ブログ

エクリュ社員研修【タチカワブラインドetc】

2010年6月18日 / お知らせ



今日は金沢までタチカワブラインドさんの新商品発表会などに行ってきました。

また、今日はタチカワさんだけではなく、エクリュとしての社員研修も行いました。

先ず、タチカワさんの研修では、新商品の発表もさることながら、どういう考え方で新商品の開発に取り組んでいるのかなど、方向性のお話もありました。

やはり「エコ」というキーワードは外すことができず、日射を抑える方法や断熱を高める方法、またそれらを含めて省エネなど環境に配慮した商品作りを検討されていました。

また、環境とユーザーの満足度の両立を検討されていました。

タチカワさんの研修が終わった後、昼食をとりにいきました。
ココから既にエクリュの研修がスタートしています。



先ずは金沢の文化に少しだけでも触れようと思い、お店を予約しました。

そのお店と言うのは「おいしいいっぷく鏑木(かぶらき)」です。

おいしいいっぷく鏑木」は長町の武家屋敷が立ち並ぶ街並みの中にあり、お店の建物自身も屋敷の離れを再利用してあるお店です。

また、九谷焼の器で食事をいただけるお店でもあります。

お店にはギャラリーなどもあり、九谷焼の焼き物を購入することも出来ます。



建物も文化的な価値が高く、どきどきします。

落下防止の手摺の高さも600程度。

建築基準法違反です(笑)。

でも、この高さ、すごく懐かしい感じがします。



♪さぁ~らりとした梅酒♪と歌いたくなるような縁側。

ガラスはフラットではなく、気泡が入っていたり、厚みが波打っているように違ったり、温かみのある手作り感満載のガラス。



今日は雨で庭がしっとり。

趣のある風景で、とても綺麗でした。



肝心のお食事は、和御膳。
器は九谷焼と輪島塗の漆器など。
味も上品なお味で、本当に美味しかったです。





このグラスは、欲しかったです・・・。



さて、食事を終えてから次は21世紀美術館へ行ってきました。
もちろん、これも研修です。

ずっと見に行きたいと思っていた
Alternative Humanities 〜 新たなる精神のかたち:ヤン・ファーブル × 舟越 桂



キリスト教文化や思想という西洋の精神性を表現したヤン・ファーブルのアートと、仏教彫刻の伝統をも内包する宗教性に満ちた表現の舟越桂のアートを対比的に展示する中で、社会から分断され断絶されたかに見えた宗教美術が現代美術の底流においていかなるかたちで受け継がれているか?をテーマに21世紀美術館で(が)展示したもので、目に見えないエネルギーのようなもの(おかげさま)を感じるようになってきたわたしにとっては、大変興味深いテーマでした。



ヤン・ファーブル × 舟越 桂 ≒ ものすごいインパクト × 微妙(絶妙)な距離感。
でも、その両方の表現は、どこか同じに感じるところを表現しているようにも思える。
わたしはそんな感想を覚えました。

社員の皆は「強烈だった」「えぐかった」など批判的な意見ばかり。
同時にFREE展示場で行われていた「八谷和彦《OpenSky》プロジェクト」の展示があったんですが、風の谷のナウシカが乗っているメーヴェを実際に飛ばすプロジェクトの展示がありました。
その展示「メーヴェに救われた」とまで言うほど、ショッキングだったようです(苦笑)。

ただ、不思議なのは、血や骨や肉体や精神などを実際の血や骨などで表現していたのはヤン・ファーブルのアート(展示品)だけであって、舟越桂の彫刻などは、とても温かみのある木の彫刻で、表情も1点を除いて全てやわらかく、ただ、仏像の半眼のように目を合わしてくれない、近付けそうで距離のある心地いい距離感にあるアートだったのではないかと思うのですが、直接的表現に批判的である人達が、その(ヤン・ファーブル)表現ばかりを目にしてて、舟越桂の感想を言わないところが印象的でした。

人って不思議ですね。

見たくないと言いながら、本当はそこばっかりを見てる。
見たいと言いながら、目の前にあるのに気付けない。
まさにそちらもアートでした(笑)。

わたしはドキドキしました。
とても素晴らしい展覧会でした。
感動しました。

やはり21世紀美術館は素晴らしいです。

以上が本日のエクリュの研修でした。
みんなどんなことを感じてくれたのでしょう?
感じたことは、それぞれの人の財産と成ればいいと思います。

とても充実した一日でした。

ミラノサローネトレンドレポート【パナソニック研修】

2010年6月17日 / お知らせ



今日はパナソニックさんのミラノサローネレポートを聞きに、自治会館に行ってきました。

毎年してくれているこの研修。
例年はパナソニックさんの照明デザイナーがレポートしてくれるところ、今年はパナソニックさんのプロダクトデザイナーさんに来ていただき、デザイナーさんからの目線でのミラノサローネレポートをしていただきました。



さすがにプロダクトデザイナーの目線からのレポート。
家具の方向性と照明の方向性に分けてレポートしていただきました。

毎年のように言われるブラック&ホワイトに+α(レッド or ターコイズブルー etc)が加わったのと、ナチュラルなウッドのマテリアルのものが目立ち、デザインも定番のもののアレンジが目立ちました。



照明はやはりLED。

LEDならではの「薄い」「小さい」という特徴の器具と、こちらも今までの定番をLEDの球に変えただけのものなどが目立ちました。



また、器具が小さくなっていく影響もあってか、器具自体のデザインというより、光り方(光)をデザインしたものが多くありました。

色温度も2700~2800Kで揃えるのではなく、もっと高温の色と低温の色を混ぜて使う照明手法などが支流となっていました。



最後に、建築と照明器具の境界がなくなっているのが面白い特徴でした。

器具が壁の中に入ってしまっていたり、壁がそりあがって照明器具になっていたりと、建築の延長に照明器具があるプレゼンがとても楽しかったです。




C-14 パテ

2010年6月14日 / 実績紹介記事 天開の家



塗装工事が完了。
次はクロスを貼るのですが、その前にパテで微妙な段差などを処理。
壁などをフラットにしていきます。

クロスが貼られると、きっとLDKの空間はまた様変わりするはずです。

照明が入って、テラスが完了するときっとお施主様に喜んでいただける空間に。。。
楽しみです(笑)。

研修会(サンゲツ)

2010年6月4日 / お知らせ



昨日はサンゲツさんが主催する研修会に参加させていただきました。
今年(2010)、サンゲツさんが「Maison & Objet(メゾン・エ・オブジェ) 2010」に出展されたとのこともあり、Maison & Objet のトレンドを分析するところからスタートし、今年のサンゲツさんの新商品の特徴やセールスポイントを教えていただきました。

Maison & Objet (メゾン・エ・オブジェ) とは、、、
フランス、パリで開催されます国際的見本市のことで、デザイン、家具、インテリアデコレーションに関するいくつかの専門見本市で構成される国際的な注目を集める見本市です。

ミラノ・サローネに並んで知名度が高い見本市と言われています。




サンゲツさんが分析されたメゾン・エ・オブジェのトレンドをご説明いただいたのですが、各ブランドのプレゼンテーション(展示)の仕方や、商品そのもののスライドを見せていただく度、ワクワクしてきて、デザインの素晴らしさを実感しました。

デザインが人を豊かに、幸せにしますね!

他メーカーさんのミラノ・サローネの分析の研修にも参加させていただくのですが、サンゲツさんのメゾン・エ・オブジェの分析の仕方には特徴があり、さすがファブリックなどを扱っておられるメーカーさんだと思うところがありました。

特に色彩やマテリアル(素材感)などの捉え方は、他社さんより細かく分析され、ピックアップのされ方も面白かったです。

おかげさまで、短時間で ELLE DECO を熟読したぐらい楽しく充実した時間を過ごすことができました。


C-13 タイル完成

2010年6月3日 / 実績紹介記事 天開の家



LDKのイメージが分かるようになってきました。
ドンドン仕上の工程が進んで行きます。

前にも言いましたが、仕上げが進むにつれ広さの感覚が変化するのが不思議です。
タイルを貼って光が沢山反射され、部屋が広くなったように感じます。
当たり前ですが、広くなるわけがないのですが、、、人間の感覚って面白いですね。

工場(構造)見学会

2010年5月31日 / お知らせ



昨日は富山県のラミネート・ラボさんが開催する工場(構造)見学会に行って来ました。

ラミネート・ラボさんはLVLのプレカット工場をお持ちの会社で、大断面木造ラーメンなど体育館のような大空間を木造で出来る技術力もお持ちの会社です。
今日も、梁幅1200という昔のお寺に使う梁の様な大きな梁の製作を見せていただきました。



写真にあるように、耐震等級1(在来)と耐震等級2(集成材)と耐震等級2(LVL+パネル)の原寸モデルと阪神淡路大震災のゆれを再現した時の影響の比較をされていました。

すごく解りやすく、違いがよく理解できました。

耐震等級1とは、建築基準法に適合した構造性能です。
阪神淡路大震災を受けた場合、倒壊はしませんが、半壊します。

耐震等級2とは、建築基準法の1.25倍の体力壁の長さを必要とし、床などで水平力に抵抗できるように検討された基準にて設計された構造性能です。
阪神淡路大震災を受けた場合、耐震等級1とはゆれ方が大きく違い、耐震等級1に比べ変形がかなり少なくで済みます。

その様子などが、リアルに解りました。



次にLVLのプレカット工場を見学いたしました。

木を刻む工場とは思えないほど綺麗で、出た木屑は全て燃料や木質ボードへと再利用され、無駄なく木材を利用されていました。

LVLの特徴のひとつである、木質部材として優れた安定感(強度のブレが少ない・材によっての強度のばらつきが少ない)の実現のひとつとして、施工誤差の少ないプレカットが不可欠で、その実現をされていました。



最後に、ラミネート・ラボさんが日本全国で木造で大空間の建物を建てられていることもあり、大断面の構造材の製作現場を見せていただきました。

飛騨市の小学校の体育館に使われる構造材です。
梁幅が1200mmという歴史的な寺社仏閣の構造材のような存在感のある構造材でした。
迫力がありました。

日頃あまり目に出来ない、また中々体験・体感できないことが、今回の工場(構造)見学会で経験できました。



せっかく富山に行ったので、富山らしいものを食べて帰ろうと言うことで、黒ラーメンを食べました。

富山市山室116-7にある「じゃん鬼」に行きました。
写真は「青らー麺 800円」。

とんこつ+魚介系の出汁に濃い口醤油のスープは濃厚で、味も濃いのですが、結構くせになる味でした。
コーラが飲みたくなるこってりした味(笑)。



麺にもその濃厚なスープが絡み、ソース焼きそばみたいに色づいた麺は、しっかりした味で美味しかったです。

昨日は富山で色々な体験をしてきました。

3ヶ月点検

2010年5月29日 / 実績紹介記事 穏景の家



今日は「穏景の家」の3ヶ月点検(実質的に4ヶ月点検)に行ってきました。

点検結果は良好。
ひとまず安心です。

とてもかっこよく綺麗に住まれてて、嬉しかったです。

打合せどおりと言えば、打合せどおりなんですが、イメージどおりの家具がイメージどおりに置かれてて、イメージどおりの空間に、、、いや、イメージ以上の空間になっていました。

上手に住まれていました。



点検結果も良好ですし、上手に綺麗に住んでいただいてて、とても嬉しい気持ちで点検を終えることが出来ました。

これからは収納家具などを増やしていかれるとか。

どんどんお施主様の手で住まいがつくられていきます。
また、お手伝いが出来ることがあれば、何なりとお申し出ください。

C-12 タイル貼り

2010年5月29日 / 実績紹介記事 天開の家



今日はLDKにタイルを貼りました。

LDKにはガス温水床暖房が入っているので、タイルだと蓄熱して、寒い日はとても気持ちがいいはずです。

タイルはエポキシ樹脂の接着剤で固定して、その後、床暖房対応の目地材で目地詰めをします。



タイルを貼ると急にLDKが明るくなりました。
鏡面の白色なので、パティオから入る光を沢山反射してくれて、明るいです。

壁のクロスを貼るともっと明るくなるはずです。



また、パティオには(安全のため)鏡面ではないですが、白色のタイルが貼られ、LDKと床のレベルが同じになります。
そのことで、LDKとパティオが一体の空間に見え、広がりを持たせるのと同時に、パティオからの反射光も望め、とても明るい空間になるはずです。

仕上がりが楽しみです。

過去の記事