ブログ

立華の家

2021年12月17日 / 立華の家

今日は夜から嵐の様相ですね。
いよいよ本格的な北陸の冬が始まるのでしょうか?

さて、(仮称)宝永の家のネーミングが、「立華の家」に決まりました。
ありがとうございます。

立華の家は、養浩館や福井市立郷土歴史博物館のすぐ近くにあります。
古くからの歴史や文化が色濃く残る街にあり、散歩していてもとても楽しい場所です。
周辺環境に恵まれた立華の家ですが、街なかにありがちの間口が狭く奥行きが長い敷地に建っています。
また、耐火性を高める必要がある地域にあり、大きな窓や開口部を設ける事が困難です。
今回も、そんな立地条件を逆手にとったご提案を各所にしています。

立華の家の最も重要なポイントのひとつは、オーナー様の暮らしは、日常的に花を飾られるという事でした。
しかもとても素敵に生けられます。
華やかな暮らしが、立華の家の最も重要なポイントだと言えます。

「華やかさ」と「重厚感」

立華の家は、オーナー様のご厚意のもと、来年1月8日から内覧会を予定しています。
詳しくは決まり次第お伝え致しますが、今回もコロナ禍にて完全予約制とさせていただく予定となっています。

また決まりましたらお伝え致します。

過去の記事