ブログ

理想と現実?

2011年6月8日 / 実績紹介記事 遊び心の家

見積を開始しています。
正直な話をすると、現実の厳しさをあらためて感じています。
きっと僕はお客様より、大抵の場合、住まいづくりの現実を知っているはず。。。
それでも現実の厳しさをあらためて感じています(笑)。

WANTSからNEEDSへ

これによって本当の意味での自分たちの住まいになっていきます。

不明確な現実の中では、容易な希望がいくらでもわきます。
でも、現実が明確にされるにつれ、切望されモノだけが残っていくことになるのでしょうね。
優先順位です。

実はあることで今日も打合せがあります。
僕が希望しているモノがあって、その製作をメーカーさん・問屋さんにお願いしたところ
最初の返答は「無理!」でした。

正直、最初はすごくショックで。。。
でも、すぐにどうすれば出来るのか?をお聞きしたところ
しばらくして条件が出てきました。
これまた厳しい条件で(笑)。

実は昨晩、その内容が夢に出てきました(笑)。

稲盛和夫さんがカラーで夢にまで出てきたら、それは実現するって仰ってます。
だから、今日の打合せはちょっと楽しみ!
でも、また現実の厳しさを味わうのかも知れませんけどね(笑)。

WANTSだったのか?
NEEDSだったのか?

また明確になったらご報告しますね!(笑)

お施主さまと食事へ

2011年6月3日 / 実績紹介記事 安穏の家

今晩は安穏の家のオーナー様と食事に行きました。
しかもご馳走になりました。
(本当にありがとうございました!)

安穏の家のオーナー様とは、個人的にも遊んでいただいたり、食事に連れて行っていただいたりしてます。

2年前には僕の誕生日会を安穏の家のガレージでしていただきました。
釣りにも連れて行っていただきました。
本当にありがたいことと感謝しています。

今日は食事に連れて行っていただき、お家のお話やインテリアのお話を色々しながら大元で焼肉をいただきました。
美味しかったし、楽しかった(笑)。
ありがとうございました!

今度は僕が招待させていただきますので、また食事に行きましょう!

選択の仕方

2011年5月29日 / 実績紹介記事 遊び心の家

そうそう。
家内にもちゃんと伝えておかないと!
例えばキッチンの選び方の順序というかプロセスを。

エクリュでは「エクリュ原価OPEN見積り」を採用してます。
エクリュ原価OPENだから全てのモノの金額(効果も)を明確に表示する見積りですが、どうしてそうしているかと言うと、それぞれの方の価値観でお住まいをつくっていただける環境を可能にしたかったからです。

ピンと来ませんか?(笑)
じゃあ、例えばキッチンを選ぶ流れでご説明すると・・・

1.様々なキッチンの機能や美しさ、使いやすさなどを知っていただく

2.自分にとって使いやすいキッチンとは?などと言った
  自分に必要な物・欲しい物などを色々考えていただく

3.それぞれの金額を知っていただく
  それによりキッチンとしての費用(金額)対効果(性能・美など)から
  キッチンというくくりの中からの自分にあったものを選択していただく

4.キッチン以外のものに関しても同じことをしていただく
  例えば構造材や断熱材などといった基本性能部分に関してもしかり
  例えば床仕上げや壁仕上げなどと言った意匠性の部分、その他もろもろに関しても
  それぞれのくくりの中から費用対効果を知っていただきそれらのくくりの中からの
  選択をしていただく

5.最後に全ての(くくりの)金額などを積み上げて、その異ジャンルでの優先順位を
  検討していただく

6.トータルお住まいの中でのキッチンを決めていただく

この「5」の段階でエクリュ原価OPEN見積りの効力が発揮されます。
というのは、、、
言葉は悪く、語弊があるかも知れませんが・・・
(解りやすくするために、あえて語弊のある表現をとることをお許し下さい)
物によって利益がのせやすいものとそうでない物があったりします。
例えば、メーカー希望小売価格(俗に言う定価)設定があるものの場合は比較的比べやすくまたジャンルごとの(例えばキッチンなど)利益ののせ方もある程度一定感はありますが、ジャンルが変わるといわゆる掛け率(売値÷定価×100%)が変わるため、比較しやすいメーカー希望小売価格があるものですらジャンルを超えると実際の比較は出来ていない可能性が高いです。

定価の存在しない(表示されない)物の場合はどれほどのせているのかどうか?それは一定なのかどうか?ももう判断はつきません。

それぞれの方の価値観で行う住まいづくりを可能にしたい。
それならそれぞれの方々が自分の価値観を正確に判断が出来る環境をつくらなければなりません。
そのひとつの考え方がエクリュの原価OPEN見積りです。

ごめんなさい。
ここで表現するのはちょっと限界があるので・・・何を言ってるのかがわからないと言う方や深く知りたいと言う方は、エクリュまでお問い合わせ下さい。

それはそうと・・・
家内には正確にこのことを伝えておかないと!

kitchen ショールーム巡り

2011年5月28日 / 実績紹介記事 遊び心の家

今日は午後から家内と長女とキッチンを見にショールーム巡りをしました。

先日一度、会社の社員とショールーム巡りをしてからと言うもの、時々キッチンメーカーさんのホームページを見たりしていました。

子供達のサッカーが午前中で終わり、午後からショールームに行こうと言うことになり、この日は「TOYO KITCHNE」「クリナップ」「YAMAHA」へ行ってきました。

家内の習性(?)・今までのキッチン周りの利用の仕方から、どうすれば機能的に綺麗に使えるのかを色々考えて提案し、それにあうキッチンや収納を探して今日は3メーカーをまわりました。

どうしたいか?それを理解するのもかなり難しいことですが、最終的にはそこにコストなどの条件が加わり、どこまで実現できるのか?どうすれば代用ができるのか?どんなこなら努力が出来るのか?色々思考を深めていき、WANTS(ウォンツ)から本来のNEEDS(ニーズ)へ絞り込んでいきます。

考えたり工夫したり、自分をより深く理解したり本当はそれが楽しいんですが・・・
人によっては妥協とか諦めとか表現しちゃう(感じちゃう)方も少なくはないのだと思います。
家内は大丈夫かな?
楽しんでくれるといいなぁ~。


写真はTOYO KITCHENのショールームにおいてあったソファー ¥198,000-

このタイミングで?!

2011年5月25日 / 実績紹介記事 遊び心の家

先日、プランも決まり模型も完成し、構造の打合せをスタートさせました。
見積りも開始しています。

しかし、このタイミングで家内が夕食時にぽろっと
「もう間取りとか変えられへんの?」と。

『何か不具合があるの?』と聞き返すと
そうではなくて、聞いてみただけと。

そうは言うものの、何かあるからそういうことを言うわけで・・・。
家内に聞いても具体的なことなど何も言わないので、この際自分で不具合が無いのかを再検討してました。

——————————————————————————————————————————–
長男が中3の時に次男は・・・長女は・・・。
長女が小学校の高学年になったら・・・。
——————————————————————————————————————————–

そのように数年おきの家族の様子などをイメージしてみました。
うちは3人兄弟で、ひとりは女の子だから、、、
気にはなっていましたが、土地の件もあり費用的に厳しい為、Type-12では子供部屋は3人で1室としていました。
そこを再度見直すことにしました。

そしてType-13を完成させました。

いざ決めるとなると、きっと皆さんも「これでいいのかな?」ってふっと思われることもあるのでしょうね。
うちの場合もそうだったみたいで、ギリギリのところでもう一ひねりしてみました。

今は長男が宿泊学習で金沢に行っているので、まだType-12とType-13をもっての家族会議は開催していません。
長男が帰ってきたら家族みんなでもう一度コレが本当に最後の間取りの検討をしたいと思います。

パナソニック・ミラノサローネ2011・レポート

2011年5月24日 / お知らせ

今日は恒例のパナソニックさんによるミラノサローネ2011レポートが開催され、伺ってきました。

毎年楽しみにしているパナソニックさんの研修で、今年もホームアーキのプロダクトデザインをされている杉山さんが講師でレポートをしていただきました。

ミラノサローネのレポートは色々なところでされていて、ELLEDECORなどの雑誌や様々なWEBサイトでも目にすることが出来ます。

しかし、毎年お誘いいただいているパナソニックさんのミラノサローネのレポートは、照明をデザインされている会社さんの目線でのレポートで、「なるほど!」と感じたり、「そういう見方もあるのか!」と感動できたりと、とても楽しいお話が聞けます。

今年もとても楽しく教えていただきました。

また東日本大震災のこともあり、ミラノサローネでも募金活動などが行われていました。

そんな中、デザインが持つ人を惹きつける力を募金活動に活かしているのを見ると、「やはりデザインには人類を幸福にすることが出来る力がある!」と強く感じるのでありました。

構造を検討

2011年5月23日 / 実績紹介記事 遊び心の家

今日は構造の打合せをしました。

出来れば長期優良住宅の基準をクリアしたいところですが・・・
現実は厳しいですね(笑)。
エクリュの最低基準と、長期優良住宅の基準をクリアする両面で検討を進めることにしました。

長期優良住宅の基準で建てると、120万円の補助金があたる場合があります。
タイミング的にはバッチリ(補助金を)受けられそうな時期にはなるのですが・・・。
性能はバランスよくあげる必要性があって、長期優良の基準のみをクリアするだけでは、勿体無いって感じていまして・・・、バランスよく全体的に仕様をあげていくと120万円ではきっと納まらないので、追い金が出ちゃうと厳しい。。。

プレウォールかぁ~。。。
LVLかぁ~。。。

悩ましいですね(笑)。

過去の記事