ブログ

エクリュ・ライブラリー ~大学時代からの友人と本~

2018年4月6日 / お知らせ ご提案 社屋

弊社には小さな図書館(私設図書館)を併設されています。

理由はふたつ。
01.オーナー様(お施主様)が、サロン(カフェ)に来られた際、ご自身で調べ物をされたり、建築やインテリア情報を楽しんでいただく為。
02.お客様のイメージマップを作成するにあたっての情報を集める為。
(イメージマップとは・・・「エクリュの考え方」にてご説明しています)

その図書館に、新たに本が加わりました。
以前、東京にて行っていた安藤忠雄展。
その本が欲しくて、東京勤務の大学時代からの友人に購入をお願いしていたのですが、それが先日、送られてきました。
そしてついに、図書館に加わりました。

嬉しいですね!

安藤忠雄展
挑戦

観たい方は是非、弊社までお越しくださいませ。

本と言えば!

また別の大学時代からの友人が執筆した「おうちとお金のよろず相談所」という本もあります。
4コマ漫画で、分かりやすくおうちにまつわるお金の話などをまとめた本です。
こちらも弊社の図書館に置いてありますので、ご利用いただけたらと思います。

また、大学時代からの友人の本で言うと・・・
お住まいの事からは少し離れてしまうかもしれませんが、カレーの専門書に友人のお店も紹介されている本もあります。

先日もNHKで神田のカレー店などを紹介する番組がありましたが、この本は大阪の様々なカレー専門店が紹介されています。
その中に、そもそも薬膳料理だったカレー、健康などにも気を配り、そしてとても美味しいカレーをいただける「モリ商店」も紹介されています。

本棚の中から見つけ出してみてみてください!(笑)

建物からの土地探し。

2018年4月3日 / ご提案 伸遊の家 光拡の家 空創の家 新流の家

30豪雪では、福井の多くの方が被害にあわれて大変な思いをされたのではないでしょうか?
お見舞い申し上げます。
弊社も例外ではなく、色々とありましたが、皆さまのおかげをもちましてこの春を迎える事が出来ています。
ありがとうございます。

さて、雪も解け地面が見えだすと、お住まいをご検討されている方々は、本格的な土地探しから始められる方もおられるのではないでしょうか?
今日はそんな方に、土地の選び方をお伝えしようと思います。

土地を探すには、やっぱり土地のプロである地元の不動産会社さんにお聞きするのが良いと思います。
もともと何が建っていたのか?
今回の豪雪の際、どんな状況だったのか?
以前の水害の際は、どうだったか?
などなど、わかる範囲で教えていただけますでしょうし、地元の不動産会社さんなら、その辺の状況もお詳しいのではないかと思います。

じゃあ、ここで土地探しをテーマに何のお話をするのか?
それは、土地からの情報ではなく、建物からの土地探しの情報。
つまり、お住まいのプランニングの見地からの土地探しをお伝えできればと思います。

弊社では、お住まいを計画する際、「部屋の中にどうやって日光を入れるのか?」を計画します。

一般的に、南側の窓は日照条件(日光が入いる条件)が良いとされています。
それには間違いはないのですが、どんな日光の取り入れ方がお好みか?は、当然、人によって違います。
それは、人によって好きな写真が違ったり、好きな風景が違ったりするのと同様です。
写真も風景も全て光の反射によって見えているからです。
あとは、間接照明がお好みとの方もおられますが、それも同様の理由からです。
弊社ではそれぞれの方の光のお好みを分析し、それによって「どの位置にどんな形状の窓をどのように配置するのか?」を計画していきます。

01. 光の計画からの土地探し

不動産会社さんでは「南東の角地だから日照条件的にはとても良い土地です」とオススメされるかもしれません。
そのこと自体には間違いはなく、正しい情報ですが、弊社では、「その方のお好みの光の質」から敷地をオススメできることもあります。

また、一般の方からの目には、あまりに条件として良くないと思われていた土地が、(光の取り入れ方の計画上などから)逆に好条件となることもあります。

空創の家」や「光拡の家」、「伸遊の家」や「新流の家」などは、敷地の悪条件を逆手にとって、お施主様(オーナー様)のイメージの光をつくり出せるようにプランしたお住まいです。

また弊社では、外壁の色決めは現地にて行うようにしています。

02. 色の計画からの土地探し

新しく家が建ったことで、お隣のお家が古ぼけて見えたりイメージを落としてしまう結果になった時、ご近所仲が悪くなるとのデータがあります。
お住まいは、ご自身のアイデンティティや家族の好みなどを表現し、気に入ったモノに囲まれて生活を送る。 そのことが醍醐味でもあります(芸術性のニーズ)。
しかし、地域の中に存在してのお住まいとの考え方も、同時にあります(社会性のニーズ)。
景観は地域の方々との共有の財産とも言えます。

昔、マンガのまことちゃんの作家さんである漫画家の楳図かずおさん宅(通称:まことちゃんハウス)の外壁の色をめぐる裁判が、地域の方との間にあったのはご存知ですか?
裁判の結果は、楳図かずおさんのお住まいの外壁が、景観の調和を乱すとまでは認められないとの理由など、東京地検の判断より勝訴。
個人のアイデンティティが守られた判決となりました。

とても難しい問題ではあります。
そこで弊社では、上記の内容も含め、外壁の色決めは現地にて行っています。

そういう意味で、もしかしたら好みの色から導かれる土地選びもあるかも知れません。
好みの色がマッチする街なら、そこに住まう方との関係性や人間関係もうまくいくのかもしれません。

03. 暮らし方からの土地探し

よく言われるのが「カーテン無しでプライベート性を確保して暮らしたい」とのご希望・ご要望です。
開放感とプライベート性の相反するニーズを実現することが多々あります。
また、風景を取り込んだピクチャー・ウインドウが欲しいとのご希望やご要望をいただくことも。
休日はバーベキューをしたいから、バーベキューコーナーが欲しいとか、星を眺めるために屋上や月見櫓が欲しいなどともご希望やご要望をいただきます。

こんな風に暮らしのイメージから最適の土地が見つかることもあります。
暮らし方からの土地探しは、最も重要なポイントからの土地探しのひとつです。
そして最も難しいポイントのひとつではないか?と、今まで何軒ものお住まいづくりのお手伝いをしてきて感じます。

それは「理想」と「現実」です。

「理想」は持つべきです。
そして叶えていただきたい。
どう表現すればお解りいただけるのか?
書くと誤解を招きかねないので、直接会ってご説明させていただければと思います。
ごめんなさい・・・(WANTSとNEEDS)。

とにかく、暮らし方からの土地探しが最も重要なポイントのひとつであり、最も難しいポイントのひとつでもあります。
だからこそ、弊社のようなプランナーがいます。
一緒にご検討いただき、夢を実現していただけましたら、とても嬉しく思います。

今回は、土地探しをテーマに書かせていただきました。
また、ご相談などありましたら、何なりとお申し出いただけましたら幸いです。
ご連絡をお待ちしております。

満開。

2018年4月2日 / 内覧会・現場見学会など アート お知らせ

弊社の前の道の街路樹は、古く立派なソメイヨシノと八重桜。
だから結構長くサクラを楽しめます。
道行く人が足を止め、携帯電話をサクラの木に向けて写真を撮っている姿をよく目にします。
行き交う人の目を楽しませてくれています。

弊社の前のソメイヨシノは、満開の時期を迎えました。

オーナーズ・サロン(弊社でお住まいなどを新築・リフォームされたお施主様専用のサロン:エクリュ・カフェ)は平日9時~18時はいつもオープンしています。
また、休日であってもご予約をいただき予定が合いましたらオープン致します。
よろしければ、ご利用ください。

4月14日(土)10時からは、弊社の2階(エクリュ・ギャラリー)にて「イシサカゴロウ展」を開催致します。

こちらは一般公開をしています。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

春。

2018年3月28日 / ご提案

30豪雪で、雪に悩まされた福井でしたが、福井市内では、ようやく雪も殆どなくなり春を感じられるようになりつつあります。
弊社の前のサクラも今日、開花しました。
春。 です。

春。 お引越しの季節でもあります。

引越しというと弊社でも、先日お引渡しさせていただいた「卓色の家」のオーナー様が引っ越され、引っ越し後の写真を送ってくださいました。
とても良い感じに仕上がっていて、本当に嬉しかったです。

また、私事ですが、先日、長男が大学に通うため関東に引越ししました。
荷物が運び出され、がらんと空いた長男の部屋に寂しい思いと、成長して旅立っていく長男への嬉しい気持ちが混在して感情が溢れ出しました。

お引越し・・・

新しい部屋や新しい住まい、新しい暮らしをはじめる時。
賃貸であっても、分譲であっても、まだ荷物の入っていないその部屋で、いろんな思いを膨らました経験。
皆さまにはありませんか?
きっと今現在住まわれているお部屋やお住まいも、最初は荷物も何も入っていない状態からスタートしたのは、間違いない事と思います。

また、その時抱いた理想の暮らしと現在の暮らしが、全く違っているって方も少なくないのではないでしょうか?

というのも、打合せの際に「物はドンドン増えるからねぇ~」とお聞きしたり、下の写真のように、実際のお住まいの部屋に物が溢れている状況を目にしたりするからです。

「広くなったら、こんな状況は解消される。」
「収納が増えたら、こんな状況が解消される。」

本当にそうでしょうか?

自動車のナビゲーションシステムのGPS機能が狂っていて現在地が認識できず、目的地を入力しただけでは、たどり着けない(ルート検索が出来ない)。
そんな状況に似ていると僕は思います。

何事もそうですが、現在の状況を知り、目標(理想)を立てて、その目標に到達できる計画を立てる必要があります。
またそれをPDCAサイクルで、より目標に近付けていく必要があります。

例外ではなく、お住まいの計画も同じです。

最初、荷物も何もない部屋に描いた理想の暮らしが、現実は違うとするならば、狭さのせいでも物が増えたからでもなく、主要因は、現在地を知らずに理想を描いた結果に他なりません

荷物も暮らしも入っていないお引渡し時の見た目を整えるのでなく、暮らしが理想に近付くナビゲーションをさせていただく。
また、その暮らしを高め続けていくお手伝いをさせていただく。
これが弊社がさせていただいている仕事です。

春。 スタートの時期でもあります。

我が家の長男もそうですが、胸に期待や想いを込め、新しい場所などに旅立たれている方もおられるのではないでしょうか?

皆さまのその想いが叶います事、心よりお祈り申し上げます。

お引渡し

2018年3月20日 / 卓色の家

今日は「卓色の家」のお引渡しでした。

お引渡しの日はいつも、例えると卒業式の日ような感覚になります。
つまり、おめでたく嬉しい気持ちと、(お別れではなくむしろこれからなんだけど、今までのように頻繁に会う訳ではないので)少し切ない気持ち。
そんな両極な気持ちが同居する感覚を覚えます。
それが卒業式に似ていると感じるのです。

今回もそんな両極の気持ちを、きっと皆んな感じていたのではないでしょうか?

「本当に感謝しかないです」
「これからこのステキなお家に住めると思うと、楽しみでなりません」

お施主様(オーナー様)にそう言っていただけ、本当に全て報われ、とても嬉しいです。
でも、そう思っていただける一番の理由は、オーナー様が住まいづくりと真剣に向き合っていただけたから、それに他なりません。

オーナー様にとっての良いお住まいは、オーナー様の中にしかありません。
工務店の都合の良い家や設計事務所の薦める良い家が、偶然にもお施主様にとっての「良い」に一致する事もなくはないでしょう。
しかし全てに一致する偶然は、モーゼが海を割る奇跡に匹敵すると感じます。
いずれにせよ、先ず、お施主様ご自身が、ご自分のニーズを正確に把握する必要があります。
つまり、お施主様にとっての良いお住まいを、お施主様ご自身が明確であって、初めて「良い」や「良くない」が存在します。

「本当に感謝しかないです」
「これからこのステキなお家に住めると思うと、楽しみでなりません」
本当にそんな風に思っていただけるのは、オーナー様が本当に真剣にお住まいづくりに取り組んでいただいた結果、ご自身たちのニーズが明確になり、それがカタチになった事を自覚されているからで、それ以上の理由は存在しません。

今日のお引渡しの間のランチタイムに、そんなお話をさせていただきました。

卒業式のような・・・

2018年3月20日 / 卓色の家

今日は「卓色の家」と鯖江のメガネの会社さんのダブルお引渡しでした。
朝一番でメガネの会社さんの企画室リニューアルのお引渡しをさせていただきました。

企画室はデザイン関係を行っているセクションで、お客様も最も見学したい場所であるため、この度リニューアルするそのお手伝いをさせていただきました。
その会社の取締役の方のお住まいを、昔、建てさせていただいたのが今回のご縁のきっかけでした。

続いてお昼から、「卓色の家」のお引渡しであわら市まで移動。
午前中から器具説明などに立ち会っているスタッフのもとへ急ぎました。


初ロック、初入庫などに立ち会わせていただき、無事お引渡しを終えました。
早速、カーテンなどの打合せをさせていただき、再びイメージマップのイメージ画像をにらめっこ。
お引渡しの後も、ご相談いただけるのは本当に嬉しいです。
オーナーズサロンを是非是非、ご利用いただけたら幸いです。

引渡しなど無事終え、帰ろうと思ったその時、ご主人がスパイダーマンの大きな袋から取り出されたのは、会社のスタッフ一人一人にプレゼントと手紙をご用意していただいていました。
正直。プレゼントされることに慣れていないというか・・・それも思いがけないことに戸惑いながらも、本当に嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

お住まいのお引渡しの瞬間は、いつもちょうど卒業式の様な、喜びと切なさがあります。
でも、お住まいがその意味を発揮するのはこれからで、ここからもずっとオーナー様にお付き合いをお願いするところではあります。
末永くお付き合いの程、よろしくお願い致します。

ちょうど春めいた今日は、鯖江とあわらにてお引渡しがありました。
今まで本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

イシサカゴロウ展

2018年3月13日 / 内覧会・現場見学会など アート お知らせ ご提案 壁の役割 社屋

よく、オーナー様(お施主様)からいただくご質問に「どんな絵を飾ればいい?」と聞かれます。
「絵の無い部屋は、水の無い庭」と設計事務所に勤めていた頃の上司が言います。
まさにその通りで、部屋に絵を飾ると、空間がとても潤うのですが・・・
どんな絵を飾れば部屋のイメージにマッチするのか?
何処に行けば、そんな絵を出会えるのかは、皆さんなかなか難しいようで、よくお問合せいただきます。

そこで、オーナー様をはじめ、皆さまの暮らしが少しでも高まるようなご提案が出来ればと考え、以前から考えてきたギャラリー構想。
皆さまのおかげをもちまして、いよいよ、4月14日から本格的にスタートします。

その第一弾が、大学時代の先輩でもあるイシサカゴロウ氏の絵画展を、弊社社屋の2階にて行います。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

イシサカゴロウ展

2018年4月14日〜30日
10:00〜17:00(最終日のみ16:00)
会場:エクリュ2階
お問合せ:0776-36-9001

暖簾(のれん)をリニューアル

2018年3月13日 / お知らせ 社屋

今日、暖簾をリニューアルしました。

以前の物は日に焼けて、色合いが分からなくなってきてました。
また、当初、季節で暖簾を替えようと思っていたので、春夏ヴァージョンの暖簾を作成。
おかげさまで、本日、架け替える運びとなりました。

爽やかなイメージになり、春夏らしくなりました!

ありがとうございました!

2018年3月11日 / 内覧会・現場見学会など 卓色の家

お施主様のご厚意のもと、先週から開催させていただいた「卓色の家」内覧会。
本日を持ちまして、終了させていただきました。

多くの方々にお越しいただき、とても充実した内覧会となりました。
これもお施主様はじめ、皆さまのおかげと感謝しております。
本当にありがとうございました!

2018年3月10日・11日 福井県あわら市大溝2丁目にて 卓色の家 内覧会を開催致します。

2018年3月7日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 卓色の家

卓色の家 内覧会

2018年3月10日(土)・11日(日)
10:00~18:00

〒919-0628 福井県あわら市大溝2丁目https://goo.gl/maps/pJetBEza5xN2

お施主様のご厚意のもと、先週に引き続き、今週末、デザイン住宅(新築住宅)である「卓色の家」の内覧会を開催致します。

・大人12人が席につける大きなダイニングテーブル+カウンター
・バーやお店のようなキッチン背面収納
・外国の方がデザインされたような和室、その障子を開けると
・友達を呼んで自慢したくなる、そして一緒に遊びたくなる子供部屋
・ずっとそこに居たくなるガレージ
などなど、見どころ満載の「卓色の家」
でも、本当の良さはその使い勝手の良さにあります。

是非、3月10日・11日の「卓色の家」内覧会へお越しいただき、ご体感いただければと思います。
スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

過去の記事