ひとつアウトだった。

「どうしていつも余裕を持って伝えてくれないのか?」
妻が今年も怒り気味に言う。
今年もまた、柿にまつわる思い出がひとつ増えた。

美味しいそうに見える柿。
目を肥やしたら、渋を見分けられるのか?
最近福井でよく出没しているクマなどは、ちゃんと甘い柿を見つけて食べるのだから、何か見分け方があるのかも知れない。

しかし、毎年の様に渋を引き当てる強運の妻は、何度経験しても違いを見分ける事が出来ない。

見た目だけでは、わからない事ってたくさんある。

そもそも柿が美味しいのは、子供の頃からの思い出話と共にいただくからというところも大きい。
「物より思い出」とのキャッチコピーがあったが、まさにそうだと思う。

見た目は大事だ。
だけど見た目に目を奪われて、更に大事な事を見失うのなら、目を閉じた方が良い。

ドブネズミみたいに美しくなりたい
写真には写らない美しさがあるから

そうブルーハーツも言っている。

実家から合わせ柿が送られてきた。
妻には、柿を取りヘタを焼酎につけ、発泡スチロールの箱に並べて詰めている父の姿が脳裏に浮かんでいるのだろう。
そして、柿を口にした瞬間、ブワーッと渋が口の中に広がる感触を思い出し顔を歪める。
で、また今度もあの話を僕にする。

秋の夜長を楽しむ。

2019年10月11日 / ご提案 遊び心の家

やっと今日届きました。
いつ頼んだのか?覚えていない程、月日が経ったので、今日届いたのはとても嬉しいです。
村上開新堂

コーヒーと一緒に楽しみたいと思います。

届いたと言うと、もう一つ。
奈良で有名なお菓子(微笑)も届きました。

こちらは、日本茶と一緒にいただきます。

過去の記事