ブログ

「伸遊の家」の記事一覧

壁の役割Ⅱ

2020年6月10日 / ご提案 壁の役割 伸遊の家

先日、南側にあった古い建物(住宅)が解体されて、模型でしか見た事の無い姿を現した伸遊の家ですが、どうして南面に白い外壁部分があるのかをご説明します。

「壁の役割Ⅱ」 〜伸遊の家の場合〜

先ほどお伝えした様に、伸遊の家を新築した当時は、南側に二階建ての古い住宅が建っていました。
またその建物は、敷地の北側ギリギリに寄せて建てられており、伸遊の家は南側に開口を設けると、お隣さんと見合いになってしまう状況でした。

上の写真は伸遊の家のリビング・ダイニングルームです。

南向きの大きな窓にはカーテンがなく、白いパティオから光を取り入れて落ち着きのある明るさとなっています。

このパティオに日光を反射させて落としているのが、先ほどのファサードに見えていた白い壁の部分です。

つまり、南側のお隣さんの上を超えて来た日光をパティオに落として、パティオ内で乱反射させた光をリビング・ダイニングルームに取り込み、落ち着きのある明るさとプライベート性とカーテンが無いスッキリした窓を持つ空間を実現しました。

黒っぽい建物に白い壁があるのは、(ちょうど下の写真と同じく)光をリビング・ダイニングルームに送り込む為でした。

道草

2020年6月3日 / 伸遊の家 招彩の家 舞優の家 双幸の家 志毎(しまい)の家

(仮称)西堀町の家は、仕上げ工事の真っ最中。
クロスはほとんど貼り終え、仮吊り込みを終えた建具の完成を待って、本吊り込みを終えると、形状的な設計意図が、ほぼ見る事が出来る様になります。

その時が間も無く訪れると、現場に足繁く通います。

現場からの戻り。
いつも出来る限りですが、帰り道のルート上に、オーナー様のお住まいがあるルートを選びます。

多少、回り道になっても、オーナー様のお住まいをみて回るのが、趣味みたいなモノなのです。

伸遊の家は、南側のお家が取り壊され、模型でしか見た事が無い外観を見せてくれています。

(仮称)西堀町の家の帰り道は、必ず伸遊の家の前は通ります。

「あっ!今日も stay home している」など、オーナー様の暮らしを感じて癒されたりもしています。

あとは、舞優の家の前も通ります。
今日は偶然、オーナー様、奥様と娘さんが帰って来たところに出会し、少し立ち話。

こんなラッキーな日もあります。

続いて招彩の家の前を通過。
いつも照明がキレイに見えます。

こんな風にパトロールするのが趣味です。

皆さま、暮らしを楽しまれていたり、シアワセそうな雰囲気を感じられると、応援していただいている気に勝手になって、僕もシアワセな気持ちになれるからパトロールを続けています。

無理矢理、足を伸ばす程では無い、チョットした道草を楽しんでいます。

昨日は双幸の家のオーナー様奥様と家の前でバッタリお会い出来ました。
だから、二日連続のラッキー・デイでした!

2020年4月27日 / 想円の家 伸遊の家 招彩の家 舞優の家 志毎(しまい)の家

現場がスタートした時は、サクラが咲き始めた。
そのサクラもすっかり緑になりました。

おかげさまで、皆さまのご理解・ご協力のもと、現場は順調に進んでいます。
今は、先日サッシが設置完了したので、窓まわりを施工中です。

南側に大きな掃き出しのサッシがあった(仮称)西堀町の家ですが、ソファーのレイアウトを変更して腰窓に変更しましたが、きっと元のお住まいより明るく感じられると思います。

そう感じていただける様に工夫しました。

その部分を現在施工中です。

とても良い感じに出来て来ました!

いつもですが、現場の帰りなどは、出来るだけオーナー様宅の前を通る様にしています。
(仮称)西堀町の家から弊社までの間には、伸遊の家・想円の家・舞優の家・招彩の家があります。

舞優の家の前庭が、あまりにキレイだったので、車を止めて写真を撮りました。

オーナー様の皆さまが、豊かな暮らしを楽しんでいただいているのは、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

1日中エクリュ

2019年1月19日 / 遊び心の家 伸遊の家 新流の家 プリティドック 招彩の家 舞優の家

今日の朝は、(仮称)三郎丸のリフォームの現場の打合せからスタートしました。
今日から内部(LDK+和室)の工事が着手するので、大工さんと打合せ。

そして一旦中断。

新流の家のオーナー様と、リフォームの打合せ。
ちょっとご無沙汰してしまっていて、子供達の成長が著しく驚きました。

(仮称)三郎丸のリフォームの現場に戻り、大工さんを手伝いながら打合せ。

お昼からは今度は(仮称)三郎丸の家に現場を移し、協力会社さんと打合せ。

また移動してプリティドック新築工事の現場へと、とても慌ただしい一日でした。

我が家に帰って来て先ずドロドロになったのでお風呂に入り、晩御飯を食べ終わった頃、我が家にて伸遊の家のオーナー様と色んなお話をさせていただき、夜が更けていきました。

今日は朝から晩までエクリュにどっぷりの一日でした!

人生色々。お家も色々。

2018年12月9日 / 伸遊の家 乗算の家

今日は「乗算の家」のオーナー様が、弊社に来社されました。

先日、表札を設置させていただいたので、防風・防雪などの為の庇などが完成したので、お越しになりました。

以前は雨の日の急いでカギを探して玄関に入るのが、庇などが出来、玄関先での落ちつきが嬉しいと仰っていただき、こちらも嬉しかったです。

今日は「乗算の家」のオーナー様と一緒にチーズで有名なイタリアンのお店「ベッキエッタ」で食事をしました。

食事中は、お住まいを計画して建てるまでのお話などになりました。

「色んな考え方がありますね!私たちは自分達のお家の色々を自分達で選べないのは嫌だと考えましたが、時間をかけずに楽に家を建てたいって方も職場でおられました。エクリュさんのホームページも見られたそうなんですけど・・・」
そんなお話もしていただきました。

職場の方が、自分達が評価して選んだ会社を選ばない事は、もしかすると少しさみしい思いをされたかなぁ〜・・・と申し訳ない気持ちもしましたが、昨日、お話した「伸遊の家」のオーナー様に言っていただいた「エクリュの考え方は、そのままで良い」との言葉との狭間で、考えを巡らせたりしました。

今日はご主人がお越しになられなかったので、お土産にと、ロールケーキで有名な「モンモランシー」のロールケーキをお持ち帰りいただきました。

また「乗算の家」のご主人とも色々お話を伺えると嬉しいです。
とてもお忙しくお休みも中々取れないとの事で、難しいでしょうけど・・・くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

お会い出来る日を楽しみにしております!

しかし、美味しいロールケーキでした!(笑)

深イイお話を致しました。

2018年12月8日 / 三雲の家 伸遊の家

「三雲の家」を建てさせていただいていた時、現場のお昼休憩の際など、時々伺った「中華そば 一力」。

その一力が福井市に出店されたとの事で、「伸遊の家」のオーナー様と一緒に「中華そば 一力 福井店」に行って来ました!

「(仮称)板垣の店」「(仮称)三郎丸の家」にて現場の打合せなどを終えたのがお昼を回ってしまい、そこから高木中央にあるお店に向かったので13時頃に到着。

それでもお店の前には行列が続いていました。

カウンター席になった事。
僕らが食べている時も行列が続いていた事もあり、ゆっくり食事や会話も出来なかったので、美味しく中華そばをいただいた後、場所を移してお話をする事に。

そこでお気に入りのお店「パティスリー ル・タニ」にてコーヒーとケーキをいただきました。

「個」と「公」
「自分知る事」と「他人のせい」
「昭和と平成」と「これから」

様々お話をコーチングをされておられる「伸遊の家」のオーナー様とお話をさせていただきました。

今日は時間がチョット足りないな!と思えるほど深いお話を続けたかったのですが、お忙しいので今日はここまで!
またお時間をいただきお話させていただく事になりました。

灯りの下に

2018年10月12日 / 遊び心の家 伸遊の家 双幸の家

今日は(仮称)つくし野の家のお施主様と遊び心の家にて打合せをさせていただきました。

前回は昼間の遊び心の家をご覧いただいたので、今回は照明の雰囲気なども見ていただこうと、夕方から夜にかけてお越しいただきました。

人がキャッチしている情報の8割は、視覚からの情報と言われています。
その視覚は光りの反射。
どんな光りや灯りを照射するのかで、情報の質が変化します。

今日は「シーンによって変化させる灯りと心理の変化について」などお話しさせていただきました。

また今日は、まさに親友の伸遊の家のオーナーさんと、我が家で夕飯をご一緒させていただきました。

メニューはポークチャップ。
楽しいおしゃべりは、いつも通り次の日を迎えるまで続きました。

今日のテーマは、「自分でいる」って事だったかな?
色んなお話をたくさんしました。
とても充実した楽しい時間でした。

そこでも灯りは大切な役割を果たしていました。
ちょうど、キャンプファイアの火のように!

暮らしを楽しんでくれて、ありがとうございます。

2018年7月13日 / 伸遊の家

今日は伸遊の家の2年点検でした。

大きな問題も無く、とてもキレイに住んでいただいて嬉しく思いました。
いつも、ありがとうございます。

今日は、新築の打合せをしていた時のお話になりました。
窓の位置を悩んで決めた事。
汚れが目立つかも知れないと思いつつ、白を選択したが、本当に天空光が明るく入ってきて、良かった事。

光がたくさん入って来るのと、お施主様が暮らしを楽しんでいただいている事が相まって、とても明るいお住まいになっていました。
やっぱり、点検に伺って、点検結果に問題が無いどころか、暮らしを楽しんでいただいておられるのが感じられると、とてもありがたく嬉しい気持ちになります。

今日も良い一日でした!

暮らしを高めるご提案。

2018年6月18日 / ご提案 アート 伸遊の家

この度の地震で被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。
くれぐれもご安全になさってくださいませ。

今日は「伸遊の家」のオーナー様と以前よりご予約いただいていた「暮らしを高めるご提案」をさせていただく為、滋賀県長浜市に行って来ました。

お住まいは、理想の家を建てたらそれで終わりではありません。
いくら見た目に美しい家を建てたとしても、暮らしの質が高まって行かない事には、家を建てた意味すら分からなくなってしまいかねません。

「どうしてこんなに住みにくい家にしてしまったんだろう?」
使い勝手が不便で掃除も行き届かず、暮らしの質が落ちて行く。
そうなってしまったら、建てた家が要らないモノやゴミ、そして不満を溜め込んで行く事に・・・

新しい家になれば、変われるなんて考えはあまりにリスキーです。

そこで弊社では、暮らしを一緒にご検討いただきながらお住まいを計画して行きます。
そして家が出来、暮らしが始まってからも、更に暮らしが高まっていける様なご提案を続けさせていただいています。

例えば、弊社の二階にあるギャラリーで、絵画展を開催させていただき、絵を飾る事で更に暮らしが高まっていける様なご提案をさせていただいたりもしています。

今日は「伸遊の家」のオーナー様と長浜市にあるギャラリー「季の雲」にて開催されている「岡田直人展」を観に行ったり、「あふみ舎」などを観てまわったりして、暮らしを高めたり、強いてはオーナー様のモチベーションが上がったりしていただけたらとの思いから、ご同行させていただきました。

おかげさまで、お店などに地震の影響をお聞きしたところ、ご無事で全く問題無く通常営業されておられるとの事でしたので、予定通りお伺いさせていただきました。

今日、「伸遊の家」のオーナー様にご紹介しきれなかったお店や場所があるので、再びお時間をいただき、またご提案させていただく事になりました。

ご予約いただけましたら、様々な暮らしを高めるご提案をさせていただきます。
オーナーズ・サロンも是非、ご利用いただければと思います。

ソファーを買いかえる。

2018年5月12日 / ご提案 伸遊の家

先日は「伸遊の家」のオーナーさまが、ソファーを買い換えたいとの事で、家具屋さんにご同行させていただきました。

伸遊の家は3年半前にお引渡ししたお住まいです。
当初は以前からお持ちだったソファーで間取りやカラースキームを進めさせていただきました。
しかし、いよいよそのソファーも買いかえの時期をむかえた事で、ご相談をいただいていました。

ソファーにどんなシチュエーションで座るのか?
どんな事を期待するのか?など再度インタビューさせていただき、また新築時に作成したイメージマップもお持ちして家具屋さんに向かいました。

ソファーも、見た目のイメージはとても大切ですが、どんな利用のされ方をするのかなどでデザインが決まってくる部分もあります。
また維持管理や経年劣化の仕方も重要なポイント。
お住まいを計画する時と同じ様に、見た目だけでは無いニーズを図っていきます。

インターネットでソファーなどを購入される方も増えていますが、どんな利用の仕方をするのかで、とても重要なポイントに座り心地があり、実際に座って購入される方が良いと僕は思います。

例えば、「仕事に疲れて帰って来て、癒されたい時ソファーに座る」などのご希望があった場合、羽毛のクッションなどで大きく沈み包み込まれる様なソファーが良いかも知れません。
固めのウレタンのクッションでカチッとしたデザインの物は、かっこいいけど上記のニーズには合わない場合もあるからです。

見た目と使い方などのニーズの両立を図っていきます。

また、イメージマップが、到達点を明確にしてくれるので、衝動買いして部屋のイメージが大きく違ってしまう事をも避ける事が出来、失敗する確率がとても低くなります。

伸遊の家のオーナー様も、今回、全体的なイメージを崩す事の無いソファーを選び、購入される事が出来ました!
ただ、決められたのが海外製のソファーなので無事に船が着いて2ヶ月の時間を要します。
2ヶ月後のソファーの到着が今から楽しみです。
その日(到着の日)にお声がけいただけるそうなので、嬉しいです!(笑)

オーナーさまの暮らしが高まっていく事に、ご相談いただけましたら幸いです。

過去の記事