好択の家

コンパクト、
つまり選び抜かれたニーズ。

一歩足を踏み入れると、住まいのあらゆる場所から、お施主様の「欲しかった暮らし」をダイレクトに感じられるはずです。狭い空間を豊かにする方法は、開放感の創出だけではありません。心の奥に隠された想いも含めてお施主様のニーズを全て導き出し、さらに選び抜いていくことで、「欲しかった暮らし」の純度を上げていきます。

所在地

福井市春日2丁目

用途

住宅

構造・工法

木造軸組工法 2階建て

延べ床面積

75.06㎡22.71坪

家族人数

2人

打合せ期間

2020年8月~2021年2月(7ヶ月)

契約工期

2021年3月~2021年10月(7ヶ月)

備考

好きなモノに手が届く
狭小地
採光
SOHO
家事動線
オリジナルTVボード
ウッドデッキ
ガラス手すり
ガス温水温水床暖房

敷地の間口が6Mに満たない狭小地にあって、ミニマルで印象的なファサードを実現しました。

ルイスバラガンのような色の壁紙がアクセントのリビングは、SOHOとしても使える様に、照明の色温度が変えられる(調光調色可能)器具を選ばれています。

水廻りは機能的なラバトリーとしました。洗面カガミ裏の収納を、開けるのが楽しくなる壁紙を選ばれました。

一際目を引く階段は、お持ちのペンダント照明のイメージに合わせて、幸運を呼ぶと言われるティファニーブルーにされました。

1.5坪のルーフテラス(ウッドデッキ)は、狭小地にあって、「プライベート性の確保+明るさの確保+広がりの誘導」を実現しています。

実績紹介(ポイント)

2021年10月12日 / 実績紹介 好択の家

先日までオーナー様のご厚意のもと内覧会をさせていただいていた「好択の家」。
実績紹介に掲載させていただきました。

https://www.ecru-arc.co.jp/works/kowtaku

実績紹介では、今まで建てさせていただいたお住まいのご紹介をしておりますが、「ポイント」のタグを選んでいただけると、「ファサード(外観)」や「リビング・ダイニング」など、部位ごとの写真を集めて表示。

「階段」の事例を見たい!や「キッチン」の事例を見たい!などとお考えの方は、実績紹介の「ポイント」のタグをクリックしてみてください。

https://www.ecru-arc.co.jp/works

ありがとうございました!

2021年10月10日 / 好択の家

オーナー様のご厚意のもと、1週間にわたり開催させていただきました「好択の家」特別内覧会。

先ほどを持ちまして、無事、終了とさせていただきました。
ありがとうございました。

開催前に、人生初の入院・手術を経験。
内覧会の開催も一旦は諦めかけておりましたが、オーナー様をはじめ、主治医や内覧会にご協力いただいた方々、お越しいただいた方々、多くの方々のお力添えをいただき、開催させていただく事が出来ました事、深く感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

次回の内覧会は、3ヶ月後あたりに、(仮称)宝永の家の内覧会を、オーナー様のご厚意のもと、開催させていただく予定になっております。

また、皆さまにお会い出来るのを楽しみにしております。
この度は、ありがとうございました。

「好択の家」特別内覧会

2021年10月4日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 好択の家

オーナー様のご厚意のもと、本日から1週間にわたり開催させていただきます「好択の家」特別内覧会

おかげさまで、週末(9日・10日)は、空きが無くなり、ご予約が埋まりました。
ありがとうございます。

平日は、未だ空きがあります。
ご相談などいただけましたら幸いです。

https://www.ecru-arc.co.jp/works/kowtaku

ご予約をお急ぎくださいませ。

2021年9月29日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 好択の家

オーナー様のご厚意のもと、来週月曜日(10/4)から1週間、10月10日(日)まで開催させていただく「好択の家」特別内覧会。

週末(10/9-10/10)のご予約が、おかげさまで詰まってまいりました。
平日は空きがありますが、ご予約をお急ぎいただけましたら幸いです。

詳しくは、下記のURLをご参照くださいませ。

https://www.ecru-arc.co.jp/works/kowtaku

秋分の日の今日。

2021年9月23日 / (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 好択の家

今日は、朝からお客様との打合せにて、お時間をいただき、その後、10月4日(月)から内覧会を予定している「好択(こうたく)の家」をご覧いただきました。

「好択の家」は、福井市春日2丁目(街なか)にあり、隣戸が狭る、間口6M未満の狭小地に建っているコンパクトなお住まいです。

コンパクトにおさめるには、より好きなモノに絞り込む必要があります。
深く深く好きを感じるモノがいつも手に届く暮らし。
これ以上のシアワセな暮らしがあるでしょうか?

オーナー様が、好きであり続けられるモノで出来たお住まいが、「好択の家」です。

「好択の家」の内覧会は、10月4日(月)から10日(日)を予定しております。
コロナ感染予防対策にて、完全予約制の内覧会となります。
予約方法は、弊社の電話( 0776-36-9001 :平日9:00-18:00)もしくはE-mail(info@ecru-arc.co.jp)にて受付ます。
ご不明な点などありましたら、上記に電話及びメールにてお問合せいただけましたら幸いです。

打合せ・内覧を終えて、次は現場をまわりました。

先ずは、外壁をほぼ貼り終え、内部の造作工事中の(仮称)宝永の家です。

外壁工事がほぼ完了しているので、ファサード(正面の外観)が大体分かる様になった(仮称)宝永の家。
雨樋などが分かりにくくなる様、箱樋を設けるなど、オーナー様は、ファサードにも拘られました。

重心を低く抑えた事と、木造建築なのですが、RCラーメン構造の建物に見間違える様なディテールが、建物に安定感・重厚感を与えています。

外部塗装工事が完了して、足場が撤去された際には、スタイリッシュで存在感のあるファサードが目の前に現れる事でしょう。
その日の事を、とても待ち遠しく思います。

続いて(仮称)高木町の家。
(仮称)高木町の家は、明日、いよいよ建て方(建前)です。

建て方(建前)とは、柱や梁、屋根など主構造を一気に組み上げる工事を言い、棟上げとも言います。

朝早くから夕方まで、今回は一日かけて、屋根の防水(アスファルトルーフィング)まで完了させる予定です。

オーナー様もお力添えいただき、大工さんや職人さん達の接待もしていただけるとの事で、とてもありがたく本当に色々と助けていただいております。
ありがとうございます。

明日、朝早いですが、よろしくお願い致します。

『好択の家』

2021年9月16日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 好択の家

世界はほしいモノであふれてる
NHKさんは、そう仰っています。

僕もそう思います。

一生に一度かも知れない住まいづくり。
多少無理をしても、欲しいモノを出来る限り取り込みたい。

そんな気持ちもよく分かります。

とは言え、全ては有限です。

有限である事で、「諦める」との言葉を使われる方もおられますが、僕はその言葉はイメージが一致せず、「選択」との言葉の方がフィット感が強いです。

「選択」は、大変だと仰る方がおられます。
それは確かにそうだと感じます。
しかし、「選択」出来ない大変さと、どちらを選ぶか?と聞かれたら、迷わず「選択出来る大変さ」を選びます。

また、(経験はありませんが・・・)何でも手に入る状況下では、物への思い入れが希薄になると予想します。
絞り出せば絞り出して得た程、得た物への思い入れは強くなり、それを仕合わせ(シアワセ)な関係性と認識しやすいのだと思います。

その事を考慮した場合、世界にあふれる欲しいモノの中から、自分や家族にとって本当に必要だったり、最も好きな物を選ぶ事は、時間や労力など多く費やす必要がある事だと思います。

もちろん、大変な事とは思いますが、そうして削り出したお住まいは、暮らし続けてもなお、仕合わせが続く事は、容易に想像されます。

『好択の家』は、街なか(福井市春日2丁目)の狭小地にあります。
南北方向の間口は6M未満、東側には4階建ての共同住宅があり、建築を考えた場合、不利な要素が多い敷地でした。

しかし、『好択の家』は、その名の通りワクワクするモノを選択して集めて出来たお住まいで、そんな敷地の不利さは微塵も感じさせません。
それどころか、「好き」に囲まれ、「好き」が手に届くところにある暮らしに、心地よさを感じられるのではないでしょうか?

『好択の家』は、オーナー様のご厚意のもと、10月4日(月)から10日(日)にて内覧会を予定しております。

コロナ禍にて感染予防対策として、完全予約制となります。

詳しくは、決まり次第お伝え致します。

『好択の家』内覧会
福井市春日2丁目
10月4日(月)〜10日(日)
10:00-18:00
駐車場有

予約方法
Tel:0776-36-9001(平日9:00-18:00)
E-mail:info@ecru-arc.co.jp

壁に隠れる忍者のような。

2021年8月19日 / 好択の家

壁に隠れる忍者のような。
そこに建具(開口)があると気付かれ難い建具が、(仮称)春日2の家にはあります。

その造作建具は、建具屋さんと塗装屋さんと内装屋さん、3者のコラボレーションで完成を向かえます。
おっと! 大工さんもだ!
4者コラボ木製建具です。

あっ! ガラス屋さんも加わる時がある。

現場三昧

2021年8月3日 / (仮称)高木町の家 (仮称)宝永の家 結地の家 好択の家

今日は久しぶりの現場三昧でした。

朝一は、(仮称)春日2の家のキッチン搬入に立ち合い。
午後一は、JIOさんの配筋検査。
昨日、社内の配筋検査をしてクリアしていたので、JIOさんの配筋検査も無事クリアしました。

続いて、(仮称)宝永の家に行き、大工さんと打合せ。
(仮称)宝永の家は、箱樋の防水工事を行なっていました。

ファサードのデザインが、重要なファクターでもある(仮称)宝永の家。
大工さんとの今日の打合せのひとつは、ファサードのデザインの為の納まりの打合せでした。

箱樋もファサード重視である結果です。

次は、再度、(仮称)春日2の家に戻り、キッチンの施工の進行状況を確認。
ほぼ、完成していました。

朝からお疲れ様でした。

最後は結地の家にて、植栽の水やり。
今日も暑かったので、たっぷりお水をまきました。

今日は現場三昧でした。

明後日からは、打合せが5日間連続で続きます。
ですので、明日は、現場に呼ばれない限りは、その準備(デスクワーク)をしたいと考えています。

足場がバレて

2021年7月23日 / 好択の家

足場が撤去され、全貌が明らかになった(仮称)春日2の家です。

内部では、塗装工事が完了して、クロスなど仕上げ工事がはじまります。

お隣さんが、アサガオの種を鉢に植えながら「素敵なお家になりましたね!」と。
色々とご迷惑をおかけしているのに、有り難い限りです。

カラースキーム

2021年6月30日 / 好択の家

今日は、(仮称)春日2の家のオーナー様と、新居のソファ選びに、福井が誇るマルイチセーリングさんのショールームにお邪魔しました。

オーナー様とマルイチセーリングさんの会長様が、お知り合いとの事で、ショールームも会長自らご案内いただきました。

SDGsの取り組みから生まれたイスなどもご紹介いただきました。
時を超えて選ばれたいとの想いを、会長自ら熱く語っていただきました。
熱量が大きな仕事が出来るのは、ワクワクしますね!

マルイチセーリングさんは、僕が福井に来た20年前から大変お世話になっており、また様々なところで共通点などある事などが今になってお話が出来、とても楽しいお時間を過ごさせていただきました。

ソファも決まり、今度は場所を現場に移して、内装の仕上げ工事の打合せを行いました。

大工さんの工事がほぼ完了して、塗装工事やクロスの工事などを行う為、仕上げ部分の仕様の打合せを現場にて行いました。

先ほどマルイチセーリングさんでご決定されたソファとも色合わせしたクロスなど、ご決定いただきました。

全体的なカラースキームも完成して、後は完成に向けて工事を進めて行くのみとなりました。

今日も長時間にわたり、お時間をいただきありがとうございました。

今日の現場

2021年6月21日 / (仮称)宝永の家 好択の家

朝イチで、(仮称)宝永の家の確認申請をおろした後、ずっと行けてなかった(仮称)春日2の家の現場に向かいました。

先週頭にしっかり打合せをしていたおかげもあり、現場は着々と進んでいました。

間口が小さく、隣地の建物が迫っている(仮称)春日2の家は、プライベート性を高め、部屋を明るくする為。 また部屋を広く見せる為に、光庭であるインナーテラスがあります。

朝の日光を上手く取り入れて、とても有効に機能している事が確認出来ました。

ウッドデッキが完成して、内部の仕上げが出来ると、その効果は更に増します。
とても楽しみです。

またしばらく会社に缶詰めです。
契約図書の作成を急いでいます。

今日の現場。

2021年6月13日 / 結地の家 好択の家

今日は、面遊の家の5年点検をさせていただいた後、昨日行けていない現場に急ぎました。

弊社では、お引き渡し後、点検をさせていただいております。
おかげさまで、点検結果は無事、大きな問題は無かったので良かったです。 ありがとうございます。

先ずは、今日までで工事完了予定だった(仮称)三十八社町の家の内装工事の状況を確認しに行きました。

現場に到着すると、既に現場には誰もおらず。
道具も引き上げられていて、予定通り、内装工事は完了していました。

おかげさまで、とても良い仕上がりで、イメージマップ通り、雰囲気のある美しい空間に仕上がっていました。

ウッドデッキの材料も搬入されており、次の工程の準備も出来ていました。

「風景を取り込む暮らし」が、コンセプトの(仮称)三十八社町の家のLDKは2階にあります。

ルーフテラスのウッドデッキが完成したら、急激に広がりが増し、窓の外の風景をLDKへ一気に引き寄せられる事が、今の時点で容易に想像が出来、ウッドデッキの完成がとても楽しみになりました。

次に、こちらは大工さんが施工中の(仮称)春日2の家の現場に向かいました。

(仮称)春日2の家は、先日、外壁材(サイディング)の施工が完了しています。

今日は階段が仕上がっていました。
これでオーナー様のお子さんも、2階の雰囲気を見る事が出来ます。

ハシゴは危険なので、(とても楽しみにしてくれている)2階の雰囲気を見るのは、階段が出来上がってからと、彼と約束をしていました。

(本当の雰囲気が分かるのは、ルーフテラスのウッドデッキが完成した後ではありますが)

(仮称)春日2の家もLDKは2階にあります。

こちらは、風景を取り込む訳では無く、狭小地に建つ(仮称)春日2の家なので、明るさの確保の為、LDKを2階にしました。

光庭(ルーフテラス)のおかげで、2階は明るくなっていました。

神は細部に宿る。

2021年6月10日 / イメージマップ カラースキーム ファサード(正面外観) 好択の家

外壁をほぼ貼り終えた(仮称)春日2の家。
ファサードのイメージが、感じ取れる様になってきました。

ファサードのイメージマップの際、ルイス・バラガンを彷彿させる建物や、ルイス・カーンを思わせるなど、建築通な外観の建物が目立ちました。

そこで、(仮称)春日2の家は、シンプルながら印象的なファサードとなっています。

色選び(カラースキーム)も、その印象を強調する事を図っており、仕上がりがとても楽しみです。

細かなディテールにもポイントがあります。

「神は細部に宿る」
by ミース・ファン・デル・ローエ

深海の様に、静謐な空間へ。

2021年6月5日 / 結地の家 好択の家

今日の(仮称)三十八社町の家は、外部の配管工事と、内装仕上げ工事(クロス工事)を行いました。

外構(外まわり)は、かなり仕上がって来ました。

内装の仕上げ工事も進んでいます。

上の写真は、主寝室の下り天井。
とても良い感じで仕上がっていました。

中でもウォーク・イン・クロゼットは、まるで深海に沈み込んだかの様に静謐な空間になり、とても雰囲気のある部屋に仕上がっていました。

ウォーク・イン・クロゼットは、朝、その日をスタートする時に。夜、今日一日を終える時に使う部屋でもあります。
つまりリセットされる部屋とも言えます。
それには、静謐である事がとても重要かも知れません。
静謐である事で、ノイズの中からいつも自分を取り戻す事が出来るからです。

2階に上がると今度は光の中に入る様な感覚を覚えました。

天井のクロスを貼り終えると、空間の奥まで光が差し込み、パッと開けた様に感じます。

部屋の広さの感覚も変化します。

続いて(仮称)春日2の家に向かいました。

(仮称)春日2の家は、大工さんの工事と外壁の仕上げ工事が行われています。

大工さんの工事も進み、かなり部屋の感じがわかる様になって来ています。

外壁が貼り上がるとファサードの感じが仕上がって、嬉しくなります。
まもなく、その瞬間をむかえます。

浦島太郎の気持ちが少し分かった気がした。

2021年5月27日 / 好択の家

今日は、大工さんからお呼びがかかり、(仮称)春日2の家の打合せをしに現場に行って来ました。
ここしばらく、会社でPCを覗き込んでいたので、現場は妻に任せていて、現場に行くのは久しぶりでした。

床仕上げ材を貼りはじめた(仮称)春日2の家。
現場はどんどん進みます。
親戚の子供の成長を見る様でした。

2階は床暖房パネルの敷設も完了していました。
これだけ敷設されていると、すごく暖かいだろうなぁ〜。
冬が楽しみです。

今日の午前中は、久しぶりに現場に行く事が出来ました。
午後からは、やっぱり作図でPCと睨めっこ。
気が付けば、辺りは真っ暗になっていました。

御幣

2021年5月20日 / 好択の家

今日は、(仮称)春日2の屋根裏に、御幣を納めました。
正しくは、大工さんに納めていただきました。

御幣は、鎮め物とお家とそのご家族を守ってくれるのは当然ですが、工事中の安全も見守ってくださいます。

もちろん、それに甘えてしまわず、自らが安全に気を張る必要がありますが・・・
『神は自ら助くる者を助く』ですから!

構造金物検査

2021年5月19日 / 好択の家

コレは何か分かりますか?

コレは、先の球体の部分で何かを叩き、その音の違いで状況を把握する、検査の為の棒です。

今日は、(仮称)春日2の家の構造金物検査を行いました。

ボルトなど、シッカリとまっていると、打撃音が高音がしますが、緩んでいると鈍い音がします。

おかげさまで、全ての構造金物が、シッカリ設置されており、全て高音の打撃音でした。

今日は同時に、第三者機関として、日本住宅保証検査機構(JIO)さんによる検査も行っていただきました。

それぞれの立場でチェックしていただくと、安全性の確率が高まります。

おかげさまで、JIOさんのチェックも問題無くクリアしました。
ありがとうございました。

箱樋

2021年5月13日 / 好択の家

(仮称)春日2の家には、外観からは分からない光庭があります。

隣地の建物が迫っている(仮称)春日2の家。
日光が空間に行き渡らせる事。
また狭小地にあって狭さを感じさせない広がり。
以上を可能にするのが、この光庭です。

庭と言っても、植栽などがある訳では無く、ウッドデッキのみが施工される予定です。

光庭(吹き抜け)の上部の庇に箱樋があります。
上写真の屋根にある溝が、その箱樋です。

これは光庭に雨樋などが出てきて、ごちゃごちゃする事で、せっかくの広がりの演出を抑える結果にならない様に設けています。

光庭は吹抜けなので、雨が降ると、光庭に降り注ぎます。
工事中、そうなると不便なので、屋根の上に仮設で屋根を設けています。

吹抜けは、風を通すのにも役割を果たしているので、仮設の屋根も風通しを残した屋根になっています。

屋根に上がると、工事が急ピッチで進められている北陸新幹線の高架橋が真っ直ぐ見えます。

外壁施工、ほぼ完了。

2021年5月3日 / 結地の家 好択の家

今日の打合せを終えた後、今度は(仮称)三十八社町の家の現場に向かいました。

すると、ゴールデンウィーク中にも関わらず、外壁工事屋さんが施工をされていました。
おかげさまで、外壁施工は、ほぼ完了していました。

ファサードがクールです。

内部の大工さんの工事もほぼ完了。
これでゴールデンウィーク明けには、大工さんは(仮称)春日2の家に入れます。

(仮称)春日2の家は、無事、箱樋の施工が完了していました。

ゴールデンウィーク中も現場を動かしていただき、おかげさまで無事、工程が順調です。

建て方を行いました。

2021年4月30日 / (仮称)高木町の家 必要充分の家 好択の家

今日は(仮称)春日2の家の建て方(建前)を行いました。

建て方(建前)とは、柱や梁、屋根など構造体を一気に組み上げる工事の事で、一般的な木造住宅の場合、1日かけて屋根まで組み上げてしまいます。

今日もお施主様に、現場のお清めをしていただき、建て方がスタートしました。

(仮称)春日2の家は、街中の狭小地に建ちます。
木材を敷地内に配置する事が出来ないだけで無く、クレーン車が敷地内に入りきれないなどの問題があり、大変ご迷惑をおかけしますが、前面道路を通行止めにさせていただきました。

皆さま、ご理解・ご協力いただき、ありがとうございました。
本当に助かりました。

おかげさまで、この度も、無事、建て方を終える事が出来ました。

建て方にお力添えをいただきました皆さま、お疲れ様でした。
お疲れが出ませんように、お身体、ご自愛くださいませ。

今日は「必要充分の家」の外構のコンクリート打設でした。
建て方が終わるなや否や、「必要充分の家」へ向かいました。

先日通電され、照明が点灯出来る様になった現場。
そんな「必要充分の家」に灯りが!
建具屋さんが未だ現場で仕事をされていました。
遅くまでお疲れ様です。

僕も、未だそこから会社に戻り、明日、打合せがある(仮称)高木の家の打合せの準備をして、帰って来れたのは20時を回っていました。

明日から連日、打合せです。
がんばります!

外は今日も雨

2021年4月29日 / 好択の家

外は今日も雨です。

明日は、(仮称)春日2の家の建て方です。
毎度の事ですが、かなり前から天気予報が気になり、頻繁に調べます。

奇跡的に明日、午前中が晴れのマーク。

どんなに気にしても、天気ばかりはどうする事も出来ないので、祈る事しか出来ません。

今日の日は。

2021年4月17日 / (仮称)高木町の家 必要充分の家 結地の家 好択の家

今日は(仮称)高木町の家の打合せを弊社にて行いました。
今日の打合せ内容は第一回目の見積書のご説明などを行いました。
弊社は原価オープン方式の見積書です。
費用対効果がご理解いただいて、ニーズが明確になります。
出来る限り住まれる方のニーズで選択されたお住まいが、住まれる方にとっての良い住まいである。
弊社では、それが当然だと考え、原価オープンの見積書を作成して打合せをしています。

打合せが終わった後は、(仮称)春日2の家の現場に向かいました。
今日は外部配管を施工しました。

その足で次は、「必要充分の家」の現場に向かいました。
壁・天井のクロス工事が完了したので、次のタイル工事や住宅設備工事などの器具取付けに伴い、養生をしに行きました。

養生をし終えた頃、建物の外で物音が。
すると「必要充分の家」のオーナー様が通りがかりに現場を見に来られました。

仕上がったクロスをご覧いただき、「イメージ通りだ」と言っていただき、一安心です。

最後に、明日、現場で打合せがある(仮称)三十八社町の家の現場に着いた時には、少し暗くなり出していました。

未だ、大工さんが残ってお仕事をされていました。

片付け、掃除をし終え帰宅の途に着いた時には、辺りはすっかり日が暮れていました。

今日も長い一日でした。

明日は朝から、(仮称)三十八社町の家のオーナー様と内装工事などの打合せを現場にて行います。

TQC

2021年4月3日 / 好択の家

今日は(仮称)春日2の家の社内配筋検査を行いました。

配筋検査とは、鉄筋コンクリート構造体をコンクリート打設前に鉄筋の並べ方が設計通りに並べられているかをチェックする検査の事を言います。

おかげさまで、正確に、その上、とてもキレイに配筋されていました。

週明けは、日本住宅保証検査機構さんの配筋検査が行われます。
TQCとの考え方がありますが、様々な立場でのチェックをしていただく事で、安全性を高める考え方が、配筋検査でも行われています。

今日も雨が待っていてくれました。

2021年3月16日 / 好択の家

今日は(仮称)春日2の家の地鎮祭でした。

地鎮祭とは、工事をする前に土地の神様などに土地を触り建物を建設するお許しを得、工事の安全などを祈願する儀式を言います。

今日のよき日を選び、お施主様のご希望でこの度の地鎮祭は、毛谷黒龍神社さんに地鎮祭をお願いしました。

心配していた雨も、地鎮祭中は降る事なく、まるで待っていてくれたかのように、終わると雨が降り出しました。

地鎮祭が終わると(神様に挨拶し終えると)、次は近隣の方々へ挨拶をします。

工事中はどうしても何かと近所の方々にもご迷惑をおかけします。
その事のお願いをしました。

次に弊社では、現地で建物の外部を構成する部分の打合せを行います。

外壁材の色などは、現地で決めないとダメだと考えているからです。

色は対比で認識されます。
音感の様に絶対音感なるものは色感には存在せず、どうしても他の色との対比で変化します。
その為、実際の現地にて色を選ぶ必要があります。
周辺環境の中でこそ認識出来るのです。

また、今日は水回り機器の発注承認をいただきました。
現地から場所を水回りメーカーさんのショールームに移し、契約内容通り発注をしても問題がないかを確認させていただきました。

今回は、リクシルさんとパナソニックさんのショールームに伺い、発注承認をいただきました。

今日は一日お時間をいただき、地鎮祭と発注承認打合せをさせていただきました。
ありがとうございました。

今日の現場。

2021年3月9日 / 好択の家

間もなく(仮称)春日2の家は、確認申請がおりてくるので、お施主様ご指定の毛谷黒龍神社さんにお参りと地鎮祭のお願いをしに歩いて行って来ました。
今日は比較的暖かく、歩いてお参りするにはとても良かったです。

お参りと地鎮祭のお願いを済ませ、今度は現場に向かい地縄を張りに行きました。
地縄とは、建物が建つ範囲(柱芯)を敷地に示す為、縄を張る事を言います。

(仮称)春日2の家。
間もなく地鎮祭、そして着工です。

厚みが増す理由。

2021年2月27日 / 必要充分の家 好択の家

今日は(仮称)春日2の家のご契約でした。

弊社の契約書は、とても厚みがあります。
厚みのある理由は、見積書と図面(契約図書)が主な要因です。

弊社は原価オープンの見積りを作成しています。
弊社の利益がオンされない、原価をお伝えした見積りです。
当然、弊社の利益額も示された見積りとなります。

サービスの内容や質が分かっても、それがいくらの報酬でのサービスなのか?
それが分かって、自分たちにとって必要なサービスか否かを決める事が出来ます。
そこにそれぞれの方の価値観が反映されて行きます。
費用対効果が明確な状況で、はじめてニーズを図る事が出来るのです。
ですので、弊社は、原価オープンの見積りを作成しています。
その事が契約書の厚みが増している要因の一つです。

厚みが増すもう一つの要因は、共通認識を高める為です。
図面を作成したり、プレゼンボートを作成したり、議事録を作成したりして共通認識を高めています。
共通認識を高めようとしただけ、書類も多くなります。
共通認識を高める理由は、出来るだけ正確にニーズを建物に落とし込む事にあります。

つまり、弊社の契約書の厚みがある理由は、ニーズにお応えする為です。
ニーズの実現への想いの深さの分、契約書の厚みが増していると言えます。

契約が終わり、早速、発注承認の打合せなど行いました。
その後、現場をご見学いただきました。

現場へ向かう道中、白鳥の群れを見ました。
100羽を超える白鳥の群れが、畑に飛来していました。

現場に付き、外観や現場の状況などをご覧いただきました。
「必要充分の家」は、現在、大工さんの工事の真っ最中。
かなり間仕切りなどが出来てきて、部屋など空間が認識しやすい状況まで出来上がって来ました。

(仮称)春日2の家のお施主様のお子様も、現場を念入りにチェックされていました。

仕様調整打合せ(VEなど)

2020年12月21日 / 好択の家

今日は(仮称)春日2の家の仕様調整打合せを行いました。

仕様調整打合せとは、文字通り、仕様を調整し必要なところに必要なだけ費用をかけて、不要なところには費用をかけない事で、お住まいに住まれる方々の価値観を落とし込む、とても大切な打合せの事を言います。

「ローコスト住宅」とは
規格化したり選択の幅を絞る事で、材料単価や人件費を抑え、床面積あたりの単価計算をすると費用が抑えられている住宅の事を一般的には言うのでしょう。

しかし、個人的な意見を言わせてもらうと、僕はそうは思いません。

何故なら、いくら金額が抑えられていたとしても、要らないモノにお金を使う事が、ローコストと言えるのか?と思うからです。

だから、僕が考えるローコスト住宅とは、極めてストイックに自分にとって必要なモノのみで出来たお住まいを言うのだと考えています。

弊社の仕組みでは、それが可能となる原価オープン方式の見積書となっています。
つまり、弊社の利益もご覧いただける見積書となっています。

費用対効果が明確化出来てこそ、価値観を図る事が可能になるからです。

今日は(仮称)春日2の家の第一回仕様調整打合せを行いました。
(仮称)春日2の家が、お施主様にとってのローコスト住宅となる事を弊社としても願っており、その為のご提案が出来れば幸いです。

価値観が反映されてこそ、住み良い暮らしがはじめられる。つまり家になる。(原価オープン)。

2020年11月29日 / 好択の家

今日は、(仮称)春日2の家の見積図書の打合せを行いました。

【見積図書の打合せとは】
弊社は、原価オープン方式の見積もりを採用しています。
原価オープンとは、弊社の利益をオンしない金額を全てお伝えする見積もりです。
弊社の利益は、利益の金額として表示されます。

どうして原価オープンにしたのか?
それはニーズを明確にし、それぞれの方々の価値観がお住まいに落とし込めてこそ、その方々にとっての住み良い住まいだと考えたからです。

例えば、弊社がいただく利益の金額を知ってこそ、弊社で建てる価値があるか否かがご判断いただけ、金額が不明な状態では判断がつかないはずです。

それと同様に、全ての金額が明確で無い状態で、必要か不要かのご判断は不可能です。
また、その金額などが、(理由がわからないまま)操作された金額での判断を求められたら、その時、正確な判断が可能でしょうか?

弊社はそう考えて原価オープン方式の見積もりにてご契約させていただく事にし、住む方の価値観がお住まいに反映されやすいようにしました。

原価オープンにするには、どうやって作るのか?までが明確で無いと金額を出す事が出来ません。
「大体こんな見た目」と言うのでは、ちゃんとした金額が出せないからです。
そこで弊社では、見積図書を作成致します。

見積図書とは、見積もりをするに際し、建物の細部に至るまで、どうやって作るのかが分かる図面集などの事を言います。

今日は、その図面集(見積図書)をもとに、見積もりをする内容を確認、検討、ご決定いただく打合せをしました。

コロナ禍もあり、お昼は「Asuwayama deck」さんのお弁当をいただきました。

お休みのところ、長時間にわたり打合せいただき、ありがとうございました!

見積図書とは?何故に?

2020年11月18日 / 緑陽の家 必要充分の家 好択の家

最近はずっと会社に缶詰となっています。
その理由は、見積図書の作成に追われているからです。

見積図書とは、見積りをする為の図面や仕様書などの事を言います。
弊社は、費用対効果を出来るだけ明確にし、それぞれの方々の価値観をお住まいに反映してこそ、住む方にとっての良いお住まいになり得るとの考え方から、原価オープン方式の見積書を作成しています。

原価オープンにするには、当然に、どんな材料でどんな風に作るのかまでが明確である必要があり、詳細に理解出来る図面などを作成する必要があります。

最近はその見積図書の作成に追われて、現場に行きたい気持ちを抑え、会社に缶詰となっています。

現場は緑陽の家が、木製建具の吊り込みが進んでいるはず。
必要充分の家は、地盤改良工事が完了して、基礎の工事に着手したはず。
現場は今は妻に任せて、図面に専念・・・したいと・・・頑張っています。

山水に得失なし、得失は人の心にあり。

2020年11月11日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 平悠の家 歩先の家 緑陽の家 好択の家

昨日はお施主様と「個性」のお話をしました。

「個性的なお住まい」と言うと、あなたはどの様なお住まいを想像されますか?

前衛的な建築を思い浮かべられますか?
ミニマルで禁欲的な空間をイメージされますか?
複雑に要素が絡み合うカオスな形状を想像されますか?

それらは全てカタチです。
カタチそのものには意味がある訳では無く、そこに込められた表現したい事に意味があります。

「仏像作って魂入れず」とのことわざがありますが、まさにそう言う事でしょう。
「山水に得失なし、得失は人の心にあり」とも言います。

だけど、その仏像に魂が入っているかどうかを、仏像を観てお分かりになられるか?と言うところが、このお話のポイントです。

「個性」とは、派手な髪型をしたり、服装をしたりする事を言うのでしょうか?
それも「個性」と言うのかも知れませんが、あまりにポップな感じがします。

「個性」は、生き方や考え方、価値観にあります。

弊社がどれだけそれらをカタチに落とし込めているのか?
その力量にも限界がありますが、カタチは結果だとの考え方は持ってお住まいづくりのご提案を行なっています。

魂ありきの仏像づくりを心がけています。

仏像に魂が入っているかどうかを観て判断できる方が少ない様に、内覧会にお越しいただき、ココで言う「個性的」や「人生観」や「価値観」みたいなモノを見抜く事が出来る方は、少ないのかも知れません。

しかし、(ご覧になられた方が)そこにご興味がありましたら、出来るだけお分かりいただけるようにご説明をさせていただく様、心がけています。

オーナー様のご邸宅はいずれも、見た目では無く「個性的」です。
それぞれの方々の想いが、そこには込められているからです。

「言葉にならない想いも。」は、弊社のスローガンです。

弊社の内覧会にお越しの際は、見た目では無い感じられるモノをキャッチしていただけましたら幸いです。
是非、ご質問いただいたり、引き出していただけると嬉しく思います。

12月5日(土)から舟橋新2丁目にて、内覧会を予定しております。
また詳しい事が決まり次第、お伝え出来ればと考えております。

昨日はお施主様と「個性」についてお話をしました。

ショールームにて。

2020年11月10日 / 好択の家

今日は(仮称)春日2の家のお施主様と、住宅設備などのショールーム巡りを致しました。

住宅設備などとは。
システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台やトイレの事を言います。

多くの方々が、選択に悩まれ、熟慮されるポイントでもありますが、価値観によって大きく金額に幅が生じるポイントでもあります。

弊社は、建築の質を5つのファクターで分析します。
詳しくは「エクリュの考え方」をご覧ください

そのファクターにも相反すると感じられるニーズが存在しています。
そこから考えても、多くの方々が選択に悩まれる事は、容易に理解出来ます。

また住宅設備に限らずですが、住宅設備も例外では無く、金額(イニシャルコスト)を上げるのは容易なのに、下げるのは非常に困難です。

経験された事がある方は、非常に強く同意される事でしょう。

見るとどうしても予算からドンドン上げられる事が多いと感じます。
(恐れても仕方がないのですが)見積もりの金額を見るのが、またお伝えするのが、少し心苦しく感じてしまう時もあります。

とは言え現実は現実。
現実を受け入れるしか、先に進む道はありません。

皆さまのご協力をいただき、どうかニーズに収まりますよう、弊社としても出来る限りの事をして行きたいと思っております。

平面と立面の同時計画。

2020年10月28日 / 好択の家

今日は(仮称)春日2の家の模型を作成致しました。

プランニングが決定すると、弊社では模型を作成致します。
見積り時や、現場に入ってからの打合せなどに、とても重宝するのが作成の目的でもありますが、多くのお施主様が、間取りなど平面プランを熟慮させる事はもちろんですが、ファサードなど外観なども、深く検討され、外観イメージを共有化する意味もあり、模型を作成しております。

弊社のお施主様は、ファサードなど外観も熟慮される方が多いと先ほどお伝えしましたが、ですので、プランニングの際、外観スケッチなどを描きながら平面図などに落とし込む手法を取っています。

つまり、間取りの結果の微調整で、立面図が出来る訳では無く、その逆の場合もあり、要するに、平面と立面を同時に検討を進めます。

(仮称)春日2の家のお施主様からいただいたイメージマップ用の画像の多くは、ファサードの画像でした。

それもルイス・バラガンを意識したモノや、ルイス・カーンを意識したモノなど、建築を良くご存知の方の選択に感じました。

ミニマルにまとめる必要性があり、様々な要因からのファサードですが、ファサードの形状は、とても重要なご要望でした。

模型が完成しました!

工事時期予約

2020年10月5日 / 好択の家

今日は、(仮称)春日2の家の工事時期のご予約などをいただきました。

弊社は、予約制となっております。
少人数で業務を行っている為、また品質管理の考え方などから予約制を選択しています。
(ご不便をおかけしましたら、申し訳ございません・・・)

今日は、その工事時期をご予約いただきました。
ありがとうございます。