ブログ

「社屋」の記事一覧

オーナーズ・サロン

2019年11月6日 / 凝縮の家 社屋

今日は、凝縮の家のオーナー様が、オーナーズ・サロンへお越しになられました。

オーナーズ・サロンとは・・・
弊社は、カフェを併設しています。
オーナー様(お施主様)専用のカフェです。
図書館も併設されており、暮らし始めてから、更に暮らしを高める為の情報をご自身で得ていただく事も可能ですし、ご相談いただく事もOKです。

今なら、ハウスナリーさんのウェブサイトを通してご予約いただくと、クオカードがもれなく当たるそうです。

凝縮の家のオーナー様。
前回、お越しいただいた時は、メガネの撮影を弊社にてされるとの事で2018年4月に来られました。

仕上がりを見た事が無かったので、今日、見せていただきました。
http://gladeli.com/

相似とお芋

2019年10月17日 / 社屋 招彩の家

我が家の高校生の娘と相似。
数学の図形の問題を思い出しました。

学校から帰って来て、着替えもせずソファーで携帯を見ている姿をスケールダウンした感じに見えたからです。

めっちゃキュート!

今日は、招彩の家のオーナー様が、お芋掘りの帰り、オーナーズ・サロンに寄ってくれました。
そしてお芋をいただきました。

ありがとうございました!

相似。
めっちゃキュート。

具沢山スープ

2019年9月29日 / 社屋

今日は、先日、絵画展を開催いただいた友高さんご夫婦に、手作りのスープをご持参いただき、お昼ご飯をご一緒していただきました。

お店で出てくるような手作りスープは、鶏肉と豆、野菜の具沢山スープです。
チェコ料理をもとにアレンジされたスープだそうです。
友高さん曰く、豆を入れれば美味しくなる。
その言葉通り、とても美味しいスープでした!

今日は久しぶりにゆっくりとお話が出来ました。
お店に行くのも良いですが、こんな感じで自分たちの手作りランチは、豊かでオシャレな食卓となりました。

デザートには、リヴィウ・ハンドメイド・チョコレートを弊社のコーヒー(カロシトラジャ)でいただきました。

友高さん、ありがとうございました。

また、お逢いましょう。

2019年7月28日 / アート お知らせ 社屋

6月から2ヶ月にわたり開催させていただいた「EVIL’S
Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」皆さまのおかげを持ちまして、本日、終了致しました。

エクリュでお住まいなどを建てていただいたオーナー様ご家族の暮らしを高めて行かれる事に使っていただきたいと考えて3年前に設けたエクリュ・ギャラリー。

この度、その趣旨をご理解いただきご協力いただいたTOMOTAKAさんをはじめ全ての方々に深く感謝致します。
おかげさまで、本当に素敵な2ヶ月間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

昨日は、TOMOTAKAさんご夫婦をはじめ、キュレーターでもある安穏の家オーナー様ご夫婦、エクリュスタッフ一同と一緒に打ち上げをさせていただきました。

その中のお話でも、「今回のこのメンバーでまた再び集まりたいね!」とか、「定期的に集まらないか?」など嬉しいお声が上がり、感謝の言葉も見つかりません。

今日、シャンデリアの中から姿を消したアリストテレス(ドラミちゃん)。
失ってから気付くTOMOTAKAさんの絵画の持っている力でした。

ギャラリーとしての微力さを痛感すると共に、それだけに皆さまのご協力のおかげで、とても素晴らしい絵画展が開催出来、終了出来た事に深く感謝致します。

本当にありがとうございました!

今年の夏の思い出のひとつに。

2019年7月23日 / 社屋

弊社2階ギャラリーにて開催中の絵画展「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」ですが、新たなポスターも弊社の窓に貼らせていただきました。

8月2日は毎年恒例の福井花火が夜空を飾ります。
そして、こちらも毎年恒例ですが、その花火を藤島神社さんの境内から眺めよう!との事で、お店(屋台)が出たりします。
今年もそのイベントのポスターが出来、いただけましたので弊社の窓に貼らせていただきました。

信号待ちの間にでも、チョット目を通していただけましたら幸いです。

8月2日(金)18時から
藤島神社さんの境内で屋台が出ます。
お子さまも楽しめるイベントになっています(くじ引きなど)。

浴衣でお越しの方には、もれなくかき氷をプレゼントしていただけるサービスもあります。

よろしければ、今年の夏の思い出のひとつを、藤島神社さんの境内でつくりませんか?

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)
エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

とうとう今週末(7月28日:日)までとなってしまいました。
こちらにも是非、足をお運びください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

H・B・T・Y

2019年7月21日 / アート お知らせ ご提案 社屋

現在、弊社2階ギャラリーにて開催中の絵画展「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」です。

実は昨日、その作家さんであるTOMOTAKA Hiroyukiさんの誕生日でした。
そして、今日、エクリュ・ギャラリーにお越しいただきましたので、ささやかながら誕生日のお祝いをモンモランシーさんのロールケーキでさせていただきました。

本当は、昨日もパティスリー ル・タニさんのケーキをこっそり準備していたのですが、TOMOTAKA Hiroyukiさんがお忙しく、会えなかったので、自分で食べてしまいました。
おかげさまで二日連続のケーキにありつけました!

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki

その会期中に一緒にお誕生日をお祝い出来たのは幸いでした。

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)
エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
是非お立ち寄りくださいませ!

はなちゃん、うたちゃん、ありがとう!

2019年7月15日 / アート ご提案 社屋 舞優の家

お花をはなちゃんたち(お施主様)からいただきました!
本当にありがとうございます。

とても良い香りが、弊社にほのかに漂います。

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)

エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
是非お立ち寄りくださいませ!

EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki

2019年7月6日 / アート ご提案 社屋

猟師が獲物に銃口を向けしとめる時、「繋がる」との感覚を覚えると聞いた事があります。

命をいただく程の出逢いとは、「縁」なのかも知れません。

昨日は芦屋画廊Kyotoさんのご好意のもと、ART OSAKA 2019 に行って参りました。

現代美術に特化したアートフェアとしては日本最大規模。
一番長く支持されてきた定評あるアートフェアで、ホテルグランヴィア大阪の客室を展示ブースに26階ワンフロアを全て会場に貸し切られています。
参加ギャラリーは国内外より54ギャラリー(関西23、関西以外26、台湾4、韓国1)、展示ブース数は69部屋に上ります。
1日でまわりきるのは困難な程でした。

ギャラリーの方やアーティストご本人ともお話が出来たり、作品もとても近い距離感にあり、実際に空間に飾るイメージが出来るような展示もありました。

一気に福井に話は戻って・・・
エクリュの二階ギャラリーでは、現在「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuk」(絵画展)を開催中です。

ギャラリーの役割なども考えながら、今回、ART OSAKA 2019 に伺いましたが、猟師の「繋がる」が言葉として浮かびました。

全てのモノには、うまれてきた意味があるはずです。
そしてそれらが出逢う事にも、偶然ではない必然的な意味が存在している。

でも、その意味に気付いている方ってどのくらいおられるのでしょうか?

いや、意味など気付く必要も無いのかも?
むしろ「繋がる」を感じ取る事が出来たなら。

ギャラリーは、整理したり拾ったり気付いたりして、その「繋がる」感覚を少しだけお手伝いする。
「繋がる」の為の場づくりなのかな?

今回、ART OSAKA 2019 に伺い、芦屋画廊Kyotoさんのお話などを伺っていて感じました。

ただ、エクリュ・ギャラリーの想いは、ギャラリーとしてはある意味不純なのかも知れない「お施主様をはじめ、弊社と関わっていただける方々の暮らしが高まって行って欲しい」があります。

繋がりがそうさせてくれると本当に嬉しいですね!

繋がりと言うと・・・

大阪駅付近の雑踏の中。
連絡もしていなかったのに、大阪在住の義妹とバッタリ会いました。
福井では珍しく無いこの偶然の出会いも、大阪だとキセキです。

「家族」
なんと強固な繋がりだ!って当たり前ですね!
いや!キセキです(笑)

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)

エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

是非お立ち寄りくださいませ!

皆さまのおかげでとても素晴らしいトークショーとなりました!

2019年6月29日 / アート 社屋

今日は、弊社二階ギャラリーにて開催中の「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」のトークショーを行いました。

世界には、4人、友高さんの事を良く理解されている方がおられ、そのトップを争うと言われている方。
城門氏が、なんと横浜からこの日の為に駆けつけていただき、トークショーが開催されました。

家には壁が必要です。
その理由は、地震や台風などに耐え得る為。
そんな事は最低限の事で、本当の壁が必要な理由は、絵を飾ったり、家具を配置したりと空間に個性や表情を設ける為に壁が必要です。

今日はご自身を壁を使って表現するにも、絵を描かれた意図や意味の様なモノが少し触れていただけるキッカケにならないか?との想いもあり、お忙しい中、お集まりいただきトークショーを開催させていただきました。

「以外」を描きたい。
絵画は単純ではない。

言葉の示す真意や、語尾に込められた想いなど、とてもナイーブで一言一句に考えさせられます。

欠落したモノを拾い集める作業は、何をカタチづくるのか?

とても興味がそそられる話が続き、予定の時間をあっという間にオーバーしてしまう程、皆さまのご協力をいただき素晴らしいトークショーになりました。

本当にありがとうございます。

明日も「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」は11:00〜17:00まで開催しております。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

【special thanks】
TOMOTAKA Hiroyuki
城門行
芦屋画廊Kyoto
イシサカゴロウ
お施主様
ニホ
ふせ金
お越しいただいた方々
関わっていただいた全ての方々

いつも色々ありがとうございます!

2019年6月28日 / アート お知らせ ご提案 社屋 (仮称) 足羽の家

弊社の花壇には、クローバーを植えていただいています。
今日、草引きをしてて気付いたのですが、植えていただいたクローバー。
四つ葉のクローバーがたくさんありました!

なんだか嬉しい!

弊社の協力会社さんが、一生懸命、四つ葉のクローバーになりやすい品種を探してくれたおかげです。

ありがとうございます!

今日は(仮称)足羽の家の打合せでした。
いつもお土産をお持ちいただく(仮称)足羽の家のお施主様。
今日は畑からとりたての夏野菜。
カモミール。
それと薄氷本舗 五郎丸屋のT五
そして、明日のトークショーにお出しいただく自家製の米麹のスムージーをお持ちいただきました!

上写真はT五です。
https://goromaruya.com/

今日の打合せで、更に使い勝手の良いお住まいになったのではないかと思います。
粘ってご検討いただけるのは、本当に有難いです。

本当に色々とありがとうございます!

明日は、現在開催中の EVIL’S Twelve(絵画展)のトークショーが18時より開催されます。
その際に、(仮称)足羽の家のお施主様自家製の米麹スムージーもお出しさせていただく予定です。

とても楽しみです!

過去の記事