ブログ

思わぬ、嬉しいプレゼント。

2013年12月19日 /

今日は、リフォームをしていただいた朝日町のお住まいのオーナー様が、来社され、素敵なプレゼントをお持ちいただきました。
突然のことと、とても素晴らしいプレゼントに、大変感動しました。

リフォームのお住まいは、(今のところ、あまり大々的にお請けしていないこともあり)ホームページなどでご紹介していないのですが、実はリフォームのお手伝いもさせていただいてます。

朝日町のお住まいのオーナー様は、ケーキ屋さんを経営されておられます。
打合せの時も、何度かケーキをいただきました。
とてもふんわりやさしいお味で、オーナー様のお人柄がうつったような、美味しいケーキです。
ですので、この度いただいたケーキも、本当に嬉しく、スタッフといただくことにしました。

本当にありがとうございました!

「R(アール)」の持つちから。

2013年12月17日 / 想円の家

想円の家の特徴的な部分のひとつに、玄関から階段室、LDKに続く吹抜け部分があります。

以前、茶室などで、壁から天井への継ぎ目のないその納まりのお話をしましたが、想円の家の天井から壁への継ぎ目のない「R(アール)」部分が出来てきました。

「R」には色々な役割があります。

最も原始的な役割は、強度。
「R」は力を分散し、安定感をつくります。

意匠的にはやわらかいイメージをあたえます。
メリハリを設けない段調的(グラデーション)な変化により、やわらかく空間をつなげたり、仕切ったりできます。
分断ではなく、エリアを設けるイメージです。

想円の家では、様々なところでゆるやかに空間をつなげる為、「R」を用いています。

例えば、エントランスなどから吹抜けへのつながり。
例えば、ダイニングルームからリビングへのつながり。

施工は難しく、手間など、かかりますが、その効果は絶大です。

現場で合わさり、力を発揮する。

2013年12月16日 / 三雲の家

今日は三雲の家の配筋検査でした。

配筋検査とは、鉄筋コンクリートの構造物の鉄筋が、正確に施工されているのかをチェックするうことをいいます。

鉄筋コンクリートは、鉄筋とコンクリートの両方が合わさって、それぞれの持ち味を活かし、欠点を補い合うことで、強度を出すことが出来る構造体です。
その為、その相性などが一番いいカタチで発揮させるには、一定の決まりを正確にカタチにしたいと、その持てる性能を発揮することが出来ません。
また、既製品を現場に運ぶようなことが出来ず、現場で合わせてつくるので、施工管理がとても重要な構造体でもあります。

今日は、自分たち(エクリュ)のチェックだけでなく、第3者(JIO)の目でのチェックもしていただきました。

問題もなく、無事、年内にコンクリートを打設できます。
関係者の皆さま、ありがとうございます。

ショールーム巡りがスタート。

2013年12月14日 / 今日遊の家

今日遊の家のお客様。
今日からショールーム巡りがスタートしました。

キッチンやお風呂、洗面台やトイレなどの水廻りは、お住まいの建築費の中でも大きな金額を占める部分でもあります。
また、購入方法や仕様の選択などによっても、大きく金額が変化する部分でもあります。

そこで、水廻り商材などの、大まかな費用対効果をご理解いただくためにも、ショールームを一通りまわっていただきます。

今日はタカラスタンダードさんとクリナップさんのショールームを観ていただきました。
お客様、関係者の皆様、ありがとうございました。
特にクリナップさんは、閉館時間を大きく過ぎてまで、詳しくご説明いただきました。
ありがとうございました。

どのメーカーさんにも特徴があります。
今回の2メーカーさんも、大きな特徴があり、その部分などをご説明いただきました。

それぞれのメーカーさんに、それぞれのこだわりあり。

2013年12月12日 / 乗算の家

今日はトクラスさん(旧YAMAHA)のショールームに伺いました。

トクラスさんも色々特徴的なメーカーさんです。
ピアノ塗装や流し込みの人造大理石など、作る過程や仕上りにもこだわりをお持ちで、感じられる方にはかなり感じる商材が色々。

手作業ならではの美しさに感動されていました。

トクラスさんに限らず、それぞれのメーカーさんに、それぞれのこだわりあり。
メーカーさんからそのあたりのご説明を研修などでいただいてますので、ご質問いただけたらと思います。

敷居レスな感じ。

2013年12月11日 / 想円の家

和室の建具が解放されている時、出来るだけシンプルに見えてくるように、敷居が見当たらない納まりにしました。
貼った無垢のスギ板にしゃくりを入れるという一発勝負。

リビングとダイニングのコーナー部分に配置した和室。
リビングとダイニングをエリア分けする役割を担っているのですが、明確に分けるのではなく、緩やかにエリア分けする為、和室の角がRになっているんです。

文字では「なんのこっちゃ?」って感じでしょうけど、見れば一目瞭然。

次から次へと難しい納まりをクリアーしていく職人さんたち。
カタチにするには、多くの方々のお力添えが必要です。

基礎着工。

2013年12月11日 / 三雲の家

敷地の造成工事が終わり、いよいよ建物の基礎に着手しました。
年内にコンクリートを打ってしまい、温度補正も兼ねて、年末年始の間、ちょっと長めに時間を置きたいと考えました。
その計画、何とかうまく行きそうです(笑)。

ありがとうございました。

2013年12月8日 / 内覧会・現場見学会など 実績紹介記事 お知らせ 唯二の家

先ほど、「唯二の家」完成内覧会を無事、終えることが出来ました。

オーナー様をはじめ、お母様、お父様、ご家族の方々、本当にありがとうございました。
また、ご近所の方々も、ご理解、ご協力いただき、ありがとうございました。

お越しいただいた方々、ありがとうございました。
様々な方々と色んなお話が出来、とても楽しい内覧会となりました。

ご協力いただいた全ての方々、本当にありがとうございました!

設計依頼書

2013年12月7日 / 実績紹介記事 今日遊の家

唯二の家の内覧会にお越しいただき、本日、設計などのご依頼をいただきました。
ありがとうございます。

今日遊の家のお施主様は、イロデコの家の内覧会にお越しいただいたのが最初です。
イロデコの家のType-01のお部屋で、色々、お話を伺いました。

その後、弊社にお越しいただき、打合せがスタートしました。

遊び心と個性が光るご希望やご要望をいただき、とても楽しいプランを描かせていただいてます。
どんな風なお住まいになっていくのかが、とても楽しみです。

今後とも、株式会社エクリュをよろしくお願いします!

唯二の家 完成内覧会

2013年12月6日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 唯二の家

明日から2日間(12月7日・8日)。
唯二の家の完成内覧会を開催いたします。

描いたのは、夫婦のここちよい距離感。

それぞれの趣味を楽しむための場所と、お二人の趣味を楽しむキッチン。
そのレイアウトに想いを込めました。

是非、体感しにお越しください。

http://www.ecru-arc.co.jp/works/yuini/

過去の記事