ブログ

コンセプトをファサードに表現する。

2021年4月9日 / 結地の家

(仮称)三十八社町の家は、必要充分の家と同様に、暮らしに風景を取り込む事が、お住まいのコンセプトとひとつです。

現場では、芽吹き出した木々がパノラマで見る事が出来ます。

そんな(仮称)三十八社町の家ですが、今日はファサードを印象付ける軒形状の下地が完成しました。

「ファサードを印象付ける軒」は、このお住まいが、暮らしに風景を取り込むお住まいである事が表現されています。

仕上げ材が施工されるのが、今から楽しみです。

過去の記事