ブログ

今更ながら「家」ってなに? セミナー申し込み受付中。

2021年1月12日 / エクリュ・ライブ・セミナー(ELS) お知らせ ご提案

随時、セミナーの申し込みを受けています。

「家を建てよう!」
そう考えられた時の盲点となっているかも知れない部分を中心に、今まで打合せさせていただいた経験、また我が家を建てた時の経験などから、皆さまのお住まいづくりにお役立ていただける情報をお伝え出来ればと考えて開催させていただいています。

そもそも
「家」ってなに?
「家」を建てられる前に、その意味を深めていただければ、きっと本当の意味での理想の住まいが得られると思います。
弊社のセミナーが、そのきっかけに成れば幸いです。
是非、お申し込みくださいませ。

【セミナー内容】
お住まいを検討されている方が、意外に気付かれていない点などをお伝え出来ればと思っています。
また、お住まいを検討される上で、重要なポイントもお伝えします。

リクエストも受け付けています。
知りたい事などありましたら、予約の際お伝えいただければ、出来る限りのお話をさせていただきます。

【開催場所】
〒918-8002 福井市左内町9-17
エクリュ1F(カフェ・スペース)

【開催時間】
2時間程度です。
ご質問があったり、ご希望があれば延長なども可能です。
ご相談いただけましたら幸いです。

お時間よろしければ、「遊び心の家」をご覧いただくことも可能です(+2時間程度)。

日時はお問合せください。
出来るだけ対応させていただいています。

【予約制】
セミナーは随時受け付けていますが、予約制です。

【駐車場】
 有
https://goo.gl/hxRQcQ

【お子さまOK】
お子さまをお連れいただいても大丈夫です。
アットホームな雰囲気の中で行っています。

【お問合せ】
☎ 0776-36-9001(平日9:00-18:00)
Email info@ecru-arc.co.jp
株式会社エクリュまで

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

地鎮祭と発注承認打合せ

2020年5月31日 / イメージマップ 面積(広さ) ファサード(正面外観) 緑陽の家

今日は(仮称)舟橋新2の家の地鎮祭でした。

おかげさまで何とか天気も持ちこたえ、暑くも無く寒くも無いちょうど良い気温で、心地良い風の吹く中の地鎮祭でした。

地鎮祭とは。

土地の神様など八百万の神々たちに、この土地に住ませていただく事になるご挨拶と共に、工事の無事などをお願いするお祭りです。

この度は藤島神社さんに地鎮祭を執り行っていただきました。

皆さまのおかげを持ちまして、無事この日を迎えられた事、お喜び申し上げます。

地鎮祭で、神様へのご挨拶が終わると、今度はご近所の皆さまにご挨拶。
工事中はどうしてもご近所の方々にご迷惑をおかけするので、そのお願いとご挨拶にあがりました。

そして次は発注承認の打合せを、現地にて行います。

発注承認の打合せとは。
弊社では、協力会社さんに発注をする前に、お施主様に契約内容のまま発注をしても良いか?を確認させていただいています。

理由は、ギリギリのタイミングまで、イメージや仕様などをご検討いただき、出来る限りイメージ通りのお住まいとなる様にする為です。

今日は現地にて打合せと言う事もあり、外観などの仕上げ材などを確認されていただきました。

かなり前になりますが、上の写真が話題になったのはご存知ですか?

話題になった理由は、ドレスの色の意見が以下の様に割れた事にあります。

つまり、色の感覚も広さの感覚同様、人は曖昧です。
絶対音感は存在しますが、絶対色感は存在しません。
それは、色は対比でその印象を大きく変えるからです。

ですので弊社では、外観などの仕上げ材などは現地で決めていただく様にしています。

事務所でいくら絶妙にコーディネートしても現地に持って来ると微妙になる事は珍しく無くあり得るからです。

発注承認の打合せに加えて、現地では外観を構成する部分の色を決めていただきました。

soinさんにて昼食をご一緒いただいた後、今度はリクシルさんのショールームに場所を移し、再度発注承認の打合せを行いました。

今日は朝早くから、夕方まで長時間にわたりお付き合いをいただき、打合せなどさせていただきました。

おかげさまで本日決めていただいた内容は、イメージマップにも完全に一致したエリアにあり、仕上がりがとても楽しみなご決定をいただけ、安心致しました。

長時間にわたりお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

最終の打合せ

2020年5月14日 / イメージマップ カラースキーム 志毎(しまい)の家

今日は(仮称)西堀町の家の最終の発注承認打合せを行いました。

前回の打合せでカラースキームの方向性を決めていただき、サンプルなどを取り寄せて、本日お時間をいただいて打合せをさせていただきました。

おかげさまで全ての発注する内容をご決定いただき、これで全ての打合せが完了しました。

今回も打合せの結果、すでに仕上がりが楽しみです。
イメージマップに一致した仕上がりになりそうです。

*カラースキームとは
色彩計画の事。
配色のバランスなど整えインテリアなどの色彩構成をまとめる事。

*イメージマップとは
言葉に表現し難いイメージの共有化を図り、イメージ通りの仕上がりにもってゆく為のツール。

イメージマップ

2020年5月10日 / イメージマップ 志毎(しまい)の家

今日は(仮称)西堀町の家の打合せを現場にて行いました。
今日の打合せ内容は、次回行う最後の発注承認打合せの準備の為の打合せでした。
その準備とは、サンプル収集の為、イメージマップに沿って各部分の仕上げの色など方向性を決めていただく事。
今日は各部分の色など、仕上げの方向性を決めていただきました。

イメージマップとは
竹中工務店が考案した手法で、共有化するのが困難なイメージの共有化を図り、イメージの目的地を定める為のツールです。

大学時代の4年間、現在の大阪西梅田のリッツ・カールトンホテルやハービス大阪の竹中工務店のプロジェクトチームでアルバイトをさせていただいており、その時の経験などを弊社では打合せに活かしています。

今日もイメージマップを見ながら、仕上げの方向性を打合せさせていただきました。

お忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました。

潜在意識

2020年2月22日 / ご提案 緑陽の家

先日、間取りの打合せの際、リビングルームの入り方とその影響の話になりました。

LDKがあった時、一般的に考えると来客時の利用も考えて、リビング周辺からLDKに進入する場合が多いですが、(仮称)舟橋新2の家のお施主様(ご主人)は、それに違和感を覚えられました。

よくよくお聞きすると、リビングの使用状況のイメージは、来客時では全く無く、むしろご自身の寛がれている使用状況をイメージされている事が分かって来て、感じられている雰囲気を再現し、同時に、生活感などが漏れ出す事での来客時のおもてなしへのスペックダウンを防ぐ手立ても打つ事が出来ました。

しかし、このケースは(仮称)舟橋新2の家のお施主様の感覚の鋭さに助けられたのであって、もっとイメージマップの分析を深めないとと反省する局面でもありました。

なぜなら、多くの方々は、例えばご自身の心地よいと感じられる状況のポイントなどを、ご認識はされておられないからです。

つまり、どんな時に心地よさを覚えたか?を深くは認識されていません。

だったら、許容範囲も広く、出来上がった空間に不快さは感じ取れないから、そんなに深く読み取らずとも良いとも思われるかも知れません。

しかし、実は、読み取りの深さは10年先、その先には、大きく影響があります。

気付けないレベルの心地よさ、もしくはその逆の不快さは、塵も積もれば山となり、影響が大きくなり波及していくからです。
それが、潜在化している意識を掘り起こす必要性なのですが、コレが困難を極めるのです。

なんせ、ご本人の意識にあがって来ていないモノやコトを認識していただくのは不可能に近いからです。

喩えると、霊能者が患者さんの守護霊を説明する様なモノです。
患者さんにはご自身の守護霊は観えないし、その存在すら感じられない。
なんなら守護霊の存在自体を否定的にお考えかも知れない。
そんな中で、写真には写らない守護霊の姿をお伝えする様なモノだと思うからです。

「魔法の質問」や「イメージマップ」、また打合せなどで得た情報から、お施主様も気付かれていない潜在的なニーズを探り、それをプランなどに落とし込んで行きます。

それでもお施主様からすると潜在化しているニーズですから、いくらご説明しても、あっさりバッサリ切られてしまう事は少なからずあります。

でも僕はこう思うのです。

お施主様にとって、今はその事を優先させるタイミングでは無かったから、他を優先させよう!
なぜなら、今ははじまりに過ぎず、(僕が感じている潜在化しているニーズをお伝えする)チャンスはこれから何度か来るはずだから。
大事な事は、そのチャンスを逃さない事。
その時、そばにいる事。

今回、(仮称)舟橋新2の家のお施主様(ご主人)には、助けられました。
ありがとうございました!

EVS(04:モデルハウスのように)

2020年1月22日 / エクリュ・ビデオ・セミナー(EVS) Ecru gallery お知らせ 木村茂遺作展 ご提案 アート 壁の役割

EVSをご覧いただきありがとうございます。
今回は、モデルハウスのような住まいに住み続ける方法をお話しています。
ご参考にしていただけましたら、幸いです。

また、2020年1月31日(金)から弊社の2階、エクリュ・ギャラリーにて開催致します『木村茂遺作展(絵画展)』のご案内もさせていただいています。

では、EVS(04:モデルハウスのように)をご覧ください。

衣・食・住

2020年1月10日 / ご提案

デザイン性もさることながら、着心地を重視するようになったのは、体力が落ちてきたからでしょうか?
衣服は素材を確認するようになりました。
また、試着して少し動き回り、着心地を確かめます。
やせ我慢をして着る事は、もうあり得ないので、買うならちゃんとした服を買います。

食材・食品などを買いに行くと、原材料名などの表示をよく見ます。
添加物など不要なモノの摂取を抑える様に心がけます。
体内に摂取するものですから、当然と言えば当然です。
インパクトのある分かりやすい味には踊らされる事なく、また、手間を軽くするだけに走らず、味は薄味で、ながく健康でいたいと考える様になりました。

昔、大手ハウスメーカーの賃貸マンションに住んでいました。
月々の家賃は8万6千円。
現在は、8年前に家を建てて住宅ローン持ち。
月々の支払いは10万円程です。

今の暮らしが10万円/月だとすると、賃貸に住んでいた8.6万円/月は、費用対効果的にあまりに勿体無い事を強く感じます。
つまり、8.6万円は高すぎると思うのです。
言い換えると、10万円/月の我が家は、費用対効果がとても高い。

ちなみに服(衣)の費用対効果の「効果」って何でしょう?
・自然環境への適応
・人間社会への適応
・アイデンティティの表現
などなど色々あるでしょう。

では、「食」の費用対効果の「効果」とは?
・生存や身体をつくる効果
・健康やアンチエイジングなどの効果
・人生の楽しさ
などなどが考えられます。

では、「住」の費用対効果の「効果」とは何をイメージされますか?

僕の体験で、10万円と8.6万円の費用対効果で、最も違いを感じるのは「豊かさ」です。

「豊かさ」
我が家には友人たちがよく足を運んでくれるようになり、また、その際の食事や会話のロケーションなど質が格段に違う点です。
以前と同じ物を食べても、今では全く味が違って感じる程、大きな開きがあります。

「豊かさ」を生み出しているのは、デザイン性などはもちろんですが、実はその他のポイントも大きいと感じます。
その他のポイントで、最も大きな影響があると思われる事は、「利便性」です。
使いやすい・片付けやすい・掃除しやすい・暮らしやすい
などなど
これらの事は、時間的・精神的・肉体的・経済的ゆとりを生んでくれています。
その事で、「豊かな暮らし」を送る事が出来る余裕につながっていると感じます。

ゆとりは、花を生けようという発想を生み。
絵を飾ろう、クッションやラグマットを替えようという行動につながります。
その事が、また「豊かさ」につながっていきます。

心地よい空間に人が集まり、また食卓が豊かになる。

8.6万円/月の賃貸では、(人は来られていましたが)全く味わえなかった雰囲気や豊かさです。
1.5万円/月をプラスする事で、劇的に違ってくるのなら、本当に8.6万円時代が、何とも勿体なく残念に思います。

「住」の費用対効果の効果を高める住まいづくりの重要性を、本当に感じます。
この事(住の価値を高める住まいづくり)が、多くの方々に届く事を祈っています。

ちなみに、、、
2020年1月31日(金)から
エクリュの2階ギャラリーにて
「木村茂遺作展(絵画展)」を開催予定です。

季節やシチュエーションで、絵をかけ替える暮らしをしませんか?

絵画展に関して、詳しくはお問合せください。
info@ecru-arc.co.jp

理想の暮らし

2020年1月6日 / ご提案

「理想の暮らし」をあなたの言葉で伝える事は出来ますか?
「理想の暮らし」とは、誰とどんな風に過ごしたいか?という事です。
誰の顔が脳裏に浮かびますか?
どんな風に過ごしていますか?
あなたの言葉で表現してみてください。

インスタ映えする暮らしに憧れたりもします。
❤の数(イイネ!の数)が多い事もひとつの価値ではありますね!
しかし一方で危険性も感じます。
みんなのイイネ!を追い求めると、自分のイイ!を見失わないか?と思うからです。

話を変えましょう。
こんな経験はありませんか?

大掃除をしていたら、小学校の卒業アルバムが出てきた
思わず懐かしく、掃除の手を止めて卒業アルバムのページをめくる
小学生の頃、好きだった子の写真を探す
見つけたけど・・・こんな顔だったっけ?
当時思っていた感じと違う

僕は、こう分析しています。

最初、人は自分を知っています。いや、感じています。
でも、他人は知りません。
社会生活を送る上で、他人の事を知る必要性に迫られます。
社会生活を始めたばかりの頃は、未だオリジナルの自分。
しかし、社会生活を長く続けている間に自分以外の価値観が入って来ます。
小学生の頃の「好き」や「気に入る」は独自の感覚だったのが、歳を重ねる程に他人の目を気にしてある意味共有的な「好き」や「気に入る」に変化していった為。
その事が、小学校の卒業アルバム事件につながっているのだと感じています。

つまり、今のあなたの眼球(視力)は、ある意味洗練され、ある意味オリジナリティを失ってしまった。

みんなが可愛いと評価するモノを可愛いと思うようになり、オリジナルの自分が可愛いと思えるものを見失った・・・
そう言うと言いすぎかもしれませんが、当たらずとも遠からずかもしれません。
考えすぎて、感じなくなった。。。

でも、無理は続かないので、他人の目を気にし続ける事も出来ず、いずれ心配せずとも自分に戻ってくるのですけどね。
ただ、そうなれるのは他人の目をあまり気にしなくなる時。
つまり、❤の数(イイネ!の数)なんか全く気にしなくなった時です。

逆に言うと❤の数を気にしている限り、自分から遠ざかってゆく可能性が高いとも言えます。

世界で最も影響力のある100人に選ばれた近藤麻理恵さんの片付け法に、「ときめき」とのキーワードがあります。
捨てる物、残す物を決める際、ときめくか?ときめかないか?で判断するというものです。
つまり、考えるな!感じろ!とも言いかえる事が出来ると思います。

長年の間、皮下脂肪のように蓄えてきた「しがらみ」や「他人の目の判断」は、自分自身から自分を遠ざけて、自分を観えなくしてきました。
そのカオスが理想の暮らしを遠ざけてきたのです。

例えば、暮らしていく上で本当に必要な物は、持っている物の30%程度とのデータもあります。
言い換えると70%の「しがらみ」の中で生きているという事になります。

ですので、冒頭にお伝えしたように「あなたの言葉で表現」とお伝えする事になるのです。

しかし、大掃除の日、小学校の卒業アルバムを見て思ったように、ありのままの自分から遠ざかってしまって帰り道が分からないって事もあるかも知れません。
その時は、弊社の出番です。
エクリュは、現在地から目的地へ案内をするナビゲーションシステムの様な仕事をしています。
魔法の質問で、手繰り寄せていきます。

犬の話がその例ですが・・・
その話は、またの機会とさせていただきますね!

話がかなり遠くへ行きましたが、戻しましょう。

「理想の暮らし」を実現する為に、あなたの言葉でお伝えください。
言葉にならなくてもいいので、弊社にお越しいただき様々なお話をしましょう!
そうしているうちに、観えてくるモノもあります。

大切な事は、あなたの言葉であるという事。
あなたの暮らしなのだから。

過去の記事