ブログ

「遊び心の家」の記事一覧

家が出来る事

2021年7月10日 / 遊び心の家

暮らしのご提案をしているのに、お恥ずかしい話ですが、、、
ここ最近は忙しくさせていただいており、我が家の生活が儘ならぬ状況にありました。

ゴールデンウィークは、お休み無しでお仕事をさせていただき、恒例のウッドデッキの掃除もしておらず、苔っぽくなっていました。

今日は、我が家(遊び心の家)にて打合せがあり、慌てて掃除を決行しました。

ゴールデンウィークに出来ておらず、苔っていたウッドデッキも、打合せ時間直前まで可能な限り掃除をしました。

おかげさまで、とてもキレイになりました。

打合せが出来る状況になったのは、お客様がお越しになる10分前。
ギリギリでした。

清く正しく美しい暮らしは、毎日コツコツと続ける必要がある事を、今日は痛感しました。

一方で、暮らしやすいを探究している我が家は、(掃除は行き届いてはいませんでしたが)片付ける事は容易で、多忙な毎日にあっても住む人の毎日をシッカリとバックアップしてくれている事も実感出来ました。

家が出来る事は、結構あり、それを踏まえてプランニングしておくか否かによって、暮らしが大きく違って行き、生き方や人生にも大きな影響がある事を、今日はより感じました。

直ぐに整って打合せが出来る状況になり、本当に良かったです。

アジサイ

2021年6月24日 / 有理の家 遊び心の家

有理の家のオーナー様が、我が家(遊び心の家)へお越しになられました。

我が家もそうですが、間も無く築10年を迎える有理の家

家具も壊れたりして、ダイニング周辺の雰囲気などを変える為、家具を新調されるとの事で、先日、オーナーズサロンへ相談にお越しいただきました。
そして今日は、我が家のダイニングチェアの座り心地も試され、弊社で扱っている(代理店をしている)家具メーカーさんもご検討いただきました。

ちょうど「お花(アジサイ)をお花屋さん(フラワーカドヤさん)に買いに行かないか?」と妻と相談していたら、オーナー様がお土産にお花をお持ちいただき、なんとアジサイでした!

嬉しい!
早速、ニッチに生けました。
華やぎました。

弊社は、お住まいを建てていただいたオーナー様(お施主様)専用のカフェ(オーナーズサロン)を併設しております。

コーヒーなど飲んでくつろいでいただく事はもちろん、暮らしのご相談などお話いただければとの想いから設けました。

また小さな図書館もあり、建築やインテリアなどの専門書もご覧いただけます。

2階には、ギャラリーも併設しており、オーナー様の暮らしが更に高まる様なご提案を(オーナー様のご協力のもと)させていただいてます。
こちらは、一般の方もご利用も可能です。

今日は、有理の家のオーナー様が、インテリアなどのご相談に、我が家へお越しいただきました。

築10年目の我が家で打合せ。

2021年5月3日 / ご提案 遊び心の家

今日は、おやすみのところお時間をいただき、遊び心の家にて、打合せをさせていただきました。
ありがとうございました。

遊び心の家は、築10年目になります。

10年間、決して上手に暮らせない、むしろ下手な僕たちが実際に暮らし続けた状況を、ほとんど包み隠さずご覧いただき、問題点であったり考え方などに気付いていただければと考えて、我が家でも打合せをさせていただいています。

お住まいづくりのご参考にしていただけましたら幸いです。

帰り道はいつも華やいで

2021年2月23日 / 遊び心の家

写真は、遊び心の家のニッチに生けていたチューリップです。

生けた時は、ニッチが一気に華やいで、春を感じさせてくれていましたが、「花の色は移りにけりないたずらに・・・」

そこで、今日、フラワーカドヤさんに花を買いに行って来ました。

生けるのがとても難しいイッタラの花器に生けてみましたが、、、やはりあまり納得がいきません。。

イッタラの花器は、あちらこちらで目にしますが、上手に生けていると言うか・・・生けているところを目にした記憶がありません。

まぁ、、、こんなものか。。と、、、

ニッチは、再び華やぎました。

断熱性能のお話を少々。

2021年2月15日 / ご提案 断熱 遊び心の家

我が家である遊び心の家は、築9年(10年目)になります。
10年一昔前と言いますが、性能などは、やはり現在の住宅に比べると悪く、Ua値は、0.91W/㎡Kです。
福井市の省エネ住宅の基準である0.87W/㎡Kに達していません。

一方、我が家はHEMSを設置しています。
HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。
家で使うエネルギーを節約するための管理システムです。

我が家のHEMSは、外気温や室温も見る事が出来ます。

福井市の省エネ住宅の基準である0.87W/㎡Kは、(細かな設定は割愛させていただきますが)寝る前に暖房を止め、朝起きる時に最低限の健康ラインとされる10℃を下回らない断熱性能との事で決めたと聞いてます。

我が家、0.87W/㎡Kに達しませんが、HEMSで確認しても一度も10℃を下回った事は無いです。

この時期、仕事を終えて家に帰って玄関ドアを開けると、必ずと言っても過言では無く妻と口にするのは「我が家は温かいね!」って事です。

我が家は仕事が終わる18時になると、床暖房が入る様に設定されています。
家に着く頃には、玄関ドアを開けると玄関まで暖かくなっています。

お客様との打合せの際、寒いのが嫌だから断熱性能を高くしたいと仰る方がおられます。

それは少し正しくないと感じます。
また「断熱性能が高い事を是非ご体感ください」との宣伝を目にする事もありますが、それも正しくないと思います。

我が家は省エネ住宅の基準をクリアしていないのに温かいからです。

断熱性能が高い・低いは、温かい・寒いと言う話では無いと思います。
使用するエネルギーを抑える事が出来るか否かの話です。

また断熱性能が良いと、先程の暖房を止め、朝起きる時に最低限の健康ラインとされる10℃を下回らない事にとどまらず、最低限の快適ラインとされる15℃を上回る事も可能です。

因み、福井市で15℃を下回らない為の熱損失係数は、0.34W/㎡Kとされています。

健康寿命と断熱性能の関係性などを調べられている先生もおられます。

余談ですが、断熱性能が良くなると、冷房時の負荷が大きくなる事も分かっています。
少し省エネルギーに反します。

色々とお話をしないと難しい事があります。
話しても難しいです。
しかし、今、知り得る情報を知っていただき、ご判断いただければと弊社では考えています。

重要なのは選択をしようとする事だと思います。

雪かきとHEMS

2021年1月10日 / 遊び心の家

本当に沢山降りましたね!
久しぶりに福井市内も積雪1Mを超えて、大変な思いをされてる方もおられる事でしょう。
お疲れ様です。

我が家も雪かきをずっとし続けて、全身筋肉痛です。

IMG_1573

そこで、ルーフテラスで、雪を溶かす実験を。
シャワーを出しっぱなしにしました。

1M以上積もったルーフテラスの雪は、シャワーの水があたるところだけウッドデッキが見えるようになりました。

でもHEMSで水道料金を確認してみると、すごく費用がかかってしまう事に気付き、手で降ろす方が早い事を知りました。

HEMSとは、ホーム・エネルギー・マネージメント・システムの頭文字で、住まいのエネルギーをコントロールして省エネにしたり、エネルギーなどの使用状況を確認したりする機械です。

上の写真の様に、時間毎の水や電気、ガスなどの使用状況を確認出来ます。

結局、手でルーフテラスの雪を降ろしました。

体感

2021年1月3日 / 遊び心の家 結地の家

新年あけましておめでとうございます。

今日はお正月三ヶ日にも関わらずお時間をいただき、我が家にて(仮称)三十八社町の家の打合せをさせていただきました。

昨年末にご契約いただいた(仮称)三十八社町の家。
確認申請書の作成・提出に際していただく発注承認について、ご検討いただく為の打合せでした。

確認申請とは、お住まいなどを建築する為に必要な申請です。

確認済証を受領しないと、着工など出来ないので、おくつろぎのところ大変申し訳ありませんが、出来る限り工程に乗せる為に、本日、我が家にお越しいただき打合せさせていただきました。

我が家にお越しいただいた理由は、家の中での温度差をご体感いただく事などがその理由です。

暖房されているLDKとその他の居室(寝室など)、またトイレや洗面脱衣室など、各部屋の温度差をご体感いただく為にお越しいただきました。

室温の違いは、身体への負荷となります。
快適性が高ければ、穏やかな暮らしとなる事でしょう。
それと同時に意匠性やデザイン性も豊かな暮らしに重要なファクターと言えるでしょう。

それらの費用対効果を再検討していただき、オーナー様にとっての良い住まいをご検討いただく材料のひとつとして、我が家にてご体感いただきました。

お正月の最中に我が家にお越しいただき打合せいただけたのは、本当に感謝しております。
ありがとうございました!

皆さまにおかれましても、今年も宜しくお願い致します。

Big Window

2020年12月30日 / 遊び心の家

今年も、遊び心の家の「Big Window(ペアガラス製作限界寸法の大きな窓)」を掃除しました。

「Big Window」の掃除は我が家の毎年の恒例行事となっています。

道具さえあれば、それほど大変ではありません。

南側にある我が家の「Big Window」は、夏は暑いですが、冬は日がさすと床暖房を消し忘れていたか?と思う程、暖かいです。

ただ、省エネ基準適合住宅の義務化の方向性が高まる昨今では、とても不利な住まいとなってしまいます。

省エネルギー化、CO2の削減は、待った無しの状況にあるので、仕方無いのでしょうね・・・。

今日は「Big Window」の掃除をしました。

花を生ける。

2020年11月3日 / ご提案 遊び心の家

丹生膳野菜へ久しぶりに行ったので、花などを買って帰って来ました。
そして、玄関先に生けました。

花を生けると、空間がとても豊かになります。
華やかになります。

階段のニッチにもオオバナヒエンソウ・デルフィニウムを行けました。
とても清々しい感じになりました。

部屋に花を生ける。
少しのコストで大きな効果があると思いますが、いかがでしょうか?

過去の記事