ブログ

「伸遊の家」の記事一覧

自立した個が集まって機能する。

2015年12月5日 / 内覧会・現場見学会など 伸遊の家

早いもので、今年も師走です。

今年も色々ありましたが、残すところ後1ヶ月しかありませんが、毎年、正月に掲げるスローガンを、見直してみました(笑)。

今年のスローガン
「焦らずゆっくり新たな事に楽しんで取り組む」

どうかな。。。
「焦らない」でいれたかな?
比較的、いつも焦らないのですが、どうだったかな?(笑)

「ゆっくり」は出来なかったなぁ〜。。
ずっと突っ走って来たと思います。

今年はなぜか、高校の同窓会と大学の同窓会が重なってあったのですが、その両方に行く心や時間の余裕がありませんでした。。。
最低限の人と会うので精一杯で、、、それすらゆっくりとは会えませんでした。。。

もう物理的には会えない人も・・・。
でも、(能力が不足していますが)精一杯の事はしました。

「新たな事に楽しんで取り組む」は、これも精一杯は楽しもうとのぞみましたが、実際楽しめたかと言われると、精一杯楽しもうとした結果、楽しめた事もたくさんありますが、楽しめなかった時も正直ありました。。

でも能力の範囲ではありますが、牛歩の歩みで新しい事にチャレンジし続けた年で、後残された1ヶ月でどこまでいけるのか?
楽しみでもあります。

昨日は「ハウルの動く城」のDVDを見直しました。
「ハウルの動く城」はスタジオジブリさんが川柳を募集していて、僕が応募したモノも選ばれウェブサイトで紹介していただいた事もあり、たくさんの思考の機会をいただいた作品のひとつです。

なんて川柳だったかな・・・

「自立した個が集まって機能する」だったかな?(笑)
とにかく、自立した能力の集結を思って書いた覚えがあります。

昨日もそんな事を考えて「ハウルの動く城」を観ました。

後残された時間で、スローガンに恥じない結果を出したいと思います。

因みに・・・
本日は「伸遊の家」の内覧会を開催しています。
宜しければ、内覧会会場に遊びに来て下さい。

詳しくは以下のアドレスまで!
http://www.ecru-arc.co.jp/works/shinyu/

「伸遊の家」 ~Play the living~

2015年11月6日 / 内覧会・現場見学会など 伸遊の家

(仮称)三郎丸の家は、男の子のお子様が3人。
3人兄弟のお住まいです。
また、それぞれの個性があり、交友関係も広い3兄弟。
その為、それぞれの友達が重なって家に遊びに来ることも多々。
そんな日は、玄関土間にはビッシリ・ぎゅうぎゅうに靴がひしめき合い。
それにもましてリビングには子供たちがビッシリ。。。
「ここは託児所か!!」
何度かそう思われたそうです。

この度、(仮称)三郎丸の家は、伸遊(しんゆう)の家と命名されました。

3人の兄弟やその友達が、伸び伸び遊べることを考えてプランニングをされたお住まい。
あと、お母さんが片づけやすく、掃除しやすいことも重要でした。

子供達を伸び伸び遊ばせるには、家事が増えてイライラしないことも重要でした。
そこで、掃除のしやすさや維持管理、片付けのしやすさなども同時に重要でした。

そんな想いから出来た「伸遊の家」。
今月末に内覧会を開催する予定です。

11月28日(土)~30(月)
10時~18時(月曜日のみ16時まで)
福井市三郎丸にて「伸遊の家」特別内覧会を開催します。

よろしければ、是非、遊びに来てください。

諦めない者だけが観える景色。

2015年10月30日 / 有理の家 伸遊の家 今日遊の家

伸遊の家のパティオのタイルが貼りあがりました。

パティオにタイルを貼りたいとのご希望・ご要望などいただく事が多いのですが、費用対効果を考えた時に、ウッドデッキにされる方が多いのも事実です。

パティオやテラスをタイルにされた方は、直近では今日遊の家、その前になると有理の家まで遡ります。

タイル貼りのパティオなどは、ウッドデッキとはまた違った、とても素敵な雰囲気になろうかと思います。
伸遊の家のオーナー様は、パティオにタイルを貼る事を、諦めませんでした。
諦めない者だけが観える景色は、ありますね!(笑)

「現場」から「お住まい」へ。

2015年10月22日 / 伸遊の家

(仮称)三郎丸の家は、現在、内装工事の真っ最中。
壁や天井のクロス、床の長尺や内装の塗装など、施工中です。
どんどん仕上っていく内装。
「現場」から「住空間」になっていきます。

外部も仕上工事などが進んでいます。

今日は玄関ポーチの手すりが設置されました。
手すりはステンレスのフラットバーでつくりました。
線が少なく、シャープなイメージで、とてもカッコイイです!

まもなくパティオ(中庭)のタイル貼りなどがスタートします。
外部も「現場」から「お住まい」にどんどん変化していきます。

パティオにて打合せ。

2015年10月1日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家のテラス(パティオ)の打合せをしに現場に行きました。

(仮称)三郎丸の家のテラスは、ウッドデッキの部分とタイル張りの部分があります。
ウッドデッキの部分は、先日、完成し、今日はタイル部分の打合せをしてきました。

タイル部分は雨水が下に落ちないので、建物との取り合い部分などに深い溝を設けています。
そこに敷くグレーチングの敷きこみ方などを打合せしてきました。

タイルが貼りあがると、リビング・ダイニングからの景色が一変します。
とても楽しみです。

三者三様。

2015年9月22日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家の仕上材(色)の最終打合せでした。

(仮称)三郎丸の家は、子供部屋が3室あります。
その3室の住人(子供達)に自由に色を選ばせて決めた3室で、三者三様、仕上りがとても楽しみです(笑)。

一番上のお兄ちゃんは、クールでミニマルなイメージのお部屋になりそうです。

真ん中のお兄ちゃんは、設計意図をかなりご理解いただいて色を決めてくれました。
当初のイメージ通りの貼り分けとなりました。

一番下の弟くんは、自由な配色。
少しばかり斬新。
常識に捉われない先進的なイメージを感じました。

3人の部屋の中では最も明るい部屋となりそうです。

同じものを食べ、同じように暮らしても、個性って磨かれていくものですね!(笑)

ファサードOK!

2015年9月18日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家の足場がバレました(撤去されました)。

足場がバレると建物全貌が明らかになり、今日のように青空の日は、特にスカイラインが映えます。
ちょっと嬉しくなり、笑みがこぼれます(笑)。

現場で感じること。

2015年9月16日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家の弱電の位置をチェックしに、現場へ行ってきました。

弱電とは、弱電流工学(じゃくでんりゅうこうがく、英語:low power technology、ドイツ語:Schwachstromtechnik)の略語である。これは電気の利用方法に着目した分類で、通信、制御、情報に関する利用に関するものを指す。(ウィキペディアより)

つまりは、コンセントとか電話やテレビのジャックとか、スイッチなどなど、電気に関するものの配置をチェックしてきました。

完成してしまうと仕上げの下に消えてしまいますが、現場のボードには測った跡や計算した跡などが書かれていて、人の気配を感じます。
「かわばっちゃん、ありがとね!」と思ったりします(笑)。
(かわばっちゃんは、協力会社さんの担当の方)
直接会ってなくても、鉛筆の跡などで、その人となりや想いが伝わります。

ちょっと、ほっこりしたりします。

広がりとこじんまり。

2015年9月9日 / 伸遊の家

今日は朝から(仮称)三郎丸の家の開口検査でした。
開口検査とは、建具などが入る前に、設計通りの開口寸法となっているのかをチェックすることをいいます。

問題なく仕上っていて、安心しました。
建具の製作などに移ります。

また、たまたま現場に来られたお施主様と次回の打合せの摺合せなどをしました。

(仮称)三郎丸の家はLDK空間などに特徴があります。
先ず、広いです。
木造住宅の経済スパンをかなり超えて梁を飛ばしています。
その為、LVLの梁を使用するなど、かなり工夫されています。
その工夫の上に完成した広く広がりのある空間が、(仮称)三郎丸の家の特徴のひとつです。

その一方で、子供部屋などはこじんまりと落ち着く空間になっています。
広く開放的なファブリック空間と、こじんまりと落ち着くプライベート空間。
この落差がそれぞれの空間を引き立たせてくれることにもつながっています。

ファサードと光と歓声。

2015年8月24日 / 伸遊の家 乗算の家

今日は朝から、(仮称)大石の家の配灯やスイッチ、コンセントなどの位置の確認をしてきました。

どのお住まいもそうですが、配灯計画は弊社のお客様がこだわられるポイントのひとつ。
どの壁をどんな風に照らすのかなど、照明の位置はとても重要です。
今日は、そのあたりもチェックしてきました。

以前、日光の取り入れ方で窓の位置や形状などが重要であることを、ここのブログでもお伝えしましたが、照明も同様に重要です。
「光(明かり)と影を制する者は、空間を制す」と言っても過言ではないかも知れません。

次に場所を移し、(仮称)三郎丸の家に行ってきました。

外壁のコーキング工事も間もなく終わり、そろそろ足場がばれます(足場を撤去します)。
そうなると今まで足場でちょっと隠されていたファサードが浮き彫りになります。
足場がバレる時、歓声があがる瞬間のひとつです(笑)。

歓声があがる時と言えば・・・
先ほどお話した、照明が設置され通電し、点灯する時も、歓声がわきます。

そこからも分かるように、弊社のお施主様は皆さん、ファサードと照明計画に力を注がれています。

過去の記事