ブログ

配筋検査

2011年6月14日 / 実績紹介記事 茶嬉(さき)の家

今日は配筋検査をしてきました。

配筋検査とは・・・
鉄筋コンクリートの構造体が、設計通りの強度出すために重要なポイントのひとつである鉄筋の径や配列、かぶり圧などが設計図書通りにまた仕様書通りに施工されているのかをチェックする検査のことです。

またこの検査は、設計的な目はもちろん、施工者の目、また保険機構の目などTQC(トータル・クオリティ・チェック)を実施します。

今日は、設計者の目のチェックをしてきました。

一部、簡易な手直しがありましたが、重大なミスなどはありませんでした。
よかった(笑)。

明日は保険機構のチェックを受ける予定になっています。

過去の記事