ブログ

「立華の家」の記事一覧

ファサードが、結構、大事だと思う。

2022年6月3日 / イメージマップ 立華の家

ファサードが結構大事だと思うのは、それは家に帰ってきた際「我が家に帰ってきた!」と安心を感じて満足げに思うのは、ファサード(外観)を目にした瞬間ではないか?と思うからです。

「我が家に帰ってきた!」が、安心と満足を感じられるのには、それなりのファサードである必要があるし、もちろん帰りたくなるお住まいである必要があります。
とにかく、ファサードが果たしている役割は、街の景観といった社会的な役割はもちろんの事、もしかしたら一番長時間過ごす事になる家という空間での過ごし方に、かなりの影響を与えるのではないか?と考えられるのです。

そんな大事なファサードをどうするか?
もちろん色々お話をさせていただいたり、打合せをして決めていくのですが、弊社では、イメージマップが大きな役割を果たしています。

イメージマップとは
大学の4年間。
ザ・リッツ・カールトン大阪ハービス大阪を含む、西梅田再開発プロジェクトを行っていた竹中工務店でアルバイトをしていました。
その竹中工務店が使用していたのが、このイメージマップです。

イメージは、何々風とか何々らしいなどと明確な言葉にし難く、共通認識にするのがとても困難です。
イメージマップは、それを言語化したり分類する事で、共有化を図るツールです。

弊社では、ファサード(外観)を含めたイメージの共有化を、イメージマップを用いて行っています。
そしてこの大事なファサードをご決定いただいております。

会う日

2022年5月27日 / イメージマップ (仮称)文京5の家 歩先の家 立華の家 集流の家

今日は、オーナー様やお施主様と、良くお会いする日でした。

先ずは、(仮称)文京5の家のお施主様と、玄関タイルなどの打合せを行いました。

イメージマップをもとに空間のトータル的なイメージなどを決めるのですが、イメージマップにて言語化された「様式からの発展」と言う言葉を深める事になりました。
イメージマップとは?ココをクリック

昨日のブログでお伝えした様に、弊社では「まん中に住む」との言葉に表現される、自分たちらしいお住まいのあり方を深めています。
良いお住まいとは、住む方らしいお住まいと、信じて疑わないからです。

今日は、イメージマップの分析結果である「様式からの発展」とこ言葉をお施主様の言葉に置き換えていただき、その言語化されたイメージをどの様に空間に表現して行くのか?をお話させていただきました。

間も無く、最後の発注承認打合せがあるのですが、その打合せがとても楽しみです。
発注承認打合せとは?ココをクリック

その後、歩先の家に伺い、久しぶりにオーナー様とお会いしました。
会社から歩いて伺えるご近所と言う事もあり、時々お会いしていたのですが、ここ最近はお恥ずかしい話、バタバタしてしまいご無沙汰しておりました。
歩先の家はココをクリック

最後に、立華の家に伺いました。
流石! 玄関のニッチには、ステキに花が生けられていました。
立華の家はココをクリック

明日は、集流の家のお引渡しです。
集流の家はココをクリック

ありがとうございます。

2022年4月14日 / 結地の家 立華の家 彩現の家 集流の家

昨日から入院された、弊社の大工さんのお父様。
入院は時間を持て余すのでは無いか?と、お父様(お父様も大工さん)が手伝ってくれた現場の写真集を作成しました。

お父様に、新築工事で最初から携わっていただいた現場は、結地の家・立華の家・彩現の家です。
それにリフォーム工事を加えて写真集を作りました。

明日、(仮称)鹿谷町の家の現場にて打合せがあるので、(勝山市のお住まいのお父様)ご自宅にお持ちしたいと思います。

写真を整理しながら、していただいた事を思い出していました。
再び感謝の気持ちが込み上げて来ました。
本当にありがとうございます。

立華の家のファサードにみる思考

2022年1月23日 / 立華の家

立華の家は、ファサードが重要なポイントのひとつでした。

最初にご提案させていただいたプランから、手すり壁の素材や形状(クールさ)、外壁のアクセントとなると部分の素材(重厚感)などにご興味を示していただき、お話させていただいた事を覚えています。

間口が6M程しか無いので、どうしても縦長になりがちのファサード。
また隣戸が迫っている為、正面のみの外観しか見る事が許されない状況にあって、重要なポイントであるファサードにとっては、制限が多いと言わざるを得ない環境下の検討となりました。

矢張り、間口が狭く隣戸が迫まる街中のお住まいのファサードの見せ方は、主に高さか奥行きによりファサードを印象付ける事になります。

立華の家は、重厚感がひとつの重要なファクターであった為、高さは抑え、奥行きで魅せるファサードを検討しました。

外観からは分かり難いのですが、屋根はファサード側に水勾配をとっています(水下)。
しかし、雨どいが確認出来ないのは、建築で作った雨どいが隠されている為です。

その雨どいの働きによって、ファサードをスッキリ見せるだけでなく(屋根裏部屋があるお住まいにも関わらず)プロポーションを低く見せる事での安定感(使う素材や色彩による重厚感)を生み出す事に成功しています。

打合せの途中で、「インナーガレージを設けたい」とのご要望が追加されました。

間口が狭い為、インナーガレージのシャッターばかりが目立ってしまいがちなところ、外壁とシャッターを同色とする事で、比較的統一感を持って認識しやすい様になりました。
因みに玄関ドアも外壁色に合わせていただき、そのおかげで外観を立体として捉えやすくなっています。

また、シャッターの高さは、必要最小限に抑え、縦長のディテールにならない様にしています。
ここにも安定感のある水平方向のディテールの強調が見られます。

シャッターを開けた際の照明計画は、都会的なイメージを演出して、同時に奥行きも表現しています。

立華の家にとって、ファサードは重要なポイントでした。
RC造に見える柱や梁の寸法(太さなど)を採用したりと、ディテールにも重厚感を感じさせる工夫を施しています。

お引き渡し

2022年1月22日 / 立華の家

今日は「立華の家」のお引き渡しでした。

立華の家のオーナー様と初めてお会いしたのは、2020年の10月。
そこから沢山のお時間をいただき、オーナー様にとっての良い住まいとは何か?を一緒にご検討いただき、16ヶ月経った本日、無事お引き渡しが出来ました。

これもオーナー様はじめ、皆さまのおかげと深く感謝しております。
ありがとうございます。

お引き渡しの際には、住宅設備などの器具のご説明や変更契約のご説明なども行います。
その中で、竣工図書という書類もお引き渡し致します。

契約から変更になった部分を修正した図面集や仕様書はもちろん、検査結果や現場の進捗状況、保証内容や連絡先などなど、お引き渡しに際して必要な書類をまとめたものが、竣工図書です。

2時間程のお時間をいただき、お引き渡しを終えました。
ありがとうございました。

ありがとうございました。

2022年1月16日 / 内覧会・現場見学会など 立華の家

オーナー様のご厚意のもと、開催させていただきました「立華の家」内覧会。

本日をもって終了させていただきました。

オーナー様はじめ、お越しいただきました方々、内覧会にご協力いただきました方々、本当にありがとうございました。

おかげさまで、充実した1週間を過ごさせていただきました。

次回の内覧会は、3ヶ月後に福井市高木町にて開催予定となっております。
また近くなりましたら、ご案内させていただきます。

この度はありがとうございました!

地鎮祭

2022年1月8日 / (仮称)文京5の家 立華の家

今日からオーナー様のご厚意のもと、立華の家内覧会を開催させていただいてます。
予約制となっておりますが、未だ空きもあります。
この機会に内覧会へお越しいただけましたら幸いです。

今日から立華の家内覧会がスタートしているのですが、内覧会はスタッフに任せて、今日は朝から(仮称)文京5の家の地鎮祭をしていただきました。

地鎮祭とは、工事着工の前、土地の神様や八百万の神様などに、工事にてお騒がせするお許しや、工事の安全を祈願する神事を言います。

この度の地鎮祭は、新田大明神をお祀りする藤島神社さんにて地鎮祭をお願い致しました。

神様にご挨拶を終え、続いて近隣の方々にご挨拶。
皆さまのお許しを得、おかげさまで、工事を開始出来ます。
ありがとうございます。

地鎮祭の後、発注承認打合せを行いました。
今回の発注承認いただいた内容は、外部を構成する部位について。
つまり、ファサードなど外観のイメージを決める内容の発注承認打合せとなりました。

発注承認打合せとは、工事を着手する直前(発注直前)に、契約内容を確認させていただき、契約した内容のまま発注しても良いか?を確認させていただく打合せの事を言い、弊社独自の仕組みです。

ギリギリまでニーズを図りたいとの弊社の想いからの仕組みです。

立華の家内覧会スタートします。

2022年1月7日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 立華の家

いよいよ明日から、オーナー様のご厚意のもと「立華の家」内覧会がスタートします。

今回の内覧会もコロナ感染防止対策として、完全予約制とさせていただきました。

今回の予約方法は、弊社ウェブサイト、以下のURLからお願いしております。
よろしくお願い致します。

https://www.ecru-arc.co.jp/works/rikka

入場の際、アルコール消毒・マスクの着用をお願いします。
マスクをご持参くださいませ。
(手ぶくろはご用意しております)
会場では検温し、連絡先を確認します。
発熱が確認されましたら、入場はご遠慮いただきます。
ご了承の程、何卒よろしくお願い致します。

スタート

2022年1月5日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 立華の家

いよいよ本日から、2022年の業務を開始致しました。

早速ですが、1月8日(土)から16日(日)10:00-18:00、福井市宝永3丁目にて「立華の家」内覧会を開催致します。

「立華の家」は、福井市宝永3丁目にあります。
近くには、福井市郷土歴史博物館や御泉水公園、養浩館など、歴史的・文化的な雰囲気が多く残る場所です。

その様な地域にあって「立華の家」は、街なからしい間口が狭く奥行きがとても長い敷地に建ちます。

光や風の取り入れ方はもちろんの事、廊下の突き当たりにニッチを設けるなど、華やかな暮らしの演出なども検討されています。
また、ご実家にもあった屋根裏部屋(ロフト)の様な居心地の良い空間も設けてあります。
この機会にご体感いただけましたら幸いです。

「立華の家」のLDKは床暖房パネルが敷設されています。この度の内覧会、床暖房をご体感いただく為、会場にスリッパのご用意はありません。靴下をお履きいただきご来場くださいませ。

パンデミックの中、今回の内覧会も完全予約制とさせていただきます。
今回の予約方法は、主に弊社ウェブサイトから受付させていただきます。
詳しくは、以下のURLをクリックして、予約フォームにお進みくださいませ。

https://www.ecru-arc.co.jp/works/rikka

実は未だ終わらない。

2021年12月30日 / 歩先の家 立華の家 彩現の家 集流の家

昨日、今年の弊社の業務は終了しましたが、未だ職人さん達が仕事をしてくれているので、今日は、動いている3つの現場をまわりました。

先ずは、正月飾りをフラワーカドヤさんで購入の後、近くにあり年明け8日から内覧会を開催させていただく「立華の家」の現場に行きました。

現場のチェックと簡単な掃除をして、次は(仮称)高木町の家の現場へ。

昨日、左官工事にてタイルを貼り、玄関土間の床仕上げを終えたので、その確認と、今日は設備工事会社さんがキッチンなどの配管をしてくれているので、それを確認に行って来ました。

最後は(仮称)鹿谷町の家へ。

(仮称)鹿谷町の家は、昨日は床暖房パネルを敷設し終えたので、その確認と、やっぱり掃除をしに行きました。

床暖房パネルは、綺麗に施工し終え、しかもしっかり掃除が出来ていて、自分たちが掃除をする必要がありませんでした。
流石です。

せっかく勝山市まで来たので・・・先日、遅くまで仕事をしているからとセイコガニを持って来ていただいた歩先の家のオーナー様にお土産を買いに行きました。

ついでに我が家の分も買って来ました!

過去の記事