ブログ

今日の現場(今年最終)

2021年12月28日 / 立華の家 彩現の家 集流の家

今日はオーナー様との打合せの為、朝イチで、(仮称)鹿谷町の家の現場に直行しました。

勝山市鹿谷町は、福井市内よりかなり多くの雪が積もっていましたが、道路は除雪されており、現場には予定より早く着く事が出来ました。

そこで打合せの前に、足場に積もった雪を落として、足場が安全に使用出来るようにしました。

打合せを終え、大工さん達に、年末の挨拶をして、次は足場が撤去される(仮称)高木町の家へ向かいました。

現場に向かう道中、足場屋さんの車とすれ違い、矢張り到着すると現場は足場の撤去が完了していました。

建物を覆っていた足場が無くなると、ファサードをハッキリ見る事が出来るので、嬉しくなる瞬間のひとつです。
今日も逆光の中、(仮称)高木町の家のファサードをしばらく眺めていました。

当然、内部足場も撤去され、インナーテラスもくっきり見られるようになりました。

(仮称)高木町の家のインナーテラスは、① プライベートの確保(カーテン無しの大きな窓) ② リビングの明るさの確保 ③ リビングの広がりの増幅 を目的としています。

足場がバレて(撤去されて)①と②の目的が達成されている事が更に良く分かります。
③は、インナーテラスのウッドデッキが出来た時に明らかになります。

そして年明け(1/8〜16)に内覧会をさせていただく事が決定している「立華の家」に向かいました。

今日は、内装建具の吊り込みが行われていました。

立華の家の内装建具は、単に部屋と部屋とを区切る役割に留まらず、空間を繋げる役割や、照明の反射板の役割など様々な役割も担っています。

建具が吊り込まれそこに照明が当たると、空間の雰囲気がグッと増します。

会社に戻れたのは、夕方を過ぎていました。

明日もお施主様との打合せからスタートします。
弊社の年内の業務は、明日の打合せの後の大掃除で終了とさせていただきます。

年明けは、1月5日(水)から通常業務を開始します。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
おかげさまで上記のように充実した1年を過ごさせていただきましたました。
ありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

過去の記事