集流の家

住まいに、
自然と家族が集まる仕組みを。

普段なかなか家族の時間が作れないからこそ、家族がいつの間にか集まる流れを、LDKに。
ホットプレートや鍋料理のために配されたダイニングの換気扇、キッチンの傍にはスタディルーム、そして、癒やしの観葉植物ルームなど。住まいが、家族のひとときを描きます。

所在地

勝山市鹿谷町

用途

住宅

構造・工法

木造軸組工法 2階建て

延べ床面積

137.67㎡(41.65坪)

家族人数

5人

打合せ期間

2020年7月〜2021年10月(16ヶ月)

契約工期

2021年10月〜2022年5月(7ヶ月)

備考

家族が集まる
風景を取り込む
ロングライフプラン
雪対策
子供勉強コーナー
植物室
インナーテラス
可動間仕切り
ガス温水温水床暖房
乾太くん

片流れ屋根は、雪対策を考慮に入れ、バランスなどプロポーションを検討されての事。 ファサードに印象を与える正方形の窓や開口は、表情やリズムを生み出しています。

玄関の形状や仕上げは、外観のイメージを持ったまま屋内に入ってくる事を図りました。 脇玄関には濡れたままのスキーウェアを掛けておく場所などもあり、玄関をスッキリさせる事を可能にしています。

「強要されず家族が自然に集まる」集流の家の最も大切なテーマのひとつです。 空間レイアウトや設備、スペースなど、リビング・ダイニングにはそんな想いが随所に観て取る事が出来ます。

植物室や可動間仕切り、2つ横並びのトイレなどは、住み続け変化し続ける生活への対応を考慮されたカタチです。 集流の家は、ロングライフプランを想定して生み出されました。

「今(現在)があって、未来がある。今日の日は、天からの贈り物」 今を大切にする考えが、子供たちの部屋に表現されています。

記事一覧

お休みをいただきました。

2022年6月18日 / 集流の家

今日は久しぶりに時間が取れたので、お引渡しを済ませた集流の家経由で、白山平泉寺へ行って来ました。
写真は、平泉寺の南側、南谷坊院跡です。
この辺りには、写真のような石畳みの道が縦横に整備され、3千6百ものお坊さんの住居があったと言われています。
1574年に一向宗により全山焼亡。
今は立ち寄る人もほとんど無く、野鳥や虫の音がするばかりでした。
多くの方々の想いや思惑や喜びや悲しみの先に、今があるのでしょうね。。。
宗教も政治も、全て人がする事ですから。
それに完璧など存在し得ないでしょうから。
それでもそれぞれの最善を尽くすしか無いのでしょう。
その先に未来があると信じて。

今日は静寂の中、色々と考える事が出来、何より運動が出来ました。

お引渡し

2022年5月28日 / 集流の家

今日は、集流の家のお引渡しでした。

お引渡しは、先ず、住宅設備などの機器類の使用方法説明を行い、続いて契約時からの変更内容などのご説明。
そして、引渡図書のご説明をして、カギ・建物のお引渡しとします。

中には、そこに火災保険のご契約を加えられる方もおられ、今日は火災保険もご契約いただきました。

引渡図書とは、完成した建物の情報(図面など)や工事中の状況、検査結果や保証の内容など、竣工した建物の情報をお伝えする書類集の事を言います。

お引渡しの日は、毎日のようにずっと通っていた現場に、その日から通わなくなる事がいつも不思議な感じがして、少し淋しくも感じます。

しかし、今日も購入された家具などが新居に届き搬入されるなど、暮らしがスタートするおめでたい日。

建物がオーナー様に大切にしていただき、末永く健やかであって欲しいと感じたりもします。

オーナー様におかれましては、たくさんのお時間をいただき、またたくさんご検討・ご判断をいただき、本当にありがとうございました。
今後ともお住まい共々弊社を、何卒よろしくお願い致します。

会う日

2022年5月27日 / イメージマップ (仮称)文京5の家 歩先の家 立華の家 集流の家

今日は、オーナー様やお施主様と、良くお会いする日でした。

先ずは、(仮称)文京5の家のお施主様と、玄関タイルなどの打合せを行いました。

イメージマップをもとに空間のトータル的なイメージなどを決めるのですが、イメージマップにて言語化された「様式からの発展」と言う言葉を深める事になりました。
イメージマップとは?ココをクリック

昨日のブログでお伝えした様に、弊社では「まん中に住む」との言葉に表現される、自分たちらしいお住まいのあり方を深めています。
良いお住まいとは、住む方らしいお住まいと、信じて疑わないからです。

今日は、イメージマップの分析結果である「様式からの発展」とこ言葉をお施主様の言葉に置き換えていただき、その言語化されたイメージをどの様に空間に表現して行くのか?をお話させていただきました。

間も無く、最後の発注承認打合せがあるのですが、その打合せがとても楽しみです。
発注承認打合せとは?ココをクリック

その後、歩先の家に伺い、久しぶりにオーナー様とお会いしました。
会社から歩いて伺えるご近所と言う事もあり、時々お会いしていたのですが、ここ最近はお恥ずかしい話、バタバタしてしまいご無沙汰しておりました。
歩先の家はココをクリック

最後に、立華の家に伺いました。
流石! 玄関のニッチには、ステキに花が生けられていました。
立華の家はココをクリック

明日は、集流の家のお引渡しです。
集流の家はココをクリック

ありがとうございました!

2022年5月15日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 集流の家

オーナー様のご厚意のもと開催しておりました「集流の家」内覧会。

先ほどを持ちまして無事閉会させていただきました。
ありがとうございました。

この度も、皆さまとお会い出来、充実した時間を過ごす事が出来ました。
これもひとえにオーナー様をはじめ皆さまのおかげと感謝しております。
ありがとうございました。

次回は、8月頃、福井市にて内覧会を予定しております。
また近くなりましたらご案内させていただきますので、次回もまた、よろしくお願い致します。

この度は、ありがとうございました!

ご予約の程、お願い致します。

2022年5月9日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 集流の家

オーナー様のご厚意のもと開催させていただいてる「集流の家」。
本日、前半が終了しました。

引き続き、5月14日(土)・15日(日)「集流の家」内覧会を開催させていただきます。

「集流の家」内覧会
コロナ禍の開催にて、完全予約制とさせていただいてます。

予約方法は、お手数ですが以下のURLからお願いしております。
よろしくお願い致します。

https://select-type.com/rsv/?id=lvaCx_JabWY&c_id=227804&w_flg=1

いよいよ

2022年5月7日 / 集流の家

いよいよ本日からオーナー様のご厚意のもと「集流の家」内覧会がスタート致します。

昨日はその準備に追われていました。

オーナー様をはじめ内覧会開催にお力添えをいただきました方々、本当にありがとうございます。

おかげさまで、本日10時から「集流の家」内覧会を開催致します。

「集流の家」内覧会は、コロナ禍の為感染防止対策として完全予約制にて開催させていただきます。

ご予約は、以下のURLから受付しております。
https://select-type.com/rsv/?id=lvaCx_JabWY&c_id=227804&w_flg=1

未だ空きがございますので、ご興味のある方は是非この機会をご利用いただけましたら幸いです。

スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

業務開始!

2022年5月6日 / 集流の家

GW(ゴールデン・ウィーク)はお休みをいただき、ご迷惑をおかけ致しました。
本日から、通常営業を開始しております。

おかげさまで、GWは、様々な方々とお会いして充実した時間を過ごさせていただきました。

エクリュ・ギャラリーにて、秋の開催をご検討いただいているアーティストさんと打合せを兼ねてお会いするところから始まり、友人ご夫婦と我が家で映画鑑賞会。
歴史の専門家である高校時代の友人が会いに来てくれて、飛鳥・奈良時代の痕跡などをブラタモリ風に町を歩き散策。
最後は、弟家族が泊まりに来てくれて、楽しい時間を過ごさせていただきました。

そして今日から業務開始です。
今日は朝イチから内覧会の準備など、早速忙しくさせていただきました。

いよいよ明日からオーナー様のご厚意のもと「集流の家」内覧会がスタート致します。

後ほど「集流の家」のご案内をさせていただきます。

いよいよ、業務開始です!

「集流の家」のファサード

2022年4月26日 / 内覧会・現場見学会など イメージマップ ファサード(正面外観) 集流の家

オーナー様のご厚意のもと、5月7日より内覧会を開催致します「集流の家」。

前回は、「集流の家」のご家族のあり方のお話をさせていただきました。
https://www.ecru-arc.co.jp/blog/information/集流の家

今日は、会場にて分かりやすい見た目の特徴などをお伝え致します。
今回は外観のお話。

片流れの勾配屋根と正方形の窓などが印象的な「集流の家」は、勝山市鹿谷町にあります。
勝山市の中でも山間に位置し、積雪量も平地に比べると多いです。
その為やお仕事柄もあり、雪の事は良くご検討されました。

片流れの勾配屋根は、敷地裏側に雪を落としてしまう事を考えての形状です。
ファサードのプロポーションを考えて、最初のご提案は、もう少し緩い勾配屋根にてご提案をさせていただいてましたが、雪の心配から更に勾配をキツくされました。

勾配がキツい片流れだと、頂点が高くなり、間伸びしてプロポーションを整え難くなりますが、「集流の家」は桁落としと言って、水下側の小屋梁を他の梁レベルから下げる構造組みをしています。
そうする事で、最高の高さ(頂点)を抑えてプロポーションを整えています。

ファサードの正方形の窓は、2つは本当の窓ですが、ひとつはサッシやガラスの入らない開口です。
大きさを揃える事で、外観にリズムを生み出しています。

当初、仕上げ材は、雪の事などを考え、全てガルバリウム鋼板で進めておりました。
上記のように、形状(プロポーション)を整えて来ましたので、ある意味、素材感や色が増える必要性がありませんでした。

しかし、ある日、奥様が仰いました。
「単色だと安っぽくならない?」

そこでイメージ・マップを見直す事になります(安っぽくはなりませんが、人によって言葉の定義やイメージが違う為)。

イメージ・マップとは、言葉や共通認識にする事が困難なイメージを、見える化し共通認識にして行くツールで、弊社の打合せで利用しております。

そのイメージ・マップを見直すと、(ご主人が集められた)ミニマルに洗練された外観の写真に混じり、(奥様が選ばれた)重厚感のある邸宅の写真がありました。

そこで再度、ご家族(ご夫婦)でドライブがてら、車窓から見える好みの家を言い合い、お二人のお好みのイメージに調整される事になりました。
またその結果をラインにて弊社に送っていただき、ほぼライブで共有化する事になりました。

これらのプロセスにより、単色・単素材でファサードを構成するのでは無く、重みを感じさせる素材を建物の足もとに配し、安定感を表現、重厚感を加えるに至りました。

また、これは当初(奥様の一言が出る前)から考えていた事ですが、外部の印象を内部に引っ張る為の、内外連続したポーチ床仕上げやポーチ軒裏仕上げも外観に見られるポイントのひとつです。

その形状にも工夫があります。
是非、内覧会へお越しいただき、ご体感いただけましたら幸いです。

「集流の家」内覧会は、完全予約制にて開催させていただきます。
下記のURLからご予約が可能です。
ご参照くださいませ。

https://select-type.com/rsv/?id=lvaCx_JabWY&c_id=227804&w_flg=1

「集流の家」にみる家族のあり方

2022年4月23日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 集流の家

オーナー様のご厚意のもと
5月7日(土)〜9日(月)
5月14日(土)・15日(日)
10:00-18:00
勝山市鹿谷町にて
「集流の家」内覧会を開催致します。

【家族のあり方】
家族のあり方は、時代と共に変化して来ました。
それに伴い、住宅の形態も変化し続けています。
3世代がひとつ屋根の下に暮らす大家族の家。
子育て世代の核家族の家。
家族の形態も変化・多様化しています。
そんな変化の中、「家族」の捉え方や考え方などが多様化し、それにより住まいの形態も多様化しています。

【集流の家】
「集流の家」は、子育て世代5人家族のお住まいです。

ご夫婦共に社会的にとても必要とされてお忙しい毎日の中、ご家族5人での時間を設ける工夫をされて来られました。
その工夫が、決してルールによる強制では無く、同意に基づくカタチで、家族みんなが出来れば楽しんで前向きに集まれる方法を模索されて来られました。

個々を尊重し合ったご家族。

そんな雰囲気が、きっと「集流の家」のあちらこちらに見つける事が出来る事と思います。

「集流の家」は、「家族」の考え方・あり方のヒントとなり得るお住まいです。
是非この機会に「集流の家」内覧会会場へ足をお運びいただき、ご体感いただければと思います。

「集流の家」内覧会は、コロナ禍による感染防止対策の為、完全予約制にて開催させていただきます。

お手数ですが、ご予約は以下のURLからお願い致します。

https://select-type.com/rsv/?id=lvaCx_JabWY&c_id=227804&w_flg=1

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

ありがとうございます。

2022年4月14日 / 結地の家 立華の家 彩現の家 集流の家

昨日から入院された、弊社の大工さんのお父様。
入院は時間を持て余すのでは無いか?と、お父様(お父様も大工さん)が手伝ってくれた現場の写真集を作成しました。

お父様に、新築工事で最初から携わっていただいた現場は、結地の家・立華の家・彩現の家です。
それにリフォーム工事を加えて写真集を作りました。

明日、(仮称)鹿谷町の家の現場にて打合せがあるので、(勝山市のお住まいのお父様)ご自宅にお持ちしたいと思います。

写真を整理しながら、していただいた事を思い出していました。
再び感謝の気持ちが込み上げて来ました。
本当にありがとうございます。

形状 → 色彩・マテリアル

2022年4月13日 / 集流の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の現場に行って来ました。
勝山市は、まだサクラが楽しめましたが、中々、ゆっくり眺めている暇は無く、現場の打合せを終えて、昼には福井市に戻って来ました。

(仮称)鹿谷町の家は、現在、内装仕上げ工事などが行われています。
また、衛生設備の機器類の設置も行われています。

内部が仕上がって来ると、矢張りテンションが上がります。

意図した形状の意味なども、仕上げを纏って明確に伝わって来ます。

ですので、形状は、仕上げの色や素材を、先にイメージしておき決める必要性があります。

そうして決めた形状の上に仕上げ材がお施され、その形状の意図が答え合わせの様に明確になって行くのは、とてもテンションが上がる理由のひとつです。

おかげさまで、現場は順調に進んでいます。

今日は天気も良く

2022年3月28日 / 集流の家

オーナー様のご厚意のもと、5月に内覧会を予定している(仮称)鹿谷町の家の現場へ、今日は午後から伺う事が出来ました。

(仮称)鹿谷町の家は、足場も無くなり、外部の設備配管などが着手されたのと、内部では、仕上げ工事が進んでおります。

クロスを貼る前に、下地を整える工事を行なっています。

今日は天気も良く、未だ雪が残るところもある鹿谷町ですが、現場の雪は、ほとんど溶けていました。

打合せ四昧

2022年3月24日 / (仮称)文京5の家 集流の家

今日は午前中は(仮称)文京5の家及び(仮称)鹿谷町の家の現場にて打合せ。午後からは弊社にてダブルヘッダーの打合せでした。

打合せ三昧。
いや、打合せ四昧でした。

先日、建て方を終えた(仮称)文京5の家は、屋根工事が完了。現在、大工さんの工事が進んでおります。

(仮称)鹿谷町の家は、内装の仕上げ工事の真っ最中。
今日からクロス工事がスタートしています。
5月にはオーナー様のご厚意のもと、内覧会を予定しております。

会社では、ギャラリーの打合せや新規さんとの打合せなどを行いました。

たくさんお時間をいただき、全ての打合せを終えたのは21時をまわっていました。
ありがとうございました。

そこから作図を急ぎ、帰って来れたのは23時頃。
充実した一日でした。

勝山は未だ雪景色です

2022年3月10日 / 彩現の家 集流の家

今日は、午前中「彩現の家」の内覧会の予約が入っていなかったので、(仮称)鹿谷町の家の現場に行って来ました。
福井市内と違い、勝山は、まだまだ雪がたくさん残っていました。
とは言え、減ってはいました。

今日の現場は、内装の仕上げ工事などを行っています。

午後からは、「彩現の家」の内覧会の予約が入っているので、急いで福井市内に戻って来ました。

「彩現の家」内覧会は、オーナー様のご厚意のもと、平日も行っております。

「彩現の家」内覧会も残すところ、3月11日(金)・12日(土)・13日(日)となりました。

完全予約制にて開催中の「彩現の家」内覧会。
週末も未だ空きはありますので、この機会にお住まいの内部を見てみたいと思われる方、エクリュの話を聞いてみたいとお考えの方、どなたでも以下のURLから内覧会のご予約をいただけましたら幸いです。

https://www.ecru-arc.co.jp/works/saigen

内覧会会場にて

2022年3月6日 / 彩現の家 集流の家

現在、オーナー様のご厚意のもと内覧会中の「彩現の家」。

今日は(仮称)鹿谷町の家の発注承認打合せを内覧会会場にて行いました。

実際のお住まいをご覧いただきながらの打合せだと、とてもイメージがしやすく、ありがたいです。

一方で、目の当たりする事で強く影響されるので、時に自分たちの選択を忘れてしまう事も少なくはありません。
自分に戻れる道標としても、イメージマップをお持ちいただく事は、大切な事です。

自分らしさをより深く知り、受け入れ、お住まいというカタチに出来れば、それこそが良いお住まいだと弊社は考えます。
その為の仕組みや打合せの手法などを、考えて組み立て改善して来たのが弊社の強みです。

とは言え、良いお住まい(理想の暮らし)の意味を知って、自分たちご家族と向き合っていただいてこそ弊社の力が発揮されるので、他力本願と言えば他力で・・・まるで自分でピッチに立てず勝利を祈る事しか出来ない野球部のマネージャーのようです。。。

でもいつも、あえて少し遠回りして、シアワセであって欲しいと願ってはオーナー様(お施主様)のお住まいを見てまわり、暮らしを楽しんでおられる痕跡を見つけては、僕もシアワセを感じたりしています。
やっぱり野球部のマネージャーのようです。

発注承認打合せ

2022年2月19日 / 集流の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の最終の発注承認打合せの為、現場にて打合せを行いました。

最後の発注承認打合せは、内部の壁や天井の仕上げ材です。

発注承認打合せとは
ニーズをカタチする事がモットーの弊社独自の仕組みで、図面や契約書などでは、中々ご理解いただくのは困難な場合もあろうかと思います。そこで、発注直前の部位などを現場の進行に合わせてご契約内容を確認させていただき、発注に進まさせていただく為の打合せの事を言います。

お昼から始まった打合せでしたが、写真を撮る事を忘れてしまうくらいに充実した打合せとなり、一部、次回に持ち越す事になりました。
たくさんのお時間をいただき、ありがとうございました。

3月頭には

2022年2月11日 / (仮称)灯明寺4の家 (仮称)新保2の家 彩現の家 集流の家

今日は(仮称)灯明寺4の家のお施主様と、リクシルさんのショールームに行き住宅設備などの商材を見て来ました。

住宅設計などとは、システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台やトイレなどの事で、お住まいの建築費の中で大きな金額を占める事もある部分で、その為もありご検討に時間をかけられる方も多い部分でもあります。

2時間程で、4点のご説明などいただきました。

続きましてお昼からは、(仮称)新保2の家のお施主様と、今度はパナソニックさんのショールームにて、住宅設備などの商材のご説明をいただきました。

やはり2時間程でシステムキッチン・ユニットバス・洗面化粧台・トイレなど4点のご説明をいただきました。

お施主様との打合せを終え、次は現場へ。

先日、モールテックスの下塗りをした彩現の家に行きました。

モールテックスとは、モルタル調の質感と水を通し難い高い耐水性のある左官塗材です。

彩現の家は、キッチンブースをモールテックスで仕上げる事を選択されました。

仕上げの質感や色彩などをマットでスモーキーなイメージとして、そのマテリアルでシンプルな形状を演出されて、とても素敵な空間を実現されています。
オーナー様のご厚意のもと3月頭に内覧会を予定しておりますので、お楽しみにしていただきたいと思います。

最後に外壁工事が進む(仮称)鹿谷町の家の現場に行きました。

外壁はほぼ完成しており、現場は大工さんが作業されていました。
大工さんの工事もかなり工事が進んでいました。

おかげさまで順調に現場は進んでいます。

東奔西走

2022年2月7日 / (仮称)文京5の家 彩現の家 集流の家

今日は一日中現場を渡り歩いく日となりました。

朝から(仮称)文京5の家の配筋に備えての雪かきから始まり、(仮称)丸岡町の家にて北陸電力さんとの打合せで猪爪まで。
そこから今度は(仮称)鹿谷町の家の現場(勝山)で大工さんと打合せ。
次は(仮称)高木町の家の現場確認。
そして(仮称)文京5の家に戻って来て、配管スリーブの位置をチェックすると言った、4現場を渡り歩く一日となりました。

最近は毎日パソコンの前で図面作成に勤しんでおりましたが、今日は久しぶりに現場を見て回れ、職人さんたちにも会う事が出来ました。


雪かき完了! 鉄筋の準備がされていました。


北電さんと打合せをしました。


外壁の施工が着々と進んでいます。


内部の間仕切りも着々と進み、大工さんの工事も完成間近です。



内装工事が進み、お施主様のイメージがカタチになって参りました。

静謐な空間になって参りました。

実は未だ終わらない。

2021年12月30日 / 歩先の家 立華の家 彩現の家 集流の家

昨日、今年の弊社の業務は終了しましたが、未だ職人さん達が仕事をしてくれているので、今日は、動いている3つの現場をまわりました。

先ずは、正月飾りをフラワーカドヤさんで購入の後、近くにあり年明け8日から内覧会を開催させていただく「立華の家」の現場に行きました。

現場のチェックと簡単な掃除をして、次は(仮称)高木町の家の現場へ。

昨日、左官工事にてタイルを貼り、玄関土間の床仕上げを終えたので、その確認と、今日は設備工事会社さんがキッチンなどの配管をしてくれているので、それを確認に行って来ました。

最後は(仮称)鹿谷町の家へ。

(仮称)鹿谷町の家は、昨日は床暖房パネルを敷設し終えたので、その確認と、やっぱり掃除をしに行きました。

床暖房パネルは、綺麗に施工し終え、しかもしっかり掃除が出来ていて、自分たちが掃除をする必要がありませんでした。
流石です。

せっかく勝山市まで来たので・・・先日、遅くまで仕事をしているからとセイコガニを持って来ていただいた歩先の家のオーナー様にお土産を買いに行きました。

ついでに我が家の分も買って来ました!

今日の現場(今年最終)

2021年12月28日 / 立華の家 彩現の家 集流の家

今日はオーナー様との打合せの為、朝イチで、(仮称)鹿谷町の家の現場に直行しました。

勝山市鹿谷町は、福井市内よりかなり多くの雪が積もっていましたが、道路は除雪されており、現場には予定より早く着く事が出来ました。

そこで打合せの前に、足場に積もった雪を落として、足場が安全に使用出来るようにしました。

打合せを終え、大工さん達に、年末の挨拶をして、次は足場が撤去される(仮称)高木町の家へ向かいました。

現場に向かう道中、足場屋さんの車とすれ違い、矢張り到着すると現場は足場の撤去が完了していました。

建物を覆っていた足場が無くなると、ファサードをハッキリ見る事が出来るので、嬉しくなる瞬間のひとつです。
今日も逆光の中、(仮称)高木町の家のファサードをしばらく眺めていました。

当然、内部足場も撤去され、インナーテラスもくっきり見られるようになりました。

(仮称)高木町の家のインナーテラスは、① プライベートの確保(カーテン無しの大きな窓) ② リビングの明るさの確保 ③ リビングの広がりの増幅 を目的としています。

足場がバレて(撤去されて)①と②の目的が達成されている事が更に良く分かります。
③は、インナーテラスのウッドデッキが出来た時に明らかになります。

そして年明け(1/8〜16)に内覧会をさせていただく事が決定している「立華の家」に向かいました。

今日は、内装建具の吊り込みが行われていました。

立華の家の内装建具は、単に部屋と部屋とを区切る役割に留まらず、空間を繋げる役割や、照明の反射板の役割など様々な役割も担っています。

建具が吊り込まれそこに照明が当たると、空間の雰囲気がグッと増します。

会社に戻れたのは、夕方を過ぎていました。

明日もお施主様との打合せからスタートします。
弊社の年内の業務は、明日の打合せの後の大掃除で終了とさせていただきます。

年明けは、1月5日(水)から通常業務を開始します。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
おかげさまで上記のように充実した1年を過ごさせていただきましたました。
ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

今日の現場(クリスマス)

2021年12月25日 / (仮称)文京5の家 立華の家 彩現の家 集流の家

クリスマスの今日は、朝イチから(仮称)高木町の家の土間リビングの施工の為、現場に向かいました。

(仮称)高木町の家には、広い土間リビングがあります。
また、その土間リビングには床暖房が設けてあります。

今日はその土間リビングの施工を行いました。

続いて、(仮称)鹿谷町の家の現場に向かいました。
大雪注意報が今晩から出るとの事で、雪が福井市内より多いので、雪に備えました。

福井市内は、ほとんど雪が残っていませんが、鹿谷町は結構雪が残っていました。

続いて・・・現在、確認申請中の(仮称)文京5の家ですが、雪が積もる前に地縄を張りに現場に向かいました。

地縄とは、敷地と建物の関係を明確にする為に、敷地内に計画建物の建つ位置を示す事を言います。

通常は、確認申請がおりて来てから地縄を張るのですが、雪が積もり敷地が分かりにくくなってしまう前にと、今日、地縄を張る事になりました。

最後に、来年の年明け、1月8日からの内覧会を予定している「立華の家」に向かいました。

週明け、建具屋さんが建具の吊り込みや調整に来てくれるので、その準備をしに現場に来ました。

辺りは既に暗くなり、雪もかなり降り出していました。
暗くなったので、照明の雰囲気も確認しました。
その名の通り、華やかな空間に仕上がっていました。

「立華の家」は、オーナー様のご厚意のもと、年明けの1月8日(土)から16日(日)まで、福井市宝永3丁目にて内覧会を開催させていただきます。

「立華の家」住宅内覧会は、コロナ禍の為、完全予約制にて開催させていただきます。

来週、週明けより、予約の受付を開始させていただく予定になっております。
詳しくは、来週週明けに、お伝えさせていただきますので、よろしくお願い致します。

今日の現場

2021年12月16日 / 彩現の家 集流の家

今日は朝イチに、(仮称)鹿谷町の家の金物検査を行いました。
金物検査とは、構造に必要な金物が、設計通り・規定通りに設置されているかを、第三者機関に検査していただく検査です。

日本住宅保証検査機構さんに、金物検査をお願いしました。

ご協力いただきました皆さま
ありがとうございました。

おかげさまで無事検査をクリアし、大工さんと打合せの後、(仮称)鹿谷町の家を後にしました。

次は(仮称)高木町の家に向かいました。

(仮称)高木町の家にはLDKに併設された広い土間空間があります。
LDKには床暖房が敷設されていますが、この広い土間空間にも床暖房を敷設します。

今日は、その床暖房の工事を行いました。

トリプルヘッダー

2021年12月11日 / 緑陽の家 立華の家 集流の家

今日は、緑陽の家の1年点検をさせていただきました。

早いもので、もう1年が経つのですね!
それもそのはず、緑陽の家のオーナー様は、お引き渡しの際は未だご夫婦お二人でしたが、今日は3人家族になられていました。

お住まいにも、可愛らしいグッズが増えていました。

現在、建具を吊り込んでいる(仮称)宝永の家の現場を経由して、次は発注承認打合せを行いに(仮称)鹿谷町の家に向かいました。

今日は少し雲があり、道中、白山を見る事は出来ませんでした。
しかし、自然が豊かな(仮称)鹿谷町の家。
景色は美しかったです。

おかげさまで発注承認も無事いただけました。
お忙しい中、ご検討いただきありがとうございました。

最後に会社へ戻って来て、(仮称)丸岡町の家の打合せを行いました。

今日の打合せ内容は収納の打合せを行いました。

美しいお住まいを設計する事は、ある程度のセンスと知識があれば、それ程難しい事では無いと感じます。
しかし、住み続けても美しさが保たれるお住まいを設計するには、お施主様のご協力と収納術のノウハウ、それに生活に興味を持ち続けていただく工夫などが必要だと弊社では考え、収納の打合せを重要と考えています。

今日はお忙しい中お時間をいただき、収納の打合せをさせていただきました。

今日は、トリプルヘッダーの打合せを行いました。
明日は、ダブルヘッダーの打合せを行う予定になっています。

週末

2021年12月10日 / 集流の家

この週末は、スケジュールがタイトです。
明日はトリプルヘッダー。
明後日はダブルヘッダーです。

そんな中、大工さんが心待ちにされているだろうから、(仮称)鹿谷町の家の現場に打合せに行って来ました。
(ずっと作図などで現場に行けていませんでした)

道中、中部縦貫自動車道からの景色が綺麗です。
今日も白山が神々しく白く輝いていました。
そんな中、少しだけ白い化粧をした山が、日に日にこちらに近付いて来ています。
きっとこの辺りも間も無く雪になるのでしょうね。
しかし今日麓では、未だ赤とんぼが飛んでいました。

さぁ!週末。
頑張ります。

IMG_3685

片流れの屋根

2021年12月3日 / (仮称)新保2の家 集流の家

おかげさまで今日は、屋根を拭くには最高の天気でした。
ありがとうございました。

(仮称)鹿谷町の家の屋根は、お仕事の都合上どうしても沢山雪が降った時ほど家には居る事が出来ず、その為、雪下ろしが必要なタイミング程、雪下ろし出来ない事になります。
そこで、融雪装置なども含めて、屋根雪を下さずに済む方法などを色々模索され、それぞれの費用対効果をご検討されました。

結果、融雪装置無し及び、雪止め無しの勾配がきつめの片流れ屋根を選択されました。

今日は天気にも恵まれて、無事、屋根が仕上がりました。

また今日は、19時から我が家にて(仮称)新保2の家の打合せを行いました。

先日、福井銀行さんに同行させていただき、無事審査をクリアされ、今日はプランニングの打合せを我が家にてさせていただきました。

築10年目になる我が家。
10年間住み続けている住まいだから、モデルハウスや内覧会とは違い実際の生活を感じながらの打合せが出来るので、必要に応じて我が家にて打合せをさせていただいています。

実際の物入れや押入れなど収納をご覧いただき、収納などの打合せもさせていただきました。

社幕

2021年11月29日 / 集流の家

建て方(建前)を、先週末に終えた(仮称)鹿谷町の家。
今日は、床下の設備配管を行っています。

建て方の日、基礎に入り込んだ雨水を抜きましたが、今朝は早朝に現場に向かい、その後入り込んだ雨水を抜いて、設備配管に備えました。

そして、足場に社幕を取り付けました。

建て方

2021年11月26日 / 集流の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の建て方(建前)でした。

心配された天気も何とか恵まれて、おかげさまで無事建て方を終える事が出来ました。

これもひとえに、オーナー様をはじめ皆さまのおかげと感謝しております。
ありがとうございます。

お疲れ様でした!

今日と明日の現場。

2021年11月25日 / 立華の家 集流の家

今日は(仮称)宝永の家のインナーガレージの床のコンクリートを打設しました。

雪国の福井では、インナーガレージは打合せの際、ご希望される事が多いスペースのひとつです。
美しいファサードをご検討される上で、インナーガレージをご希望される事も多いと思います。
(カーポートがファサードを隠すのを避けたいとの考えから)

お住まいに価値観を落とし込む事で、住む方にとっての良い住まいになると考えている弊社では、打合せの中で、原価オープンの見積書により費用対効果を明らかにして行きます。

その過程で、最終的にインナーガレージがあるお住まいになる事は、ご希望が多い割には、少ないとも感じます。

つまり、ウォンツ(Wants)とニーズ(Needs)に大きな開きがあるファクターと言えます。

(仮称)宝永の家のオーナー様にとって、インナーガレージはニーズでした。

今日は、インナーガレージの床のコンクリート打設を行いました。

そして、明日はいよいよ(仮称)鹿谷町の家の建て方です。

天気が気になるところではありますが・・・
この時期の天気はコロコロと変化するので、、、
考えても仕方のない事だから、後は神様にお任せします。

今日は早く寝て、明日に備えます。

基準は大事(土台墨)

2021年11月18日 / 集流の家

今日は、午前中、新規に工事時期のご予約をいただきました(仮称)上鯖江の家の打合せを行い、昼から急いで(仮称)鹿谷町の家の現場へ。

先日、弊社が記したトラ墨を基に、今日の昼一に大工さんが土台墨を打つとの事で、そのお手伝いをする為、現場に急ぎました。

先ずトラ墨とは、出来上がったコンクリート基礎の上に、木製の土台を伏せるに辺り、その基準となるX軸とY軸(直行する十字のライン)を記す為、トランシットと言う角度を測る機器を用いて基準を記す(墨を打つ)仕事を言います。

土台墨とは、土台を伏せる為の基準線を、コンクリート基礎の立ち上がり天端に墨にて示す仕事を言います。

今日は、その土台墨を打ちました。

今日は天気にも恵まれ、秋晴れの中、土台墨を打つ事が出来ました。

明日、大工さんが土台を伏せてくれます。
今日は、明日の段取りを、墨を打ち終えた後、大工さんがしていました。

コンクリート工事(ハットトリック)

2021年11月15日 / 有理の家 立華の家 集流の家

今日は見事に、3つの現場にて、全てコンクリート工事をお願いしている会社さんと打合せでした。

最初は(仮称)鹿谷町の家にて。

今日の(仮称)鹿谷町の家は、コンクリート基礎の型枠を解体しました。
次は、増しコンと言って、ポーチの階段やプロパンガスボンベ置き場など、基礎以外の部分のコンクリートの打設に進みます。

(仮称)鹿谷町の家の外構が一部、状況が変わった為、ポーチの階段を再検討し、その内容をコンクリート工事会社さんにお伝えしました。
また、トラ墨も打って来ました。

トラ墨とは、基礎の上に、今度は大工さんが土台を伏せるのですが、その基準を基礎の天端に記す事を言います。

次は、(仮称)宝永の家へ。

そこでは駐車場スペースなど外構のコンクリート工事の打合せを行いました。

最後は、有理の家にて、タイル敷の中庭の増設工事の打合せを、コンクリート工事会社さんとしました。

現場打合せが全てコンクリート工事なのは、RC造の建物の設計をしていた時以来じゃないかな?
現場の打合せの多くは、大工さんとの打合せになり、木造部分の打合せとなるので、今日の様な事は、とても珍しいと思います。

それぞれの現場は、おかげさまで順調に進んでいます。

今日の現場

2021年11月11日 / 彩現の家 集流の家

(仮称)高木町の家は、外壁仕上げ材の施工がはじまりました。

(仮称)高木町の家は、外壁材としては3種類の仕上げ材がありますが、今日は、メインとなる外壁材であるガルバリウム鋼板による仕上げ工事の施工が進みました。

(仮称)高木町の家での、現場打合せを終え、次は(仮称)鹿谷町の家へ、型枠検査を行いに向かいました。

型枠検査は、基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設する前に、その型枠が、図面通り施工されているのかをチェックする事を言います。

玄関ドアやユニットバスなどがちゃんと納まるか?もチェックします。

おかげさまで図面通りに施工が完了されておりました。
ありがとうございます。

秋晴れの空の下

2021年11月6日 / 集流の家

今日はお昼から(仮称)鹿谷町の家のベースコンクリートの打設に立ち会って来ました。

建て方を11月中に予定している(仮称)鹿谷町の家。
工程に余裕が無いのに、週明けからは天気が下り坂の予報・・・。
そんな中、皆さまのご協力を得て、工程を詰めていただき、今日、天気に恵まれて、無事、ベースコンクリートの打設が完了しました。

ありがとうございました。

オーナー様とも打合せが出来、おかげさまで順調に現場が進んでいます。

皆さまのご協力を得て。

2021年11月5日 / 集流の家

今朝は早起きをして、(仮称)鹿谷町の家にて、JIO(住宅瑕疵担保責任保険法人:日本住宅保証検査機構)さんに配筋検査をしていただきました。

週明けの天気があやしくなって来たので、急遽、ご無理をお願いして、予定を繰り上げ、朝一番に配筋検査をしていただきました。

ベースコンクリートの打設に、雨が降られると、養生も一苦労だし、性能にも影響が出てしまう可能性があるので、出来れば避けたいとの思いに、皆さま、ご協力をいただき、明日のベースコンクリートの打設が出来るようになりました。

本当にありがとうございました。

明日は、(仮称)鹿谷町の家のベースコンクリートの打設に立ち合います。

今日の現場

2021年11月3日 / 立華の家 彩現の家 集流の家

今日の(仮称)宝永の家は、玄関ポーチの床仕上げが完了し、内部のクロスの下地工事を行なっていました。

(仮称)宝永の家の最初のプラン(Type-01)は、外壁に大谷石が貼られるイメージスケッチとなっていました。
重厚感と上質な雰囲気を何処かに加えたいと考えて、その様なご提案をさせていただいた事を覚えています。

インナーガレージが必要になったり、色々な理由から大谷石の案は無くなりましたが、重厚感などは残したデザインをご採用いただいています。

その重厚感や上質な雰囲気に貢献しているひとつが、今回完成したポーチの床仕上げ材です。

内部の仕上げが進むと、上写真の吹抜けから入った光が、部屋の奥まで運ばれる事になります。

(仮称)宝永の家は、準防火地域と言って、防火性能を高める必要がある地域に建っています。
その為、窓などの開口部を防火設備とする必要があり、大きな開口を設けるのが困難であったり、開口部のコストがとても嵩んだりします。

そこで、防火壁に囲まれた吹抜けから、日光を取り入れて反射させ、部屋の奥まで光を届ける方法が採用されています。

次に(仮称)高木町の家、そして(仮称)鹿谷町の家と場所を移し、(仮称)鹿谷町の家では、社内検査の配筋検査を行いました。

特に問題無く、配筋されており、おかげさまでJIOさんの検査を受ける事が出来ます。

勝山は、紅葉が進みつつありました。
今年も残すところ2ヶ月を切りました。

間も無く、遠くの山にある雪が、こちらまでやって来るのでしょう。
そうなる前に、建て方を済ませて、屋根まで出来ればと考えて進めています。

今日の現場

2021年10月29日 / 集流の家

基礎工事が、始まっている(仮称)鹿谷町の家です。
今日は、ベタ基礎のベースコンクリートを施工するにあたり、外周部の型枠の施工を行いました。

天気にも恵まれて、順調に工事が進みます。

充実の一日

2021年10月18日 / (仮称)文京5の家 歩先の家 立華の家 彩現の家 集流の家

今日は充実した一日でした。

朝一に、(仮称)鹿谷町の家にて、設備工事会社さんと配管ルートなどの打合せ。

打合せ中に、鹿の鳴き声。

奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の
声きく時ぞ秋は悲しき

そんな句が、思い浮かぶ打合せでした。

などと感傷に浸っている暇も無く、大工さんが待っている(仮称)高木町の家へ。

ずっと打合せがあり、現場に行けていなかったので、待ちに待ってましたと、大工さんと打合せ。

床仕上げの範囲や納め方などを打合せしました。

そして、やっと明るいうちに来れた(仮称)宝永の家。

今日は貼り屋さんと天井ボードの貼り方の確認や点検口の位置の確認など、行いました。

そこから、(仮称)文京5の家の打合せなど、リクシルさん、パナソニックさん、クリナップさんのショールームにて打合せをして、帰り道、協力会社さんに立ち寄り、地域型住宅グリーン化事業について打合せ。

電気も消されて戸締りも終えた誰もいない会社に戻って来れたのは、真っ暗になってからでした。

そこから作図をはじめ。
時間が足りないとなぁと思いPCに向かっていると、外で手を振っているのは歩先の家のオーナー様。
チョットほっこりしたりしました。

発注承認打合せ

2021年10月17日 / 集流の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、2回目の発注承認の打合せでした。
今回の発注承認いただく内容は、外部を構成する部分です。

外部を構成する部分の発注承認打合せは、いつも現地で行っています。
色は、他の色などの対比で認識を変えます。
つまり周辺の環境などによって、印象を大きく変えるので、実際に建つ環境下である現地にて発注の承認をいただきます。

心配していた天気にも恵まれて、おかげさまで良い環境下の中、打合せをさせていただけました。
また、外部を構成する部分の発注承認打合せも、スムーズに進めさせていただく事が出来、イメージマップの分析の範囲内にイメージをまとめる事が出来、仕上がりがとても楽しみです。

どのお施主様・オーナー様もそうですが、(仮称)鹿谷町の家のお施主様も、融雪装置やその他の雪の対策なども含めて、様々な角度から深くご検討をいただきました。

また、ご判断いただくのに必要な資料の作成など、協力会社さんやスタッフのご協力も得、費用対効果を熟慮いただける環境を整えていただきました。

おかげさまで、本日、良い方向性で第2回目の発注承認をいただけ、ひとつ安心致しました。
ありがとうございました。

地縄張り

2021年10月14日 / 立華の家 集流の家

先日、おかげさまで無事、確認申請の済証を受領した(仮称)鹿谷町の家。
本日は、地縄を張りました。

地縄張りとは、縄張りとも言い、敷地と建物との関係を示す為に、建物の輪郭(柱芯)を敷地にビニール紐などにて示す作業を言います。
建築工事の一番最初にする作業です。

(仮称)鹿谷町の家は、今週末に第2回目の発注承認打合せを、現地にて行います。

今回の発注承認をいただく内容は、外観を構成する部分の発注承認の為、現地にて行います。

色などは、対比によって認識されています。
つまり、周辺の環境によって、色などのイメージが大きく変わります。
そこで、弊社では、実際に建つ環境下である現地にて外壁材や色などを決めていただく様にしています。

今日はお昼から現地にて地縄を張らせていただき、張り終えた時には夕方に差しかかっていました。

昨日、足場が無くなりファサードを直視出来る様になった(仮称)宝永の家。
昨日は現場に行けたのが、日も翳ってしまった夕方でしたが、今日も夕日はビルの向こうにスッカリ隠れてしまいました。

それでも、立体感のある印象的なファサードは、とても良い感じでした。

次は、明るい時間に見に行きたいと思います!(笑)

今日の仕事

2021年9月28日 / 立華の家 彩現の家 集流の家

今日は、先日、建て方を終えた(仮称)高木町の家の、建て方の日に打合せさせていただき発注承認いただいた内容の変更箇所や追記事項を、図面に描き込み修正致しました。

また(仮称)鹿谷町の家の申請図面などの作成もしました。

続いて、(仮称)宝永の家の電気の施工図の作成準備をしました。

更に。
(仮称)宝永の家と(仮称)高木町の家の現場に行って来ました。

我ながら効率よく仕事を上手く進める事が出来ました。
そういう日は、なんだか嬉しいですね!

また今日は、オーナー様が経営されているお花屋さんにて、贈り物の花束を作っていただきました。
ついでと言っては怒られますが、亡き母(仏壇)に生けるお花もいただきました。

仕事が上手く進み、仏壇も華やいで、今日は良い一日でした。
ありがとうございます。

明日は打合せがあり、明日も楽しみです。
明日も良い一日でありますように!

フラワーカドヤ
https://www.flower-kadoya.com/

ご契約 ⇒ 発注承認の打合せ

2021年9月19日 / 集流の家

今日は、(ご心配・ご迷惑をおかけ致しましたが)手術・入院にて1週間延期していただいていた(仮称)鹿谷町の家のご契約を行いました。
ありがとうございました。

未だ身体は、体力が不足しており本調子ではありませんが、おかげさまで体調は良く、日常の生活に戻りつつあります。

今日も、お忙しいところ恐れ入りますが、お時間をいただき、ご契約をいただきました。
ご契約の後も、色々とご説明などあり、また、発注承認の打合せも行います。

発注承認の打合せとは、発注する前に、発注する事やモノに関し、ご契約時の内容を確認。
そのまま発注しても良いか?また、変更したい場合は、どの様な内容にするのかを打合せする事を言い、弊社はギリギリまでニーズを探り出来る限りカタチにしたいとの想いから、発注承認の打合せを行っています。

今日は、その第一回目を行いました。
長時間にわたりお時間をいただき、ありがとうございました。

イメージマップ

2021年7月11日 / イメージマップ 集流の家

今日はイメージマップにて、(仮称)鹿谷町の家のイメージの打合せを行いました。

イメージマップとは、文字通り、イメージの地図です。
竹中工務店(TAKENAKA DESIGN)が考案した手法と言われるイメージマップは、共通の方向性にする事が困難なイメージを、マトリックスを用いて共有化を図るツールです。
大学の4年間、(仮称)西梅田再開発プロジェクト(今の、リッツカールトン大阪やハービス大阪の計画)にて、竹中工務店でアルバイトをしていた時に目にした経験を、今も使っており、役立っています。

今日は、(仮称)鹿谷町の家のイメージマップ打合せを行いました。
作成したイメージマップは、今後の打合せの際にも使用され、色決めやイメージなど、迷った際にはこのイメージマップを開き、到達点を目指す事になります。

模型が完成

2021年7月2日 / 立華の家 集流の家

今日は朝イチで、(仮称)宝永の家の建前(建て方)の打合せを、レッカーさんと行った後、会社に戻って、(仮称)鹿谷町の家の模型を作成しました。

プランが決定し、現在、見積中の(仮称)鹿谷町の家。
模型は、見積の打合せの際にあると、とても便利です。
弊社のお施主様のお住まいは、シンプルに見えるのですが、実は施工する方々からすると(以外に複雑で)難しく、だからこそ模型が重宝します。

(仮称)鹿谷町の家は、お仕事柄、ご自宅の雪を降ろす事が出来ず、人手で雪を降ろさずに済むようにとのご要望からの建物形状でもあります。
またプライベート性と風景を眺める暮らしなどもご要望にあり、それらを可能にする形状になっています。

今日、模型が完成しました。

今日の打合せ

2021年6月20日 / 集流の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、見積もり内容を打合せさせていただきました。

先日、完成した見積図書をもとに、概算にて打合せしていた際の仕様や性能などを再確認させていただき、見積もりしておく内容をご検討いただきました。

芦屋のマンションディベロッパー時代を思い出し。

2021年6月17日 / 集流の家

やっと完成した見積図書。
これで打合せが出来ます。

見積図書とは、見積もりを行う為に作成する図面集などを言います。

以前、勤めていた、芦屋のマンションディベロッパー時代など、唯一無二のビルなどを設計する場合は、必ず作成されるこの見積図書。
しかし、戸建て業界に入った時、見積図書を作成しないで、見積もり書を作る事に驚きました。

弊社は ① 唯一無二のお住まいをご提案している ② 原価オープン方式の見積もり書を作成している 以上の理由から、マンションディベロッパー時代同様に見積図書を作成しています。

それがやっと今日、アップしました。

マンションディベロッパー時代の見積図書の図面枚数は、今の10倍では効かないかも知れませんが、その分、大勢で描きます。

弊社は、僕一人で殆どの図面を描いています。
その為、マンションの時より、広範囲、細部まで自分で考える事も出来るとも言えます。

7.5mmの厚みは、ディベロッパー時代からするとかなり薄い様に思えますが、内容はずっと濃いです。

そもそも、戸建て業界は、見積図書自体を作成されない会社さんも少なくないと聞きます。

弊社は、訳あって、見積図書を作成しております。

そう言えば、、、芦屋のマンションディベロッパー時代、見積図書が完成すると、ホッとして嬉しく、皆んなで打ち上げに行ったりもした事を思い出しました。

コロナ禍なので、現在ではそれも難しいでしょうけど、嬉しい気持ちには、変わり無いです。
ちょっと懐かしい気持ちになりました。

来週からは、契約図書の作成が控えています。

見積図書の作成

2021年6月7日 / 集流の家

今は、(仮称)鹿谷町の家の見積図書の作成を急いでます。

見積図書とは、見積を行こなう為に作成される図面などの書類です。

僕が以前、芦屋のマンションディベロッパーに勤め、設計していた分譲マンションなど特殊建築物の場合は、当然に見積図書を作成しますが、戸建て住宅を設計・施工される会社さんの殆どは、作成しない事を知った時は驚きました。

僕が以前設計していたビルは、(当たり前ですが)同じ建物が2つと存在しません。
ですので、見積図書を作成しないと、正確な見積が作成出来ません。
しかし、戸建て住宅の場合、会社さんによっては同じ様な建物を繰り返し建てられる場合もあったり、坪単価などどんぶり勘定の見積を見積とされる会社さんもあると聞きます。
それが、見積図書を作成しない理由だと考えられます。

見積図書を作成する弊社は、
① 同じお住まいは2軒と無い
② 原価オープンの見積を作成している
以上、2点が分かりやすい特徴です。

ただ、その2点は、重要な事では無く、「大切に考えている事」が別にあり、その結果、2点が表面化したに過ぎません。

その大切に考えている事とは、「オーナー様の(本来の)ニーズにお応え出来るお住まいづくり」です。

詳しくは、お問い合わせいただけましたら幸いです。

今日も、(仮称)鹿谷町の家の見積図書の作成を急ぎました。

充実の週末

2021年5月30日 / 立華の家 集流の家

今日は(仮称)宝永の家のご契約をいただきました。
ご家族全員でお越しいただき、先日お生まれになった赤ちゃんとは初のご対面となりました。

早速ですが、発注承認の打合せもさせていただきました。
お忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございました。

発注承認打合せとは、ご契約内容のまま発注しても良いか?
今回発注する内容に関して、ご契約内容を再確認させていただき、変更の有無を確認させていただきます。

現場の進行に伴い4・5回程度、発注承認打合せをさせていただきます。

また、夕方からは、(仮称)鹿谷町の家のプラン決定をいただき、見積りのご依頼をいただきました。
(仮称)鹿谷町の家のお施主様も、ご家族全員でお越しいただきました。
お子さま達も、打合せにご協力いただき、ありがとうございました!

弊社は原価オープンの為、見積りをするには詳細な図面が必要となります。
どんな物でどの様に作るのかが分からないと、見積りが出来ない為です。

昨日に続き、今日もダブルヘッダー打合せでした。
明日はいよいよ、お引渡しです。

キッチン・ユニットバス・洗面化粧台・トイレなど

2021年5月2日 / 集流の家

今日は、(仮称)鹿谷町の家のお施主様と、リクシル福井ショールームにて、住宅設備(キッチン・ユニットバス)や衛生設備(洗面化粧台・トイレ)などを見学に行って来ました。

新商品に入れ替えが終わって、先日、オープンしたばかりのショールームなので、僕たちも初めて見せていただく住宅設備などがあり、それらを含めてご説明をいただきました。

いつも感じる事ですが、新製品になる度、使い勝手や機能、デザイン性なども進化して行きます。
ましてや、(仮称)鹿谷町の家のお施主様のように、新築しようとお考えになられた方々にとっては、理解を超える程の変化(進化?)だと思います。
今までの暮らしからは、使い勝手や機能など、変化し過ぎていて、驚きのあまり、また情報量の多さも相まって、頭にちゃんと情報が入って来ないのでは無いかと思います。

大変お疲れになっただろうと思います。
お疲れ様でした。

お施主様をはじめ、今日、関わられた方々、本当にありがとうございました。

敷地の測量

2021年4月26日 / 集流の家

今日は(仮称)鹿谷町の家の、敷地の測量をしました。
敷地形状を測量し、また高低差を測量しました。

坂道の途中にある(仮称)鹿谷町の家。

窓から見える景色も(仮称)鹿谷町の家の重要なポイントのひとつです。
高低差を計算に入れながら、窓の外の景色の見え方を考慮する上で、今日の測量はとても重要でした。

今日は天気もよく、のどかな環境の中で、測量をさせていただきました。
ありがとうございました。

予約制

2021年4月25日 / 集流の家

本日、工事時期のご予約をいただきました。
ありがとうございます。
末永く、よろしくお願い致します。

少人数制や、施工チームの固定化による品質の確保などの理由から、(ご不便をおかけしますが)弊社は予約制を採用しています。

詳しくはお問い合わせくださいませ。