ブログ

クリスマス仕様

2021年12月23日 / (仮称)上鯖江の家 歩先の家

今日は予定が立て込んでおり、車が現場から午前中には会社に戻って来ませんでした。

昼イチで(仮称)上鯖江の家の打合せがあったので、現場からの戻りを待っている事が許されず、歩いて会社の近くにある食事処の愛宕庵に昼食をとりに行きました。

帰りの車からもよく見るのですが、その道中に歩先の家があります。

歩先の家は、道ゆく人たちに潤いをとの想いから、植栽をしたり庭園灯なども設けたお住まいです。

芦屋のマンションディベロッパーに勤めていた頃、会社に「街の景観をつくる責任を負いなさい」とよく言われましたが、戸建て住宅は、わたくしの財産ですので、どうしても個人のアイデンティティを重視しがちです。
しかし、歩先の家のオーナー様はじめ、皆さま社会性が高く、地域の貢献や街の美観なども考慮される方が多いおかげで、(オーナー様のニーズをカタチにした)結果的に、ディベロッパー時代同様、街の景観へ良い効果をもたらす事につながっている事は、本当にありがたい事です。

そんな歩先の家のインナーテラスの曇りガラスの向こうに、トナカイのカタチのイルミネーションが見えました。

暮らしを楽しんでいただける雰囲気が、建物などから感じる事が出来る事は、とても嬉しくまた誇らしく思える事です。
パワーをいただきます。

パワーをいただき、午後からの打合せに備えました。

過去の記事