ブログ

色の面白さ、難しさ。

2012年1月28日 /

エクリュ現場見学会にお越しいただいたお客様と外壁の色合いについてお話をしました。
エクリュでは、外壁の色決めを現地に仕上げ(色)のサンプルを現地に持って行き、そこで決めていただくようにしています。
それは人間の色彩感覚は絶対的なものではなく、感覚的、相対的なものだからです。

よくある色彩認知テストですが、Aと書かれたエリアとBと書かれたエリア、どちらの色が濃いか?というもの。
答えは同じ(濃さの)色です。

人間の脳は色や映像を見たまま認識しているのではなく、経験などを加えて情報分析を行い認識しています。

上のサーモンピンク?オレンジ?の円も左右で同じ色なんですが、接する色(赤・黄)によってサーモンピンクやオレンジと違った色に見えてきます。
対比によって色合いを認識していることが解ります。

以上などの理由から、外壁の色は現地にて決めていただくことにしています。
周辺の既存の環境から検討をした方が、イメージに近い雰囲気を実現できるからです。

色はデザインやイメージなどに最も重要なファクターのひとつです。
出来るだけ、イメージ通りになるように決めたいですね!(笑)

過去の記事