ブログ

建築 × あかり セミナー by Panasonic

2013年8月30日 /

今日は金沢でパナソニックさんの研修がありました。
金沢で研修がある場合、だいたい13時からのスタートになり。
いつも福井を早めに出て、金沢で食事をします。

いつも伺うのが cucina italiana Partire です。

今回は協力会社さんにご馳走になりました!
ご馳走さまでした(笑)。

cucina italiana Partire(クチーナ・イタリアーナ パルティーレ)
〒920-8203
石川県金沢市鞍月3丁目27 HR 1D
076・255・3336
http://partire-rosso.com/

定休日:水曜日

今日は、北欧に勝るとも劣らない日本のあかり文化を2000年ほど遡り、現代までをおさらいしました。
歴史上の建築物などの採光例など色々見せていただきましたが、気品のあるあかりは、いいですね!

また、プロダクトデザインに関するお話もいただきました。

究極までそぎ落とすことで、本質が残るというお話や、存在するものは存在するのだから、むしろどのように存在するべきかが重要というお話をお聞きし、プロダクトデザインの世界も建築の世界と同じだ!と勝手に共感していました。

生きていくうえで僕たちは、色んな余計なものをまとっています。
それを整理し、必要なものを集めていく作業が住まいづくりだと感じる時があります。

そもそもデザインとは、整理する作業に似ていると感じます。
だから、プロダクトデザインも建築デザインも、きっと同じニュアンスの中にあるんでしょうね!

また、「大改造!!劇的ビフォーアフター」に最多出演されている中西ヒロツグ先生から「住まいの価値を高める設計手法」を学びました。

お話を伺っていると、日本の住宅事情も本当に幅広いんだなぁ~と感心しました。
想像を絶するような住環境に、大家族で住まれ、その救世主のようなお仕事をいくつも拝見させていただいていると、建築とは「愛」だ!と感じました(笑)。

先生は、番組上のイレギュラーな環境下におかれながらも多くの住環境難民のような方々のお住まいを、先進的なデザイン住宅まで価値を高められるお仕事をなさっていました。

今日も色々考えさせられるお話をパナソニックさんからいただくことが出来ました。
ありがとうございました!

教えていただいたことを、皆さまのお住まいづくりにお役立て出来ればと思っています。

過去の記事