ブログ

コーディネートは、こうでないと!

2015年9月18日 / 乗算の家

今日は(仮称)大石の家の現場に行ってきました。

(仮称)大石の家は、2015年10月17日からの内覧会に向けて急ピッチで仕上工事を進めている段階です。
現在はクロスを貼っているところ。

クロスが貼りあがってくると、空間がパッと明るくなり、生き生きします。

また、色が付き、部屋のイメージも仕上がってきます。

(仮称)大石の家の主寝室は、ホテルライクなイメージです。
お施主様が行かれた神戸オリエンタルホテルの一室がとても気に入られ、そのイメージからスタートしました。

スタディー・コーナーのクロスの貼り分けは、色の組み合わせだけではなく、テクスチャー(素材感)の持つイメージも組み合わせることで、全体的なイメージをつくり出しています。
クロスの貼り分けというと、同じテクスチャーの色違い(同じシリーズでの色違い)で選択される場合が多い中、インテリアをコーディネートする様に貼り分けをしたスタディー・コーナーがとても楽しみです!(笑)

皆さまも10月17日からスタートする内覧会を、楽しみにしていてください!(笑)

ファサードOK!

2015年9月18日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家の足場がバレました(撤去されました)。

足場がバレると建物全貌が明らかになり、今日のように青空の日は、特にスカイラインが映えます。
ちょっと嬉しくなり、笑みがこぼれます(笑)。

イメージ地図(イメージマップ)

2015年9月16日 / 賢分の家

今日は(仮称)天池の家のカラースキームの打合せなどをさせていただきました。
以前、つくらせていただいたイメージマップを基に、お住まいのカラースキームを進めます。

カラースキームとは色彩計画のことで、素材なども含めお住まいの仕上材などを選んでいただきました。

今回の段階では、全体的なイメージの方向性を決める段階で、具体的に仕上げ材を決定いただくのはもっとずっと先の事です。
でも、この段階で、大体のイメージを固めておかないと、後に迷いに迷い、、、たどり着ければいいのですが、目指したところが解らなくなってしまうとも限りません。

そこで、イメージマップを作成します。
これを見直せば、イメージの方向性が解り、迷っても地図を頼りに戻って来れます(笑)。

現場で感じること。

2015年9月16日 / 伸遊の家

今日は(仮称)三郎丸の家の弱電の位置をチェックしに、現場へ行ってきました。

弱電とは、弱電流工学(じゃくでんりゅうこうがく、英語:low power technology、ドイツ語:Schwachstromtechnik)の略語である。これは電気の利用方法に着目した分類で、通信、制御、情報に関する利用に関するものを指す。(ウィキペディアより)

つまりは、コンセントとか電話やテレビのジャックとか、スイッチなどなど、電気に関するものの配置をチェックしてきました。

完成してしまうと仕上げの下に消えてしまいますが、現場のボードには測った跡や計算した跡などが書かれていて、人の気配を感じます。
「かわばっちゃん、ありがとね!」と思ったりします(笑)。
(かわばっちゃんは、協力会社さんの担当の方)
直接会ってなくても、鉛筆の跡などで、その人となりや想いが伝わります。

ちょっと、ほっこりしたりします。

ありがとうございました!

2015年9月14日 / 内覧会・現場見学会など 新流の家

オーナー様(お施主様)をはじめ、多くの方々のおかげを持ちまして、本日、「新流の家」内覧会を無事、終えることができました。
ありがとうございました。

多く方々に起こしいただき、対応など不十分だったところもあろうかと思います。
ご理解・お許しいただけますと、嬉しく思います。

また、ご不明な点などありましたら、遠慮なくお申し出いただけますよう、よろしくお願いします。

この度は、本当にありがとうございました!

「新流の家」内覧会

2015年9月11日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 新流の家

いよいよ、明日から「新流の家」内覧会を開催いたします。

今回は工程上の都合により、1週間のみの内覧会となります。
なんとかご都合をつけてお越しいただけると嬉しく思います。

「新流の家」
「新流の家」はゼロエネ住宅(ZEH)で検討を進めるなど、弊社としても新たな事にもチャレンジさせていただいたお住まいです。 特に、理解に落とし込める限界を超えるための方法など、打合せの仕方や考え方にも少し手を加えた点など、特徴的な部分でもあります。

今まで弊社の内覧会にお越しいただいたことがある方は、具体的にどんな変化があったのか?
また、これからお住まいづくりをご検討される方は、打合せの仕方の違いで、どんな変化があるのか?など、内覧会会場にお越しいただき、お話を聞いていただければと思います。

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

「新流の家」内覧会
9月12日(土)・13日(日)・14日(月)
10時~18時 (14日:月曜日のみ16時まで)

広がりとこじんまり。

2015年9月9日 / 伸遊の家

今日は朝から(仮称)三郎丸の家の開口検査でした。
開口検査とは、建具などが入る前に、設計通りの開口寸法となっているのかをチェックすることをいいます。

問題なく仕上っていて、安心しました。
建具の製作などに移ります。

また、たまたま現場に来られたお施主様と次回の打合せの摺合せなどをしました。

(仮称)三郎丸の家はLDK空間などに特徴があります。
先ず、広いです。
木造住宅の経済スパンをかなり超えて梁を飛ばしています。
その為、LVLの梁を使用するなど、かなり工夫されています。
その工夫の上に完成した広く広がりのある空間が、(仮称)三郎丸の家の特徴のひとつです。

その一方で、子供部屋などはこじんまりと落ち着く空間になっています。
広く開放的なファブリック空間と、こじんまりと落ち着くプライベート空間。
この落差がそれぞれの空間を引き立たせてくれることにもつながっています。

建物の位置を確定させる。

2015年9月4日 / 平景の家

海のシーズンも終わり、祭りの後の様に静まりかえったビーチ。
でも、現場はこれからスタートし、賑わいをみせますよ!(笑)

平景(ひょうけい)の家
今日、基礎工事がスタートするに際し、丁張りをしました。
建物の位置も定まりました。

天気がもってくれて、よかった!(笑)

また、会社では、銀行さんが住宅ローンの申し込みに際し、質問などをしに来られました。
来られた担当の上司の方が、金沢でちょうど住宅をご検討されているとの事で、直接弊社がお手伝いは出来ませんが、お住まいを建てられる前に知っておかれた方が良い情報のご提供をさせていただく事になりました。

少しでもお役に立てるのなら、嬉しい事です(笑)。

昨日は会社で、今日は現場で。

2015年8月28日 / 乗算の家

今日は(仮称)大石の家にて、朝から打合せなどあり、現場に行ってきました。
現場は、外部配管設備工事とウッドデッキの工事、そして内部は塗装工事と建具の寸法取りなどの最中。

また塗装工事が終わると、クロス工事が入ってきます。
先日お施主様に決めていただいたクロスの貼り分け部分の仕上りなど、とても楽しみです。

塗装やクロスの工事が完了すると、空間のイメージがほぼ完成されます。
その瞬間もとても楽しみです(笑)。

昨日は会社に多くの方々にお越しいただき、打合せをさせていただきましたが、今日は現場にて職人さんたちとお会いでき、打合せさせていただきました。

メールやSNSなど、とても便利になりましたが、会って話をするのが、一番僕には向いてます。
とても楽しいです(笑)。

ファサードと光と歓声。

2015年8月24日 / 伸遊の家 乗算の家

今日は朝から、(仮称)大石の家の配灯やスイッチ、コンセントなどの位置の確認をしてきました。

どのお住まいもそうですが、配灯計画は弊社のお客様がこだわられるポイントのひとつ。
どの壁をどんな風に照らすのかなど、照明の位置はとても重要です。
今日は、そのあたりもチェックしてきました。

以前、日光の取り入れ方で窓の位置や形状などが重要であることを、ここのブログでもお伝えしましたが、照明も同様に重要です。
「光(明かり)と影を制する者は、空間を制す」と言っても過言ではないかも知れません。

次に場所を移し、(仮称)三郎丸の家に行ってきました。

外壁のコーキング工事も間もなく終わり、そろそろ足場がばれます(足場を撤去します)。
そうなると今まで足場でちょっと隠されていたファサードが浮き彫りになります。
足場がバレる時、歓声があがる瞬間のひとつです(笑)。

歓声があがる時と言えば・・・
先ほどお話した、照明が設置され通電し、点灯する時も、歓声がわきます。

そこからも分かるように、弊社のお施主様は皆さん、ファサードと照明計画に力を注がれています。

過去の記事