ブログ

構造を検討

2011年5月23日 / 実績紹介記事 遊び心の家

今日は構造の打合せをしました。

出来れば長期優良住宅の基準をクリアしたいところですが・・・
現実は厳しいですね(笑)。
エクリュの最低基準と、長期優良住宅の基準をクリアする両面で検討を進めることにしました。

長期優良住宅の基準で建てると、120万円の補助金があたる場合があります。
タイミング的にはバッチリ(補助金を)受けられそうな時期にはなるのですが・・・。
性能はバランスよくあげる必要性があって、長期優良の基準のみをクリアするだけでは、勿体無いって感じていまして・・・、バランスよく全体的に仕様をあげていくと120万円ではきっと納まらないので、追い金が出ちゃうと厳しい。。。

プレウォールかぁ~。。。
LVLかぁ~。。。

悩ましいですね(笑)。

模型

2011年5月20日 / 実績紹介記事 遊び心の家

Type-12で大体間取りも決まって、模型を作成することにしました。

僕自身としては、ファサード(外観)などは大体イメージできた上でプランニングをしてるから、模型にしなくても理解できてるけど、家族はそうはいかないから模型を作ってみてもらうことにしました。

家族は大喜び!
よかった(笑)

ファサードも窓の奥に見える部屋のイメージも計画通りで嬉しい(笑)。

次は収納などの使い勝手をちゃんと考えて家が散らからないように検討を深めます。

明後日は家族がキッチンやお風呂や洗面台などを見にショールームへ行く予定になってます。
家族みんな、楽しみにしているみたいでよかった(笑)。

住まいづくりは現実を目の当たりにする厳しさももちろんあるけど、楽しさもあって、家族のみんなが楽しんでくれているのは、本当に嬉しいことです。

模型も作ってよかった(笑)。

地盤調査結果

2011年5月18日 / 実績紹介記事 遊び心の家

5月17日に行った地盤調査結果の報告が今日、ありました。

結果は予想はしていましたが、、、あまりよくない地盤で・・・
地盤改良が必要となりました。

エクリュでは地盤保証をつけています。
地盤が原因で起こった建物の不具合も保証されます。
(一般的に瑕疵担保保険制度では、地盤に関する瑕疵などは保証されません)

ですから当然に保証がつけられるような地盤に改良をするのですが、保証会社とすれば出来るだけ頑丈に固めた方が安心なのでかなりの頑丈になる工事を要求してきます。
そこでエクリュがしているお仕事は、過剰なスペックにならないように丈夫な地盤にすることはもちろんですが、調査結果のデーターから、保証会社が保証をしていただける最低限度のラインを検討、交渉します。

今回も保証がどの範囲から出していただけるのかを検討し、協力会社さんたちと膝を突き合わせて保証できるギリギリの範囲を交渉することになりそうです。。。

出来るだけ費用的な負担を軽くして保証していただく方がいいですもんね。

照明計画

2011年5月18日 / 実績紹介記事 遊び心の家

今日は照明計画をしました。

光のデザインは、インテリアの雰囲気などをつくる上で、すごく大事。
だから、照明計画は建物の窓の位置を決めるのと同じぐらい大事で、今日はその大事なことを目を閉じて空間をイメージしながら打合せしました。

照明器具の形状はもちろんのこと、色温度や演色性などと言った意匠に係わること(芸術性)や、イニシャルコストやランニングコストも念頭に置いた照明器具の選択(経済性など)も考慮に入れて検討していきます。

照明はルクス(lux)などといった照度の単位で表現できますが、実は感覚的な明るさとは一致しないこともあり、結構難しいんです。
難しいものだから怖くて「大は小をかねる」ってなもんで、やたらと明るくしちゃったりしがち。
だから経験や慣れが必要です。

パナソニックさんの名古屋のショールームなどでは、実際の照明器具を設置した部屋で、点灯した時の部屋のイメージを感じ取れるようなブースもあったりします。
福井では中々そのような体験はできませんが・・・。

Kartell(カルテル)などは比較的安価で面白い照明もあり、楽しいですよ!

今回は吹抜けがあるので、そこにインパクトのある照明器具を持ってきたいなぁ~って考えています。

メゾン・エ・オブジェ 2011

2011年5月17日 / お知らせ

今日はサンゲツさんが企画する「メゾン・エ・オブジェ 2011」のレポートなど研修会へ行って来ました。

毎年サンゲツさんに開催していただいている研修会で、テキスタイルや壁紙をはじめ、様々なインテリアの方向性など「メゾン・エ・オブジェ 2011」から占うもので、とても楽しみにしている研修のひとつです。

テキスタイルや壁紙を得意とするサンゲツさんらしいトレンドの捉え方や分析の仕方がとても興味深いところです。

今年も様々なデザイナーの展示があったそうです。
中でもロナン&エルワン・ブルレック兄弟の作品が特に目立ったとか。

日本からの出展としては、吉岡徳仁氏やnendoなどの出展も紹介されていました。
もちろん、サンゲツさんの出展内容もご紹介いただきました。

今回もとても楽しく勉強になりました。
またインテリアのご提案などに役立てばと考えています。

過去の記事