三有の家

三有の家

それは、サードプレイスがある住まい。

家庭でも、職場でもない、第3の居心地のよい場所を、「サードプレイス」といいます。
それを、自宅の中に備えてしまったのがこの住まいです。
ご夫婦それぞれ自分を開放できるストレスフリーな空間を持っています。
一方でリビングは、街に開放された大窓のある空間となっています。

  • 延床面積〜30坪
  • 家族構成2人

所在地

福井市新保

用途

専用住宅

構造・工法

木造軸組構造

延べ床面積

93.06㎡(28.15坪)

打合せ期間

2021年10月~2022年7月(10ヶ月)

契約工期

2022年8月~2023年3月(7カ月)

備考

ファサード・えち鉄からの目線
1階にDK、2階にL・繋げる吹抜け
ガス温水床暖房
鉄骨階段とスチール手すり
一人になる時間と空間
ヌックとゲーミングルーム
ツリーハウスの様な子供部屋

服は他人の為に着る(ファサード)

三有の家のプランニングは、ファサードからスタートしました。 また三有の家は、線路沿いに建っており、電車の窓からの見え方も意識したデザインをしています。 リビング・ダイニングにある吹抜けには大きな窓が設置され、シャンデリアなどの配灯が、夜の車窓から見える事を考えてレイアウトしました。

目線や会話が上下左右に交差する

「三有の家」は1階にダイニング、2階にリビングがあり、それらを吹抜けや鉄骨階段が繋ぐ事で一体的な空間や雰囲気を生んでいます。 また、それらの空間に直接個室が接しているのも特徴です。 「三有の家」らしい、個人と家族、地域との距離感を、そこからも感じ取る事が出来ます。

豊かな人生は、個の充実が出発点

ご夫婦それぞれが、誰にも干渉される事なく自分を取り戻す事ができるスペース・自分らしく居られるスペースを、それぞれに設けられました。 個人の充実があってこそ、豊かな家族との暮らし、延いては豊かな人生があるとの考えからです。 三有の家は、住まい(自宅)の中にサードプレイスを設けました。

HOUSE in HOUSE

こどもの自立を促すには、子供部屋を設ける。 海外では、産まれたら部屋を与えるのが一般的です。 わが国では、そこまでしないにしても、自立を促したい気持ちはあります。 その気持ちがカタチになったのが「HOUSE in HOUSE」です。 「豊かな人生は、個の充実が出発点」との考え方が、子供部屋にも表れています。

ストーリー

住まいづくりの記録

家族構成・坪数が似ている家

帰自の家

「住まいに帰る」が、
「自分に帰る」であること。

帰自の家

  • 〜30坪
  • 2人

好択の家

コンパクト、
つまり選び抜かれたニーズ。

好択の家

  • 〜30坪
  • 2人

歩先の家

もともと、人生には、
第一も第二もない。
昨日の続きへ歩む平屋。

歩先の家

  • 〜30坪
  • 2人