ブログ

多様化

2012年3月10日 /

建築基準法 第1条 この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。

僕らの仕事は、国民の生命、健康や財産を守ることが最も重要で最小限度の目的です。

地域型住宅ブランド化事業。
これはH23年度で言う『木のいえ整備促進事業』つまりは長期優良住宅の流れの事業で、H24年度ヴァージョンだと言われています(まだ決定はしていません)。

その補助金の出し方に、意図が理解は出来るのですが、納得しがたい感情も否めないでいました。

それがどういうことか?
そのことはここで触れることは避けておきます。
どうしても聞きたいと言う方は、エクリュまで起こし下さい(笑)。

ただ、先日協力会社さんの部長さんや、メーカーの方とお話をさせていただく機会があり、そこで(一方的に良い事とは言いがたいながらも)とても勇気が持てるお話をいただきました。

それも詳しい話はここでは伏せておきましょう。
こちらもエクリュにお越しいただけましたらお話いたします(笑)。

大まかに言うと、どんな環境にもめげることなく道を見つけ出し歩み始める強さが多様化を生み、可能性を広げてくれていることに嬉しく感じ、勇気をいただきました。

何のことか?
そう思われるかも知れませんが、、、
もやもやさせちゃうだろうって思ったんですが、、、
嬉しくて書かずにはいられませんでした(笑)。

詳しくはエクリュまで!

過去の記事