ブログ

LIXIL研修(INAXライブミュージアム)

2012年6月6日 /

昨日は株式会社武善さん主催のLIXIL研修会があり、愛知県に行ってきました。

先ずはLIXIL名古屋エクステリアショールームに伺い、外構を中心としたリクシル商品のご説明をしていただきました。
日頃(福井では)、カタログでしか見れないエクステリア商品がたくさん見れて、実際に触ってとても貴重な体験をしました。

お客様により具体的なプレゼンテーションが出来ればと思っています。

次にINAXライブミュージアムへ伺いました。
この日は
世界のタイル博物館
窯のある広場・資料館
建築陶器のはじまり館
土・どろんこ館
ものづくり工房
を見せていただきました。

世界のタイル博物館では、世界最古のタイルから近代のタイルまで、世界の装飾タイル約1000点が見られ、その発展や歴史を知れる博物館になっています。

タイルは仕上材としての言葉だけでは充分でなく、装飾品や美術品に並ぶ、芸術作品に近い局面があることが良く分かります。

窯のある広場・資料館は、1921(大正10)年に築かれた大煙突と内部に大きな窯を抱く建物を公開し、日本の近代化に貢献した常滑の「土管」に関する気丈な資料が展示されてあります。
また、INAXといえばトイレも有名です。
白地に青の染付で美しく装飾された明治時代の古便器コレクションも楽しめます。

伊万里の柿右衛門に対し、瀬戸の紋右エ門。
ゴメンナサイ。。。伊万里の柿右衛門は知ってましたが、勉強不足で存じていませんでした。
その瀬戸の紋右エ門の便器がガラスケースに入って展示されていました。

建築陶器のはじまり館。
これにはゾクゾクしました(笑)。
フランク・ロイド・ライトの手がけた帝国ホテルの本物のタイルが展示。

ライトが黄色いレンガタイルを求めて、それにイナが応えた。
ライトあってのINAXといっても過言ではないって話にサブイボ。

他にも、実際の歴史的建築物に使われていた実際の建築陶器がたくさん飾られていて、写真を撮りまくってました。

アップしきれない・・・
どれもこれも貴重な歴史的建築物の一部です。
感動・・・。

土・どろんこ館。
古来、人の生活と深い関わりを持ってきた「土」。それはまた、焼き物の原料でもあります。土の温かさや心地よさを感じることが出来ます。

洗練された左官技術と、原始的な温もりを感じさせる左官仕上げ。
その両方のよさが内外で感じられる建物でした。

ものづくり工房はやきものの街で培った「ものづくり」の伝統や技術を、製品や資料を通して紹介されています。歴史的建造物の再生・復原への協力や、芸術家、建築家など、様々な分野の方々との交流から生まれる新たなやきものの可能性を展示してありました。

通して、タイルなどやきものの素晴らしさを感じられる、本当に楽しいINAXライブミュージアムでした。

陶芸好き父の影響で小さい頃からやきもの(陶芸)に触れ、自然と器などやきものが好きな僕にとってはとても感動する今回の研修でした。
また、父をつれてきたいと思いました。

織部焼のトイレ。
贅の極み!!(笑)

玄関に工夫を。

2012年6月6日 / ゆきあいの家

打合せ中、よく玄関の話をされていました。
玄関に大きなカガミを置きたいとか、下駄箱にはスリット窓が欲しいとか、玄関のイメージを脳裏にお持ちのようでした。

そこで、他の場所に加えて玄関は少しこだわって設計しました。

何を玄関に収めるのかをお聞きし、それらが入るように検討してデザインしたオリジナルの下足箱。
上り框の上がる位置は、横につながるウッドデッキと合わせて、よりつながりを強調し、窓越しに見えるリビング・ダイニングの雰囲気に期待を持たせる工夫をしたり。
照明も、ちょっとコストをかけました。
玄関ドアもLIXILさんで一番高級なアバントスが入っています。
(注:内覧会会場では、玄関の大きなカガミは見ることは出来ません。ご了承ください。)

広さは、家相でハリになる限界の寸法。
これ以上は家相的に広く出来ませんでした。
でも、目線の広がり、明るさから十分の解放感が味わえるのではないでしょうか(笑)。

友の言葉

2012年6月2日 /

昨日は大学時代(since 1990)から友人とのサークル活動(Cheap Thrill)の月に一度のスカイプ・ミーティングでした。
しかも司会が僕で・・・。

僕なりの考え方で進めさせていただいたのですが・・・批判もいただきました。
批判は「なるほど!」って思うところは確実にあるのですが、僕が司会なので僕なりの考えを比較的優先させていただきました。

もちろん、そんな中で、僕の考えを理解してくれて参加してくれたご意見もいただき、そちらにもとても感謝しています。

さて、ミーティングの中でとても嬉しいことがありました。
それは沖縄に住む親友の言葉。

「(計画があって)ずっと先になるけど家が欲しいと思ってて、その時はてっちゃん(僕)のところ(エクリュ)で建てて欲しいって決めてる。」

大学時代の友人だから、この業界(建設)の人も数人いて、、、
且、日本のトップ企業(S.H.)に勤めている友人もいるので、手放しで喜べないのですが・・・

「ありがとー!」って素直に言葉が出てしまいました。

20年以上の付き合い。
人間なら成人するくらいの期間の付き合い。
そんな友人にそう言われることは、僕の良い部分も悪い部分も知り尽くした友の言葉だったから、それに僕自身も彼を誇りに思っているからこそ、嬉しかったです。

じいちゃんなっても頑張ってよ(笑)。

パナソニック研修【続・建築の魅力を引き出す照明計画】

2012年5月31日 /

今日はパナソニックさんの研修
「続・建築の魅力を引き出す照明計画」
を受講しに行って来ました。

パナソニックさんの照明器具のブランド
HomeArchi
のチーム・リーダーをされている杉山さん(プロダクトデザイナー)が、前回の
「建築の魅力を引き出す照明計画」
に引き続き、今回も講師をしてくださいました。

杉山さんは大阪の方で、いつも話しにちゃんと落ちがあり、楽しくお話を伺いました。

しかも今回、杉山さん(パナソニックさん)からプレゼントをいただきました。
それが下の写真。

これもパナソニックさんから照明器具のブランドとして出ている
MODIFY
の今年のカタログ。

それに「MODIFY」をデザインされているプロダクトデザイナーの深澤直人さんの直筆サインを書いてきていただいたカタログをいただきました。

めっちゃ嬉しい!!!

ありがとうございます。
ちょっと感動してしまいました。。

今日は本当に色々とありがとうございました。
7月には、パナソニックさんの新商品の発表会(名古屋)にも伺う予定になっています。
また、よろしくお願いします。

本当に、ありがとうございました!

伝えたい言葉は、「ありがとうございます」

2012年5月29日 /

色んな方々のおかげで、やっとレポートが完成します。
それで今日、(期限ギリギリで)提出が出来そうです。

今回も貴重な体験が色々あり、また、温かいお気持ちもたくさんいただきました。
ありがたいですねぇ~。 本当に。
大変嬉しく思っています。
ありがとうございます。

このお話は先ず銀行さんに持ってきていただきました。
そして銀行さんの伝で産業支援センターの方から助言をいただき大変お世話になりました。
親身になって色々ご相談に乗っていただきました。
本当にありがとうございます。

でもきっと、出来上がったレポートは、あんなに親身に色々な助言をいただいたにもかかわらず、ご期待通りではないことをお許し下さい。
どうしても僕は大人に成れないみたいで・・・
またバカ正直なレポートを書いてしまいました。
「ばっかやなぁ~。あんだけ(立場を超えそうになりながらも解りやすく)ゆうたのにぃーーー。」
って思われるだろうなぁ~。
本当に感謝しているんです。
でも、僕の能力に限りがあるだけなんです。
お許し下さい。
ゴメンナサイ
ありがとうございます。

協力会社の皆さま、協力してくれた作家の皆さま、つないでくれた方々、スタッフ、家族、応援してくださった方々、本当にありがとうございます。

皆さんの温かいご支援をいただいているにもかかわらず、上記のように助成金をもらう為のレポートなのに、小学生が自分の夢を作文にするような自分よがりなレポートを提出します。
「もっと上手くやれるやろ!」って仰りたい気持ちは分かります。
まぁ、レポート内容を見ていただいてないので・・・「???」かもしれませんけど(笑)。

色々、悩んで書きましたが、最終的にはやっぱりどうしても「どう思われるか?」では無くて、「どんなことがしたいか?」だけを書かしていただきました。
皆さまの想いに甘えさせていただきました。

結果はまだ提出もしていないので、分かりません(笑)。

でも、僕は、助成金がおりようがおりまいが、いつかはやりたいと27、8歳の頃(12、3年前)から考えていたことで、いつかは必ず実現したいと思っています。
ですので、ながーーーーーーい眼で観てやって下さい。
あつかましいお願いですが、よろしくお願いします。

えっと。。
決して助成金の審査結果に自信が無く、いいわけをしているわけではありません(笑)。
結果は本当に分かりません。
(ただ、、、吉と出るか?凶と出るか? 紙一重なレポートかも。。)

結果はいずれにせよ、いくら時間がかかっても、コツコツ自分のペースで進めて参りますので、今後ともご理解・ご協力のほど、よろしくお願いします。

そして、この度は、本当にありがとうございました。
そのことがお伝えしたかったことです(笑)。

メゾン&オブジェ2012 【サンゲツ研修】

2012年5月22日 /

今日はサンゲツさんの研修があり、MAISON&OBJET PARIS 2012(メゾン&オブジェ)のレポートをしていただきました。

今年も息を呑むような楽しいテキスタイルデザインなどが目白押し。
都会を長く離れていると、直接触れる機会が一段と減ってしまうからでしょうか?
ドキドキしながら見入ってました。

今年のテーマはCRAZY(クレイジー)。

だからかな?
感情に直接的に働きかけられ、ドキドキしたのかな?

トーヨーキッチンさんでお馴染みの、また僕の大好きな FREDERIQUE MORREL(フレデリック・モレル)の展示もあり、導入部からワクワクしてお話を伺っていました。


Sweet freaks
Vincent Grégoire(ヴァンサン・グレゴワール)


Art’keting
François Bernard(フランソワ・ベルナール)


Dream box
Elizabeth Lerich (エリザベス・ルリッツ)

次に各ブランドの発表内容などを見せていただき、サンゲツさんの分析結果を【色】【柄】【素材・技法】の項目でお聞きしました。

細かいことは、サンゲツさんのご都合もあろうかと思うので、ここでは控えさせていただきますが、総合的に、前回より「癒し」を求める傾向が強かったのではないか?とのお話でした。

ヨーロッパの経済危機。
度重なる災害。
エネルギー問題などなど、不安な要素が目立った今日。

テキスタイルデザインなどの方向性にもそういったかたちで影響したのかもしれませんね。

空いた時間の過ごし方。

2012年5月19日 / 遊び心の家

ここのところ、中々お休みが取れないので、今日のお仕事は午後からにしました。
朝はゆっくり寝て、午前中はリラックスして過ごすことにしました。

今日の福井はとてもいい天気で気持ちがいい!
外(ルーフテラス)にギターを出して弾いてみました。

なんて気持ちがいいのでしょう!(ビフォーアフター風に)
でも、よく考えると(よく考えなくても)近所迷惑かと・・・。

それで、いつものようにリビングで、大橋トリオを弾き語りました。

今朝もお家にひとり。
家族はみんなサッカーへ行きました。

ひとりの時間を存分に楽しんでます(笑)。

引っ切り無し(ありがたいことですね!)。

2012年5月17日 /

なんだか今日は、すごい日だった。

朝に「今日は(いつもの設計業務じゃなく)会社の運営業務を、頑張るぞ!」って意気込んで家を出たのはいいけど、、、ほとんどひっきりなしに来客者が来られ、ほとんど自分の仕事が出来ず仕舞い。

たくさん話して、疲れたぁ~。
楽しかったけどね(笑)。

仕事、何も完成してないけど、、、なんだか眠いし、帰っちゃおうか?とも思ったけど、やっぱり今日、やろうと思ってたことやり終えるまで頑張る。

僕だけが頑張ってる訳じゃないからね!
そう思うと頑張れるよ♪(笑)

でも、ちょっと休憩。
お茶入れてこ♪

おかげさまで7周年。

2012年5月17日 / お知らせ

おかげさまで株式会社エクリュは、今日から8年目を向かえました。
これもひとえに皆さまのお力添えあってのことと感謝しております。
本当にありがとうございます。

まだまだ、満7歳の若輩者ではございますが、精一杯頑張ってまいりますので、今後も変わらず皆さまのご協力いただけますよう、よろしくお願いします。

感激しました。

2012年5月16日 / 遊び心の家

ゴールデンウィークに住み始めてから初めてのエクリュのお客様が「遊び心の家」にお越しになりました。

それは現在新潟県にお住まいの方で、ご主人のご実家が福井なのでこちらに里帰りされているその時に、「遊び心の家」をご覧いただくことになりました。

今日、手紙とともに小包(お心遣い)が会社に届きました。

その方からでした。

直筆の手紙には「遊び心の家」の感想はもちろん、僕の家族へのお気持ちや住まいへのお気持ちなどが丁寧に綴られていました。

とても感動をいただきました。

また小包の中にたくさんのおかきが入っていたのですが、これが本当に美味しかったです!
さすが新潟!
おかきが美味しい!!

本当にお気持ちのこもったお言葉、お心遣いいただき、とても嬉しかったです。
本当に、ありがとうございました!

過去の記事