ブログ

「招彩の家」の記事一覧

大事な事は、目に見え難い。(その2)

2019年11月15日 / 招彩の家

気付いてもらえると嬉しいです。

しかし、重要な事の多くは、容易には理解していただけず、結局は解る人にしか解らないという事になってしまうのかも知れません。

逆に言うと、誰にでも分かる事は、そんなに重要では無かったり、やたらとフェイクが効いていたりするのかも知れません。

さて今日は、招彩の家について書きます。

招彩の家は効果的に外壁材の種類を組み合わせた、そのファサードが印象的です。

実は、ファサードにある庇と柱は、見え方の実現の為に、構造などに手間を加えています。

「なるほど!設計にこだわりがあるから、カッコよく見えるんだ!」
そう思っていただけるのは、それはそれで嬉しいです。

でも、最も重要なポイントは、目に映らないかも知れないところにあると思います。

その一例として・・・

例えば、このお住まい。
お施主様は、小学生の頃から理想の住まいを考え続けられ、それがやっとカタチになったお住まいなのです。

理想の住まいを検討し続けるのと同時に、家族が増え、暮らしが変化して行きます。
理想像は、その度に組み立て直されて来られたはずです。

その作業の繰り返しは、ご自身やご家族の理解を深める事に繋がり、シミュレーションは、リアリティをどんどん増したに違いありません。

ですから、出来上がったお住まいが、お施主様ご家族にとって使い勝手が良いに決まっています。
もしかすると新築なのに、目を閉じたままでも家事が出来たりするくらいかも知れません。

しかし、内覧会にお越しいただいた方の中で、何人の方が、そう言った歴史が結晶化したポイントに気付いていただけたのでしょうか?

内覧会会場では、見た感じにもステキなので「わー!良いなぁ!!」と歓声を上げていただいた方々も。
その事はその事で、とても嬉しかったです。

更に気付いていただきたいと思うのは、贅沢なのかも知れませんね。。。
でも、やっぱり、最も重要なポイントのひとつは、お施主様ご家族の小学生の頃からの積み重ねがカタチになったお住まいであると言うところです。

なぜなら、その事こそ皆さまのお住まいづくりにおいてとても重要なヒントになり得るポイントだったりするからです。

気付いてもらえると嬉しいです。
しかし、重要な事の多くは、容易には理解していただけず、結局は解る人にしか解らないという事になってしまうのかも知れません。

大事な事は、目には見え難い。

しかし、知れば観えて来ます。
知識を深めれば、理解が深まります。
感覚が鋭くなります。
気付いていただける様になります。

気付いてもらえると嬉しいです。

相似とお芋

2019年10月17日 / 社屋 招彩の家

我が家の高校生の娘と相似。
数学の図形の問題を思い出しました。

学校から帰って来て、着替えもせずソファーで携帯を見ている姿をスケールダウンした感じに見えたからです。

めっちゃキュート!

今日は、招彩の家のオーナー様が、お芋掘りの帰り、オーナーズ・サロンに寄ってくれました。
そしてお芋をいただきました。

ありがとうございました!

相似。
めっちゃキュート。

お引越しでした。

2019年4月19日 / 招彩の家

今日は招彩の家のお引渡しでした。

お引渡しでは2時間ほどお時間をいただき、キッチンやお風呂、床暖房などなど器具の仕様の仕方などをご説明させていただくお時間もいただきます。

招彩の家の奥様。
小学生の頃から理想のお住まいを考えてこられたそうです。
そして、今日、それがカタチになって、「明日から考えなくて済むんだ!」って思うと寂しくて・・・と仰ってました。
小学生の頃からですからねぇ~。
僕らも毎日のように通った現場に行かなくなるのは、少し寂しい気持ちになりますが、小学生の頃から続けて来られた事に節目を迎えるのは、想像もつかない程の事でしょう。

でも、お住まいはカタチになって終わりではなく、暮らしを詰め込んで、ずっと続いていくものです。

多くの方々は、暮らしが日常化して単調になり意識にもあがって来なくなってしまったりもするとお聞きしますが、弊社のお施主様の多くの方々は住みはじめてからも更に暮らしを充実させられる方々が多くおられます。
季節でインテリアのイメージを変化させたり、花を生けたり。
部屋に飾る絵を入れ替えたりもされます。

6月からは、弊社の2階ギャラリーにて、絵画展を再び開催する予定にもなっております。
オーナーズ・サロンや2階ギャラリーをご利用いただいたりもして、暮らしを更に高める工夫をし続けていただけましたら、本当に嬉しく思います。

今日は招彩の家へオーナー様ご家族はお引越しです。
くれぐれもお疲れの出ませんように!
今後とも末永くよろしくお願い致します。

本当にありがとうございました!

2019年4月7日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 招彩の家

先程、お施主様をはじめ皆さまのおかげさまで、「招彩の家」内覧会を無事終える事が出来ました。
本当にありがとうございます。

この度の内覧会も、とても楽しく充実した内覧会とさせていただけ、本当に感謝しております。

次回の内覧会は秋口に予定しております。

内覧会ではありませんが、6月1日からは、弊社の2階エクリュ・ギャラリーにて、絵画展の開催を予定しております。
よろしければ、そちらにも足をお運びいただけると嬉しいです。

「招彩の家」内覧会
本当にありがとうございました!

地図

2019年4月7日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 招彩の家

今朝は、朝から選挙の投票に伺い、福井市三郎丸にて「招彩の家」内覧会を行なっています。

チラシなどの地図が分かりにくいかったと仰った方がおられましたので(ごめんなさい・・・)、地図をあげておきます。

迷わず気をつけてお越しくださいませ!

「招彩の家」内覧会会場
910-0033 福井県福井市三郎丸2丁目付近
https://goo.gl/maps/zryoc3temHQ2

2019/4/6(土)・7(日) 招彩の家 内覧会

2019年4月4日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ ご提案 招彩の家

今週末もお施主様のご厚意のもと
「招彩の家」内覧会を開催致します。

【応接のトリセツ】
まさしく「おもてなしの取扱説明書」のごとく、
来客に合わせて多彩なもてなしを提供できる住まいです。
たとえばカフェ空間のようにもなる土間玄関や、
充実した時間を共に楽しめる2Fリビング空間など。
ぜひ自由自在に楽しくお使いください。

【小宴会】

【土間会議】

【窓際ベンチ】

【土間玄関】

【地図】

「招彩の家」内覧会
4/6(土)7(日)
10:00~18:00
福井市三郎丸にて

ありがとうございました!

2019年4月1日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 招彩の家

年号が令和に決まりました本日をもちまして、お施主様のご厚意のもと開催させていただきました「招彩の家」特別内覧会(先行内覧会)を終了させていただきました。
よくわからない荒れた天候にも関わらず、多くの方々にお越しいただけました事、本当に嬉しく思っております。
ありがとうございました!

また、来週末からは「招彩の家」一般内覧会を開催させていただいます。
引き続きよろしくお願い致します。

今回、ご都合が付かなかった方はもちろん、どなたでもお越しいただけましたら嬉しく思います。

4月6日(土)7日(日)
10:00~18:00
福井市三郎丸にて
「招彩の家」内覧会を開催致します。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

ご厚意・ご協力のもと

2019年3月23日 / 内覧会・現場見学会など 実績紹介記事 お知らせ プリティドック 招彩の家 (仮称) 足羽の家

3月30日(土)31日(日)
4月1日(月)
福井市三郎丸にて
お施主様のご厚意のもと
「招彩の家」内覧会を開催致します。

今日は(仮称)足羽の家の打合せを終え、プリティドッグさんの現場に行った後、クリーニングを終えた「招彩の家」の状況を確認しに現場に来ました。

もう日も落ちて来たので照明を点灯。
夜は夜でとても良い雰囲気です。

クリーニングはしましたが、未だ少し工事が残っています。
今年は雪が無かった事もあり、職人さん達が忙しく段取りも困難な状況ですが、皆さまのご協力のもと、内覧会も無事開催出来そうな目処が立って来ました。

有り難い事です。

3月30日(土)から福井市三郎丸にて開催される「招彩の家」内覧会。

その名の通り、お客様を多彩にお招きする事を考えられたお住まいであると同時に、家事など日常生活を最適化する事を真剣にご検討されたお住まいです。

きっと皆さまのお住まいづくりにお役立ていただけるのではないかと思っています。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

福井市板垣にあるプリティドッグさんには、弊社でデザインした商品ラックが設置されていました。

こちらも4月1日のオープンに向けて皆さまのご協力のもと現場を進めています。

現場見学会をしました。

2019年3月8日 / 内覧会・現場見学会など 建具の役割 ご提案 招彩の家 舞優の家 (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家のお施主様と、「招彩の家」及び(仮称)三郎丸のリフォームの現場見学会をさせていただきました。

弊社では、お施主様のご厚意のもと、現場見学会をさせていただいています(要予約)。
今回「招彩の家」は、ほとんど仕上がってしまい、ほとんど内覧会に近い状態ではありますが、完成してからでは見る事の出来ない部分などを工事中に見ていただくサービスも行っております。
詳しくはお問合せください。

今回、「招彩の家」で観ていただきたかったポイントは、木製建具(内装用のドアなど)の取り付き方の違いなどで印象が違ってくる部分をご体感いただく事でした。

建具は、部屋と部屋を時には仕切り、時にはつなげる為のモノです。
出入り口としての役割にもうひとつ意味を加えると、部屋と部屋の関係性などに変化が生まれます。

そういった変化を、実際の現場で体感していただく事も、今回の現場見学会の目的で、現在進めている(仮称)足羽の家のプランニングに反映させられたらと考えました。

しかし今日は天気も良く、少し風は冷たいですが春めいたとても良い日でした!
皆さまのおかげと感謝しております(笑)

過去の記事