ブログ

イメージマップ

2021年4月24日 / イメージマップ 結地の家

ファサードを印象付ける、軒天に仕上げが施されました。
芦屋のマンションディベロッパーで、分譲マンションを設計していた時でも、容易には使えなかった「スパンドレル」の様な今回の軒天仕上げ材。
外壁と同じ金属サイディングを、貼り方向を変えて施工していただきました。

今日は(仮称)三十八社町の家にて、オーナー様と内装の仕上げ材(クロスなど)の打合せを行いました。

今回は、先に選んでいただいていたクロスの幅なりのサンプル(幅90cmのクロスのサンプル)を、実際に貼る場所などにそのサンプルを当ててみて、選んでいただきました。

弊社ではイメージマップを作成しています。

今回の様な仕上げ材の打合せの際には、そのイメージマップが効力を発揮します。

イメージマップとは、言葉通り、イメージの地図です。
たどり着くべきイメージの目的地を示してくれる地図です。

大学時代の4年間、アルバイトをしていた竹中工務店(竹中デザイン)が考案した手法です。

今日は(仮称)三十八社町の家にて、内装仕上げ材の打合せを現場にて行いました。

しかし、何度見ても美しい軒天です。

過去の記事