ホーム > ブログ > 実績紹介記事

エクリュブログ

実績紹介記事

今日は下地の位置の最終確認などをする為、お施主様と現場にて打合せをしました。

下地の位置とは、
例えば絵画を飾る時、ある程度重さのある物の場合は、重さに耐えられるような(支持できるような)下地が無いとちゃんと固定ができません。
TVを壁掛けにする時なども同じことです。

もちろん、設計段階で絵画の飾る位置などは話し合い、想定して設計します。
そうしないと照明計画なども効果的に出来ません。

しかし、図面上だけではなく、現場が進み、かなりリアルに空間が意識出来るようになった段階で再度打ち合わせ・確認をさせていただきます。

「今ある絵(打合せ時の絵)は、線が太くて派手だから、このお家にはもっと線の細い繊細な感じの絵が合うと思うのだけど・・・」
お施主様の頭の中でのイメージが、設計段階よりかなりリアルに固まって来られてるなぁ~っと感じながらお施主様の言葉を聞いていました。

次回はカーテンなど再打合せいたします。
きっと空間のイメージがしやすくなってきたので、さらに具体的な打合せになるんじゃないかと予測しています。
楽しみです(笑)。

外観も、模型どおりに仕上がってきました(笑)。

今日は昨日に引き続き、『安穏の家』に伺いました。
昨日はお客様の個別の内覧会。
そして今日はハウスナリーの取材を受けるとのことで伺いました。

お施主様のご協力には本当にありがたく思っています。

打合せさせていただいているお客様が現在既に住まわれているお住まいを観たいと仰った時に「どのお家を見に行きたいですか?」とお聞きすると、最も多いのが安穏の家でしたので、ご無理をお願いしてハウスナリーさんの取材をお願いしました。

オーナー様は2日にわたり、本当にありがとうございました。

どんな記事になるのか、楽しみです。
よかったら次回発行の2011-2012ハウスナリー(無料)を見てみてください。
http://www.housenary.com/

個別内覧会

2011年6月18日  /  安穏の家  実績紹介記事  

昨日は「育みの家」の個別内覧会でしたが、今日は「安穏の家」にお邪魔しました。
今日も、今打合せをさせていただいているお客様のご希望から伺いました。

お部屋などのご説明をさせていただき、ご好意に甘えダイニングをお借りして打合せをさせていただきました。

お施主様にお茶出しをさせてしまいました・・・。
その上、お客様と打合せをしている間、僕の車が汚かったので、洗車までしていただきました。
本当に恐縮です。。。

お客様との打合せを終え、玄関先でお見送りをした後、「安穏の家」のお施主様とキレイになった車でお昼ご飯を食べに行きました。
おごっていただいてしまいました。。。
本当に恐縮です。
本当にありがとうございました。

実は明日もハウスナリーの取材で「安穏の家」に伺います。

大変ご理解ご協力をいただき、本当に嬉しく感謝しています。
ありがとうございます。

お休みのところ、大変申し訳ないですが、明日もよろしくお願いします。
本当にありがとうございます。

土地決済

2011年6月17日  /  実績紹介記事  遊び心の家  

今日は朝から土地代金の決済でした。
等々土地の引渡しを受けました。
そして借金持ちに(笑)。

子供達や家族に、ステキな環境を提供できれば。
それが一番の望みです。
他では得ることができない環境に育った子供達はきっと、
他には例を見ないセンスだったり感性だったりそんな何かを
自分達の血や肉や骨とかえて今後の未来に役立ててくれるだろう。

それが僕の望みです。

さあ!
今よりさらにいい環境を求めて
もう一回空間を検討しなおそう!
さらにもう一回。

個別内覧会

2011年6月17日  /  実績紹介記事  育みの家  

今、打合せさせていただいているお客様と一緒に「育みの家」の建物探訪をさせてもらいました。

「育みの家」は2007年11月竣工だから、築3年半程。
実際に生活されているお家を見ていただくのは、完成内覧会よりもしかしたら違いが見えてくるのかも知れませんね。

見た目がキレイにだったり格好良いお家を設計するのは、そんなに難しいことではありません。
でも実際の生活をキレイにだったり格好良く生活していただくのには、設計時の情報収集・分析や工夫などが要ります。

そういった意味で、実際に住まれているお家を見ていただくと参考になることも多いのではないでしょうか?

今日はお客様のご希望で「育みの家」を観ていただきました。
実は別のお客様ですが、明日は「安穏の家」を見せていただく予定です。
そして、明後日は「安穏の家」のハウスナリーの取材も予定していて、今週末はお施主様のご協力のもと、渡辺篤史さんより建物を探訪するんじゃないかな?(笑)

快くお引き受けいただいたお施主様達。
本当にありがとうございます。

配筋検査

2011年6月14日  /  実績紹介記事  茶嬉(さき)の家  

今日は配筋検査をしてきました。

配筋検査とは・・・
鉄筋コンクリートの構造体が、設計通りの強度出すために重要なポイントのひとつである鉄筋の径や配列、かぶり圧などが設計図書通りにまた仕様書通りに施工されているのかをチェックする検査のことです。

またこの検査は、設計的な目はもちろん、施工者の目、また保険機構の目などTQC(トータル・クオリティ・チェック)を実施します。

今日は、設計者の目のチェックをしてきました。

一部、簡易な手直しがありましたが、重大なミスなどはありませんでした。
よかった(笑)。

明日は保険機構のチェックを受ける予定になっています。

現場の図面

2011年6月9日  /  実績紹介記事  有理の家  

最近は図面をCAD(キャド)と言ってパソコンで描きます。
縮尺1/100とか1/50で描きます。

写真は現場でじかに描く縮尺1/1の図面。
造る前に墨を打って下地に図面を大工さんが描いてくれてます。

造っちゃう前にチェックも出来るので、無駄なミスも省けて、合理的です。

平面だけじゃなくて、立面も下地に描いてあります。

時には詳細な納まりなどを、柱や床下地材に図面を描きながら打合せをすることがあります。
仕上がっちゃうと見られなくなってしまいますが、現場で造っていく息遣いみたいなものが、下地材に色々刻まれていたりするんですよ!

見積を開始しています。
正直な話をすると、現実の厳しさをあらためて感じています。
きっと僕はお客様より、大抵の場合、住まいづくりの現実を知っているはず。。。
それでも現実の厳しさをあらためて感じています(笑)。

WANTSからNEEDSへ

これによって本当の意味での自分たちの住まいになっていきます。

不明確な現実の中では、容易な希望がいくらでもわきます。
でも、現実が明確にされるにつれ、切望されモノだけが残っていくことになるのでしょうね。
優先順位です。

実はあることで今日も打合せがあります。
僕が希望しているモノがあって、その製作をメーカーさん・問屋さんにお願いしたところ
最初の返答は「無理!」でした。

正直、最初はすごくショックで。。。
でも、すぐにどうすれば出来るのか?をお聞きしたところ
しばらくして条件が出てきました。
これまた厳しい条件で(笑)。

実は昨晩、その内容が夢に出てきました(笑)。

稲盛和夫さんがカラーで夢にまで出てきたら、それは実現するって仰ってます。
だから、今日の打合せはちょっと楽しみ!
でも、また現実の厳しさを味わうのかも知れませんけどね(笑)。

WANTSだったのか?
NEEDSだったのか?

また明確になったらご報告しますね!(笑)

今晩は安穏の家のオーナー様と食事に行きました。
しかもご馳走になりました。
(本当にありがとうございました!)

安穏の家のオーナー様とは、個人的にも遊んでいただいたり、食事に連れて行っていただいたりしてます。

2年前には僕の誕生日会を安穏の家のガレージでしていただきました。
釣りにも連れて行っていただきました。
本当にありがたいことと感謝しています。

今日は食事に連れて行っていただき、お家のお話やインテリアのお話を色々しながら大元で焼肉をいただきました。
美味しかったし、楽しかった(笑)。
ありがとうございました!

今度は僕が招待させていただきますので、また食事に行きましょう!

ブログのトップ
ホーム > ブログ > 実績紹介記事