ブログ

LGS

2021年5月12日 / 結地の家

(仮称)三十八社町の家の内部の天井の工事が、本日よりスタートしました。

弊社では、天井の下地材を主に軽量鉄骨(LGS)にて施工しています。

↑ ↑ ↑ コレがLGSです。

軽くて丈夫なLGS。
コストが抑えられ、工期も少し短縮が可能です。

お家を建てられた方なら、皆さまご経験されている「あるある」ですが、工事中、家や部屋などの広さの感覚が、工事の進捗の状態に応じて変化し続けます。

「狭い」と感じたり「広い」と感じたり
同じ面積なのに、状況で感じが変化します。

天井が出来ると、その変化する広さの感覚が、比較的実際の感覚に近づきます。
(とは言え、まだまだ変化します)

今日から(仮称)三十八社町の家は、天井の工事が始まりました。

過去の記事